2005年07月01日

死亡につながる現代の三大病はガン、心筋梗塞、脳溢血だそうだ。私の中学、高校時代の親友佐竹寛悦君も数年前に脳溢血にて沖縄で倒れて、現在は全快したが、天候等、日によって体調が狂うという。つい最近、深田剛君も同じ病で、詳細には心筋梗塞で入院中だ。60代になると、誰でもがどこかは可笑しくなり、心身障害者になるのだろう!目も耳も遠くなる事自体が障害者に一歩一歩ちかずいているのだ。私もメガネをかけなければ、字が読めぬ。腰が時折痛い。一種の障害者だ。一番多いのは、心身の病で俗に言われている、(うつ病)だそうだ。私の友人は殆ど豊橋に住んでいる。安田賢治君、松下恵己君、林直幹君、と・・斎田昭彦君だけが東京だ。斎田は大手企業のトップだし、他の友人も地方の中小企業の社長で現役バリバリだ。佐竹曰く、この歳になって、やせすぎも、太りすぎもよくないとの事、確かに佐竹はやせている。深田は太っている。少し太り気味が良いという。若い時に、どんなに身体を鍛えていても、ミスターのようにある日突然に倒れる。コント55号の欽ちゃんの相手役のゴローちゃんもミスター同様に倒れたが、そのリハビリはものすごいものがあり、現在は完全に復帰している。この病は早期発見が第一。佐竹にもつい最近、会ったが、言語障害も全く無く、見かけは普通。早い治療が効果あったと本人も語っている。ミスターも7月3日の広島戦を観戦されるそうだが、私はあの動物的天才のミスターの行動に注目したい。が しかし私の憧れのミスターはあくまでも私の幻想の中に存在するので、病み上がりの、病気のミスターなど見たくはない。もう少し、ミスターをほっといてほしいものだ。

dogdog4444 at 07:35コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月30日

今年は空梅雨で、犬,猫達も大変だ。湿り気が無く、気温が高い。この分だと、この夏に断水も予測される。クーラーも朝から晩まで休む暇なく全開活躍中。私の経験上、この仕事を開始してから3年目、4年目、5年目の8月度の忙しさは今でも忘れないほど、多忙な日を覚えている。確か、100万を突破した月だった。毎日が興奮と責任感で数日眠れない日があった。朝はチオビタドリンクとアリナミンfとポポンsを常用し、食後にフルーツ&野菜ジュースを飲み、その頃から、日頃の訪問時間を真剣に考え始めた。朝は3時起床し、3時30頃分にスタートし、4時には1頭めをスタートし、8時前には帰宅し、シャワーを浴びて、食事後、早めの昼寝だ。午後も、1時頃からスタートし、4時には帰宅する時間帯に変えた。5時に風呂に、食事を5時:30分頃にし、7時に床に就き、グッスリと・・そのように自分が奮闘していた頃が懐かしい。これ等の時間帯は経験から費用対効果を考慮した、私の行動アクションだが、この生活リズムが未だに身につき、暇の日でも、そうでなくても、継続している。それにしても、江東店の長野さんの体力には驚きだ。こんな生活の連続だから。私は数年前から、体力も落ちた。それに年金が出ているせいか?自分の負けん気の意思が薄弱になっている。こんな日に、電話のベルを聞くと、ありがたい!私を頼っている人がいるんだと誇りにさえも思うのだ。本日、新会員から8月の愛犬2頭と猫と兎、文鳥のお世話の依頼がある。この夏は忙しそうだ。もっと、健康管理に徹しなければ・と思う。ああ!継続は難しい!短気な私が、よくも、31年間前の会社に勤められていたのか不思議だ。あと20年もある。この愛犬の仕事を継続しなければ・・・。カネボウ同様に継続するぞ!

dogdog4444 at 04:50コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月29日

今朝は3時30分起床。クツキーのリンゴ&トマトを準備し、4時にクツキーとジャムと外出したが雨が激しく、クツキーもジャムもオシツコは数回オーケだがウンチなし。帰宅後バスタオルでブラツシングし、食事を与えて、バイクで雨の中、ララ、メル宅に御両犬ダックスフンド、大喜びで出迎え、雨に日は室内で遊びだけで可との飼い主様の指示で、ボールで遊び、室内のシートを取替え、クーラーを除湿に変換し、食事を与えて、ルーク宅に、彼は外犬。大喜び、相変わらず雨は止まないが何故か?気にならぬ。空梅雨で草木も人間も湿り気を待っていたのだろう!雨の中フラットコーテッド・リトリバーのマーリも気分が良さそう。雨なんか気にしない。散歩中のご近所の松、楓の葉の見事な色合いだこと。その側にに数日前までは造花の如く、体裁程度に咲いていたアジサイは生き返ったように妖艶に色っぽく、白、紫、ピンクとそれはこの季節の紫陽花様のお通りだと云わんばかりの見事さだった。バスタオルで拭き、相変わらずの雨の中に、今朝のスケジュール最後のマーリー宅にバイクで走る。老犬のマーリの為か、雨も小雨になり、ホーットする。相変わらず奥様の出迎えで感心する。今朝のように久しぶりで、雨が降れば、情緒らしきを感じるが、この雨が続くとなると、晴れた日を望む・又、又困る。我々は本に、わがままだ。奥様は以前にカルフォニアにお住まいとの事、年中定温で、それは天国だったそうだ。春、夏、秋、冬と季節の変化があって、長生きできるのだ。科学的根拠はないが、日本人は一番の長寿国だ。折々の季節を、日々を楽しんでこそ人生なのだと思う。一方、TV情報では日本海の中越地方では大雨との事、お見舞い申し上げます。

dogdog4444 at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月28日

殆ど毎日のように通る吉祥寺の紀伊国屋の真裏に公園があるが、大きくも無く、小さくも無く、ちょうど良い規模の公園だ。まだ新しくて、手入れが行き届いているせいか、塵一つも無い清潔そのもので 近所のワンちゃん達の憩いの広場だ。今日もいつものように、自宅に帰る途中に公園の前を通り過ぎながら、アッ!と驚いた。純白の子犬(マルチーズ)だと思うが、どんぐりのようなまん丸な目玉でこちらを見つめていたのだ。午後4時40分頃なのに、又好天候にも拘らず、誰一人も公園に見られず、子犬しか視界に入らず、ビツクリ!又辺り一面が芝生でグリーンの中に純白が見事に冴えて見えたからだ。これは絵になると、思わず、バイクを止めて、観てみると側のベンチに若いご婦人が座って、そのワンちゃんを遠方から見守っていたのだ。彼女は猛烈なピンク色の服装であり、ピンク色と真緑色と純白色のバランスがとっても素敵な風景に思えた。今年の梅雨はカラ梅雨みたいで、太陽の出る日が多く、そのために気温も高い。室内犬が大半だが、外犬も我が会員に中でもたくさん存在する。ピーター、チーチ、ルーク、ムク、と名簿を見ればもっと書けるが、その子達は大変だ。伺った時には、ホースで水遊びを必ずしてあげる。人間も息苦しい毎日が今後は続くだろう全室のクーラーも全開だ。この夏は断水も予測されそうで、蒸し暑い日々が続くが、そんな日時に、まっ白なマルチーズが何故か私に安らぎを与えてくれた。

dogdog4444 at 07:58コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月27日

私はいつも自分を最悪の状態に置く様に努めている。大変に難しい事である。前にお世話になっていたカネボウの部課長研修会だったか?今でも その研修会の内容を鮮明に記憶している。自分を具体的に最悪の状態において、各々そのときの自分の行動予測を論議する内容だ。さすが、その時は人事のカネボウと自我陶酔していたが、今は再生機構のお世話とは情けない。その内容とは(1)貴方の担当のお得意様から事情により取引を止めたいと申し出られたら貴方はどのように対応しますか?(2)売り上げが対前年比が大幅にダウンして採算が取れなくなったが貴方はどう対処するか?私生活面では(3)貴方が帰宅したら、貴方の奥様が急死していた。その時点の貴方の行動は?(4)同じく子供が同様に・・。と続くのである。2泊3日の研修会で、納得のゆき着くまで、全員で論議した事を今でも鮮明に思い出せれる。そのときに、相田みつをさんの人生録・道を何度読み上げたことか?その一説を記載する。−長い人生にはなあ どうしても避けようとしても どうしても通らなければ ならぬ道というものがあるんだな そんなときにはその道を 黙って歩く事だな 愚痴や弱音は吐かないでな 黙って歩くんだよ ただ黙って 涙なんか見せちゃやダメだよ そしてなそのときなんだよ 人間として命の 根が深くなるのは。私達は節約は美徳だの時代に育ったので、本当にケチだ。ウンチ袋も道路で時々、拾う。もったいないのだ。一面、関西での出張時のにはのぞみのグリーン車に乗る。これは私の唯一の楽しみで、考える時間だ。とにかく、私はレベルを上げることの方が難しく、レベルを下げる事はいとも簡単だ。 


dogdog4444 at 08:13コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月26日

ホームページ上、(我々の誇り)欄には第一に独力、自立と記載している。これまで もの心が就く10歳頃から約50年間生活してきた体験上、諸々の人々とめぐり合ってきた。猛勉強の結果見事に東大に合格された方、事故の為に入院された方、何故か自殺までされた方、リストラで仕事を奪われた方、60代で大企業の社長になった方、一身上の事情で離婚された方、又、ご縁で我々の仲間に加わられた方、仲間から脱会された方、仲間の中でもボランテア的思想の方、猛烈に自己挑戦されている方、本当にイロイロだ。わらわれの仲間のボランテア思想の方に、私自身が何かお手伝いしたいのだが、どう考えても!、どうしようが無いのだ。やはり、本人自身が行動する意識改革しかないのだ。私は、遠方から、我慢強く声援を送るしか手法が無いんだ。勉強だって、リストラだって、私が応援しようがないのだ。本人の意思に頼るしかないのだ。私の基本的な考えは平成の名横綱貴乃花の原理主義思想に似通っていると思う。要は簡単な思想で、明日に対しての目標は過去と現実を徹底的に把握して、描けば良いという考えだ。要は徹底できるか否かだと思う。思うどうりに行くときは良いが、たまには行き詰まれば、恐れることなく、どん底まで落ちる事だ。そうすれば、上に、上に、這い上がるしか方法がないのだ。つまり、誰でも、思うどうりに行かないときに不平、不満が生じるのだ。うまく行く時には機嫌が良いわけだ。所詮自分で行動するしかないのだ。他人を頼るな!全ての今後の生き方は自作自演だ。本日の研修会は関西だが、昨日の関東の研修会に出られる立地条件下に於いてに欠席された方の本意がわからない。多分私にとって、4%に当たる人であろう!この記事をお読みだと思うが、この仕事をこの方々は10年は継続出来る筈がない。

dogdog4444 at 06:57コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月25日

先日の朝日新聞の夕刊に掲載されたのがきっかけで、共同通信社の掲載記事が取り上げられた旨の連絡が香高さんからある。沖縄タイムズ(夕刊)6月9日・徳島新聞6月12日・中国新聞(夕刊)6月10に・静岡新聞(夕刊)6月9日・秋田さきがけ6月9日・信濃毎日新聞(夕刊)6月20日・山陰中央新報(朝刊)6月20日・と思ったより記事も大きく記載されている。各新聞の経済面の「転機」と言う題目で[犬の散歩と躾の代行業」JTL代表は会社の組織に頼らない生き方を・・・・。残念ながらこの地区にはFC店が存在しなく宣伝になら無いのが残念だ。しかし、我々の仲間になりたいとの問い合わせが数店あった。又、本日友人から、犬の夏バテ予報の記事が読売新聞朝刊にとの・・電話がある。有難いものだ。同じく朝日新聞にも記載あり、日本気象協会とペットフードメーカが共同開発。気温が22度、湿度60%の基準を超えると犬の熱中症に成る可能性大。犬は暑さに弱いので飼い主は今後夏を迎えるシーズンに要注意!天気予報のアドレスはhttp://www.pedigree-otenki.jp/
7月1日にオープンですのでご参考に・・。私の考えは、余り、犬、猫等を甘やかしてはいないか?厳しく熱さ、寒さにも耐えられるパートナーでなければ、最終的に悩み、困惑するのは我々自身だ。がしかし?・・・。本日は関東地区の定例研修会だ。過日NHKで放送した犬のストレス&犬の預かりに関して議論したい。先日のご近所の底力も見られたと思うが、見てない人は問題意識の無いFC店で全く問題にならない。そのうち脱落していくでしょう!成功のキーワードは情報だ。


dogdog4444 at 07:14コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月24日

インターネットを通じてのペット販売業が大幅に規制される。病気の犬猫を売るなどトラブルが後を絶たない悪徳業者を締め出す狙い。獣医師の証明書をネット上で開示する義務だそうだが、私は獣医師等も信用にあたらないので購入の場合は自分の目で、手で、全身で、確かめて、その子とのご縁を結ぶべきだとの確信している。何々協会とか??NPOの名を使った業者には特に気を付けなくてはいけない。まともな組織体も存在するが、JTL(愛犬のお散歩屋さん)私どもにも、ネットを通じて犬、猫の販売を?しないかとのお誘いも数多くあるが一切、相手にしていない。又ペットブームに便乗し、犬等の保険、葬儀、フード、服等を一緒に提携しないか?との問い合わせもあるが、一切、相手にしていない。なぜならば、最初は そうでもなかったのですが、この業界で数年経験した結果、この業界は 私の波長に合わない人たちの多い事に驚いた。独力、自立と言うをキーワードで生きなければ、この仕事は継続不可であることを知った訳です。故に我々の仲間は(愛犬のお散歩屋さん)と言う愛犬のお散歩業務一本で今日まで生きてきている。二兎を追うものは一兎を獲ず。人生いつも最悪の状態を覚悟しなければならぬ。一面、私に勇気が無く、甲斐性が無いと言う人もいるが、我々中高年にはもう、そうそう失敗はともかく、己に恥をかく事など許されないのだ。

dogdog4444 at 08:05コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月23日

思い出の中で、その場、その時の状況を思い出させる顕著なものは音楽だ。ケセラセラの曲を聴きますと、実際の所、勇気が出てくる。その為か?元気が無い時等、失敗した時は、必ず、私は不思議にこの曲ケセラセラを口ずさむ。誰でもが同じように、その思い出の曲を脳裏に閉まっているものだ。私の高校時代だった。我が実家大垣へ帰ったが(その頃は東京の大学進学の為に豊橋で単身で生活していたが)実家が破産状態だった頃で、以後、古田家でこれ以上の難問は無いだろう!そんな時に、私の耳に心地よく入ってきた曲がケセラセラだった。その頃、小学生の妹が彼女の貯金箱を壊して、私に小銭をくれたことを今でも思い出す。これ以上の苦労は63歳になる今日まで体験をしたことが無い。故に、この曲ケセラセラを聞くと、なんだか!こんな苦労を思い出すのだ。金銭的には、これくらいが私の苦労話で、後は順調にわれ等姉妹兄弟は全員が東京で大学生活をさせてくれた親父の甲斐性に頭を下げるが、苦労は買ってもしろ!と前人は言うが、全くその通りで、万が一でも、私が もっともっと苦労を体験していれば、もう少し、ましな人間になっていたものだと確信する。つまり、過去の苦労に比例して、人間は成長するものだと思うのだ。できればその苦労の時期は20歳位までだ。その後の苦労も個人差があるが、かえってひねくれる人もあるから注意!20歳位迄の子供と共存している人がいたならば、メチャクチャ苦労させてください。難しいこととは思いますが、私自身の体験から事・・申し上げたいのです。苦労は買ってでもせよ!と。やはり学ぶべき事は歴史だ。

dogdog4444 at 07:15コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月22日

毎回 私が自分自身にも述べているが、私は残された人生、つまり残された貴重な有限な時間をいかに後悔の無いように活用するかが?最大の課題であるという生き方をしている。売り上げ高も貴重ですが、最終目的は売り上げ高の大小ではない。がしかし、我々の仲間の中でどうして?各店の売り上げ高に於いてこんなにも差が生じるのか?述べてみたい。かんばしくない殆どの人がその原因を地域差と言うが?断じて・・そうではない。勝ち組はそれは良い生活を獲得しょう!と言う本人の意思の強さだ。一例で上げれば、チラシ配り方も宅配エリアを拡大している。負け組は近所5km内の公園の数箇所だけで終えている人。逆に自宅から10KMも遠方な公園まで出かけて、なんとしてもご縁のあるお客さまを求めてバイクで走り続けて、一体全体、自分はお散歩屋さんか?バイク便のおじさんなのか?わからないくらいに遠方まで走っている人。つまり、ガソリン代を多くかけている人。結論はそれなりに努力しているのです。
気がつけば、バイクの右手 腱鞘炎。の川柳のようにガンバツテいるのだ。この仕事は他人の力(新聞広告、アルバイター等)で宣伝しては絶対駄目だ。自分の手で手渡ししなければならない。私も経験したし、他の失敗店は数十万のチラシを新聞広告で宣伝したが、効果なし。大切なポイントは費用対効果だ。売り上げ高では無く利益なのだ。今一度、成功しているFC店の模倣に走って欲しい。ガソリン代と共にチラシ配りの為に歩いている距離が違う。

dogdog4444 at 07:14コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月21日

クツキーは台所の近くで、ジャムは机の下で、ガムは机の上で、スースーと眠っている。良く観察していると、興味深い。必ず、自分の居場所を確保している。つまり、彼達なりに定場を持っているのだ。今日は珍しく全員が左向きに身体をなえて、スースーでは無く、人間顔負の大きなイビキでグーグーとお休みだ。犬は睡眠中には寝返りを何回もし、内蔵の位置のバランスを取っている。起きたと同時に、犬、猫もグーツト背伸をしている行動を取るが、この行為は内臓の位置を正常位置に戻しているのだ。当初はジャムは目を開けながら寝ていたが、今日は他の2匹同様に完全に目を閉じている。そんな寝姿を見ると、私は何故か?ホツトする。人間が感じ入るみたいに彼達は何にかを?考えている筈がないのだが!飼い主の自己満足?か犬猫どもと言えども、私はお前達のお役に立っているんだと言う私が感じる満足感か?もうニ、三、そんな感じ方をするときがある。それは散歩中のウンチの状態だ。オシツコも多く、ウンチも良好で、手でビニール袋そのままで取れる状態の時は同じように、ホツトする。又散歩後の犬にとっての最大メイーンイベント食事時に、一気に食べる元気さを眺める時だ。3匹共、皆、未だ眠っている。ほっといてやろう!寝る子は育つと言うから・・・

dogdog4444 at 06:11コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月20日

前回の動物行動学の授業で学んだ動物の睡眠に関してだが、そもそも睡眠は動物(人間も含む)の(1)エネルギーの節約(2)新しいタンパクの育成(3)細胞の修復が上げられる。が睡眠の効果だ。人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に大別。ノンレム睡眠は徐波の量に応じて1〜4まで段階。(入眠期、軽睡眠期、中程度睡眠期、深睡眠期)通常の夜間睡眠ではノンレム睡眠とレム睡眠は交互に現われ、このサイクルを4回から5回繰返し、覚醒にいたる。大切なポイントはタンパクの育成ならびに細胞の修復は最初の入眠する時期に一番の影響があるとの事。故に、直ぐに眠りにつける人は良いという事になる。たとえ、眠りが浅くても。人の成長ホルモンはベットに入り、初めての入眠期にその濃度が濃くなる。つまり。昼間の睡眠も(入眠期)ある程度深く眠りさえすれば、成長ホルモンは分泌されるとの事の事。犬、猫はやたらに眠っている時間が人間以上に多いが、これはエネルギーの節約と、細胞の修復する為の自然な状態だそうだ。最近の私は眠りが大変に浅いが、昔からベットに入ると、数分後には眠れるので、良いのだろう!しかし、最近の私は、クツキーも同じだが、少し時間があればグーグーと昼寝の連続だ。エネルギーの節約を必死にしているのだ。やはり、お互いに歳のせいだ。その点、若いジャムはうるさいほど動き廻り、やはり元気一杯。若い時代は人生の中で一回しかやって来ないし、お金で買えない。

dogdog4444 at 06:52コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月19日

最近のNHKの朝ドラ・ファイトは面白くない。どうしても明日見たいと言う・・期待するものが無い。以前の私の午前中のメインデッシュはBS放送7:30分からの朝ドラを観るのが日課であったのでそれまでに午前中のお散歩は終えていた。その時間帯は最近は6CHみのもんたの番組にとられている。もう既に何年になるのか?朝ドラの主人公は女性オンリーだ。どうして?もうそろそろ 男性にしなければ、朝ドラの人気もなくなるだろう!但し、女性でも北條政子みたいな方であれば別だ。鎌倉幕府を開いた源頼朝の奥方だ。幼き頃、牛若丸と騒がれた温情肌の弟の義経を追いやってしまった理知肌の兄頼朝の話は有名だが、その影に隠れていた頼朝の妻政子の存在を忘れてはいけない。彼女は日本最古の女性上位のナンバーワン。彼女は例外で、男性的な考えの持ち主だった。こうして、記載して気が付いたが、この現象はどこか?今話題の若貴問題にあまりにも相異点がありすぎる。温情肌の若乃花と理性肌の貴乃花。兄弟は逆だが・・。私は自分が温情派故に、これからは頼朝の妻や貴乃花の如く、理性力が求められる。特に若年層の犯罪等は日本の弱点だが、その因は子供の教育者にあたる女性達の温情だ。今一度、男性上位の時代に戻れなければ、明日の将来は無い。男は所詮、自分の子供であれども、容赦せぬ。そんな子供よりも明日のことを考える遺伝子を持っている。だから、この世に女と男が存在するのだ。要はバランス。勿論、私は貴乃花を応援したい。そのほうが筋道が通っている。と思うのだ。私など、親父が怖くて、風呂なども親父の前には到底入れなかった。親父の威信が全くないのだ。私も含めて情けない。

dogdog4444 at 06:55コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月18日

我がジャムチャンの近況報告は当初は孤独感で、ひとりボッチにすると、夜泣きに悩んだが、最近は人様が睡眠中の時間帯には大した泣きは無くなり、安心。だが、昼間中で安心だが、私か家内の両方が居ない時には どうも?泣いているようだ。昨日も、録音機を作動中にして出かけたが、結構クウー・クウーと寂しそうな声を録音。勿論のこと、ラジオをかけっぱなしで出かけたが、犬の分離不安症かも?お互いに、ジャムを無視を続けているが、余りも可哀想でつい声をかけてしまう。犬の分離不安症は行動療法と薬物療法(クロミカルム錠の投薬)で犬の不安はやわらげられると言われている。私も投薬は始めてだがチャレンジしてみることにした。行動療法とは一口で言うと、犬の全くの無視である。言葉かけず、目を見ず、触らずだ。明日にはサカキバラ動物病院の先生にクロミカルムの件、相談しよう!このクスリの効果は又、後日に報告する。この仕事を継続して10年の経験は終わり、8月度には11年目に入るが、まだまだ未知の世界が山ほどある。多分に人間も一人一人違う面を生まれつき持っており、犬も同様で個体差があるのだろう?犬の世界も複雑だ。現在の躾の依頼の御三家は(1)引っ張り、飛びつき(2)無駄吠え(3)トイレだが、今後は無駄吠えの中でも、寂しさ余りのクークーの悩みが多くなる事だろう!特に都会社会では無駄吠えは公害の一種だ。益々、我々は多忙になりそうだ。

dogdog4444 at 06:58コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月17日

驚いたことに、今月18日の夕方から依頼されていた3頭のワンちゃんの宅にキーを戴きにお伺いしました。以前にはアルバイトの塚田さんが担当していたが、京都に移住したので、私の担当になった訳。伺うのと同時に コマゴマと指示をされて、今回はウサギの2頭の世話と・・勿論、庭のシャワーも依頼。見積もりは1年間経過しているので、若干(年会費)高くなることを説明したところ、タイムカードの機械を持ってきて、必ず、往来時にはこの器に必ず、カードを記入して・・と細々と説明してきたので、私の思想(軸)がプッツント切れ、そんなに信用されて無いのなら、ホテルに預けて下さい。私を信用戴けないのなら、お受けする事は出来ませんのでと言うと・・今更断られても、困ると謝罪されたので、キーを借りて帰宅し、万が一、問題になりそうなので、再度、見積もり書をファツクした所、直ぐ、折り返しの電話にて、今回はキャンセルとの事で、私も はい!了解しましたと冷静に電話を切った。本来はキャンセル料を請求したいところだが、断念した。なぜならば、そんな飼い主とのお付き合いをしていた自分が惨めになってきた為だ。又このようなことをあからさまに記載する主旨は今後も皆さんもこのような顧客との遭遇に会った時の参考にして戴きたいと思ったからだ。私自身は完璧な人間ではありませんが、このように様々な人間模様です。私の場合は生活の為とは言え、こんな方とのご縁は無理で、お断りしています。がこのような顧客もこの世に必ず存在するのだと言う現実を知った上で従事して戴きたく記載しているのです。つまり、4%のお客様だ。

dogdog4444 at 08:15コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月16日

1962年法政大学文学部英文科の同卒業生の友人丸山君から電話があり、校友連合会報の8月菊発行する活躍する卒業生のコラムに記載するので、原稿を送付してくれとの依頼がある。前回の掲載者が江戸切子の小林英夫氏・越後蔵元の樋木尚一郎氏・一畑バス社長の清井悦郎氏と名のある人達ばかりで、(愛犬のお散歩屋さん)では恥ずかしく思えたが、発行部数が全国に22万部と聞き、これは、目下のペットブームに乗り、そのうちの何分の一かの卒業生が犬、猫を飼っていることを連想し、是非に頼むぞ!とお願いした次第。丸山君と菅野君と池の谷君が私の学生時代の唯一の友人で以外の人は全く覚えていない。もう一人窪川君だ。4年間の学生生活で机に向かった記憶が全く無い。法政の校歌も覚えてない。学生時代は毎日ボーリングのやり放題だった。その頃に初めて日本に導入されたスポーツで、ボーリングか神宮に六大学の野球を観戦するかアルバイトかの生活の連続だった。自慢出来る特技は野球は高校時代硬式の野球部のセカンドだった。甲子園にも出たことのある野球王国の愛知の国府高校だ。次にボーリング、次にはローラースケートだ。次にゴルフ。70歳になったら、武蔵野シルバー野球チームからヘッドハンドされている。学生生活上の思い出の一つは家内の祥子と一緒にアルバイトで立川の米軍基地で毎日英字新聞の勧誘だ。その時は英会話もペラペラで基地の中のクラブでも遊んでいたものだった。私達のデイトの場だった。その基地の中の家族(メイソン家)の皆さんは家族同様にお付き合いさせて戴いていたのだが、どうなっているのか?私達は学生結婚みたいなもので彼女は玉川学園英文科卒。丸山君達とめぐり逢った同時に家内ともご縁がその時期にあった訳だ。懐かしい!今一度、学生生活に戻れれば、こんな事も。あんな事もしたいのだが・・。しかし、この世、後悔ほど憎いものは無い。

dogdog4444 at 06:45コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月15日

私のサラリー時代を振り返って見ると、あっと言う間に過ぎ去った31年間は好きな営業一筋だった。最近は異常に多弁に生って来ている自分が不思議だ。営業一本だった私は多弁はナンセンスだということを経験上、身を以って解っていた。故に、その頃の基本的なポリシーは無言実行だった。つまり、聞き上手が一番で話上手をはるかに超越していた。考えて見ると、人間も犬、猫も同で、一口で言うと、断れない条件を幾つ相手に創っているか?だ。犬の場合は食事を・・散歩を・・誰が犬が求める事を幾つ?通常遂行しているか?だ。一番の好条件はその犬との共存時間だ。つまり、その犬の側に誰が一番付き合っていたか?だ。この条件に一番近いのは勿論のこと、飼い主である。つまり、飼い主はその犬が断れない条件を全て持っているので、躾も飼い主自身が実践するのが一番だ。ましてや、飼い主を噛み付く犬は躾を断るべきとの考えも以上の理由からだ。同様に我々人間も仕事上に於いては飼い主様には毎日毎日その愛犬の為に献身を継続していれば、その回数と密度との比例関係から断られる理由が出来ないのだ。両方とも共通項は人が見ていても見られていなくても、コツコツと続けることしかないのだ。その中のプロセスとして、相手が好む事、例えれば、約束は守るとか、時間は守るとか、挨拶とか笑顔とか敏速なアクションとかで、こちらが依頼した場合は相手が断れない条件を幾つ持っているかだ。 その人の学歴ではなく日頃の生き方そのものなのでしょうか?しかし、どんな世界でも例外はある。体験上、その当事者自身と20%位の比率位で生が合わない人が存在する。その中でも4%くらいが途轍も想像も出来ないくらいの飼い主に出会う事がある。100人の内20位が難しい顧客で、内4人位が付き合いたくない顧客だ。これが人生なのだ。・・と現在の所、そう思う。


dogdog4444 at 07:45コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月14日

湘南茅ヶ崎店の西垣氏からメール受信。只今実験中だが、なかなか、効果ありとの情報提供あり。引っ張り犬の綱はその名はイージーウオーク・ハーネス:3580円(送料含む)早速テストしたが、下井式同様に初日〜4日目もオーケ。実験犬は我が二女の引っ張り犬ビーグル犬ジャム。ご存知と通り、スポーントレーニングリード。ストップルハーネス。ジェントルリーダーシステム。カニイカラーシステム。と引っ張り綱の種類がDoctors AdviseのPEPPYに掲載されている。この綱は基本的にはジェントルリーダと同じシステム。一度購入し、困っている人は体験する事も(愛犬のお散歩屋さん)のプロとしてチャレンジする必要がある。万が一でも、もし!我々の仲間でも上記のPEPPyを読んだ事も無い人はプロとして失格だ。是非,毎月、近所の動物病院に行き、貰ってきてください。殆どの愛犬家がこの愛犬雑誌は読んでいる事もあり、我々が知らないのでは 話にならぬ。このウオーク・ハーネスも,何でもが未知への挑戦で、トライしなければ、わからない。要するに躾の作業とは依頼される問題事を治るまでどんな方法でもイロイロと挑戦して飼い主さまの要望に答えられるかどうかだ。世に言う 愛犬の訓練士、トレイナーと名乗る人達には飼い主の中でも未知な知らない人は異様な眼差しで注目するが、大した事はなく、紐一本のほうが効果的なのだ。つまり、私流に表現すると、イヌの源流を熟知することの方が大切なのだ。その手法はイヌと人間の基本知識と体験頭数だ。年輪だ。



dogdog4444 at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月13日

一昨日 日本獣医大学でユキの飼い主に逢う。心臓が悪く、入院中と聞く。目下、輸血中で、輸血の血が少なくなり、献血を依頼された。私もこのような経験は初めてで、ビツクリ。我がクツキーは癲癇症で、献血時の全身麻酔に耐えられないし、二女のジャムは体が小さい。がしかし、近代的な設備を備えた獣医専門の大学に於いてどうして?献血の血が不足しているのか?我々の一般の飼い主の協力をしなくても可能ではないかと?国の管轄の愛護団体(犬の逃亡、捨て犬等を管理する施設)等の犬 犬から検査し、献血に協力させれば可能だと・・当然思っていたのだが、それらの行為は動物愛護協会等が動物の愛護の関係から許されない行為として禁止されていると聞く。こんな馬鹿な事があるものかと!怒りさえも覚える。私自身も日本動物愛護協会の会員だが、機会をみて、この点、論議して、私の主張に合わなければ脱退する。私の考え方は、勿論、犬も猫も他の動物も生きものであり、虐待等、粗末すべきではない。がしかし、人間、又他の動物の命を救う為にはその動物から出来うる限りの相互扶助の考えが基本だ。故に、逃亡等し飼い主の不明な愛犬達が日に何頭か?焼却されている。のにその中から検査し、それらの犬から献血が不可能なはずが無い。話は飛ぶが、犬、猫の輸血に関しては、人間と違って、大変に難しいことを大学の授業から学んだ。猫のそれはそうでも無いが、犬の血液型は3種から5種か?忘れてしまったが、なかなか合う血液が無いそうだし。輸血行為の成功率も人間のようによくないと学んだ。故に、犬の輸血の作業は一大事だ。

dogdog4444 at 05:15コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月12日

6月度25日(土)関東地区、26日(日)関西地区の定例研修会日の課題は愛犬のストレスに関しての話題とペットホテルに関してのそれだ。前項に関しては。過日のNHKで放映されたクローズアップ現代の30分番組をダビングしてあるので、それに関しての議論を収集したい。ペットホテルに関しては、各店の実態を聞き、それらの意見を収集して参考にしたい。米国での留学中の麻布大学卒業生辻村さんの意見も取り入れたい。今後の我々の基本的ポリシーの確立に活かしたい。現在も我が家に迎えたジャム嬢も4日目の例でもはっきりするが、環境が変わると、ジャムもピリピリし、最初は板の間にオシッコ、無駄吠えと慣れるまでに1週間近くかかる。今朝のジャムは毛布の上に、グッスリと寝込んでいるが・・。大分、我が家の雰囲気になれてきたのだろう?私の現在までの結論では今後の我々に於いてのビジネスでの預けはナンセンスだ。反面、預け方の工夫があれば良いのだが?東京では住居が狭く(犬の預かり保育園の如く)多頭の預かりは費用対効果の面と公害の面、難しい。一方、愛犬との7000万頭の共存生活体験国の米国の現在の状況が明日の我々の生き方となる。コンビニ等の出方をみてもわかる事。本日は嬉しい事に辻村さんからメールを受信。早速、米国、愛犬情報を求めた。彼女は勇断にも、つい最近は関西に帰宅していたが、またまたニューヨークで躾の勉強中だそうだ。一人で留学とは私達のイチローだ。応援したい。私達の情報も1200万頭の犬、犬と、たかが10年の歴史しかないのだ。やはり、体験を繰り返している愛犬国の意見収集が第一。と思うが・・。

dogdog4444 at 06:40コメント(0)トラックバック(0) 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ