2011年06月21日

デパートが 家電売上に 負けている

大きな荷物を宅急便のお兄さんが届けてくれた。ビックリして箱を開けて、またまた驚いた事に ナイキーブランドの帽子、ジャンバー2着とトレイナーシャツが2枚の女性物だった。
 妻の祥子に・・と丁寧な手紙付のご挨拶文なのだ。我々「愛犬のお散歩屋さん」10年来の仲間高円寺店の奥様からの贈り物だった。こちらこそ仲間の一員としてお世話になり感謝しているのだが・・この度 5月31日付けでご家庭のご事情にてお辞めになったのだが・・その御礼だという云う。
御礼のお手紙も実筆にてご丁寧な文章にも・・本当に恐縮する気持ちだ。
本当に、人生はイロイロだ。
 残念ながら「愛犬のお散歩業」をお辞めになった方も過去には数十名いるのだが、思い出してみれば、電話にて一言にて「辞めるから」と言うFC店も存在するし、全くの挨拶もなく、はい!サヨナラ・・。これがこの世の現実なのだ。
 本題に戻ろう!
 ペットシッターの住んでいる武蔵野市の吉祥寺に於いても、伊勢丹、三越がヨドバシカメラに吸い取られてしまった。・・残念でしょうがないと思っているのだが・・
 百貨店の全国売上高が、今年にも家電量販店に抜かれる可能性が出てきた。
昨年まで14年連続でマイナス成長だった百貨店は今年も回復は難しい 一方で、節電関連需要を取り込めそうな量販店は堅調な需要が見込めるためだ。
苦境を脱しようと、百貨店自身が量販店をテナントとして誘致するほか、東京・銀座では“脱”百貨店を目指す動きも出ている。
かつて「小売りの王様」といわれた百貨店も2008年には売上高でコンビニにも抜かれており、業態の見直しが急ピッチで進んでいる。
「ビックカメラと話ができれば各店舗で部分賃貸という考えもあり得る」。
百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄社長は5月12日、東京・新宿のファッションビル「三越新宿アルコット」を12年3月で終了しビックカメラに10年契約で貸し出すと発表した上で、傘下店舗での連携強化にも意欲をみせた。
アルコットは百貨店事業には含まれないが、売上高回復のためビックカメラと今一歩進んだ業務提携を模索する。
昨年11月には銀座最古の百貨店、松坂屋銀座店に量販店ラオックスがオープンしたことが話題となった。
百貨店から量販店への“衣替え”はこれだけではない。
 JR名古屋駅前にある名鉄百貨店は本館など3館あるうち「ヤング館」の営業を終了し、今秋には量販店最大手のヤマダ電機が出店する計画だ。
それだけ百貨店の現状は厳しい。
東日本大震災の発生などにより、3月の全国売上高は前年同月比14.7%減と史上2番目の減少率を記録。5月以降は衣料品などは回復し始めているものの、宝飾などの高額品は不調が続き、特に銀座や日本橋など各社の主力店舗の回復が遅い。(読売新聞)



dogdog4444 at 04:24コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ