シェン・デ・バン動物病院は、ステロイドを使わない犬のアレルギー皮膚病)治療と歯科治療無麻酔)を専門とする、福岡県福岡市東区にある動物病院です。
ケンケンパーク(福岡版)
トップページ愛犬健康ブログ

シェン・デ・バンのスタッフ達が、犬のアレルギー(皮膚病)・健康管理・飼い方などについての役立つコラムやスタッフ日記を掲載

犬のアレルギーについて

みどりが丘動物病院グループのアレルギーに対する姿勢

2007年01月22日

みどりが丘動物病院グループのアレルギーに対する姿勢

みどりが丘動物病院の院長「藤本愛彦」による
犬のアレルギー専門書「イヌのアレルギー外来」が発売されました。

この本を読破していただくと、
私達の行っていることを確認していただけるのではと思います。


⇒詳しくはこちら



dog_clinic at 16:54│Comments(0)TrackBack(1)clip!
乾燥にご注意

2006年12月15日

乾燥にご注意

「薬を飲んでも、痒みが治まらないんです」と、おしゃって来院される方が増えています。本来、冬はアレルギーは落ち着くはずなのに・・・。
何が原因かって、それは乾燥なのです。
本来、アレルギーを持った子のほとんどは、乾燥肌です。
医療用語では、アトピックドライスキンといいます。
もともと乾燥肌なのに部屋の中はどうですか?
暖房はガンガン、こたつはHOT、わんちゃん用HOTカーペットは常に使用中。
こんな状況では、私たちでもカサカサでかゆかゆになるのに、もともと皮膚が薄く、ましてやアレルギーをもったわんちゃんはどうなるでしょう・・・。
答えは簡単です。乾燥性の過敏な肌になり、痒みが止まらなくなるのです。
もちろん、ステロイドも乾燥にはあまり効きません。だから、薬をのんでもきかないのです。本当にアレルギーのかゆみなのか?それとも、単なる乾燥からの痒みなのか?しっかりとした見極めが大事です。
       今日の格言、乾燥には気をつけよう


dog_clinic at 02:25│Comments(2)TrackBack(0)clip!
頂いたコメント
みどりが丘動物病院


シェン・デ・バン動物病院は、ステロイドを使わない犬のアレルギー皮膚病)治療と歯科治療無麻酔)を専門とする、福岡県福岡市東区にある動物病院です。
シェン・デ・バン動物病院 〒813-0032 福岡市東区土井1-15-19
当院のご予約、お問い合わせは「092-203-2411」まで