NDF ナチュラルドッグフード 100%無添加のプレミアムドッグフード



 NDFナチュラルドッグフードは株式会社貿易総合研究所が販売しているドックフードで、自然給餌の理念に基づいて作られています。自然給餌とは野生の犬が食べていた物を反映させた食事のことで、イギリスで提唱されている考え方です。

 これは犬に必要なものだけをバランスよく食べるという原則で、良質なたんぱく源である肉からたんぱく質を摂り、適切に調理された多様な穀物から炭水化物を摂り、消化が良い野菜とハーブからビタミンやミネラルなどの必須栄養素を摂ります。

 NDFナチュラルドッグフードは、「自然給餌の考え方に則り必要な栄養素を天然素材だけで満たす」「人が食べられる原材料のみ使用する」「できる限りイギリス産の原材料を使用する」「ワンちゃんのお腹に優しい原材料のみ使用する」「動物実験を行わない」「人工添加物と肉の副産物を使用しない」「アレルギー源となりやすい原材料を使用しない」ことを約束しています。

 NDFナチュラルドッグフードの総合栄養食「ナチュラルドッグフード ラム」は、2kg、3960円です。イギリス産ラム肉を44~55%含有し、他に玄米、全粒オーツ麦、野菜、ハーブ、全粒大麦、甜菜、亜麻仁、ビール酵母などが含まれています。

 NDFナチュラルドッグフードの間食「チキントーリツ」は、200g、1200円です。イギリス産鶏肉を42%以上使用し、その他の原材料はナチュラルドッグフード ラムと似ています。どちらも原産国はイギリスで、7ヶ月目からの全犬種用です。



FINEPET'Sドッグフード

 ティーエルシードッグフードジャパン有限会社は、カナダTLCペットフー ド社の総輸入販売元で、カナダ直輸入のドッグフードを販売していましたが、2014年より株式会社エヴリワンズとして自社ブランド「FINEPET'Sドッグフード」を展開しています。

 FINEPET'Sドッグフードコンセプトは、世界で最高の品質のものをリーズナブルに提供することで、取扱商品はドッグフード以外にもおやつ用のビスケットなどがあります。

 FINEPET'Sドッグフードの材料には主に新鮮なオーストラリア産ラムを使用し、アレルギーや狂牛病が心配な牛肉や中国産の原材料は使用されておらず、人間が食べても問題がない程の高品質です。

 FINEPET'Sドッグフードの粒の大きさは2種類から選べ、小型犬や中型犬、また大型犬にまで対応しています。

 またドックフードには化学合成された酸化防止剤、防腐剤などを一切使用していませんので未開封でも冷蔵庫の野菜室などで保管して、季節により1ヶ月から2ヶ月を目安に消費するようにして下さい。

 購入する量の目安は、1ヶ月(4~10月)又は2ヶ月(11月~3月)以内に消費できる量が目安です。1日の給餌量表を参考にして、運動量、体重、健康状態に合わせて調節します。価格は1kg、2262円ですが、初回は540円です。




犬猫自然食本舗 

 

 犬猫自然本舗は株式会社ミンシアが運営している、犬と猫のフードショップです。グリーンプラスドッグフードやマザープラスなどの主食、おやつ、おかずがあり、定期購入もでき、お試しフルセットやお試しパックがあります。送料は全国一律650円で、6000円以上購入すると送料無料になります。

 ドライタイプの犬用総合栄養食「マザープラス」」(1kgの価格2700円)には、「チキン」「ポーク」「まぐろ」があり、チキンは幼犬用、成犬用、シニア犬用に分かれています。国内産原材料を使用し、オイルコーティングしない製法で作られています。

 ドライタイプの犬用主食ドックフード「グリーンプラス」は「チキン」「ポーク」「ビーフ」「ホース」「マトン」があり、1kgの価格は順に1490円、1598円、1814円、1922円、2030円です。レトルトタイプの犬用主食は、チキン又はビーフの総合栄養食「グレイン」と、シニア犬や食欲不振時の養生食「玄太の元気ごはん」があります。

 口コミや評判、お客さまの声を見ると、喜んでよく食べるようになったという感想が多く、他には毛並み、便、目、皮膚、口臭の状態が良くなったとか、フードは自然な匂いがして、油っぽさがないという感想が届いています。




オリジン

 「オリジン」は有限会社アカナファミリージャパンが販売するドッグフードで、コンセプトは生化学的に適正であることで、肉類が8割でフルーツと野菜が2割という、動物本来の食事を再現します。

 新鮮な多種の肉を使用し、良性の動物性たんぱく質を摂取が豊富で、低炭水化物です。フルーツと野菜からビタミンとミネラルを補給し、ハーブなどの植物で体を精神を安定させます。

 オリジンのドッグフードの商品は、最も栄養価が高い「パピー」、大型犬の子犬向けで大きい粒の「パピーラージ」、全犬種対応の「アダルト」、魚中心の「6フィッシュ犬用」、より野生に近い食事を再現した「レジオナル・レッド」、シニア犬用で成犬のダイエットにも向いている「シニア」です。

 オリジンドックフードは鶏肉、鴨肉、アンガス牛肉、バイソン肉はカナダ産で産地限定です。サーモン、カレイ、ニシンは、ノースバンクーバー島沖で漁獲された天然物で、保存料不使用です。ウォールアイとレイクホワイトフィッシュもカナダ産です。

 オリジンの原材料は商品によってかなり違い、レバー、全卵、軟骨、レバー、豆類、ビタミン、ミネラルも含まれています。




イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 カナガン(CANAGAN)は、イギリスのGAペットフード・パートナーズ社がイギリスで製造している、穀物と人工添加物不使用のドッグフードです。カナガン(CANAGAN)は、日本の輸入販売総代理店である貿易総合研究所が注文してから製造されるため新鮮です。

 カナガン(CANAGAN)の原材料のほとんどはイギリス産で、トレーサビリティシステムが整っていて、製造前後に品質テストをしています。価格は2kg3960円ですが、定期コースであれば3564円です。注文合計金額が5,000円以上であれば、送料無料です。定期コースは、13週間以下の1週間単位で配送周期を選ぶことができます。

 カナガンドックフード(CANAGAN)愛用者のお客さまの声を見ると、よく食べるという意見が多いです。カナガン(CANAGAN)の原材料は骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、さつま芋、エンドウ豆、じゃが芋、アルファルファ、鶏脂、乾燥全卵、サーモンオイル、ビタミン、ミネラル、グルコサミン、りんご、にんじん、ほうれん草、海草、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン、マリーゴールド、クランベリーなどです。平飼い鶏のチキンを使用していて、肉副産物は使用していません。

 またカナガン(CANAGAN)は肉の配合比率が高く、高タンパク低炭水化物で、犬にとって理想的な栄養バランスです。小粒で全犬種、全ライフステージに対応しています。




世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『ネルソンズ』

 「ネルソンズ」は、ネルソンズペットフード社が製造するイギリス産のドッグフードで、7ヶ月から7歳までの全犬種に対応し、穀物、合成添加物、遺伝子組み換え食品は使用されていません。

 ネルソンズはイギリスのトップブリーダーが愛犬のために開発した製品で、イギリスで100万袋以上売れた実績があります。乾燥と生肉のチキンが合計47%配合されていて、続いてサツマイモとジャガイモが多く、栄養成分は粗たんぱく質28%、炭水化物約37%、脂質16%と高タンパク・低炭水化物です。

 他に、鶏油、アルファルファ、えんどう豆のほか、多種類の野菜やハーブが入っていて、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維もバランスよく入っています。また、サーモンオイル、海草パウダー、オリゴ糖、コンドロイチン、グルコサミンによって、毛並みや肌の状態を良くして、腸内環境を整え、関節をいたわります。

 ネルソンズドックフードはPets Choiceの工場で製造され、異物混入などのモニタリングを常時行われています。小粒タイプで食べやすく、受注生産されるため新鮮で、賞味期間は製造日から12ヶ月です。価格は2kgあたり3960円ですが、3回以上の購入を前提とする定期コースでは396円安くなるうえ、購入金額に従って割引率が上がります。




ヨーロッパでNo1シェアを誇るヤラーペットフード!

 ヤラー(YARRAH)はオランダのヤラー社のドッグフードとキャトフードで、オランダのSkal 、スウェーデンのKRAV、ノルウエーのDebioからオーガニック認証を取得しています。ヤラー(YARRAH)はオランダでトレーサビリティがある原料を使用し、合成の保存料、合成着色料、合成酸化防止剤を使用せずに製造した無添加フードです。

 クールコンテナで日本まで運び、正規販売代理店のルシアンは倉庫で定温管理しています。ほとんどのドライフードに乾燥剤と品質保持剤を入れ、酸素バリアの外袋で包んであります。ルシアンでは5000円以上購入すると、送料と代引手数料が無料になります。

 ヤラー(YARRAH)の犬用のドックフードは「100%オーガニック」、アレルギー対応でスピルリナが配合された「センシティブ」、肉不使用で低カロリーの「ベジタリアン」、7歳以上の犬向きでグルテンフリーの「シニア」、小粒の「小型犬専用」、幼犬と高カロリーが必要な犬向きの「パピー」です。

 ヤラー(YARRAH)の犬用のアルミトレー入りフードはチャンク3種類とパテ2種類で、缶詰は3種類あります。猫用のドライフードは「ドライフィッシュ」「ドライチキン」「ドライビーフ」です。猫用のアルミトレー入りフードはチャンク3種類とパテ2種類で、缶詰は4種類です。


→ Amazonでオーガニックドッグフードをチェックする



無添加ナチュラルドッグフードの口コミや評判

無添加の食事に換えてみて愛犬に訪れた変化
 最近ドックフードも無添加で安心なものが選ばれる傾向にありますね。世界中の愛犬家の皆さんに習って、我が家でも愛する家族にこだわりの食事を提供するようになりました。それがTLCドッグフードです。

 家の愛犬はとにかくよく食べるので、実はちょっと不安だったのです。普通のドッグフードでは、人間で言うファーストフードの食べすぎになるような気がして。そこで無添加・無着色をうたっているTLCのドッグフードに換えたのですが、これがなかなかいい感じなのです。

 最初のうちはおいしそうに食べているだけ、ですが一ヶ月、二ヶ月とたつごとに段々食べる量が減ってきたのです。食欲がないという雰囲気ではなく、満足してごちそうさまという印象でした。お陰で今は体もしゅっとしてきて、でも毛並みはよく、みるからに健康体という姿になっています。やはりいいものは違うなと思いました。この調子でいつまでも元気よく年を重ねて欲しいです。


我が家のパグのアレルギー症状が出なくなった
 我が家には3歳のパグ犬がいます。このパグ犬は産まれたときからアレルギー体質で色々な獣医さんを訪れましたが症状は全く改善されませんでした。

 そんな時、ある獣医さんで無添加のドックフードを進められたのです。アレルギー物質は排除したドックフードはすでに与えていましたので、今さらと思いましたが、断れずに買いました。

 私も家族も半信半疑だったのですが、その無添加ドックフードを食べだしてから我が家のパグのアレルギー症状がぱったりと出なくなったのです。目をかゆがることも、体をかきむしることも無くなりました。特定の食品のせいで体調が悪かったのではなく、添加物が良くなかったみたいです。おかげで今ではきれいな毛並みを取り戻し健康に生活しています。


体にはいいけど、相性がある
 うちの犬はチワワです。前から粗悪な安いドックフードを食べさせると耳や口に発疹やかゆみ、ただれができてしまい困っていました。犬は初めて飼ったので、ドックフードに良し悪しがあるなんて知らずに適当な値段のドックフードを与えていました。

 よく調べてみるとドックフードの成分にそれぞれ違いがあり、同じ鶏肉でも捨てるような部分とか食べられない部分を入れていたり、犬が消化しにくいビートパルプなどが含まれていたりすることがわかりました。

 うちの犬はアレルゲンがどれかわからなかったので、とにかく無添加で体に優しいドックフードを買って食べさせることにしました。最初のうちはなかなか食べてくれず困りましたが、与え続けているとだんだん食べるようになりました。

 耳や口のただれもよくなっていったのでやはりドックフードが原因のようでした。無添加のプレミアムフードは他のものと違って肉の匂いとか犬の喜ぶ人工的なニオイがないので食いつきが悪いことが多いので、トッピングなどで工夫して食べさせるといいと思います。


ナチュラルドッグフードの評判や口コミ
 人間の食べる食事に無添加を気をつけるようになって、ある程度時間が経ちました。おかげさまで家族一同元気に過ごさせて頂いているのですが、最近、気が付いたことがあります。うちの「ジョン」君。無添加してない……。

 そう。うちのもう一人、というかもう一匹の家族、ゴールデン・レトリーバーのジョン君は相も変わらず添加物盛り沢山のドックフードを食べていらっしゃったのです。ジョンも立派なうちの家族。これはいけないと、慌てて買ってきたのが無添加の「ナチュラルドッグフード」です。

 名前からしてナチュラルですが、実際の成分も完全ナチュラル。今までのドッグフードに混ぜながら、すこしずつ割合を増やす形で与えてみたのですが、まずジョン君の食いつきからして違ってびっくり。何が良かったの? ナチュラルだから? それとも含まれているっていうラム肉のせい?便の出方も心なしか変わってきたみたいで、やっぱり食事は人も犬もナチュラルがいいと痛感した次第です。




→ Amazonでオーガニックドッグフードをチェックする

当サイトで掲載中のドックフードに関する口コミや評判などのコンテンツの無断使用や転載は禁止です。