2011年06月16日

6月度 研修会の 内容は

 6月度の私達「愛犬のお散歩屋さん」の定例研修会の内容は・・40歳にして惑わず・・70歳にして自分の好きなように生きる・・と論語の中では有名な話 孔子が述べているのだが、その孔子から我々の仕事に於いての悩み、苦境にあった場合の対処法等を学びたいのだ。
 ペットシッターの私の好きな人生学の基本は孔子の言葉から引用し、トイレ、デスクの前に常時記載して 掲げている「故を温めて、新しきを・・する」という言葉だ。
 過去の先人から、先輩の成功、失敗体験から諸々を学び、そこから己の生き方を考えよ!と言う意味なのだ。
 また、その前に人生学の基本的な過ごし方は我国の歴史上、明治、大正から昭和の初期の頃の過ご方にあるのではなかろうか?
 ちょうどその頃の時代のドラマがNHKから「坂の上の雲」から学べるのだろう!また年末にはそのドラマの第3巻が放映されるのだが・・
 現在では朝ドラ「おひさま」からもイロイロ学ぶ事が出来るのだと・・思うのだ。
 過去の貧しい体験からこそが、己の明日の生き方にプラスになるのだろう!と思うのだ。15分間はその貧しさを描いた場面を放映したいのだ。
 又数分なのだが、愛犬家の知識として、麻布大学の大田教授の研究課題「地震予知犬」の練習風景を放映したいのだ。
 それから残りの時間は 我々定例研修会のメーンエベント「白熱デスカッション」なのだ。
 1ケ月間の新会員獲得情況ら、しつけの悩みなど、それこそ!先輩からの情報収集なのだ。悩みを語り、逆に、相手から悩みを聞く・・事から明日への希望と活力が生まれるのだ。
 それこそが私達FC店「愛犬のお散歩屋さん」の定例研修会の目的なのだ。
イロイロと理由を取り付けて、この貴重な研修会を欠席する人は・・いずれ時間の問題にて去っていくだろう!我々熱烈な愛犬フアンの中高年の愛犬家グループから取り除かれるだろう!と・・孔子も述べている。

dogdog4444 at 04:20コメント(1)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 稲場智澄   2011年06月16日 18:02
初めまして。

稲場と申します。先ほどは電話で失礼いたしました。

6月25日の定例会の見学を希望します。

豊島区在住
 稲場智澄 
 TEL:03-6314-8332

宜しくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ