2011年06月01日

驚いた 愛犬しつけの ご依頼だ

 例外店を除いて 殆どの「愛犬のお散歩屋さん」FC店の声は 愛犬が老齢の為に死んでしまったので、これからは暇になるでしょう!と・・おっしゃるのだ。がしかし そうだろうか?疑問に感じるのだ。
 健康は労働から生まれ、健康を維持するが為には、労働を継続していかねばならないのだ。
 くどいようだが、言わせて戴くと・・私達「愛犬のお散歩屋さん」をスタートし、3年後に、6年後に、9年後に・・年数はともかくも、最初ご依頼戴いた飼い主様の愛犬が老齢の為に、天国へ・・との運命は避けて通れないのだ。
 この事は己の仕事を通じて・我々「愛犬のお散歩屋さん」は誰でも体験している。
 愛犬のお散歩業をスタートした時の最初の契約書の一番に、「この仕事は己にて種を蒔き、己にて刈り取る仕事」と記載し、次に「踏まれても、叩かれても、努力をし続ければ、必ず、実は結ぶ」とペットシッターの私は私自身の体験側に従って申し上げた筈だ。
 事実!今年の8月にて17年目を迎える「愛犬のお散歩屋さん」の武蔵野店は考えてみれば、人に言えないほどの スランプの時期も体験してきたのだが、現在も悠々自適とは言えないものの、健康で、毎晩戴くお酒が おいしくって・・堪らないのだ。
 この本当の原因は 現在の仕事が存在するからなのだろう!愛犬の飼い主様からのご依頼があるからなのだろう・・と思うのだ。
 先月5月29日に電話のベルがなり・・・武蔵野市御殿山にお住まいの97歳のご主人と83歳の奥様○○様宅から、柴犬生後3ケ月のエル君のしつけのご依頼だったのだ。
 旦那様の年齢が97歳で、万が一の為にも 大好きな旅行もいけなくなり、これからは犬でも飼って、楽しみたいというのだから驚きだ。
 ビックリした事は97歳と83歳のご夫婦だけの生活で、ご子息も誰もいないのだ。
カラオケが大好きで、ご夫婦にて全国カラオケ倶楽部の会員で、31日は武蔵野○○館で、大会があるという。部屋中にトロフイー&表彰状で・・この歳でどうして?・と驚かされ・・逆に 飼い主様からエネルギーを頂戴してきた。
 奥様はペットシッターの私が手配りした黄色のチラシを持ち出してきて、電話をしてきたのだった。パソコンは利用できず、ホームページはご存じない。
 チラシだけの情報なのだ。行動しなくては・・生まれ来なかったのだ。
 本日6月1日〜スタートするのだが・・犬のしつけのご依頼は イギー君、ゆずちゃん、チョコ君、パンケーキー君、新太郎君、今回の柴犬エル君と・・継続している。
 確かに・・最近の飼い主様のニーズは「愛犬のお散歩代行」のご依頼ではなくって、犬のしつけに関しても要望があるらしい事は 確かだ。
 是非!FC店の皆さんもチラシの手配りが・・一番だと・・ご推奨申し上げたい!
 「愛犬情報です!HPをご覧下さい!」・・と「この仕事は己にて種を蒔き、己にて刈り取る仕事」だという事を思い出して戴きたい。
 事の継続は健康のバロメーターなのだ。健康が 第一だ。

dogdog4444 at 04:37コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ