2011年04月

2011年04月30日

 昨日、元カネボウの須田君から電話があり、ペットシッターの私がカネボウ時代に同職場にての仲間の山口喜代美さん(現在はカネボウ化粧品首都圏本部ドラックストアの教育部の課長職)は27日に乳癌にて亡くなったとの事。ビックリしたニュースだ。
 先日の田中好子(スーちゃん)と同じ病だったらしいが、天国へ逝ってしまったのだ。
彼と一緒にて千葉の柏斎苑での お通屋に参加した。懐かしい人達と逢い、自宅に帰ったのは午前様だった。17年ぶりだった。
 彼女は現役であり カネボウの社員が大勢参加されており、悲しいやら、懐かしいやら、53歳とは まだまだ若いのに この世の矛盾を感じ・入った日だった。
 さて もう!ゴールデンウイークに 世の中では入っているのだが、ペットシッターの私には GWなどでお休みなとった事は「愛犬のお散歩屋さん」の仕事をして以来17年間一度もない。
 そんな長期な休日よりも 一日もお休みをしたことが無いのだ。
勿論の事、熱海、豊橋らへと・・同期会等に出席の為、日帰りにて、又 仕事を終えて、夜中に飛んで、朝帰えることは 多々あるのだが・・
 我国の中小、零細企業に従事している人達の殆どが そんな日々を暮らしているのだろう!
 それにしても、今年のGWは3月11日の大地震から始まって、原子力発電事件と風評被害に続いて・観光する人が減少しているのであろう?
 通常のGW月には、夏休み、冬休みに 続いて、忙しかったのだが、今年は暇のようだ。ペットシッターの私武蔵野店の場合のGW期間の仕事情況を 報告させて戴こう!
 朝は我が宅の両犬の世話をしてから、その後 3匹猫ちゃんのお世話をし、次にダッス犬のモカ宅へ、次にゴールデン犬のゆず宅へ、午後は柴犬のミミへ、ダックス犬のモカへ、ミックス犬のイギー宅へ、次にシーズ犬の新太郎君宅へ・・という位のスケジュールなのだ。
 普段の月に+おまけ位で・・余り変わり映えがないのだ。この分だと・・当分の間はこのような日が継続する事だろう!そのうちに又 多忙になるだろう!
 

dogdog4444 at 04:35コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月29日

 大震災にて延期になっていたのだが、久しぶりに武蔵野市第五期基本構想・長期計画策定委員会に出席した。
話題がこの時期だから止むを得ないのだが、地震と放射能の話題ばかりだったのだが、妙に気になることに、策定委員会のメンバーの殆どがこのたびの大地震の復興委員会と同様に、大学教授が大半なのだ。
東京大学、成蹊、日本獣医、東京国際等、副市長・・と・・これでは駄目だと・・最初からペットシッターの私には絶望感を覚えたのだ。
決まったことをただ単なる形式的に市民会議の委員 私に伝えるだけのつまらない時間に終わってしまった。
 言いたいことが、山ほどあったのだが、これだけは言ってやった。
(「プラン・ドウ・チェック」と・・原則律の如く・・立派なプランを立案する事は誰でも可能だ。問題はドウする事なのだ。
出来れば、それをチエックするシステムも必要だ。
 行政人達がやることの殆どは やりっぱなしになることが多々ある。
政治も経済も 要は 結果なのだ。結果が伴わなければ、駄目なのだ。
計画どうりに推移しなくても、誰もその失敗に対して責任を執らないのが問題なのだ。
 我々庶民民間の零細企業人達の全て人は 全ての計画に対して・・その結果に於いての責任を執らなくてはいけないのだ。
 出来なければ、従業員を解雇して、最終的にはその事業を辞めなくてはならないのだ。
政治家も、行政人達も、結果に対しての責任を明確にして戴きたい・・。)・・と申し上げたら、誰からも 黙ってしまって・・返答がなかったのだ。
 武蔵野市の計画会議もこの位が そのレベルであり、多分に国に於いての諸々の会議もこのようなものであろう!
 要は税金にて生活している実務能力のない教授達では、計画は立案できても、その案を市民におろして実行させる人、その責任は市長になるのだが、これらの行動部隊群に・・甚だ疑問を感じるのだ。

 

dogdog4444 at 04:30コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月28日

 来日中のオーストラリアのギラード首相が23日、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町を訪問したと言うニュースだ。 
 外務省によると、外国首脳が被災地に入るのは初めてという。 
 同町ではオーストラリアから派遣された72人の救援隊が捜索活動に当たった。
 首相は、悪天候のため、予定していた自衛隊のヘリコプターではなく、普通のバスにて陸路で正午ごろ、町内に入った。
 これらの行動も被災者の気持ちを理解できる人なのだろう。
 佐藤仁町長から説明を受けながら被災状況を視察。
 骨組みだけ残った町防災対策庁舎や周囲のがれきに目をとめていた。
この後、避難所の「ベイサイドアリーナ」を訪れ、子供たちにコアラとカンガルーのぬいぐるみをプレゼントした。(読売新聞)
 この行動はすばらしいことだと..と思うのだ。
 外国人の要人としては初めてとのことなのだが、友愛とか、愛とかと言う言葉は 我国の元首相の合言葉として聞き飽きて反吐が出るくらいなのだが、、今回のギラード首相の行動はペットシッターの私には本物だと・思えるのだ。
 世界中の人達が我国の東北の人達にお見舞いをして頂けるのだが、今回のオーストラリアのギラード首相の行動力には我国の政治家も見習うべきだ。
 多分にギラード首相は今日まで・・の人生生活に於いても、成功体験と失敗体験を重ねた、他人の痛みがわかるお人なのだろう”・・とペットシッターの私には推測出来るのだ。
 何でもが、そうなのだが、 世の物事は理論とか理屈では動かぬものだろう!人を感動させて、動かすものは 心というのか?情愛なのだと・思うのだ。
 それは失敗の体験が多い人ほど理解できる体質になっているのではなかろうか!
 オーストラリアは自然が残された大きな大陸であり、台風、地震等が大変多い地域であり、苦労、苦節の体験が多いのだろう!数ヶ月前には大洪水があったのだ。
 故に 我国の苦難が理解できるのだろう!と思うのだ。
 現在政権を握っている我が国の政府に従事している人達には、苦労、苦節体験が不足している人達が余りにも多すぎるのだろう。これでは世界の人達からは認められる筈がない。
 これからの世の中は おぼっちゃん、お嬢様だけでは生き残れないのであろう!

dogdog4444 at 04:42コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月27日

ペットシッターの私宅でも節電、エコ等の為に、つい先日前に太陽光発電を使用するための見積もりを電気屋にお願いしたのだが、忙しいのだろう?未だに見積もり書の提出がないのだが・・本日の話題も太陽光発電の情報だ。
 福島第1原発事故による電力不足は長期化するの相で、首都圏など東日本エリアでは夏場に向け家庭に最大15%〜20%の節電を促すほか、需要のピーク時には停電の可能性も残る。
そこで節電対策として脚光を浴びているのが家庭用太陽光発電システムだが、導入前にチェックすべき項目もある。
瞬時停電が起こった場合、家庭用太陽光発電システムに搭載されている自立運転機能を使用すれば、発電した電気を利用して家電を動かすことができる。
だが、そのためには「自立運転コンセント」を備えた機種であることが必要だ。
現時点では、約9割の太陽光発電システムに搭載されているが、なかには搭載されていないものもある。
また、自立運転機能で発電される容量は1500ワットまでの制限があり、複数の家電機器を同時に動かすことが難しい場合もある。
薄型テレビや冷蔵庫、炊飯器の稼働やノートパソコン、携帯電話の充電などは可能だが、エアコンは動かすことができないのが実態だ。
曇り空や雨天の場合には、1500ワットまでの出力を確保できなかったり、使用中に天候が変われば、発電量が不安定となり、それまで利用していた家電機器が動作しなくなったりデスクトップパソコンの場合、突然動作が止まるとハードディスクの破損につながりかねない。
当然のことながら、太陽光発電は、日中の太陽が出ている間にしか使用できないため、夜間に停電した際には使えず、自立運転中に余った電気を売電することもできない。自動車のバッテリのような蓄電器の発売も盛んのようだが、100万円もし・・高い。
 家庭用の太陽光発電は、一般的に年間消費電力の7割程度をカバーできるとされ、大きな節電効果はある。
 だが、非常用電源としての活用は限定的とみておいたほうがいいだろう(読売新聞)


dogdog4444 at 04:21コメント(0)トラックバック(0)ペットシッター& 犬のしつけプロ 愛犬のお散歩屋さんペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月26日

 古田様

 こちらこそ、いつも色々教えて頂きありがとうございます。
正直、ちょこをお願いした時は、非常に噛みつきの対応に困っており、
そんなとき、散歩途中で見つけたのが、古田さんのチラシでした。
 しつけを通し、ちょこと よりコミュニケーションがとれるようになり、
犬を飼うことがとても楽しくなってきました。
 躾け費用の件、助かります。
今後とも、色々とご指導をよろしくお願いいたします。-○○-
 
 この文面が昨日 チョコちゃん(プードル犬)噛み付き犬の矯正をご依頼された飼い主様から ペットシッターの私宅に送信されてきたメールです。
 さて!本題に戻ります。
 このニュース(読売新聞)を知ったときには これほど、マスコミ業界のTV民放局は厳しい情況なのだな!と直感的に感じた。
 そうでなければ、70歳の徳光氏が選ばれるはずが無いのだろう!とペットシッターの私は推測している。・・と言う記事を詳細には・・
 フリーアナウンサーの徳光和夫70歳が、毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』8月20日〜21日のチャリティーマラソンランナーに挑戦することが24日夜、同局のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』の生放送で発表された。
 突如スタジオに登場した徳光氏に出演者は呆然。
 これまで33年にわたり24時間テレビの司会を務めてきた徳光は「司会をしてきて、こなしていくことが多くなり、取り組むことがなかった。
 人の姿を見て泣いてきたけど、自分自身に泣いたことはない」と現状に燻っていた心境を語り「この仕事が、自分がチャレンジできる最後の仕事」と、2007年にランナーを務めた萩本欽一当時66歳を上回る
 “史上最年長ランナー”として挑戦する決意を固めたと言うが、心臓病を持っており心配だ。
 ペットシッターの私もカネボウ化粧品に従事していた頃、山梨にて単身赴任していたときに、仲間から薦められて、桃源郷マラソン10kmを完走したことで・・悦びを知ったのが そもそもの初めで、その後は 走る喜びと楽しみが病みつきになり、その後 東京に戻り、現在もカネボウ勤務の佐藤君の勧めにて、マラソングループの新宿歌舞伎町にある「ノーラン」に入り、青梅マラソン30km、霞ヶ浦フルマラソン42km、厚木基地マラソン等、回数にして数えれば100回以上は大会に参加しているだろう!
 支店長時 カネボウを早期退職したときには中学、高校生活を過ごした第二の故郷豊橋の駅前の姉の宅から渥美半島の先端の海岸まで50kmを東京のマラソン仲間ノーランの人達に豊橋まで来て戴いて、豊橋のマラソン仲間数十人と一緒に全員で渥美半島の砂場まで走って、渥美半島の海岸の砂場にてバーベキューを開催したことも、4chの24時間テレビ見るたびに、懐かしく思い出してしまうのだ。70歳でチャレンジするとは・・我々に勇気とポジテイブ精神を再び、植えつけてくれるような気がする。

dogdog4444 at 04:32コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月25日

 20日の水曜日には関西地区の仲間「愛犬のお散歩屋さん」の皆さんは西宮市のレストランにて昼食をしながらの懇談会が福田氏、下井氏中心に開催された・・との事だ。
 他、深尾さん、穂森さん、久瀬さん、小川さん、津川さん、足立さん・・8人が参加。
 研修会の開催が奇数月の開催になり、偶数月には会食懇談と言う関西人独特のコミニケーション方式なのだ。団結力と行動力は凄いものだ。
 これらもリ-ダー福田、下井氏のお陰なのであろう!感謝している。
 それにしても今年のゴールデンウイークは関西のFC店の皆さんも閑古鳥・・のように暇だそうだ。武蔵野店のペットシッターの私も現在の所、GWのご依頼は2件だけの寂しい限りだが、お陰様にて犬のしつけのご依頼が継続しており、まあ!まあ!暇つぶしできる日々なのだが・・。
 本題に移ろう!
 このところ、ペットシッターの私の脳裏に残るニュースは下記の二点だ。
その一つには 浄土真宗本願寺派の宗門校、岡山龍谷高(岡山県笠岡市)はこのほど、東日本大震災で親を亡くした高校生の受け入れを決めた。
 15日、西本願寺(京都市下京区)での親鸞750回遠忌法要に生徒らと参拝した津田美津子校長(49)が明らかにしたと言う情報だ。
 もう一つにはドイツのメルケル首相は15日、「原発をできるだけ早く廃止したい」と述べて、原発の稼働期間の延長を柱とした、みずからのエネルギー政策を改める意向を示しましたと言うニュースだ。
 人間の幸せとは・・を考えると・・物欲でもなく、効率、便利だけではなく・・精神的な安定心なのであろう!がしかし、衣食住に恵まれて、好きなものが購入できる経済力を十分に体験を得とくしたものでなければ、このような心境にはなれないであろう!
 繰り返しと言うプロセス(成功、失敗)を体験しなければ解からないのであろう!人間とは本当に 厄介なものだ。
 上記に記したニュースのお坊さん達、メンケル首相も諸々の体験上の答えなのであろう!
 体験の無い人達は・・これ等の事は想定外だったという言葉にて逃げてしまうのだ。
 NHKのラジオでは土日を除いた毎日 午前4時には『心の時代」の番組は今でも継続している。早朝の4時に起床して、もう既にラジオに聞き入っている人達がこの日本にも一杯存在するのだ。
 又 同じくNHKのTVでは土の朝5時からは同じく「心の時代」の番組が存在する。
 その内容の殆どが宗教番組なのだ。
 終局的には宗教に頼らなくては生きていけないのだろうか?
ペットシッターの私は無宗教だ。

dogdog4444 at 04:38コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月24日

 波長が合う人とあわない人が存在するのだが、以下の文面は大前研一氏の論文の一部なのだが、ペットシッターの私が3月度のブログに記載させて戴いた内容とほぼ同意見なのだ。
 とは・・
 「全く、真心の誠が無い」・・とか云われている菅政権は東日本大震災の被災地復興をめぐり、無秩序な乱開発を防ぐため、現在2カ月以内となっている住宅などの建築制限期間を最長8ヶ月に延長する方針を固めました。
 また各地の農地を集約して大規模化を進める一方、壊滅した小さな漁港も拠点ごとに集約するための法案を今国会に提出する方針を固めています。
 東北地方を新たな「食糧供給基地」と位置づけ、攻めの復興策を目指す考えです。
涙ぐましいくらいに私が提言したアイデアが採用されています。提言した立場として、いくつか補足しておきたいと思います。
 まず基本的なアイデアは、土地の低い場所には公的な施設や緑地を置き、人は高台に住むという方針にあります。漁民の人たちにも高台から通勤してもらい、漁港を集約するスタイルです。
 このアイデアの実現にあたって、個々人が「自分の土地だから、好きに建築していいだろう」ということになってしまうと全体設計が崩れてしまいます。
 政府が買い上げる計画ですが、しかし・・。
 オーストラリアでは、洪水などによって水没した地域は歴史的に把握できているので、該当する土地を販売する際には「洪水で水没する危険性がある」ことを明文化することが義務付けられています。
 これにより土地の価格は安くなりますが、万一洪水に襲われたとしても「その危険性を承知で購入した」のだから特段補償を迫られることはありません。
 日本に当てはめて考えれば、「津波プレイン」といったところでしょう。
政府は「津波に襲われたら水没する危険性がある土地」として「指定」するだけで良いのです。
 現地を見てきた人によると、今回の東北地方の津波被害も驚くほど正確に「被害が及ぶ範囲・地域」の予想は当たっていたとのことです。
 であれば、このような地域に「津波プレイン」の考え方を適用して用途制限をかけるのも不可能なことではないでしょう。
 それでも危険地域内に「住居」を構えたいという人がいれば、「自己責任でやってください」と言えると思います。
 この方法は政府が「土地を全て買いあげる費用」を負担する必要がないのがメリットです。
 今回の震災による被害状況を見ると、地震そのものによる被害よりも津波による被害がより大きいのです。(大前研一)
 上記の如く、大前研一氏の思想の中には 他力本願から自力本願の思想が流れているのです。何でも国が・・政府が・・と言う考え方ではなく、己自身は己自身にて護るという基本が語られているのです。ペットシッターの私は35年前から地震保険には入っている。
 己自身を護るためには 当たり前田のクラッカーだ。
 








dogdog4444 at 04:46コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月23日

 東日本大震災で避難所生活を余儀なくされるペット連れの被災者らにとって、肩身の狭い日々が続いている。
 仙台市ではペット同伴を認めている避難所はわずかで、市担当者は「どの避難所にもペットを敬遠する人がいて積極的に受け入れるところはない」と説明する。
 物置で生活しているケースもあり、見かねたペットショップのオーナーが無償でペットの一時預かりを引き受けるケースもある。
 約300人の被災者らが避難生活を送る仙台市内の小学校。
 体育館脇の物置がペット連れ被災者の専用スペースに割り当てられ、8匹の犬が飼い主家族17人と一緒に寝泊まりしている。
 物置に入ると、小学5年の米山紗与さん(10)が愛犬のミニチュアダックスフント「みかん」を大切そうに抱えていた。
 避難した当初、物置が「犬小屋」と呼ばれていたという。傷ついた紗与さんは「『ワンコルーム』と言ってもらうようにした」と話す。
 飼い主家族らは、他の被災者がいる体育館に出入りする際も扉をすぐに閉め、鳴き声や臭いが漏れないように気を配っている。
 仙台市動物管理センターによると、仙台市内の避難所では、ペット同伴の可否は、避難所ごとに被災者らでつくる運営委員会が決めているが、同伴を認めているのは数カ所。
 ただ、こうした避難所は他のペット希望者が流入することを恐れ、市は公表していない。
同伴が可能な避難所でもペットが毛布に尿をかけるなどのトラブルも報告されている。
 同センターの相原健二所長(51)は「防災訓練でペットを同伴して避難するようアドバイスしてきたが、理想と現実はまったく違った。
 忸怩(じくじ)たる思い」と肩を落とす。
 行き場のないペットを救う動きもある。
 仙台市青葉区で動物病院やドッグカフェなどを運営する「ドッグウッド」では避難生活で同伴が難しくなった犬や猫を無償で預かる活動を始めた。
 日中はペットを遊ばせる広場「ドッグラン」を活用し、夜間用にプレハブ小屋6棟も急遽(きゅうきょ)借り入れた。
動物を愛する人達は「飼い主にとってペットは家族。できる限りのことをしたい」と話したているのだが・・(ネット情報)

dogdog4444 at 04:52コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月22日

 悪夢の大地震から40日間も経過したにもかかわらず、地震と放射能の記事があいも変わらず、続いているのだが、本日のペットシッターの私のブログも執拗に継続したい。
 被災者側に義援金の合計が2000億円?も突破したというニュースを聞くのだが、義援金の金額は民間企業の孫さんの100億円に比べて恥ずかしいのだが、大切なポイントは 義援金を送る側の総人数だ。問題のその殆どが大金を送る人よりも低所得者からの少額金の人が多いそうだ。塵も積もれば山となる方式だ。
 世界を見てみても、バングラデッシュ等、アフリカに住む政府に関係のない個人個人の人達(貧しい人達からも)からの多大な義援金が送られてきている。
 その反面 どうだろうか?
 法律によって護られている もっと具体的に云えば、少しでも税金にて生活している人達(政治家、公務員は全て税収入)、農家、林業、医者、裁判官、弁護士、大学講師等に従事している人達の行動を観ていると、誰一人、東日本大地震に寄付をしたというニュースの話題を聞かないのだ。
 義援金を送る殆どの人達は 国からの援助抜きの自らの労働と努力にて得た民間人のお金なのだ。
 今一度、義援金リストを見てみれば、解かる事なのだ。
今朝の読売新聞を見てみても、避難者の人達の住宅仮設住宅は7万戸位必要なのだが、
 40日間経ている今日では400戸と聞く。
 その理由は 宅地用地がないということなのだ。
 ペットシッターの私には当たり前だと思うのだ。
仮設住宅用の用地の所有者は農家と林業者なのだ。
 その人達と・・折衝しているのは行政人であり、全てが法律にて保護されている他力本願人なのだ。
お互いの利害がからんでいるのであろう・・と言われている。
 民間人に折衝させれば、一発にて決まるだろう!
 法律により護られている人ほど、始末に悪い事はないのだ。
もう一つ例を述べて見よう!
 2011年分の政党交付金320億の半分を各党に送られたというニュースだ。
 そもそも、この制度は以前にはなかったのだ。
にもかかわらず、何所の政党も、寄付など一銭しないのだ。
 本来は全額 党に入れず、国に戻すか!寄付することが政治家の仕事でないだろうか!
 このたびの地震の復興会議が沢山開催されているのだが、その委員会の委員を見てみると、学者などほとんどの人が公務員で、政治家同様税金にて職を得ている人達ばかりなのだ。ココにも利害があるのだ。
 我々は 今一度、現実を熟視し、学ばなくてはいけないのだろう!これでは共産主義国家と変わらないであろう!
「国民は国に要求するばかりで、『自分たちが何をするか』という視点が抜けているような気がしてしょうがないのだ!

dogdog4444 at 04:36コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月21日

 福島第1原子力発電所の事故で避難指示が出ている福島県浜通り地方の半径20キロ圏内で、取り残された犬や猫を保護する動物愛護団体の活動が活発化している。
 「無事と分かって良かった」と住民から感謝の声が上がる一方、行政は団体のメンバーが20キロ圏内に立ち入ることに懸念を示している。(ネット情報)
 9日、NPO「アーク」(大阪府能勢町)は原発の西にある同県二本松市から20キロ圏内に入った。JR常磐線浪江駅近くだけで10匹の犬を見かけ、5匹を保護した。「アーク」の人は「無人の町に犬だけがいる恐ろしい光景だった」と振り返る。
 「アーク」は90年、英国人のエリザベス・オリバーさん(70)が設立。
 阪神大震災でも被災者が飼えなくなった動物の世話を引き受けている。
 一方、栃木県の「動物友の会・みぶ里親の会」の代表ら6人は10日、原発の南側に位置する福島県いわき市から20キロ圏内に入り、富岡、楢葉両町で犬4匹、猫4匹、ウサギ1羽を保護した。ほとんどがやせ衰えていた。
 飼い主の依頼を受けて住宅内で保護した猫は、家中のビニール袋を破って食べ物を探していた。住宅の庭でつながれたまま死んでいる犬もいたという。
 猫の飼い主からは、「家族の一員だった。無事で良かった」と感謝の声が寄せられた。
代表は「2、3日で帰れると思って動物を置いてきた人がほとんど。
 行政は、犬や猫も人間と同じ『命』というくくりで見てほしい」と訴える。
 アーク、みぶ里親の会とも、動物を圏外に連れ出す際には放射線量を調べるスクリーニング検査を受けており、今のところ問題はないという。
 20キロ圏内に入る理由についてアークの人は「迷いはあったが、助けられるのは人間だけ。放っておけなかった」と話す。
 県は20キロ圏内について、立ち入りに罰則を科す「警戒区域」とするよう国に求めている。アークは、警戒区域が設定される前により多くの動物を救おうと、再び20キロ圏内に入る予定という。(読売新聞)
 この記事を読ませて戴いて、我々「愛犬のお散歩屋さん」という仕事に従事しているのだが、少しでもお役に立ちたいのだが、せめて!我々が里親になって、又里親探しに協力することくらいしか出来ないだろう!私も動物愛護協会にその旨 連絡しているのだが・・。




dogdog4444 at 04:35コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ ペットシッター&犬のしつけのプロ 

2011年04月20日

 余震の回数が減ってきているのだが、昨晩も夜中の2時30分頃にはガタガタと揺れたのだ。すぐテレビをつけたが、震源地は厚木の近くで、徐々に首都圏に・・。
スマトラ沖地震の際も5年近く余震が続き、M7クラスも起きた。
 最悪の場合、5年間余震と付き合う覚悟をしなければならない。
昨日も午前中 テレビ上 「緊急地震情報」が赤文字にて表示されて、ピーピ・・と笛みた いな音にて、警告しているのだが、我が家のゴールデン犬のクッキーは起き上がり、怖いのだろう!ペットシッターの私に近かずてくるのだ。ビーグル犬のジャムは何も気にしない で、グーグといびきをかいで寝ているのだが・・。犬にも固体差があるのだろう! 
本題に戻ろう!
 東日本大震災の被災地では仮設住宅の建設が始まり、中国でも同ニュースが報じられた。中国メディアの環球時報はこのほど、仮設住宅の建設の様子を写真付きで紹介する記事を掲載した。
 記事は、自然災害の多い日本では災害対策システムが充実していると紹介し、「電気、ガス、エアコン付きの仮設住宅100戸には液晶テレビや冷蔵庫、太陽発電システムなどの家電が無償で提供される」と報じた。
 記事には中国のインターネットユーザーから、まるで本宅のようだ。
 これで仮設住宅なのか?といった驚きのコメントのほか、これでこそ先進国だといった称賛のコメント、仮設住宅から日中の差を見いだしては汚職官僚を批判するコメントなどが寄せられた。(読売新聞)
 一方、対中国対策の防衛省のシンクタンクの防衛研究所は6日、日本周辺の安全保障環境を分析した2011年版「東アジア戦略概観」と、「中国安全保障リポート」を公表した。 リポートは、中国の軍事力の近代化を踏まえ、日中間で「不測の事態」が起きる可能性があるとしている。
 リポートは、中国海空軍の最近の活動などを分析する目的で初めて作成された。
 それによると、中国海軍の活動範囲が拡大し、「第4世代戦闘機」などが増加しているとし、「海、空域で自衛隊と人民解放軍との間で不測の事態が発生する可能性は否定できない」と懸念を示した。
 さらに、東シナ海で10年4月、中国海軍ヘリコプターが海自護衛艦に近接飛行したことを挙げ、「こうした状況を踏まえれば、日中間の軍事外交や防衛交流には、危機管理機能も求められる」と指摘した。(読売新聞)
 中国は一体全体何を考えている国だろうか?国民のニーズはあてにはならないのだろう! 



dogdog4444 at 04:34コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月19日

 ペットシッターの私が提案する一つには 被災地福島の復活作だ。
首都機能を二つに分ける事なのだ。政治の首都を福島の郡山に移転する。
 ビジネスの首都は東京として残すのだ。
 大至急すべきなのだ!世界中に流れている風評被害の除去対策なのだ。
つまり世界中の人達が我国の放射能を含む原子力発電事故を誤解して解釈している点を一日
 も速く、解く事だ。
 その証拠に、外国人の入国が大幅に減っている。観光業他 数年後には大きく我国の税金収入減収の問題となる。愚かな民主党には出来ないだろうが・・
 福島の経済力アップにもつながるペットシッターの私が考える一番の手法なのだ。
 今日のラジオでも・・経済評論家の森永氏も私と同じような考えの・ようだ。
そのアイデアの二つ目には電力節電の件だ.
電気不足に対して、いまは輪番停電という国の政策、と省エネという国民の自制で対処しているが、市場の自由競争原理を導入する案である。
電力価格を上げることで、多くの人は省エネ化を進めだろうし、それでもコストメリットがある人は使い続ける。
 ペットシッターの私はこの案を提案したい。
このまま、電力不足が長期化するなら、国の一元的政策の強制にも限界があるだろうからこのような市場原理導入に向うのだろう。
この場合心配なのは、さらに生産が日本から海外へ移動することだ。
人件費と共にエネルギーコストはコストの多くを占めるために、海外工場への生産が移転し、国内労働の空洞が進むだろう!
もう一つには、神奈川県が推奨している自由競争化も含めてより長期的に考えられるのが、太陽電池、燃料電池などの分散化電源の普及だ。
 今までは国策として、大手電力会社とその電力網は守られてきた。
そして その大手電力会社の安定した電気を買うほうが安くて便利であるために、分散化電源の普及は妨げられてきた。
しかし安定した低コストの中央集中電力供給が危機にあるいま、分散化電源の可能性が浮上すだろう!
 誰もが自給自足で電気をつくる、あるいは多く創って誰もが自由競争市場で売ることができる。
 ペットシッターの私のような低レベル生活者でさえ太陽電池設置をも計画しているのだ。
 アメリカでは 最初の燃料電池ブームがベンチャーから始まったのも、最近のスマートグリット方式にインテル、グーグルなどIT企業が参画しているのもそのためだ。
エネルギーが分散化されていれば、今回のようにたった6機の発電所が壊れたからといって巨大都市圏全体が右往左往することもない。
放送局が壊れてもネットで情報が回るようなことだ。
 それよりも いちはやく、第一のアイデア進言の首都機能移転の実践は 大至急行動に移すべきなのだが・・
 第三には宮城、岩手の津波の災難者対象には、3月のブログにも記載させて戴いたのだが、高台の農家の遊び地を買い取り、その数50万戸位の豪華パラダイス 新スマートグリッド式住宅を建設して、我国の生活レベルを世界中に 見せ付けるのだ。
 世界中の人達は見学に来る位の将来未来都市を創るのだ。これこそ先行投資になるし、我国が世界のリダーとして維持できるノウハウなのだが・・・。




dogdog4444 at 05:24コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月18日

 昨日は関東地区の我々「愛犬のお散歩屋さん」の定例研修会だった。
 余震が毎日の如く継続するので関東地区の殆どのFC店が欠席するだろう!と前もって思っていたのだが、想像する以上に 皆さん元気にて参加戴いた。さすがだな!と思った。
 考え方がポジテイブなのだろう!
 まだ行方不明が15000人以上いるということは、救援・捜索活動の手が足りていないということだ。
 被災地でもペットを施設に収容する話が美談として伝えられているが、ペットを救う余裕があるなら一人でも多くの人間を救うのが先であり、野犬化する犬は処分すべきだというの大半の意見なのだ。
 行政がその優先順位を混乱させるような指示を出してはいけない。
 原発事故を拡大したのは安全より廃炉を恐れた東電であり、政治を混乱させているのは、いまだに子ども手当を捨てられない民主党である。本当に愚かな考えであろう!
こういう愚かな企業や政治家を生み出したのは、感情で動く愚かな国民だ。
 この20年、日本はすべてを守ろうとして、すべてを失ってきた。
 いま必要なのは、優先順位をつけて「捨てる勇気」である。
 それがわからない限り、日本はいつまでも負け続けるだろう。(〜一部○○記者)
与党内野党である小沢さん一派も、実は解決策なんてないんですよ!
 足を引っ張りたいというか、存在感を保っておきたいという思惑だけで頑張っている状態だとは思いますけれども、与党内で主流派になれるわけでもない状況ですから、こちらもこちらで展望がまったくないわけですね。
 自民は自民で、大連立だ、いやそれは駄目だ、とすったもんだしているんですけど、こちらも「だからなんなの」という話になっている。
 どうなっているのだろうか?
 いま矢面に立っている人は、かなり自分を棄てて国や社会のためにやらなければ、と思っている人なのであって、菅政権がどうのとか、うまくいったら次はこのポジションだとか、そういう御用向きとはまったく無縁の人たちばかりなじゃないかと思うのだ。
 菅政権が好き嫌いとか、無能だ使えないというような評価の問題はあるだろうけど、どうかその周辺の人たちは菅さんを支えて、成果を出して国民や世間が少しでも良くなるように頑張って欲しいと・・ペットシッターの私は思うのだ。

dogdog4444 at 04:36コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月17日

 つい最近 我々の「愛犬のお散歩屋さん」ホームページを見てご依頼の飼い主様から以下のことを言われた。「ペットシッターのワードにて検索したのだが、貴社のHPだけに{東日本大震災 お見舞い申し上げます}・・とトップページに記載されており、信頼があると思い・・電話をしてみたのだと・・」大変嬉しく、早速、他の同業者のHPを開いてみたのだが、その通りだった。
 お客様は本当に細かい所(JTL活動報告欄)までチエックされているのだなあ!・・と痛感した。
本題に戻ろう!
「計画的避難区域」に設定された福島県飯舘村の住民に混乱と失望が広がっている。
国や東京電力から明確な補償が提示されないまま、「避難」や「放射能」という言葉だけが先行している。昨日 一家庭に100万円と単独家族には75万円と東京電力側は500億円の負担だと言うのだ。
農業と畜産で成り立つ村は風評被害と出荷制限で存亡の危機に立たされている。 
「飯舘のイメージが日本で一番危険な村になったんじゃないか」
村で約600頭の牛を肥育する佐藤隆男さん(62)は悔しさをにじませた。
今後は日本国家としての責任が直接問われることになる。 
本件に関する日本政府、特に国際法を主管する外務省の認識が驚くほど弱い。
日本にとって最大の農水産物輸出市場である香港では、これまで人気が高かった日本料理店が、福島第1原発事故の影響を受けて大量に倒産する恐れが出てきた。
 九竜地区の繁華街にある高級日本料理店の経営者は「仕入れ先を関東以西に替えているが、影響は免れない。
客が全部で2、3人の日もある」と嘆く。
 香港人の来客はほとんどなくなったという。
 地元各紙によると、同じ地区にある別の高級日本料理店は1日、売り上げが7割も落ちたため閉店に追い込まれた。一部の日本料理店は食材を日本産から米国産などに切り替えて、安全をアピールしている。
 香港飲食業協会の黄家和会長は地元紙に「約600軒の日本料理店のうち100軒以上が倒産してもおかしくない」と語った。
 (議会)では「政府が日本料理店に緊急融資を実施すべきだ」との声も出ている。
 香港メディアは連日、日本の放射能汚染問題を大きく報じており、日本食品離れは今後、料理店だけでなく、スーパーなど小売店にも広がっている。(ネット情報) 



dogdog4444 at 18:53コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月16日

 東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。
日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1ケ月以内に津波を伴う地震が再来する危険があると言う(気象庁)
3月11日のM9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。
 そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されていると言うのだ。
気象庁は東日本大震災でマグニチュード(M)5以上の余震が14日午前8時現在で、408回に達したことを明らかにした。
 うちM7級が5回、M6クラスは68回。
同庁によると、日本全域のM5以上の地震発生数は2008〜10年の年平均で155回。 東日本大震災の余震は1ケ月余で、その約2・6倍が観測されたことになる。
3月20日〜4月10日の震度1以上となった余震の回数は1日当たり33〜100回で推移。
 今後は内陸で起きると可能性も或る・・震度7の想定も必要と指摘している。
朝から夜まで絶え間なく不意にグラッと来る余震。
 しかも震度を強め震源地も福島県沖から千葉県沖へと徐々に首都圏に近づきつつあるのには不気味さを感じる。
 頻発するこの不気味な余震の理由を専門家に聞いた。余震が新たな余震を生み、今後どこで起きてもおかしくないという。
  日本海側でも発生しているのだ・
 気象庁の観測によると、余震域以外で地震活動が高まっている主な地域は次の通り。
▽秋田県沖▽同県内陸北部▽同県内陸南部▽福島県会津地方▽東京湾▽神奈川県西部▽栃木・群馬県境▽長野・富山県境▽長野県北部▽同県中部▽静岡県東部▽同県伊豆地方▽岐阜県飛騨地方▽石川・福井県境
 一番怖いのは富士山の爆発が伴う東海地震だろう!(気象庁)

dogdog4444 at 04:38コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月15日

 一ケ月経過し、政府はようやく 大地震復興委員会をスタートし、本日の委員会では官総理は高台にニュー住宅・・と言う提案をしたのだが、ペットシッターの私は3月16日のブログに同様の提案をしている。本題に戻ろう!
 天皇皇后両陛下は14日、東日本大震災の被災地である千葉・旭市を訪問された。
旭市は、沿岸部が津波に襲われ、13人が死亡したほか、4427棟の建物が全壊するなど、大 きな被害に遭った。
両陛下は、14日昼前に旭市に入り、避難所で被災者をお見舞いし、津波の被害を受けた沿岸部にも足を運ばれるた。(読売新聞)
 両陛下の被災地入りは、震災後初めてたが、ペットシッターの私はこのニュースをTVにて視聴させて戴いたのだが・・両陛下はお一人お一人、対話をされて励まされたとの・・光景に 災難された人達は涙を流しているではないか!
 この場面を観て!・・これは!我国は捨てたものではない!必ず!復興するだろう!・・と思ったのだ。
 ペットシッターの私は天皇制度に大賛成するタイプでもない。がしかし、この考え方には条件があるのだ。
 何事もなく、平穏無事にて生活するときには、天皇家もなく、そんな事はどうでも良いことであり、世の全てが平民であり、それで好し。天皇制度など・・象徴であればよしと言う考えなのだ。
 しかし、長い間の人生に於いては、山もあり、谷もあり、どん底に落とされることもあるものだ。
 これらの現象も、努力をし にもかかわらず、大失敗の経験をした人でなければ、理解できないのだ。
 奈落の底の生活をした人でなければ、理解できない事があるのだ。
 災害地の旭市の被災者の人達は・・人に言えないくらいのご苦労があったのであろう!故に、天皇陛下のお見舞いには、自然に涙が・・。
 考えてみれば、天皇は 我々の大先輩 おじいちゃんみたいな存在であり、要はお年寄りに対して尊敬の念を持つ事は、その国の文化、歴史であり、教育レベルを現しているといわれるのだが、その通りなのだろう!つまり、まだまだ、我国の国民は年寄りの人達を敬う人間本来の尊厳精神を持っているのだ。まだまだいけるのだ・・と確信した。
 



dogdog4444 at 04:33コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月14日

4月10日の日経新聞を見て驚いた。政府は国が保有する全国の公務員宿舎約2万6000戸を避難民の為に活用するという。 
 政府の積極姿勢に感心したのではない!これほど多くの公務員宿舎が空き部屋になっていたという事実に唖然としたのだ!!! 
 レンホウの事業仕分けは何をやっていたのだろうか?
 その一方で、4月10日の読売新聞は震災対策で与野党の政治家の存在感がまったく見えないと書いていたのだが、国民の殆どがそのように感じていることに違いない。
 又 地方選挙の敗北にはもう!民主党!いい加減にしてくれ・・との国民からの悲鳴ではなかろうか?
 さすがにここまでひどいとは思わなかった、というのが結論である。
 井戸端会議ならぬラジオ体操後のストレッチ体操円卓会議での議論がますます盛り上がっているが、皆さん現在の民主党内閣に呆れ返っていた。
 世間知らずのお坊ちゃんたちにすっかり騙されてしまったなあ、という溜息が聞こえる。
しかし、それでも民主党の人たちを極悪非道のガリガリ亡者だから何が何でも打倒すべき、などという声は上がらない。
 もっと勉強してよ。もっとしっかりしてよ、というところだ。
 日本の国民は実に懐が深い。実に優しい。
 しかし!実のところ、腹の底ではひっくり替えるほど憤っているのだろう!これが日本人なのだろう!まったく!厭になる性格だ。正直に!はっきり!ズバリ・・と云えないのだ。
  去年の臨時国会で菅総理は自ら自分たちが仮免許期間中だということを認めたが、今のままでは本免許を貰うことは出来ない。
 民主党の閣僚の人たちは何故?野党時代にもっと勉強しなかったのだろうか?
やはり、解散をして・・・。
 勉強不足は勉強すればいいだけのこと。
いきなり自分の手に余ることを自分だけでやるから失敗するだけのこと。
 自分の力をよく見極めて、自分の力の足りないところは他人に補ってもらえばいい、と割り切ればいいだけのこと。
 次の衆議院選挙は、民主党の人たちと自民党の人たちで新しい政治の流れを一緒に作っていくためにどうしても必要なものと割り切ればいい。
 これに反対する人は自分たちで別の流れを作ればいい。
これは、ぶち切れでもなんでもない。(一部読売新聞)




dogdog4444 at 04:30コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月13日

 この所、寒いのか?温かいのか?解からない位に変化している。
三寒四温とも云われているのだが、自然は恐ろしくって・・不思議だ。
 せっかく咲き膨らんで見事な花弁を私達を楽しませてくれた桜も激しい風に当たって・・今朝は桜吹雪の・・愛犬とのお散歩だった。
 残念ながら、散ってしまうのだ。もう1週間後には 姥桜に変貌するのだ。
 この桜達は 1年後同じ頃には 必ず、又 私達を楽しませてくれるのだ。
100年近く咲き、散りと・・同じ事を繰り返すのだ。
 本当に不思議だ。が このような優雅な気分になってはいられないニュースなのだ。
「何で今さら」
 福島第1原発事故で11日、政府が新たに「計画的避難区域」の対象にすると発表した福島県の飯舘村や葛尾村、浪江町の全域と川俣町と南相馬市の一部。
 住民らはこれまで高い放射線量の中で不安な生活を続けていた。
 避難の指示もなく「安全」と言い続けた政府が、事故から1カ月もたって出した、あいまいな指示。「国に裏切られた気分だ」。
 怒りと悲痛な声が上がった。(読売新聞)
韓国では、日本人が入国する場合は詳細に放射能チエックをするそうだ。
 又通常は、今頃は我国はサクラのシーズンにて海外から数多い観光客が箱根、日光等と訪れるのだが、今では閑古鳥だそうだ。
 我が娘の華子が放射能地域に住む福島の被害者の老人達が避難している中禅寺湖の或る旅館に週一回ボランテアに出かけているのだが、近所の旅館、御土産さん達は悲鳴を上げているそうだ。
 イギリスでは電車内にて日本人が座っていれば、そっーと離れていくそうだ。
 それ位に放射能に関しては共通な危険物意識を抱いているようなのだ。
放射能に犯された土地は10年〜30年と間は元の土壌に還らないという。
 この東日本大地震は、石巻、女川等の人々の貴重な命を奪った地震だったのだが、冷静に考えれば、上記の地域に住む福島の人達の生き方、生活をジワリ、ジワリと蛇の生殺しのように苦しめていくものである。
 これは保証・・云々の問題では終わらないであろう!
 福島の原爆事故は最悪のレベル7と発表され、地震の余震も震度7・・とこれでは世界的にも、経済上、大きな打撃を受けるのでは・・とペットシッターの私は懸念している。 
 要は お金で物事が全て解決するという考え方はこの場合は通じないのだ。
便利さを追求するあまり、成果と効率を第一にしてきた、ツケが回ってきたような気がするのだ。
 今一度、人間の幸せとは・・豊かさとは・・問い返してみる必要があるのではないだろうか?



dogdog4444 at 04:37コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月12日

 魔の日から1ケ月が過ぎ去った・・・が問題が山積だ。
原発からの電力が途絶えたため、関東圏では鉄道の間引き運転や計画停電が実施されていた のだが、これから夏に入れば電力需要は緩和し、計画停電は不要になるというのだが、問題はその後だ。
 原発なしでは夏場のピーク時の電力需要に対し、供給は絶対的に足りない。
では、原発に替わるものがあるのかというと、結論からいって、現実的には極めて難しい。 その中であえて可能性を指摘するならば、やはり「新エネルギー発電」の普及であろう。「新エネルギー発電」というと、風力や太陽光にばかり注目が集まる。
 だが、ヨーロッパやアメリカなどの大陸諸国とは違い、島国である日本は風向が安定せず、雨・雪も多いので、風力や太陽光発電には向かない。
 必要なときに発電できないかもしれない、あてにならない電源なのである。
 蓄電池に貯める方法もあるが、蓄電池自体が高価であるため、これも現実的ではない。
ペットシッター宅の私は太陽熱電気の見積もりを近所の電気屋にてお願いした。
 或る東大名誉教授が現時点で本命と考えるのは「地熱発電」。
 次いで、「中小水力発電」、「洋上風力発電」が挙げられる。
 地熱発電とは、火山活動による地熱で蒸気を発生させて発電する方法である。
現在、日本には18か所の地熱発電所があり、合計で535メガワット(原発1基の半分ほど)の発電容量である。火山国である日本には、最も適している。
2つ目の中小水力とは、河川や農業用水などを利用して発電する方法だ。
 すでに日本のほとんどの大河川には大規模ダムが建設されているので、小さな河川で細かくエネルギーを拾っていくような形になる。
 現状では発電量としてカウントできるほどの量ではないが、候補地が非常に多いのでポテンシャル(潜在能力)は秘めていると言われている。
 3つ目の洋上風力は、陸地ではなく海上での風力発電だ。
 陸上に比べ、風向・風力が安定しやすいので、“あてにできる電源”になる。
自然エネルギー発電が普及してこなかった背景には、コストの問題があった。
 地熱発電の場合、1キロワット当たりの発電コストは10数円程度。
 現在、産業用電力の売値が約10円/キロワットなので、電力会社からすれば6〜7円/キロワット程度でないと買い取りに積極的になれなかったのだ。
 また、地熱は、利用に適した場所の多くが国立公園内にあることが多く、これが建設の障害になっていた。中小水力や洋上風力は、水利権や漁業権という、法に規定されていない既得権に阻まれることが多かった。
  政府もこの機会をとらえ、電力買い取りを義務化するなどして、自然エネルギー発電の普及を推し進めるべきである。(読売新聞)



dogdog4444 at 04:37コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月11日

 4月度の研修会は まず黙祷から〜始めたい。
最近の飼い主様からのご依頼を分析してみると・・単なる愛犬のお散歩代行の仕事よりも、愛犬のしつけのご依頼が特に目立つのだ。
 その為に、ペットシッターの武蔵野店の1月〜4月10日現在迄の間にご依頼された犬のしつけのご依頼から4件ほどビデオにて収録してきたので、参考にしていただいて、皆さんとの白熱議論を展開していただきたい。
 結論は何でもそうなのだが、特に犬のしつけは自分で体験してみる事だ。
 ポイントはご依頼の飼い主様へのプレゼン力だと思うのだ。
カレンダー(スケジュール)に訪問時間&食事時間&排泄時間&お座り&待て&伏せ&来い等記入欄を記載して、毎日記入する事だ。
 週に一回同行戴いて、進行状況をお互いに対話する事だ。そうしてその話し合いに応じて工夫していく事だ。
 本題に戻ろう!
 千島列島の四島を今すぐ、無条件で日本に返さなければならないと・・・ロシア大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツは先日、大震災に見舞われた日本人の悲しみを和らげ、日本への同情を示すため北方四島を返還すべきだと主張する異例のコラムを掲載した。
 メドベージェフ大統領の昨年11月の国後島訪問以来、ロシアは現地での軍備増強を指示するなど日本けん制を強めていたが、震災発生後にそうした動きは影を潜めていた。
 同紙の記事は被災した日本を支援すべきだとのロシア社会の雰囲気を反映している。(読売新聞)
 以前にも記載させて戴いたのだが、ペットシッターの私にはどうもロシアという国は心から信用できない国では?と思ってはいたのだが、本日の上記のような情報を知ると・・
 ロシアの人の全員がそうではなく、我国に対しての同情心もあるのかな?・・とも受け取れられるのだ。
 勿論の事、ペットシッターの私の認識、博識不足だったことを、深く反省しているのだが、同時に、これまでの過去にさかのぼって これらの(ロシアは日本の国をよく思っていない)情報を流したマスコミの責任もあると思うのだ。
 何所の国でも、人間である以上は、人間の心があり、困ったときにはお互いに助け合いたい、お役に立ちたいという・・願望があるのだ・・と思うのだ。
 今回の東北関東大地震の日本人の特に東北人の人達等の災害時の態度等に関して、外国の記者達は、大きく褒めたたえているニュースをテレビにて視聴したのだが、詰まる所、大災害時にも日本人は冷静沈着に行動をして、列乱れず、整然と助けを待つ日本人魂!と・・
 記載され、報道されているのだが、同じ日本人としても、大変嬉しいのだが、全てが万事でこのように伝えられていく事事態が恐ろしいのだ。

dogdog4444 at 04:32コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月10日

 東日本大地震 程 大きなニュースはないだろう!私達は日々同じ生活の繰り返しにマンネリ感を抱かせないために、人によっては多少は違うのだが、各々自己管理を行ってきている。ペットシッターの私は、物事の継続の最大のポイントは自己の体力だと思っている。
 事を行う最大の基本は健康な体力だと思っている。
68歳になる自分は 昔は考えなかったのだが、明日の計画に対して 今日の体力を顧みることが 多々あるのもその為なのだろう!
 週一回 水曜日の禁酒、それから早寝、早起きを実践している。
 又暴飲暴食にも注意している。また日頃の食のあり方にも注意してきた。
 一例で申し上げれば、朝食は鮭&納豆&小魚&味噌汁&お新香と五穀ご飯だ。お茶は日本茶とハーブテイーだ。
 昼間はパン&牛乳&ヨ−グル&蜂蜜&ブルーべりーだ。
 夕食は大好きな焼酎と日々献立を替えての料理を食べさせて戴いている。
 朝食が一番美味しく感じる。ゆえに 朝食時が一番楽しい。ご飯が山盛り食べれるからだ。
 以上がペットシッターの私の体力原になっている。つまり栄養源なのだ。
 疲れたときにはビタミン剤にチオビタ&ポポンSを服用しているのだが、それ以上にペットシッターの私にとってのビタミン的効果は感動させてくれるドラマ等だ。 その中でもNHKの朝ドラだ。
 つい先日までは「てっぱん」を観る事だった。唯一のストレス解消になるのだ。気持ちが救われるのだろうか?
 現在の朝ドラは まだスタートして以来1週間位しか経過していないのだが、「おひさま」と言う主題にて放映しているのだが、昭和7年時代の物語で、最初から涙、涙のシーンからこのドラマはスタートしている。想い返して見れば・・
 ペットシッターの私は昭和17年生まれだから、それ以前10年位前の時代背景なのだ。
 7回位しか連続ドラマを観ていないのだが・・感じる事は ・・当時の子供達は親からの影響を受けている点だ。
 母親が子供に対して、具体的に・・教えていく場面が数多く見られたのだが、はたして、私も、当時 如何?だったのだろうか?と自問自答してみると、私には 父親から、母親からも 何も具体的な指導を受けた記憶がないのだ。
 但し、両親のやさしさだけが脳裏に残っているのだが・・・。
 「てっぱん」に続いて、又 朝ドラの虜になりそうだ。
 

dogdog4444 at 04:35コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月09日

 マスターズゴルフも石川遼はじめ参加選手は東北の人達に復興の勇気を与えているようだ。石川遼一人が予選を通過した。がんばって欲しい!
 60日間継続してお世話してきたゴールデン犬のゆずと30日間のトイプードル犬のチョコのお世話がちょうど同じく 7日に終了したので、昨日飼い主様にご挨拶をさせて戴いたのだが、ビックリする事に、8日以後も隔日毎に続けてくれ・・とのご依頼なのだ。
 又、又,驚く事に、シーズ犬の新太郎のお世話を継続して・・のご依頼なのだ。
 「踏まれても、叩かれて、努力さえ し続けていれば、必ず、実が結ぶ」・・との言葉をあらためて思い出させてくれた。
  本題に移そう!
長渕は「ラジオで声を届けたい。声を聞きたい。」と自身でこの企画を発案し、その想いの もとに団結したラジオ局9局が協力したと言う。
彼はその冒頭で震災への怒りや悲しみ、そして決意が込められた長篇の散文詩「復興」を約 6分間にわたって朗読しました。
乾杯!トンボ等と自分で作詞、作曲と好きな歌手の一人だ。
 彼は今回の東日本大地震に対して、彼自身独特の考えの詩なのだ、少し長いが、そのまま記載することにした。
憎い
憎い
私は 自然が憎い
憎い 憎い 私は 海が憎い
たわむれ 優しく 大きく 父のような海だったのに
恐くて憎くて たまらない 許せない 絶対に許さない
こんなに あなたを 愛して 生きてきたのに
なぜ 海よ あなたは 私たちを壊す?
なぜ 何もかも奪い去る?
なぜ こんなにひどい事をする?
私たちが 何をした?
私たちの営みは
先人たちの教えを守り
繁栄に あぐらなど かかず
せっせせっせと汗水唾らし
大地と海に敬礼し漁に出た 畑も耕した
陽が沈む水平線に しあわせの涙を少しだけ流し
ささやかな営みに 家族と笑い
白き鳥のさえずりを追いかけ
嘘をつかずに懸命に生きてきた
なのに海よ なぜにあなたは私から全てを奪った?
私たちが狂ったのか 全て悪いのは私たちなのか
いいや! ちがう! 決してちがう! 私は言おう
地球よ 貴様が狂っている あなたが 狂っている
あなたに わかるか?
あなたに私の想いがわかるか?
小高い丘の上から
ただそれを見つめることしかできなかった無力な私の想いを
私たちの親が… 友人が… そして
愛する我が子が…
犬の太郎も家も机も写真も何もかも
貴様が犯した濁流に飲み込まれた
私は… 私には…

そんな私の想いに海よ あなたは何と答えてくれるのですか
海よ 貴様は どう答えてくれる?
どう答えるかと聞いているんだ!
そうやって ただ黙り
何もなかったように今日もおだやかをよそおっている
はっきり言おう
いいか 海よ
私たちは貴様から決して逃げはしない
私たちは連帯という武器を今 首にかけ
静まりかえった貴様のふところへ
壊れた船であろうとも さらに両の手で漕いで生く

私たち人間の力をみくびると
ただではおかない
そして さらに
私たちは強固な絆を結び
まもなく立ち上がる
そして叫ぶ
家族を返せ!
友を返せ!
家を返せ!
ふるさとを返せ!
犠牲になった命の破片を
高らかな怒りの帆に吹き付け
今 狩りに出かける
自然よ 海よ 大地よ 空よ
覚えておくがいい
 自然に対して、これだけの歌を・・訴えるのは・・なかなか出来ないのだが、さすがだ。
彼の強力な個性の強さが この詩にはようく表現されている。




dogdog4444 at 04:44コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月08日

 ペットシッターの私は木造建築造りの3階にて寝ていたのだが、ガタガタと揺られて目を覚まされてしまった。これは地震源が東北から関東方面に動いてきたか?と半信半疑にテレビをつけて観ていたのだが、揺れが継続して、恐ろしくなり、降りて、外へ・・と思ったのだが、まあ!いいや!これはこれで私の運命だから・・とあきらめて、3階にいた。
 4月7日23時32分頃に宮城県沖で発生したマグニチュード7.4の地震ですが、
NHKで放送された地震発生時の様子の中で、仙台で謎の光が確認され、テレビを観ていた人はだれでもが、火事だと・・思われただろう!
 これは 又、ひどい事に・・と思ったのだが、どうも!その光が火ではなさそうなのだ。今朝のネットにて・・そのムービーが 
YUO TUBEに既にアップロードされているようだが、その文面では・・
 再生は以下からと・・録画されていた。まず小さく1回光りますさらにもう1回3回目の発光は建物の後ろ建物の輪郭がはっきりわかるほど大きく光っていますそして画面中央で大きく強く光り始め……どんどん光は大きくなっていきますさらに光は強くなり・・との記事なのだ。
 他の情報によると、何万ボルト・と言う電流が流れた時に流れる現象・・とも言われているのだが、気分が良いものではない。
 気象庁は3月11日の余震では・・とは言っているのだが、震度6強の大きさで余震とは恐ろしいものだ。
 これでは各大使館の人々が日本を去るのは当たり前だ。ペットシッターの私も本心は逃げ出したいのだが、逃げるところがないのだ。
 地震国の我国では、これだけの大騒ぎの結果は、経済的に大きな影響があるのだろう!観光国を目指そうとしていただけに、京都、箱根、日光等の観光地・・は大打撃を受けるのだろう!これでは自然の怒りも 治まりそうもなさそうだ。
 
 

dogdog4444 at 05:23コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月07日

 都内では桜も6分、8分咲きで、知事選挙日には満開になるだろう!と予想されていたのだが、6日、7日の気温が20度近くもあり、その前に・・咲いてしまうだろう!
東京都知事選(4月10日投開票)への出馬を表明した、「ワタミ」前会長・渡辺美樹氏52歳。
 ペットシッターの私は間違いなく、彼に投票するのだが、妻の祥子は石原慎太郎だ。
 どう!説得しても・・変わらないのだ。
これが現在の東京都民全体の・社会のニーズなのだ。
 東京都民の大半が私の家内のように 変革を求めず、現状維持を期待しているのだろう!
要するに、時間の経過を待たなければ、判明しないのだが・・言わせて戴ければ、勉強不足なのだ。ペットシッターの私は変革者かもしれない。
残念ながら、今期限りで退任の意向を固めていた石原慎太郎東京都知事(78)は都知事選に無所属で4選出馬し、相変わらずの慎太郎節だ。
 その後 40分後には大地震だったのだが・・。
 それにしても、都知事選挙は大地震の情報から比べれば・・縮小しているが・・
その情報に移せば・・他数名が立候補しているのだが、現職の代議士、又 知事経験者等であるのだが、ペットシッターの私は政治家経験者にはもう!コリゴリだと・・思っているのだ。石原氏は波長がタイプなのだが、年齢的に 問題なのだ!80代で行動できるだろうか?
 過去の政治家達の全員がそうではなかろうが、私には 信じられないのだ。
 誰かの言葉をかりれば、彼達は 税金ドロボーに近いのだと思うだ。
 現在の所、ペットシッターの私は 命がけにて我々国民の幸せに努力する政治家に投票したいと思っている。
 政治の経験者などはスタッフに置けばよいのだ。
 3月度の久しぶりに別会場での 我々「愛犬のお散歩屋さん」の研修会の予定であったのだが、残念ながら中止にさせて戴いた。
 ご存知のように、決して忘れられない東日本大地震のためだった。
 1995年に神戸大地震、それから16年後には東日本大地震なのだ。
 この調子では16年後のペットシッターの私が84歳の頃には、またまた大地震が東京にて起きるのだろうか?我々の信念ポリシー「ぴんぴんころり&アクション85」故に、85歳まで生かして戴きたいと・・神の存在を信用していないのだが、願いたい気持ちなのだ。
 ああ!自然の野郎!自然に逆らいたい気持ちだ。
 

dogdog4444 at 04:51コメント(2)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月06日

 私達は2011年3月11日は生涯忘れられない日になるのだろう!それにしても下記の情報の方も忘れる事が出来ないであろう!
 今回の1000年に一度の大震災は宮城、岩手と・・まだ災難にあった人々は何処かへ流れてしまったのか?不明である。自衛隊と米国の軍隊が総動員にて捜査しているという・・ 長引きそうだが、それ以上に福島の放射能問題の解決はどうなるのだろうか?原子炉の問題に対しては官首相の初動行動が取上げられている。とは・・
「日本の原発、数か月にわたって危険な放射性物質放出が海へと放出する事を決定す。
欧米の主要紙やテレビのニュースサイトがこぞって写真入りで紹介した。
 記事には1700件ほどのコメントが寄せられている。
中には、
 「日本(政府)が意地を張らずに、米国の専門家が『廃炉を決めて、原子炉にセメントを注入せよ』と助言したのを受け入れていたら、こんな大事にはならなかった」
と、日本に対するあからさまな批判も出始めている。
 菅直人首相が、危機に直面して、決断できなかったのは、私利私欲の「欲まみれ」になっていたからだ。
 2010年10月末、ベトナムへのトップセールスで日本の原発を売ることで合意していた。
これをオジャンにしたくなかったばかりに、日本国民を放射性物質の被曝被害の危険に晒し続けた。
 だが、「もはや、これまでで」である。
 これほど日本の原発の危険性を世界に曝け出した以上、絶対に売ることはできない。
菅直人首相が犯した過ちは、米国から米軍の特殊部隊を、フランスからは、原発事故被害防圧の専門家を送ると申し入れてきたのに、これを断り続けてきたというのである。
これも、私利私欲に取り付かれて「欲に目が眩んだ」ためであった。(ネット情報)
 この人はリダーになる素質を生まれもって持っていないのだろう!
 その為に その配下にて生活をしている我々庶民の不幸が哀れだ。
 この影響は必ず、ここ数十年間に及んで、私達庶民に何らかの影響を与えていくだろう・・とペットシッターの私には思えるのだ。
世界中の人々から信頼をなくした為だ。
 リーダーの存在価値とはそんな簡単なことではないのだ。
 政治家とは自分の身を護るためではなく、国民の安全と安心を常に心がけて、万が一の場合は己の身を投げ出すだけの勇気を持つ人でなければ、その職は務まらないのであろう!
 本当に厳しい職業なのだろう!
 首相は原子力発電を根本的に白紙にして見直すというが・・そんな(重大な我国の経済の発展上等々)発言が、思いつきのように語ること自体が・・首相としても不適任なのだろう! 
「来るのが遅い」。
 菅直人首相は2日午前、岩手県陸前高田市の避難所のひとつ、米崎小学校体育館を訪問した。固い床にマットを敷かれただけのブースに、滞在時間はわずか20分。
 早急な対策を望む声があがる一方、後手後手の対応に「何をしに来たの?」という冷めた視線もあった。
 ペットシッターの私には同 武蔵野市民なのだが、 この人とは 動物的に感じるのだが・・どうも波長が合わない!悪い人はこの世にはいないのだが・・・。

dogdog4444 at 04:44コメント(1)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月05日

本当によかった!ゴンの飼い主様が見つかったと言うニュースが本日流されたが、その前の情報は以下の通りだ。
 ゴンは生きていた。東日本大震災の津波被害を受けた岩手県宮古市の田老地区で、コンビニエンスストア経営、山本義宣さん(57)一家は全員が死亡・行方不明になったが、飼い犬のゴンは奇跡的に生き残った。
同じ町内で被災した山本さんの姉百合子さん(59)は「すべて流されてしまった中で、ゴンは唯一の形見です」と話し、ゴンを引き取ろうと考えている。
「ゴンのような犬が山本さん宅のあったあたりにいた」と連絡があったのは被災から4日後の朝。
近所の人が山本さん宅付近でうろうろしている犬を見つけ、車に乗せて避難所まで運んだ。特徴のある茶色と黒が交ざった背中としっぽの毛。
百合子さんが「ゴン」と呼ぶと車から降りて駆け寄ってきた。
百合子さんは「おまえだけでも生きていて良かった」と涙を流し、抱きかかえられたゴンは足を震わせていた。
周辺の家屋はすべて津波で倒壊しており、家にいたゴンがなぜ生き延びられたのかは分からない。飲まず食わずで飼い主を捜していたのか、水を与えると一気に飲み干した。今でも海のある方向に連れていこうとすると足を踏ん張り、余震には体を震わせ、おびえているようだ。
百合子さんはゴンを被災を免れた知人に預けた。いずれ引き取るつもりだ。
「散歩するたびに弟一家を思い出すでしょう。『大丈夫、ゴンとちゃんと一緒にいるよ』と言いたい」(ネット情報)
我々「愛犬のお散歩屋さん」の仲間のお一人の杉並井草店の
店長の五十嵐さんは1ケ月前に事故にて・・足を骨折しているのだが、仙台に住む友人の愛犬を一時預かるために、奥様の運転にて東北高速道路を利用して愛犬を迎えに行ったという。これには又 驚いた。このニュースも美談だ。本当に お人がいい人も存在するものだ。

dogdog4444 at 04:30コメント(1)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月04日

 イロイロの人から「愛犬のお散歩屋さん」私のブログを観てから、ご意見を戴くのだが、カラオケの名人仙台時代の先輩 小松さんから 歌は・・すばらしいとのメールを頂戴した。
 一度吉祥寺にて 「しりたくないの」で有名な菅原洋一氏のスナックにて小松さんのカラオケバラードをお聞きした事も懐かしく思い出される。
 その時の記憶は 先輩の歌は情緒があり、人間そのものの歌だった。
 ペットシッターの私はカラオケには余り行かなかったのだが、一人にて風呂の中で歌うこと位なのだが・・・。
 サラリーマン時代には会社の慰安会等に歌を歌わなくてはいけないときには、昴、トンボ、ふたり酒 位が持ち歌だったのだが、しかし、歌詞は画面を見なければ、歌えないくらいのレベルなのだが、しかし、今でも忘れられない歌詞があるというよりも、今でも不思議に覚えている歌があるのだ。
その歌の名は「石巻の人」と言う・・ペットシッターの私が勝手に名ずけたかも知れないのだが・・。「石巻」は今では世界中のブランド名になっている。
 それは仙台時代 当時の仲間の千葉文敏氏から教えて頂いた「石巻の人」と言う曲なのだ。確か!千葉氏は当時は 今!東北地区の大災難地区(志津川、女川、石巻地区の担当)であり、同行戴くために 多分、営業車の中で彼から ご教訓戴いたのだろう) 当然のこと、有名ではない曲で、その当時には その曲はカラオケでもなく?車の中にて、彼の口から教えて戴いたのだ。そのリズム、曲の流れも記憶にあるのが・・不思議なのだ。
 その曲とは・・「言えない秘密を・・この胸に・・耐えている姿が いじらしくって・・そっと抱き寄せ・・口ずけた・・ 遠く!成瀬の 遠く成瀬の日も赤い・・石巻の人・・
「何にも言えない・・あの人は・・」・・・・・・・・ 
 ここからは覚えていないのだ・ああ!懐かしい!リボンさん、山口さん・・落ち付いたら
一度、石巻に伺いたいと・・と思っている。
 
 追)その1− 2011年4月2日、このほど北京市でエンタメ大賞「第五回娯楽大典」に出席したジャッキー・チェンが、全財産の寄付をあらためて宣言した。
 世界日報が伝えた。資産は20億元(約260億円)を超えると言われるジャッキーだが、これまでにも数度にわたって、全財産のチャリティーへの寄付を口にしてきた。
 先月31日、「第五回娯楽大典」に出席したジャッキーは、「自分の死後に財産は残さない」とあらためて宣言し、長男で俳優ジェイシー・チャン(房祖名)にさえ遺産を渡さないことを語った。
   その2− ソフトバンクは東日本大震災の被災者救済および被災地復興のために10億円の寄付を行うと発表した。また、同社の孫正義社長は100億円を個人として寄付。
 さらに同氏は、2011年度から引退するまでのグループ代表としての報酬全額を寄付し、震災遺児などを支援する考え。 
 寄付金は日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じて寄付し、NPOやボランティア団体などへの支援や、震災遺児への中長期的な支援などに役立てる予定。
(ネット情報)
 これまた、凄い人が存在するものだ。それゆえの世の中は面白いのだろう!

dogdog4444 at 04:41コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月03日

  ミックス犬のイギー君とのお散歩時に玉川上水の道に沿ってサクラが花が咲いているではないか!驚いた!気がつくまで、私にはそんな心のゆとりがなかったのだ。
 東北地区の人達には申し訳ないのだが・・・成程!桜のシーズン4月に・・なったのか!
 BS11放送では被災地に歌を・・の番組を観てしまった。細川たかしの「津軽じょんがら節」には泣けて、ペットシッター私の持ち歌 「ふたり酒」には元気が出てきた。
 歌は本当に・・・勇気を与えてくれるものだ。
 曲よりも詩の意味なのだな!と・・放映するNHKの凄さをあらためて感じた。
何度聞いても、ジュピターには感動してしまった。音楽は素晴しい
 今月の我々「愛犬のお散歩屋さん」の3月度の売上報告が出揃っきた。
 大地震のよる影響にて、旅行のキャンセル等のためであろう!殆どのFC店の売上は通常月よりもダウンしている。
 昨日のTVニュースではミックス犬が漂流中に瓦礫木材の上にいて、海上自衛隊に助けられたとの事だ。よかったな!
 大震災3月11日以来NHKの朝ドラ「てっぱん」の番組は何処かへ飛んで行ってしまったのだが・・・ようやく戻ってきた。
 どんな番組を観ていても、東北地区の津波の情報、原子力発電所の今後の方向性等のTVニュースにチャネルを替えてしまうのだ。
 私達は日々人間の生き方に対して『大きな感動を期待して生きているのであろう』今回の災害事件ほど大きな 悲しい感動は・・何所を探しても無いのだろう!そうして、一つでもお役に立ちたい気持ちを持つのが人間なのだろうか・・!
 久しぶりに 先週から朝ドラ「てっぱん」の朝ドラが再度スタートしたのだ。
 68歳になるペットシッターにとっては、今までの連続放送朝ドラの中でも ナンバーワンと感じるのだ。
 確かに 1年前には武蔵野市の市民会議の一員に選ばれて、その会議に出席して「武蔵野市のコミニテイーに関する諸問題」が第一の課題であり、その点で 悩んでいたのだが、ちょうどその時期に、「てっぱん」と言う番組に出逢ったのだ。
 お好み焼きを焼くために鉄板を囲んで語り合うこの朝ドラ「てっぱん」はコミニテイの原点そのものなのだ。
 下宿生活、その人間模様、皆がなんとなく 厭味もなく 元気で明るいのだ。
 場面が広島の尾道、大阪と 跳びに 飛んで、展開が速いこと、主人公も村上あかりなのだが、見方によれば、このドラマに出演の全員が主人公?と勘違いするほど、このドラマの演出者は素晴しい。全員にスポットライトをあてているのだ。全員が主人公だった!!
 一度!市民会議中に武蔵野市の市長に・・武蔵野市市民全員が「てっぱん」
 のドラマを観る事が武蔵野市のコミニテーの改善策になるのではないか!とアドバイスをしたのだが、共産党の市長曰く・・「古田さん それは人 それぞれで、観る人によって違うのでは・と・!」冷たくかわされたのだが・・どうも、市長は性格がひねくれているようだ。
 私には 彼は冷静沈着にも受け取られるのだが、彼のように冷たい、感動しない性格の人は苦手なのだし、好きになれないのだ。
 ドラマの中で、福岡に転勤になった(あかりの恋人役)マラソンランナーと市長の陰湿な性格が重なりあってしまうのだ。
 このドラマの最終の番組には彼が出てこなくって、ほっーとした。演出の勝利だった・・と思うのだ。
 馬鹿のように明るい方が・・私には波長が合うのだろうか?上手な生き方は理屈ではなく、たった一つの笑顔ではないだろうか?それを教えてくれたのが・・朝ドラ「てっぱん」
であったような気がするのだ。
 感動する画面が続いた番組であった。ペットシッターの私は新たな楽しい感動を求めて生きているのだ。
 感動がなければ、生きている意味がない。もう!悲しい感動は欲していない。
 

dogdog4444 at 04:55コメント(0)トラックバック(0)ペットシッタープロ&犬のしつけペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

2011年04月02日

 タレント、スポーツ選手から続々と、東日本大震災への義援金が集まっている。
フリーアナの久米宏がポンと2億円を寄付、アイドルグループのAKB48は合算して5億円の義援金を集めたという。さらに、ビートたけしが所ジョージと共同で1000万円、ドリームズ・カム・トゥルーが1000万円など太っ腹だ。
 大リーガーではイチローが1億円、松井秀喜は5000万円。巨人のラミレスが100万ドル(約8000万円)、広島カープの前田健ら10選手がそれぞれ100万円を寄付している。プロゴルファーの石川遼選手の寄付も話題だ。(ネット情報)
 久米のように報道機関の基金に寄付したり、独自で基金を立ち上げるタレントもいる。
最も多いケースは日本赤十字社が窓口になった被災地への寄付だ。
 日本赤十字社によれば、現在まで集まった義援金は700億円以上。いずれは1000億円に達すると予測されている。
 北朝鮮の金正日氏も5000万を・・この機会に官さんは北朝鮮に飛んで、お礼方々親交を深めるチャンスなのだが・・。この人は駄目だ・・・。
 一方で、一部のボランティア団体からは、こんなささやきも聞こえる。
「赤十字の義援金は被災地にきちんと届く環境が整ってから渡すという前提がある。
 阪神淡路大震災では、場所によっては義援金が行き渡るのに1年近く要したらしい。即効性を求められているはずだが…」
 全国から届いた浄財は、「義援金配分委員会」で立てられた配分計画に基づいて、被災者に届けられる。
 被災者には「現金」で渡る。
一律ではなく、家が全壊、半壊というように被害状況によって金額が決定される。
 一度で配分せず何回かに分けて被災者に直接配分されるという。
本当に配分するのに1年もかかるのか?
「日赤では経費を差っ引くことなく義援金すべてを分配委員会に渡します。しかし、まだ受け皿となる分配委員会ができていません。ある程度集まってからお渡しすることになります。被災の全容が判明するまで、しばらく時間がかかるのは事実です」(読売新聞)
 戦後最大の被害額となった東日本大震災は1カ月、半年、1年先まで支援が不可欠。
 計画的な分配は当然だが、「すぐに役立ててほしい」という人は、義援金の使い道をよく調べた上で寄付したほうが良さそうだ。
 我々の仲間「愛犬のお散歩屋さん」仙台北店の横山店長から先日送付したカップラーメン&こざさの最中&セッケンセットが届いたという・・御礼の電話あり、二週間にて相手に届いたのだ。
 念のために、我々「愛犬のお散歩屋さん」は 愛犬達のフード等購入の為に5万円と些少だが動物愛護緊急災害援助協会に寄付させて戴いた。又日本赤十字に義援金5万円を送ったのだが、愛犬達のところに もうそろそろ届いているのだろうか?心配になってきた。

dogdog4444 at 04:35コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 

2011年04月01日

「日本を救え」と・・東日本大震災に見舞われた日本への支援を訴えるポスターや看板がモスクワで急増中だそうだ。
 ロシアのメディア・広告関連企業40社以上の合同キャンペーンの一環で、最大のポスターは縦14メートル、横55メートルの巨大な多きさなのだ。
 市内約100カ所に掲げられたポスターは「日本を助けよう」などと訴え。
 ロシア赤十字の義援金口座の詳細が分かる特設ウェブサイト開設された。(読売新聞)
又 タイ国では
日本に貸し出されるのは、巨大な煙突、タービン、発電機といった発電設備一式、これを2セット。発電所ほぼまるごと、日本に移設されるそうです。
 東京電力に貸し出されるのは12万2000キロワットのガスタービン発電設備2機などで、およそ24万世帯分の電力を賄うことが出来るとの事。
 この発電設備は日本製で、95年から稼働していますが、現在はピーク時を除いて使われていないため、電力不足に悩む日本に無償で貸し出すことになったとの事。(ネット情報)
 日本はこの困難に対し決して孤独ではありません。何でもサポートします」とタイ電力公社の社員の言葉だそうだ。
 発電所は分解して船で運び、東京近郊に移設されるということで、東京電力では今年8月の運用開始を目指しているとの事。発電機だけのレンタルはありますが、発電所が丸ごと貸し出されるケースは、世界でも極めて珍しいということです。
 又、台湾では何んと54億円の義援金だそうだ。米国は100億円が赤十字に・・
震災以来、韓国でも日本を支援しようという動きが活発化している。
 インターネット上には、数多くのボランティア団体が日本への支援を受け付けていて、それぞれ多額の寄付金が集まっているようです。
 世界中の国 人々は次から次へと我国へ義援金と応援を続けているのだ。現在約700億円だそうだ。



dogdog4444 at 04:56コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけペットシッタープロ&犬のしつけ 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ