2011年06月06日

橋元氏 国家斉唱 当たり前

 君が代の件の一審判決は、ひとたび少数派が『内心の自由を侵された』と叫べばどんな主張もまかり通るようなおかしな内容だった。最高裁の判断は妥当と・・ペットシッターの私には思えるのだ。
 国旗・国歌をめぐる訴訟では原告教師らがメディアに出ては、行政当局や校長がはじめから教員を処分する悪意を持っていたかのように断罪する。
 しかし、実態はそうではない。はじめにあったのは国旗と国歌に対する彼らの執拗かつ陰湿な妨害行為であって、これを正すために職務命令が持ち出されたにすぎない。
 国歌斉唱時に、教員に起立を義務付ける条例案を大阪府議会に提出した地域政党「大阪維新の会」(維新)の代表を務める橋下徹知事は、記者団に「入学式や卒業式で起立を求めるのは憲法違反にあたらないというきちっとした判断を最高裁が出した」と評価した。(読売新聞)
 ペットシッターの私も同意見なのだ。
 「汝の欲するところに、従え、但し、角の向こうのおまわりさんを忘るるなかれ」確かに この現在の世では 何事にも自由な社会なのだが、ルールを守れ・・と言いたいのだ。日本人なのだ。
 国家である「君が代」を歌えないような人は、日本人を捨てて外国へでも去ってしまえば・・と思うのだ。なぜこれくらいのことが理解できないのだろうか?
 先日のブログに於いても大宅映子さんの平等感に関しての評論を記載させて戴いたのだが、おかしな教師の行動は 本末転倒だと思うのだ。 
もう少し!過去の先輩達が歩んできた「道の歩き方」を学んでいただきたい。毎朝放映されているNHKの朝ドラ「おひさま」でも観ていただきたい。
 自分のご両親にたいして「お父様」『お母様」と呼ぶのは人間の歩くべき姿としては基本である。このプロセスを学び体験してかなかった人達には、前期に記した教師に似た感情を捨てきれないであろう・・と懸念している。
 大切な事は決められいる現実のルール、規則、その軸、法律である。

dogdog4444 at 04:34コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ