2006年01月

2006年01月31日

我々の住んでいる自由社会に於いての今後の大きな問題点の一つ それは地域、経済等の格差。小泉改造内閣の表と裏がマスコミも話題化しているが、その裏の一方に格差の問題が大きく取り上げられてきた。資本主義社会ゆえにとも言われているが、全くそうではない。北朝鮮の生活状況は?中国では人口11億の内,文字が書ける人は2億人弱で残りの9億人の中国人は書くことも読むことさえも出来ないと言われている。これ以上の格差は世界中の中でも類が無い。どこの国に於いても昔から時間の経過に比例して色々の格差が生じてきているものなのだ。マージャンのように途中で牌を混ぜ合わせジャラジャラし、し直せば、公平でもう一度勝負が出来るのだが、人生にはそのジャラジャラポンを毎日、毎日しなくては、時間の経過がそうさせてくれないのだ。1年、10年と格差が益々拡大して行ってしまうのだ。我々ペットシッター業に於いても同じで、明らかにスタートするときは同じ情報量でも、時間の経過と共に大きな格差が出てきているのだ。幸せになることも そうでなくても、個人の自由なのだ。反面、当の本人達の内心は一生懸命に売り上げを上げようと努力しているのだ。私個人のペットシッターのブログもFC店の皆さんに読まれているのを実感し、毎日、無い頭を絞り絞って記載しているのだ。つまり自分が裏だと、思っている方は時折、注目してもらう為に、表になるようにチャレンジすることだ。行動しなければ何も生じ無いのだ。一人の目でも見てもらっていると感じれば、頑張れるのだ。その点、そのグループのリーダの役割は重要なのだ。リーダー次第で、この世は変化していくものなのだ。私は本当に弱い人の本質も理解することも大事と思う。大切なことはその方との対話の時間を多く持つことだ。そうして納得することなのだ。
人間の魅力とは裏表の少ない人間であることだ。すべからく事象、物には裏表がある。それは人間とて然り、表の顔があれば裏の顔がある。表しか見せない人間は隠すべき裏を持っている。(表を見せ、裏を見せて散る紅葉)とは良寛和尚の句であるが,私が好きなタイプは良寛的人物だ。私達毎日お付き合いしている愛犬、愛猫も同じだ。だからこの仕事はや辞められないのだ。ペットシッターの仲間の北鈴蘭台店、寝屋川店、夙川店、堺店から御礼のメールあり、下井氏等の感想意見に対して本日の私のメールの内容で返事としたいのだが、ご理解戴けるか?・・・。  

dogdog4444 at 04:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月30日

ペットシッターとしての勉強会の為に、昨日は関西の研修会に新幹線に乗って行ったが、関西地区のペットシッター全員が揃って、皆さんお元気そうで安心。上田さんの出席は嬉しかった。関東とは全く雰囲気が異なる。皆さん建前ではなく、本音のご意見を述べられるようだ。各店の店長のご挨拶をビデオにて収録した。挨拶には各自の個性が出ていて、素晴らしい挨拶だった。帰って、少し時間的に遅かったが、家内と一緒に見てその場の思い出を家内と共に話し合った。夙川店の福田店長の最初の新年のご挨拶がビデオに収録されてなく、家内からどうしたの?と指摘された。準備が出来てなくて申し訳なく思っています。関西の研修会に比べて、その点、関東は難しく感じる。最近のテロのニュースを見ると、今度は日本の新幹線爆破がテロリストが狙う一番の的だそうだ。自爆テロは避けることが出来ず、その対策が困難だそうだ。新幹線の乗車出入口のは飛行場のように感知器が置かれていない。フランス新幹線等では感知器が設置されているので、日本が狙い場だそうだ。テロリスト達の言い分は勝ち負けの原理がその因と言われているが、確かに、主要7ケ国と新興経済国の経済力は以下の通り。国内総生産であるが、第一位は米国で11兆7343億ドル、第二位は日本で4兆6694億ドル、第三位はドイツが2兆7510億ドル、第4位は英国は2兆1320億ドル、第5位は仏で2兆466億ドル、6位はイタリアで1兆6777億ドル、7位に中国で1兆9316億ドル、8位にカナダで9916億ドル、9位にインドで6853億ドル、ブラジルは6048億ドル、ロシアが6048億ドル、(2004年の世界銀行調)だ。第一位の米国が抜群。2位との差も段違いだ。上記の情報からも、日本が狙われている理由だ。アアア!ペットシッターの我々にも恐怖感を与えるテロはやはり世界の敵だ。テロを防ぐ方法は全世界の人間にチップを強制的に埋めることだ。そのチップは場所を選定可能のもの。そのためには数十年間の時間が必要だ。現在 動物病院で販売している犬の逃亡防止の為のチップは何の役にもたたぬ。以前,間違って記載したが、お詫びしたい。現在の犬のチップよりも犬の首輪に住所、電話ナンバーを記載した方が良い。つまり、現在の犬のチップは逃亡場所の選定は不可能で、災害等に死亡した犬を判定できない場合にその犬が飼い主の犬かどうか?の判定が可能である程度だ。釧路店、鳥取店、新潟店、札幌店から御礼の電話、メールあり。

dogdog4444 at 04:56コメント(0) ペットシッター&犬のしつけのプロペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月29日

一夫多妻制を実行している男もいるとの事 驚きだ。戌年がスタートしてからもう!少しで31日間が過ぎようとしている。今年も色々と事件、出来事が想定できるが、我々ペットシッターとしても、いずれにしても昨年以上のレベルアップをしなければならない。昨日は久しぶりに10chの朝まで生テレビを見てしまった。議論の内容はライブドアの功罪だ。以外にも若き実業家ホリエモンの人気だ。過日の選挙には政治家が彼を応援したことが非難ごうごうになされているが、彼は彼一人のパホーマンスにて政治家を利用したのだ。この件の功は自己責任の重要性だ。ライブドアの株も下落しているが、それはそれを購入している投資家自身の自己責任だ。この世の中、世の流れであらゆる方面で規制緩和方向にまっしぐらに流れているので、つまり、この世は誰にでも機会の自由があり、誰でもが、何に挑戦しようがその方の努力次第だ。しかし、時間の経過にて 必ず、結果が生じて、誰でもが成功のキーを獲ることが出来るか?どうかは不明なのだ。結果は各々違うのだと言うことを肝に銘じてなければならぬ。一夫多妻制の件も、女性群の自己責任も因にある。生きるも?死ぬのも?本人の選択にあるのだと思う。本日あるFC店のある人がペットシッターの我が宅に来られて、時間を見つけて、今流行のサプリメントの紹介商売をしたい旨の話があったが、私自身は以前の会社でこのシステムの販売はこりごりで、難を示したが、本人が挑戦する自由は自由であり、今後は全て自己責任の時代到来を説明した。チャレンジしても良いが、私の体験上、成功の秘訣は我々ペットシッターの仲間、又会員には絶対に売り込まないことだ。考えれば、我々は愛犬と言うツール上でのご縁であり、それに徹することだ。その上に、変なコミニテイーを求めると失敗をする。つまり、全く新たな市場を開発すれば、成功する。過去に失敗して人間関係を損ねた人達の殆どが既存の仲間に売り込んだ人だ。明日は関西地区の研修会だ。又社中にて好きな時代劇でも読んでいこう。己のバランス精神を求める為に・・・。

dogdog4444 at 03:05コメント(0)ペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さんペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月28日

平成14年度に文芸社からペッシッターの生活(僕の名はクツキーご主人は愛犬のお散歩屋さん)を自己出版をしたが、今回は新風舎出版社が出版募集をしているので、多分出版社の商売(文芸社同様に出版物を作成して作成費で利益を得る)とは想定しているが、今朝の日経新聞の記事に目がとまり、これも一期一会というご縁と受け取り、当出版社の作品募集に応募したいと考えている。2007年の団塊の世代の大量の定年退職時期を迎えて、退職経験の一先輩として、退職者達の誰でもが抱えている退職後の一抹の不安の一つ、経済的な、精神的な、体力的な悩みなどに答えになるかどうか?解らないが、私の体験上の実情などを記載したペットシッターの生活(僕の名はクッキーご主人は愛犬のお散歩屋さん)の続編になるのかもしれない原稿があるので、それを修正し、付け加えて完成品にするか?又は毎日記載しているこのブログをエッセイ風の日記として提出するか?二社選択に悩んでいる。どちらも同じような内容だが、新鮮味は後者のブログ記事になると思うのだが果たして?。24日に続いて本日は武蔵野税務著調査の二日目だ。私達ペットシッター専任税理士さんの土橋先生同伴の一日だが、午後はユウ、マーリ、チーチ、アキ、ボンチャンのお世話の為に1時にスタートしなければならない。土橋先生の御礼もしなければならないし・・だが、本部の入りは気になるらしいが出はFC店の方々には誰も興味を持たないらしい。

dogdog4444 at 04:06コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月27日

毎日では無いが、又最近はHNK朝ドラの番組、ハルカのチャネルに合わせるが、本日の場面は面白かった。主人公のハルカのおばあちゃんが曰く・・子供の頃に苦労した挙句、ハルカのように幼い頃に両親が離婚し貧乏な生活を送り、泣くことも耐えた子供はその後、その子が大人になったと時には、ほんのちょっと事でもおお泣きするものだそうです。ここからはペットシッター私の感想だが、人の涙は一生の間には流れる量は一定であると思う。同じく、人間の笑いも同じことだ。この現象と同じように、どんなことも、(苦労も、楽しみも、悲しみも、人の飲む酒の量も、病気等も、それら全て)一定の原則に於いて繰り返し行われているように思われるのだ。人の世は苦労も、成功も、永遠に継続する筈が無いし、時折、又スタートラインに戻るのだ。体調も、売り上げも、順風満風良しと・故にボサーット努力もせず。その環境に没頭していると、必ず、奈落の底に落とされるのだ。又逆に,どん底の生活も毎日コツコツと努力をしていれば,必ず、スタートに戻れるものだ。諺の如く、永遠の朝はないし、永遠の夜も無いんだ。つまり、我々ペットシッターはバランスを常に念頭におき、調子よく行っているときは、先輩に感謝し、原理原則を考えて行動すること。逆にうまく行かない時には、もう一度、仕事を始めた頃の行動基準のスタートラインに戻るべきだ。このように64歳の体験を武器に生きているペットシッタの私も一人では絶対に生きられないのだ。何かの?・誰かの?援助、格言、アドバイス、情報に生かされているのだろう!
私の幼き頃、母親から、いつも言い聞かされていた言葉を思い出した。こうちゃん!(私の名前が弘二だから日頃はこうちゃん!と呼ばれていたのだ!)悪いことをしてもいいが、良いことをしてもいいが、必ずその・つけがこうちゃんのとこへまわってくるから・・。(つけは まわってくる)この母親の言った意味がようやく最近解るようになったのだ。ペットシッター業をしながら以上のことを考えた。本日新宿信濃町店、江東店から定例研修会の詳細の感想と感謝と御礼の手紙を受け取けとった。

dogdog4444 at 04:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月26日

久しぶりにガッチャン(柴犬の雑種)のペットシッターの依頼があったが、奥様曰く・・若奥様が昨年末にお子様を出産されて、飼い主様のご家族の全員が生まれてきた赤ん坊に注目されているせいなのか?ガッチャンに対して以前のように構われ無くなり、その為なのか?最近のガッチャンの様子に変化が出て来たと言う。自分の足を矢鱈に噛んで、足首の各部に傷が出来ている。以前にこの飼い主宅にはシェルテイー犬、竜太郎も数年間の間共存していたのだが、竜太郎は病で死亡した後にもこのような行動がガッチャンにあったという。三島函南店宅のシエパード犬フレンドも先輩ピレーネ犬2頭がほぼ同時期に亡くなった後は飼い主の指示にも極端に鈍くなったとの事。又2月14日に湘南方面に引越しされる粟野原宅のマーリ嬢は飼い主様が引越しの準備をしている姿を、本能的に察知しているようでマーリの様子が変だという。犬といえども、毎日の習慣の中で、生活にある程度の変化があると、ストレス?動揺するのではなかろうか?特に最近の愛犬の殆どが室内犬で家族と同様な生活をしているせいか?家族のどのような行動も実の目で見て感じ取っているのだ。ガッチャンのベットも飼い主様の寝室の一角にあり、毎日の生活も家族と一緒に行動している。つまり、このような現象も飼い主様の愛犬に関して構いすぎだとも言えるが、他人事ではないし、そんな簡単な言葉だけで流していいものなのか?・・・それから、ガッチャンとのペットシッター中に私達の同業者のペットシッターSOSに所属していると自称するおにいちゃんが2頭連れて散歩していた。ボサーット過ごしていると、このように続々と競合店が出店しているのだ。頑張らなくては!愛犬のお散歩屋さんも!遠方の為、研修会に出たくても出席できないFC店の釧路店には年間200万以上突破賞商品券1万円と17年度新人賞と同じく1万円を、福岡店には頑張ったで賞80円切手80枚を、その他仙台北店、新潟、鳥取、松本、福岡春日、札幌店に些少だが80円切手50枚を送付した。これで17年度のペットシッター愛犬のお散歩屋さんの活動全てが終了した訳だ。

dogdog4444 at 04:06コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月25日

本日午前10時から午後4時の間は武蔵野税務署の塩田さんが来られて、又我々ペットシッター愛犬のお散歩屋さんの専任税理士さん土橋先生との同席の上、諸々調査された。税務調査は昔映画等で拝見したくらいで、私も家内も生まれて始めての経験で、あまり気分の良いものではないが、塩田さんも見るからに誠実で人間くさい方である事を本能的に理解出来てホーットした、又土橋先生も一日中同席頂、私自身は途中で中座して、ユウ&アキ&ボンチャンとペットシッター業のために外出することが出来た。何にも気を使わず、無事に今日の調査は終了した。又ひき続いて27日に本日の続きを丸終日調査されるそうだ。27日は午前は朝早朝にて終了可能だが、当日の午後は現在の所、5頭依頼があり、午後1時には中座しなければならない。幸いに1月度の後半は暇であり、これ幸いである。事務的な記載は家内が担当しており、間違いはないと思うのだが、家内の性格上私と違って正確性が高く、几帳面で大丈夫だと確信している。一方、テレビの放映は、ライブドアのホリエモンのニュースオンパレードだ。良いときには勝ち組としてパンダのようにもて遊ばれて、現在は負け組みのグループに入れられて,マスコミの視聴率アップの絶好の餌食になっている。彼は逮捕状が出て現在は拘置所にいるという。何とこの世は激動的か!江東店、横浜駅前店、世田谷店からお礼の電話ある。

dogdog4444 at 04:55コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月24日

関東の研修会が終了し、三島函南店の大崎店長からの研修会の感想を兼ね、御礼メールを受信。ご本人も喜んでおられて嬉しくも感じる。東松山店の須藤店長からも心温まる御礼のメールあり。昨日も久しぶりに我々ペットシッターの仲間とお逢いできたが、皆様お一人も風邪にも掛からず、お元気そうで安心した。が一昨日の関東地区の雪の為、昨日は道路がアイスバーンになり、バイクで転んだり、ペットシッター中に犬が滑り込んだりしたらしい。そんなお話をし合いながらの研修会だった。我々ペットシッター業には雪は大敵(お散歩屋 三日も降れば 殺される)だが、日本の四季の折々には避けて通れないのだ。もう少し我慢すれば、桜満開の春のシーズン到来を期待できるし,その後には、1年の間では一番の日が長い(夜明は朝3時30分頃になり、午後は7時頃も明るい)6月の梅雨の季節を迎え、その後には台風シーズンを体験し,次いで、犬には喜こばれないが、熱い、暑いシーズンが待っている。その後は全ての景色が絵になるような季節 紅葉のシーズンだ。そうして、全てを繰り返しながら、現在の冬との生活になるのだ。そんなことを考えるとペットシッターに従事しながら、我々はこの素晴らしい日本に生きている実感を感じられるのは本当に幸せだと思わなければ罰があたる。年中常夏のハワイ等は時折訪れるから良いのであって、やはり変化があっての生活がマンネリ打破に大きな起爆剤になっているのでは?私などは変化が無ければ、敢えて変化を求めてチャレンジしていく単純な頭である故に 尚更だ。

dogdog4444 at 06:26コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月23日

ペットシッター愛犬のお散歩屋さんの定例研修会22日には殆どのFC店の店長にはご参加戴いた。年末に御両親のご不幸のあった2店だけの欠席だった。スケジュールは東村山店の西沢店長のご挨拶で始まり、所沢店の佐藤店長の乾杯にて、ウイーンフイールハーモニ楽団のDVD大画面の新年クラッシック音楽をバックに聞きながら、なだ万の3000円の弁当をビール&お茶での新年パーテイだ。途中で17年度の表彰式に移り、各店表彰した。3万円のデパート購入商品券が18店、2万円が8店、1万円が12店、頑張ったで賞の80円切手が80枚が6店、新FC店の当日の参加賞80円切手の50枚が6店、他の皆勤賞80切手の100枚が18店、17年度の総合新人賞(釧路店)、新会員獲得賞(湘南茅ヶ崎店)、好売り上げ店賞(江東店)、対前年トップ賞(三島函南店)は各店商品券1万円(計は関西地区も含む)これらの表彰は今後も毎年の恒例な行事ではなく本部の利益が出るとの条件次第であり、来年も必ず続けられるかどうか?は解らない点を 皆様に強調した。ペットシッターの私自身の本心は是非継続したいのだが!本部の利益、皆さん次第だ。プラスして、ペット最近情報のビデオを15分、法政大学の教授の日本人と犬のビデオを5分、西垣氏のしつけ教室の情報提供20分、本部からの情報&皆さんの新年挨拶等が本日のメーンイベントであったので時間を十分とったが、無事、新年会兼、研修会を終えた。参加不可の遠方なFC店に情報を提供する意味に於いても記載させて戴いた。遠方なFC店には些少だが、明日には送付したい。楽しみの大相撲の初場所はもう終わってしまった。優勝は栃東だ。今場所の彼は気迫があった。やはり、気迫が大切だ。久しぶりの日本魂のお出ましだ。

dogdog4444 at 04:05コメント(1)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月22日

日本海側の大雪の問題が毎日の如く、新聞ニュースの的になっているが、この時期、ペットシッターとして一番の心配事は愛犬のお散歩自体の作業ではなく、愛犬宅までにお伺いする乗り物の件である。それは雪の日の問題だ。自転車やバイクではとても無理で、以前は何度もバイクで愛犬宅までに挑戦したが、途中で転んでしまい、てんてこ舞いの経験がある。それ以来ペットシッター業の為に近所でレンタカーを利用している。今年も年末の天気予報では1日、2日近辺には雪の予報が出ており、苦労して予約をしていたのだが、またまた!この冬は暖冬であるとの予報違いの後に又予報が外れてしまった。仕方が無く、今年は車で1日、2日と愛犬宅まで伺ったが、バイクと違って体力的には楽チンだった。確かに排気量が段違いに違うのでエンジンの音が全くないし、体の揺れも無いし、室内の暖房と、ミュージックで遊んでいるみたいだ。両日は朝の出発は3時に出て朝の散歩の終了が8時少し前だった。若干、午後の愛犬のお散歩に渋滞に巻き込まれたが,正月後の渋滞時には車では効率が悪い。ペットシッター業ではこんな効率の悪い乗り物は無い。それにしても気象庁は何を考えているのか?最近のTV上の気候予報士は予報の話は短く、他の人生訓ばかりの述べているのが気になっていたが、やはり、このあたりにも、甘えがあるのでは無いだろうか?予報が間違えば、謝ったらどうだ!罰を与えれば・・・。!と思うのだ。TV に毎日のようにスターのように出演している天気予報士の諸君!この大雪を予報したした人が何人いたのかどうか?正月からもう既に21日過ぎた今日のこの頃にこんな 感想を書いて見た。ちなみに今朝は雪が帰宅する頃朝6時頃に降ってきた。明日は関東地区の研修会で出席率が心配だが、雪を予測して早めに出かけて戴きたいものだ。大学のセンター試験も遅刻者は殆どいなかったそうだ。

dogdog4444 at 04:04コメント(1)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月21日

ライブドア虚偽問題も偽装建築問題もその本質は資本主義社会のシステムを野晴らしのまま、なすがままにほったらかした結果だ。言い換えれば、資本力を背景に金力に物を言わせて覇権を拡大していく手法の結果でもある。ヒルズ族だとか?財産家だとか?金の力が絶対的なものだという考え方に問題があるのだ。つまり、外面さえ良ければ全て由の世の中だ。ビッグマンションもライブドアの本社ヒルズビルも外面は素晴らしいが、其処までに来た(経過)プロセスは見えないのだ。ペットシッター業に専念している私達の仕事の本質は顧客を獲得するまでの苦労があり、ようやく面接をし、その通り、愛犬のお散歩代行をして、お礼状を出して、ペットシッター業のサービス料金を戴く仕事だが、我々に大切なポイントはどれを欠いても、お客様に信用をなくして仕事がなくなっしまう。ご依頼を戴く為には人様には語りつくせないほどのプロセスがあるのだ。一夜のうちの億万長者になれるはずが無いのだ。私が申し上げたい一番のことは人生は賭けではないのだ。一歩一歩の前進しかないのだ。結果も大切だが、それ以上にプロセスの方が大切なのだ。つまり目で見えるもの一つ ホリエモンは東京大学卒だろうが無かろうが、そんなことはどうでも良いことで、大切なことは目で見えないその人の生き方、建物の中の大切な土台なのだ。大切なものは目で見え無いものなのだ。私達凡人には透視する能力も重要だ。朝青龍が負けた。

dogdog4444 at 04:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月20日

22日(日)我々ペットシッターの関東地区の定例研修会日が大相撲の千秋楽だ。本日は大村昆さんが土俵際のます席にて観ていたのがテレビ上に現れた。私は朝青龍のフアンで他の力士にはあまり興味が無かったが、今場所は栃東、北勝力、白鵬、琴欧州と他の力士も善戦している。私は勝負の前の土俵上での仕切り中に力士の気迫と体調が理解できる。テレビはごまかしが出来ないほど、各力士の体調等が解ってしまう。なんといっても、鬼のように気迫一杯に自分の精神力を高めていく朝青龍のしきりには美しささえも感じられる。今場所の栃東は朝青龍の模倣をしているが如く、きりっとしてきた。特に時間一杯時のあの厳しい顔つきはそっくりだ。あんな小さな土俵上の勝負など,時には飛んでも無いことが起きる筈だ。勿論のこと、15日間の勝ち負けの戦いだが故に奇跡などあまり生じないとは思うのだが、つまり、日頃の猛練習の上の実力が勝つことにはなるのだが、最終的には勝負時の土俵上での精神力だろう!だから相撲は面白いのだ。優勝に影響する戦いは本日の朝青龍と白鵬だろう!白鵬が勝ったので、誰が優勝か?全くわからなくなる。ペットシッターとしての私は朝青龍の優勝を期待しているのだが・・。今朝は例年の如く、我が家族が揃って武蔵境関駅前の杵築大社に今年の厄払いと健勝願いのために御祓いに行ってきた。非常に寒い神社であった。仲間のペットシッター湘南茅ヶ崎店の西垣店長から電話があり、今月28日のペットシテイ茅ヶ崎店でのしつけ教室の動員数が芳しくなく、この調子では延期になりそうだとの情報あり、我々ペットシッター軍の当日の見学は延期になりそうだ。最終的には22日(日)関東地区の研修会までに決定したい。やはり 一番の問題はどんな商売でも客集めだ。


dogdog4444 at 04:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月19日

ライブドアの証券法違反と耐震建築問題の小嶋氏の証文喚問と17年前の幼児殺害の宮崎の刑が最高裁にて死刑にて決定。私にとってはライブドアのホリエモンが一番気になるのだが、多分ライブドアも人気が喪失するだろう!ブログもライブドアから変えなくてはならない。2月28日で1年目になるので、その位の時期に変えたい。それにしても昨今、殺人事件が何事のないように特に外人(中国人等のそれらが目立つ)が、ある政治家の情報では日本国家においては刑務所での待遇は中国での貧しい人達の生活よりも良いとの事、一例では冷暖房付きで、住宅費も0円、三食付で身は安全ときている。刑の出向中には、ある程度 刑務所内で仕事をして日当が何と5000円から2万円が出るという。刑務所にいる間に相当の金額を貯金し、外国に帰国するそうだ。これらの情報もペットシターをしながらのラジオから得たものだ。中国では貧困になると、日本に行って人でも殺してくるか?という言葉が頻繁に交わされて言う。全く恐ろしいことだ。中国では即、死刑だそうだ。


dogdog4444 at 04:05コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月18日

新年の各新聞、テレビ上の情報のよると、犬、猫の数が最大予測2400万頭位だそうだ。もうこれ以上の頭数はわが国では限界になる位だそうだ。と同時に捨て犬の頭数も戦後最高だそうで今後の大きな問題だ。増加したその一つの理由に犬、猫の年齢が2倍位に伸びているという。その因の一つには食べ物の進歩にもあるという。2倍とは驚きだ。この現状にペットシッター業の我々の中でも全く精彩の無いFC店も存在するが、その方は商売変えしたほうが本人にとっても幸せになる。是非!商売替えをお勧めしたい。がそんな方は何に挑戦しても無理だと断言できる。根本的に考え方を変わらなければならないのだ。確かに、このお正月にはお散歩中にも今年が戌歳のせいか?犬と一緒につれそう人の多いこと。又例年に無く、人間は普段着だが、お犬さまのそれはカラー鮮やかなお召し物には驚く。勿論、この冬は厳寒ではあるが、殆どのワンチャンは羽織っていた。ある新聞によると、飼い主様の消費者ニーズは愛犬の為にはお金の出費は惜しまないそうだ。お留守時にも冷暖房付きの部屋にて過ごしている。こんな飼い主様がたくさん存在するのだ。他人言ではない我が隣にも、セーターを着たクツキーがストーブの側に、ジャム嬢は自分のハウスに真新しい毛布に包まって鼾をかきながら寝ているし、猫のガムはテーブルの上のザブトンの上で動きもしないで、横たわっている。こんな家庭が多いのではなかろうか?空前のペットブームだ。

dogdog4444 at 05:28コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月17日

 今日1月17日は阪神大震災の記念すべき日だ。あれから、確か11年目になる。東京直下型地震も騒がれているのだが、地震があれば、その損失は人間だけでは無く犬猫にも及ぶだろう!昨日16日(月)のメールに下記の如く、神戸北鈴蘭台店の下井店長から送信された文面をそっくりコピーした。茶太郎君が天国に逝ってしまったのは15日の午後3時だ。下井さんのような心優しい人と18年も生活を共にした茶太郎ちゃんは本当に幸せものだ。下井氏の残念さにお悔やみ申し上げると同時に茶太郎君にも・・よくも18年間も頑張ってくれたことに対して御礼したい。
思い出せば、下井さん宅に電話時には必ず、受話器に赤チャンの泣き声がするので、もしも?下井さんは独身ではなく赤ん坊がいるのだと勘違いする位だったが、この泣き声は茶太郎だったのだ。人間の赤ん坊とそっくり同じなき声の茶太郎君!さよなら!


     昨年12月24日のブログに出てました「愛犬家一に悲しい事おきる」と同様の
    話になりますが、僕も本日午後3時に17年半飼っていた満18歳の茶太郎という
    ネコを亡くしました。丁度1年前から腎機能が落ち、最初は週に2〜3度、ここ
    3ヶ月はほぼ毎日のように大東動物病院に点滴に通っていたのですが、残念無念
    にも寿命が来てしまいました。今このキーを打っている間も涙が止めどもなく溢れ
    止まりません。誰かが「男はいくら悲しくても涙をぐっと堪え、心の中で泣くもん
    だ。人様の前で涙を見せるもんじゃない」と言うのを聞いたことがありますが、
    今日の夕方、先生の奥様に1年間の御礼をお渡しする際、耐え切れず涙してしまい
    ました。果たして本当に 男は人様の前で涙を見せるもんじゃない んでしょうか。
    ぼくはそうは思いません。そんな男が立派だとは思えません。悲しくて切なくて
    やり切れない時、心の底から涙が枯れ果てるまで号泣するほうが、余程人間味あふ
    れる尊い行為だと思うのです。人様の前で涙を見せないことが、男らしいのであれば
    ぼくは女々しい男でかまいません。 何故そう断言できるのかと言うと、この仕事を
    通じて、犬達の 今日、今を一生懸命生きる姿そして喜怒哀楽を全身で表現する姿
    から、人の本来の真の生き方というものを学んだ気がするからなのです。嬉しい時は
    全身で喜びを表し、悲しい時は本当に悲しい声で鳴く 「生きる」ということは犬も
    人間も全く同じであると、百数十頭の犬達から教えてもらったからです。 硬直が
    少し出始めました。今夜は、17年半最後に一緒に寝る日になります。明日家の庭に
    埋葬して、これからのぼくの人生も茶太郎と共に生きて行こうと思っています。今夜
    は一晩中、男らしく号泣します。

  下井 続きを読む

dogdog4444 at 07:11コメント(0)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月16日

今朝のペットシッター時、6時には空はうす明かりの太陽の出てくる気配を感じて、ついこの前12月頃までは真っ暗だったが、夜明けが早くなってきている。今朝の8チャンネル番組では今後の日本の教育番組だった。名前さえ覚えたくないのだが、本日の番組に出た我が国の文部大臣はレベルが低いというか現状認識不足だ。一例を挙げれば、教育で一番必要なことは英才大学教育と言う。又 驚いたことに、小学校の英語特に英会話教育が重用という。私は全く違う!小学校で一番の必要性は正しい日本語を徹底的に教えることだ。英会話などは優先順位から言えば一番下だ。英会話など郷に入れば郷に従うとの例で誰でもが出来るのだ。そんなことよりも、人間の基礎を育成する幼稚園、小学校、中学校等の時期が一番大切な時期なのに、それからは高校、大学へは各自、本人の選択に任せれば良いのだ。これくらいの事がどうして?解らないのか!この度の文部大臣も可笑し事を言うものだ。反面にトヨタ自動車とJR東海等が民営で一貫教育(中学校、高校)の学校を創るとのニュースは私には興味がある。全員寮生で男子のみであるが、成功すれば、女子専用の全寮制の学校も考えているとの事。この時期が人間形成の一番大切な年頃なんだ。私は大賛成だ。この時期に色々な面で徹底が足らない為にその後の大人たちに本当のリダーが生まれないのだ。人間にとって何が大切で何が不足しているのか?わかってないんだな!今朝のTVを見た方は誰でも同じような感想を抱いたのではなかろうか?ペットシッター業の私達愛犬のお散歩屋さんも犬の専門知識などは、毎日の現場、仕事からかえって・・愛犬から学んでいるのだ。

dogdog4444 at 05:58コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月15日

今月の関西地区の研修会の案内状を送付する前に夙川店の福田店長に確認戴く為に、大きな誤りを発見したものだ。福田店長は28日(土)と西宮市民会館を予約して頂いたのだが、本部は29日(日)と思い込み。29日(日)としての行動スケジュールで動いている。ここで深くお詫びしたい。29日(日)で開催場所は福田さんにお任せ、ご依頼した。場所は追ってご連絡します。29日(日)ですので 間違ないようにお願いします。私は年末、年始の疲れかかどうか?以前であればこのくらいの事ではびくともしなかったのだが、・・・・・・・・この二、三日は体調が悪い。日本獣医畜産大学の講師の件を考えると尚更、調子が良くはなくなる。責任感と同時に、自信が無いのだろう!体調が良くなるまでジックリ待とうと思う。今朝のお散歩は我が愛犬のジャム嬢だけ、やはり自分の犬とお金をもらっての依頼された他人の愛犬とは違う。以前にも奈良店の天川さんが同じ感想を記載されていたのだが、同感だ。お散歩の楽しみが根本的に違うのだ。我が愛犬とのお散歩は気が楽で、己の体調維持の為にも運動になると言う気分になる。我らペットシッターの中でも奈良店の天川さん、京都右京店の牧瀬さん、城北店の斉藤さん、あきる野店の渡部さん、三島函南店の大崎さん(最近突如2頭は天国に逝ってしまったが)等は4頭〜5頭と共存しており、大変だろうと思うのだが、我が家は2頭であり、大変さは感じない。犬は我々人間同様に体調が悪い時もあるのだろうが、しかし、ジャム!クッキー!と呼ぶと、寝ていても、殆ど、常時寝ている時間が多いのだが、必ず起き上がり、シッポを精一杯フリフリ、全身を近寄せ、私の所へ来るのだ。いつも平常心。主人に対してもの凄い忠誠心があるのだ。これには驚く。だから、愛犬といると心がやすまるのだろうか?ここらあたりが愛犬は癒し効果があるのだと言われいる所以なのだろう。本日福岡春日店の西島店長から3頭の新会員の申し込みがあり、我が事のように嬉しいニュースだった。

dogdog4444 at 05:01コメント(0)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月14日

私のペットシッター業の中でも一番も癒しの効果のあるマーリ嬢が飼い主様のご引越しの為、お世話は今月一杯になる。飼い主様は90歳を越えられた高齢の為ご子息様の湘南の近くに引越しされるとの事、マーリはご長男宅に引き取られるとの事。そもそもマーリ嬢はニューヨーク生まれのニューヨーク育で、転勤中のご長男が飼い主で、三鷹に住むおじいさん(ご両親が)寂しいとの事で、マーリはおじいさんのお友達として、ニューヨークから三鷹宅に居候していたのだが、高齢の為、私ペットシッターがお世話していた次第なのだ。日経新聞MJの一面に記載されたときのモデル犬で、3年近いお付き合いであった。来月から米国から帰国された長男宅 湘南地区に住むことになるのだが、年齢的にお若い長男宅なので、お散歩を我々ペットシッターは必要が無いが、一応、湘南茅ヶ崎店の存在することもご連絡してある。マーリ嬢は年齢は推定16歳で、お散歩もゆっくり、ゆっくりでオシッコも数回、ウンチもこの3年間の間、下痢も一回も無いほど良好。又お散歩のコースも玉川上水側で井の頭公園までのコースは作家の山本有三の路傍の石もあり、この道は風の道と言われている。11年間ペットシッター業をしている私のお散歩コースの中でもナンバー1だ。又現在に飼い主さまのご主人様と奥様はお二人の年齢を足し算にすると180歳になるのだが、お二人ともご壮健で、いつもニコニコ私を激励して戴ける。こんな方も飼い主様として存在するのだな!とマーリは幸せだあ!と・・常に思っていたのだ。思い出せば、この3年間には奥様は骨折等で2度入院され、ご主人様は腎臓病のため入院とお世話する方が三鷹では大変との事。色々ありましたが、マーリからのご縁にて高齢のご夫婦とのお付き合いには数々教えていただき、ペットシッター業の中でも もし?今後小説を書く場合は是非!書き添えたいお二人であった。心残りはマーリ嬢もお二人も高年齢の為、心配だ。最後まで面倒を・・と思っていただけに残念だ。が・・・これも人生。もう逢えないだろう!マーリ有難う!何故?こんなに!大きく!犬との別れが寂しく、悲しく感じるのだろうか?それは犬は語れないので一生懸命にお世話し、付き合ってきたからだと思う!その期間が長ければ長いほど悲しみは大きいのだ。果たして人間との付き合いにこんな一生懸命さがあっただろうか?

dogdog4444 at 12:07コメント(0)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月13日

以前からフイクション作家の山田風太郎と司馬遼太郎との根本的な相違点に於いて語られているのだが、両者は既に亡くなられて現在は存在しない。前者の小説は殆ど記憶に無いが後者の作家の小説の殆どは読ませて戴いた。山田風太郎は大の大ウソつきの名人であり、小説そのものである。フイクションとはウソという意味であり、ノンフイクションとはその逆で事実という意味である。この点からは司馬遼太郎は小ウソつきであると言われている。司馬遼太郎のそれは史記に近いが、どちらもウソをつく天才であることに相違ないのだ。ウソを承知で一所懸命に読書している我々はまるで真実のような文面に酔いしたり、満足しているのだ。もっと深く考えて見ると、作家達の書くうその連続とは人間の創造力の事で、決して可笑しなことでもないのだ。そういうことから考えて見ると、私も生まれて初めて本を自己出版した本ペットシッター業を書いた(僕の名はクッキーご主人は愛犬のお散歩屋さん)は小説ではないのだ。ノンフイクション&フイクションのどちらでも無いのだ。単なる日記調でここで記載しているブログのようで、恥ずかしい話だが、私の自己出版物には想像力など何も無い。私自身はどちらかと言えば、ノンフィクション作家の方が好きなのだが、何時の日か?自分の人生の体験を生かして本当の小説を書きたいものだ。勿論、ペットシッター業を通じての内容にしたい。中味は我々ペットシッター業の仲間の人間模様を描きたい。
税務所の調査が入るとの事、土橋税理事務所から本日12日連絡あり、24日と27日の両日の午前10:00〜5:00の間で28日は茅ヶ崎にペットシテイのしつけ教室の見学と29日は関西の研修会で、愛犬のお散歩の依頼は断らなくてはならない。

dogdog4444 at 06:03コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月12日

湘南茅ヶ崎店の店長西垣氏がどうしたのですか?今日 8日のグログのページが白紙でおやすみなのですか?と電話にて聞かれて・・びっくり!!早速 投稿後の編集欄をチェックしたが、当日記載した文面を公開の欄をチェックした積もりが、下書きの欄にチェックを入れてしまったので,8日のブログの面が白紙になってしまったのだ。誠に申し訳ありませんでした。直ぐに修正した。興味のある方は8日のブログ・(人との出逢い・・)の文面を再度お開き戴きたく願う次第です。その後の進行状況ですが、早速、日本獣医畜産大学の小林講師を訪ねて詳細をお伺いしたのだが、私の想像以上に難局が予想されて悩んだが、とりあえず、挑戦しようとの意志をもって、非常勤講師を大学の理事会に申請する為の諸々の申請用紙を戴いて帰宅した。今週中に記載し、お届けの予定だが、一番の問題点は4月から7月の間の毎週水曜日の午前10:40分〜その間昼休みを除いて〜午後5:00の間の時間を全て私一人での責任時間として94名の学生に情報を提供しなければならぬのだ。5時間の授業時間×18日間だから・この位の情報を収集するのには大変だ。と同時に毎週水曜日の午後のペットツター業はお断りしなければならない。出来ない事を予測をしないで、前向きに考慮し、申請書を出して大学側の返事を待って、その後に真剣に考えたい。得意な考え方、ケセラセラ精神で行こう!本日11日の朝日新聞のペットシッター愛犬のお散歩屋さんの記事が少し記載されるとブログに書き込みましたが、朝刊、夕刊にも記載無し。相変わらずマスコミ関係者は調子がいい!読んでいただいた読者には申し訳ございませんでした。

dogdog4444 at 06:59コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月11日

今朝10日岸田様宅からロン君が8日に亡くなったとの電話あり、14歳のミックス犬だ。平成11年の9月にペットシッターとしてご縁があり、6年間のお付き合いだった。時折、ご夫婦お二人でご旅行の時にはご依頼があり、当初はロン君(柴犬の血が入っており)!なかなかの元気犬でお散歩用の引き紐を繋げるのも困難だったが、日に日に心を許し、最近は昨年の10月にこのお散歩がロンとの最後であったが、触っても、大丈夫で、ウンチも良好、オシッコも多く、ノンビリ歩くタイプでほんに心を癒す愛犬であった。今朝 武蔵野商工会議所に5月度の定例研修会の会場とりの抽選会帰りに、一本のゆりの花を持参し、岸田宅に立ち寄る。もう既にロン君はお骨になっており、その周りには一杯のお花で飾られて、奥様曰く・・ロンは深大寺の火葬場では火葬時には脂が多く、作業員がビツクリされたそうだと笑いながら、奥様のその目には涙が落っこちそうで、たまらなかった。ロンは雑種だが、昔の頃 触れない位に個性的だったが、岸田家の応接間の好位置にロン用のソファアーがあり、この数年前に、口の周りにガン性のデキモノが生じ、もう!先がそうも永く無いとの診断で、何でも好きなものを与えていたのだろう!ロンの元気な時の写真が数枚ソファーに飾られてあり、岸田家の皆さんのロン君への愛情が未だ以って理解できた。私達ペットシッターにとっても このお別れが一番の悲しみだ。犬は犬種ではない。岸田家のような心の優しい飼い主とめぐり合ったロンはきっと天国で心からワンワン!と喜び、感謝しているに違いない。ロン!有難うな!このようなロン君に対して 岸田さんのような人の優しさは余程のご苦労人であろうと察せられた。

dogdog4444 at 06:26コメント(1)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月10日

はやいもので、ペットシッター愛犬のお散歩屋さんの定例研修会を開催して以来、この22日(日)は関東地区・29日(日)は関西地区で11回目の新年会を迎える事になる。去年同様に なだ万のお弁当を予約しなければならないので、関東地区のFC店には本日9日に22日(日)の研修会のご案内のファツクスを送信した。関西地区はもう少し後にする。1月度の研修会の内容は17年度の表彰と各店の新年挨拶が主なる内容になるのだろう!同時に17年度の実績表をお渡ししたい。内、対前年アップ店が40店とダウン店が18店と顕著に正直に数字というものは出てくるものだ。実績だけを追いかけているわけではないが、各店がこの仕事ペットシッター業だけで飯が食えるようになって戴けるように願うだけだ。今日は成人の日 全国で143万人だそうだ。中国では数千万というから桁違いだ。明日の日本は果たして?多分に今の若い人達はそれなりにやっていくだろう!若いお母さんが着物を着飾ったお嬢さんと一緒に歩いている姿はほほえましく、頑張れ!と一声かけてあげたいほどだ。このような(成人式)催しはわが国の文化の一環として残して欲しいものだ。成人式を迎えられる若者にはこれからの人生に大いに夢を抱いて戴きたい。

dogdog4444 at 07:08コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月09日

11日の朝刊に今年の戌年にちなんで愛犬の記事を乗っけるので以前に世話になった朝日新聞の記者の長尾氏から情報収集の電話があった。私達ペットシッター愛犬のお散歩屋さんの記事はほんのちょっとで、大したスペースではないと思うが、11日の朝日の朝刊に目を留めて戴きたし!長尾氏の情報だが、昨年末からデパート及びペットシヨップ店では愛犬のモーニングや羽織りが売れたの売れたの全部品切れになってしまったそうだ。飼い主様と愛犬が同行して初詣に近所の神社に多くの愛犬家は初詣に出かけたそうだ。ペットシッターの私の元日、2日、3日までのお世話する時間帯は早朝の3時〜7時ごろで、流石に愛犬連れの飼い主様にはお目にかかれなかったが、多分、午後の時間帯に犬連れ初詣をしたのだろう!確かにここの所の厳しい寒さのせいか?服を着させて愛犬が目立つが、巷の景気も良くなったためなのか?空前のペットブームを我々ペットシッターは体感できたお正月だった。久しぶりに暇になり、温泉でもと思っていたのだが、近所のお宅から真っ白いマルチーズのお世話を頼まれる。この連休に 日に4回の依頼であり温泉を断念したが、ポンタの愛くるしい可愛らしさにそんなこと(温泉)も忘れてしまった。温泉(近所の武蔵野温泉だ)は明日からいけるさ!そんな時に中学、高校時代の豊橋の友人の佐竹君からメールあり、正月は豊橋グループ64歳の5人が又集まり、蒲郡の三谷温泉で新年会を開催したとの事、東京の斎田君と私が出席出来なかった。5月には東京で7人衆の会合を希望し、27日、28日の予定だそうだ。又楽しい事が一つ増えた。

dogdog4444 at 05:03コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月08日

このようなメールが本日ペットシッターの私宛に送信されてきた・・(覚えて いらっしゃいますでしょうか?2004年の3月に日本獣医畜産大学 獣医公衆衛生教室の本藤良教授が人畜共通感染症のテーマにて講演をされたときに、スライド等お手伝いで伺いました小林眞理子と申します。現在は同大学で教員をしております。さて、早速の用件ですが、2006年4月から7月の週1回、毎週水曜日にトレーニング理論という授業の一部で古田様に授業をやって戴けないでしょうか?古田様の経験に基ずく、犬のしつけ、取り扱い方などを学生にレクチャーして戴ければと思っています。いずれにしても、ご自宅に伺いご説明に上がりたく思います。ご検討の程お願いいたします。)日本獣医畜産大学:小林眞理子。本来は彼女からのメールをコピーし記載したかったのだが、間違って削除してしまったので、印字したものを記載したのだ。そう言えば、私宅のトイレに飾っているカレンダに相田みつをさんの言葉(ひとの世の幸か不幸は人と人が逢うことからはじまる よき出逢いを)の文面を読み直した。この言葉の通りに・・現実に又一つの出逢いが生まれそうだ。勿論の事、ペットシッターとしても光栄のことで、早速、電話にて10日に大学に伺う約束をした。1回の授業90分間・16回の授業の内容を考えること自体大変なプレッシャーだが、挑戦したく思っている。この機会に、又誰かとの出逢いがあるのかも知れない。私達ペットシッターの定例研修会ときには、近隣のほぼ全員のFC店が吉祥寺又は関西地区では西宮にお集まりの機会があるのだが、これらの機会にも他人の仲間とも何にも語らず、帰宅されるFC店も存在するが、何ともったいない!これが一期一会と言うことだろう!黙って・・動かなければ、何も興らない。さあ!動こう!自らチラシ配りに・・。自ら行動しよう!私ペットシッターも配るぞ!

dogdog4444 at 13:37コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月07日

ここのところ、年末年始の間は車の渋滞が無く、ペットシッター業の私には本当に助かった。雪も無くて助かっている。この間は日本人全体が家族主義に戻り、殆どの家族が玄関に門松と、でなければ、御下がりを飾りつけ、各部屋のテーブル上、台所には鏡もちを並べて、紅白歌合戦をみんなで見ながら、女性群はおせち料理に専念しながら、お正月を迎え、久しぶりに皆でガヤガヤ騒ぎ立てお互いの健康を確認する。そうして、除夜の鐘を待ち、近所の神社に初詣に行く。私は今年もペットシッターをしながらの愛犬との初詣の梯子だったが、そうして、年賀状を待つ。これらは日本人の生活様式を表現している文化なのだ。64回目を迎えた私などはこれらの日本文化も少し違和感さえも覚えるようになった。最近は私の知人等もこの季節になるとわざわざ海外に逃避し、レジャーに行く人が多くなった。どちらが?どうの?と言っているのではなく、過去の歴史をみると、このこのような生活をある年は国内で正月を迎えて、あるときには出かけて見るかの如く、繰り返しているのだと思う。その中で年賀状だけが可笑しな現象だと思うのだ。単なる、印刷屋に儲けさせているが如く、何も書かず、単なるコピーものだけが届いても,何も感激もあったものじゃない!私は一言位付け加えて書いているのだが!何にも書いてない年賀状など そんなものは  もう!いらない!義理とか!恩など!・・と思うのは私だけだろうか?我々の文化を守りたい半面に無駄なものは削除したくもなる。

dogdog4444 at 06:06コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月06日

今朝の心の時代は大女優 森光子85歳さんだった。勿論 昨年の録画で、現在6日は男優の元ジャニーズ東山氏39歳と一緒にハワイでお正月休みだそうだ。このこと自体もユニークで驚きだが、外見の年齢等など関係が無いのだ。今朝の大女優の話には元旦の日野原先生94歳のお話と同様に感動で、ペットシッター中のルークのお散歩を途中でストップし、気温2度の寒さも気にならず、立ちながら、自動販売機のポタージュスープを飲みながら聞き入ったものだった。森光子さんのスケージュールは今後5年間はびっしりだそうだ。85歳なのでなんと90歳まで仕事をし続けると言う。55分間のお話なのでこのブログ記事にはとっても書ききれないが、是非!皆さんも朝の4時5分からの心の時代・NHKラジオのチャンネルを合わせて欲しい。そうすれば、私達のペットシッター業愛犬のお散歩屋など苦労の内には到底入らない事ご理解出来るでしょう!世の中には上には上が存在する事が解る筈だ。苦しい時にはそんなことが私達の原動力になるのだ。ご両人が共通している点はお二人とも俳優と医師という職業の持ち主で、スペシャリストだが、考え方はゼネラリストだと思った。決して個人主義者ではなく、いつも、毎日、他人を意識しながら、己の立場を貫く点はご両人は同じだ。呼吸法のことを述べられていたが、対人関係上、頭にきた時などは、冷静になる為に、深呼吸をし、その後、ゆっくり、ゆっくり、呼吸するようにすると、自然に熱い頭も冷静になれるそうだ。私達夫婦も森さんのフアンで今秋講演される講演回数1000数百回の放浪記は是非観劇場まで行き観たいと思っている。ご両人は打てば響く人だ。私も少なくても打てば響く感性位は真似をしてみたい。私達は先代の先輩からもっともっと学ばなければならないのだ。

dogdog4444 at 04:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月05日

ペットシッターをしながらの楽しみであった早朝のラジオ(心の時代)は正月の初日はあの有名な94歳の医師 日野原先生だった。元日と二日と二日連続の出演。びっくりした事が、語る言葉がハキハキして、聞き易い事だ。本来は入れ歯か差し歯で,もぐもぐして何を話しているのか?ミッキ安川の如く、理解に苦しむ筈なのに!ビツクリ仰天!まるで40代、50代のはつらつとした好成人が淡々と語る語り方みたいに感じ取れて、イヤホーンを耳にこすり付けて聞いていた。日野原先生の本は読んだことがあり、興味深々。先生曰く・・(大切なものは 全て目では見られないそうだ)人の心も確かに目ではとらえられない。逆に言えば目で捉えられるものは本物ではないのだ。我々は全て錯覚の中で生活しているそうだ。その点、かえって盲目の人の方が本質を捉えられているそうだ。先生のように脈々と時と経験を重ねての体験が真実を理解できるのだそうだ。美しい青色トルコブルー空、素晴らしい湖の色等も重ねた年齢がそのように感じ捉えられるようになるのであって、若い頃にはそんな感性さえも気が付くことが出来なかったそうだ。先生の本には人間の命、心のことを書かれたものが多くあるが、先生は心とは時間そのものであると言われる。その人の心とはその方の持っている時間であると・・・。残された時間はその人の命であるわけだ。3日、4日の心の時代のお話は森光子さんだ。凄い人がこの世にも存在しているものなのだ。とペットシッターをしながら考えた。ペットシッター業の私の心の栄養はこの番組だ。

dogdog4444 at 04:05コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月04日

学生がこれからの時代を切り開いていく事は歴史上を見ても理解できる。勿論の事、年の初めに見るテレビの為か?東京と箱根を走る箱根駅伝は関東地区の大学だけが参加できる駅伝だが、先ずは伝統がある。82年の歴史。一人で走る距離が平均20キロで、計10人で走るのだ。特に5区の山登り、6区の山くだりはエンジン付きの車でさえも・・、私も若い頃にスカイラインGT似て度々運転をしたのだが、難しかった。他の駅伝とは違うのだ。何と言っても、視聴率が高い。甲子園で開催される夏の高校野球みたいなもので、走る事に興味のある人は1年中その大会に参加したいが為の練習は並みではないのだ。復路も順天堂が凄い!これは勢いだが、この長い期間には凄いドラマがあるのだから必死に追い込んでいる五連勝を狙う駒大にも大きなチャンスがある。順天堂は現在の監督は中村氏だが、昔の監督の沢木氏は私の学生時代には、国立競技場で5000メートル、1万メートルの新記録を出すのを良く見たものだ。多分に、人間は犬同様に競争が大好きでこのレースも勝つか?負けるかの?デットヒートで面白いのだろう!この若い時代は苦しむことが美徳で、苦しめば、苦しむほど、己が強くなるので、自ら、これらの駅伝&マラソンゲームに挑戦するのであろう!振り返ってみれば、ペットシッター業にも 私の昔のジョキングが役に立っていることは当然だが、最近の私には苦労することがめんどくさくなって、少しでも楽に、楽にへと動いてしまう。これも年齢のせいかも知れない。若いうちは苦労をしすぎてもしすぎることは無いほど買って出てもしたほうが良い。と体験上、断言できることを知っているので、これらの苦しみに挑戦する駅伝競走が好きなのかも知れない。この記事を記載中にも順天堂が駒大に抜かれた。駒大の5連覇だと誰でもが予想していたのだが、結果はわが町武蔵野市に存在する箱根駅伝では無名に近い亜細亜大学だった。我が母校の法政も復路優勝だった。総合では7位に入った。だから駅伝は面白いのだ。


dogdog4444 at 03:05コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2006年01月03日

サラリーマン時代には上司から人、もの、金、と大切なもの優先順位を教えられたものだった。現在では誰が考えても人、もの、金、の順位から→時、情報、知、人、もの、金と変化しているのだが、私達ペットシッターに一番大切な時間だと解って入るものの、今日までの時間に関しての考えを述べれば、時間を如何に消化していくのか?という考えで生きてきたのだが、果たしてこれで善かったのか?今後は時間をつまり、時を如何に貯蓄していくのか?詰まる所,淡々と流れていってしまう過去の時間を黙って見つめているのではなく、自分の意見を以って考え、明日を読んでいく時代だと思う。人生とは自分の過去を創っていくことですから、今年は悔いのない過去を積み上げて行くつもりだ。今年は色々の面で流動性に富んだ年になるだろうと思う!1時間が1年間に思えるほど貴重な時間として対処していかねばならぬ。1年後には頑張るとか言う人がいるが、今に、今!ハッスルしなければ無理だ。何時!貴方は頑張るのか!そんな人など当てにならぬ。そんな年になるだろう!ボサーットしている人は取り残されるであろう!誰に取り除かれると言えば、自分の時間(人生)に対してだ。今朝はレンタカーで朝12頭、午後9頭だ。体力的には限界だが、雪が予想されていたのだが、いかしかたがなく、車でまわったが効率が非常に悪い。やはり、バイクがベストだ。午後は箱根駅伝を聞きながらのペットシッターだった。我が母校の法政は弱い。往路は順天堂大学がトップだった。明日の復路が楽しみだ。

dogdog4444 at 03:04コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月02日

流行に合わせる。多数決に従う。全員賛成だ。とか・・私も全員の意見には逆らうほどの偏屈ものではないが、昔から己の意見の方が重要だと思っていたし、今の現在もその考えは変わらない。しかし、我々日本人はあまりにも他人のことを意識過ぎている感がする。人が笑えば、笑わないと可笑しく思われるの如く、右倣えで笑う。悲しみも同じように悲しむ傾向がある。大きな事を言えば、外交上の諸問題も米国に遠慮し、隣国の中国にも様子を伺う如くの挨拶だけで自分の意見を述べようともしない。もうそろそろ、自己責任に於いて、自国は自国の生き方を堂々と述べたらどうか!とも思える。私達も自分の意見をはっきり述べられる生き方をすべきだ。私達は長年の間、争いは避けるべきとの思想から妥協をすること事態が美徳であると思われてきたが、最近 果たしてこのような考えで良いのか?各部署で問題になっている。確かに日本人の殆どは高学歴者が多くなり、つまり教育の向上により、争いは醜く、避けようとする常識人というか?このような人が増えてきていることも確かだが!全員がまあまあ!と右倣えをしていって良い物なのか?疑問だ。私などは昔も現在もあるところから指示、やアドバイスがあったとしても、己自身が納得しなければ、決して動かず、納得するまで考え、人にも相談し、その考えを納得すれば行動するタイプだ。時折記載するが、時を消化するだけで終えるのではなく、自分の考えを時の中に刻みたいのだ。今年はグループ的存在よりももっともっと個人を重視する時代到来と考えるが、このような傾向は問題があるのだが!実業団の駅伝の結果優勝のコニカミノルタ他上位の企業は不思議だ。業績に比例しているんだな!

dogdog4444 at 03:03コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 

2006年01月01日

今年も元気で64回目の正月を迎えられて幸せだ・・と痛感する。今年の7月には満64歳を迎える訳だから、最大の課題は健康な日々を送れるか?どうかだ。こうして過去から今日へと多忙な日々をペットシッター業に従事して送っていると、美味しいものを食べながら、一杯だけでも飲める事、自体が唯一の楽しみ。そんな歳になってしまった。あっと言う間に一日が終わってしまうそんな毎日が楽しくってしょうがないのだ。他には何もいらないので、良く眠れて、良く食べて、健康でさえ良ければと言う気持ちになるのだ。それから我々の仲間も家族共々健康で、全員がこのペットシッターの仕事だけで飯が食えるようになるように切に願う気持ちだ。今年の課題はもう一度健康診断をし、健康に重視したい。毎日晩酌をしているが,週に一回 休日を設ける事、月三冊の読書、日本獣医大学の完全出席、旧友との会食実践だ。仕事上では全く行動していないFC店との折衝事だ。今年もペットシッターのプロになることにめざして、あらゆることにチヤレンジしていきたい。つまり、時間を単なる消化していくだけではなく、時間を蓄積していきたい。そのためにはどんな事に挑戦しようが、中途半端ではなく今まで以上に死にもの狂いに、一生懸命に、チャレンジしていきたい。そうすれば、私の心の中に思いが残る事だろうと確信している。今年は相対的な考えから脱皮し絶対的な思想を確立したい。少なくても昨年のペットシッター愛犬のお散歩屋さん古田弘二よりも一歩でも前に出たい。朝早くから実業団の駅伝を見て、明日からは箱根駅伝だ。ペットシッター業も今年のお正月は朝が10頭位で午後が5頭位でたいしたことが無い。数年前は午前、午後で計20頭位が1週間位続いたものだった。明日には雪になりそうで、万が一の為にレンタカーを借りてある。この歳になれば 念には念だ。あけまして!おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げる気持ちで一杯です。

dogdog4444 at 03:18コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さん 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ