2011年06月20日

お散歩屋 悲しい知らせ さようなら

 私達「愛犬のお散歩屋さん」の仕事に従事する上で、一番の悲しい事はお世話していた愛犬が、天国へ逝ってしまう大事件に遭遇する事であろう!
 昨日仲間のFC店から悲しいお知らせメールが届いたので、そっくり得意の・コピーする事にした。
 ペットシッターの私の激励メールから読んで戴きたし・・・
 
 ○○さんの 本当! 現在の 悲しい気持ち・・その事は 私も共有しています。
 この仕事をしているものでなければ理解できないでしょう!
 愛犬は 私達のように 一言も言葉を発せられない不憫な子供のようだと・・言いますが、そのしぐさと目のまなざし等にて その子の苦しみ、楽しさも・・も感じとられます。又、我慢強さも 尋常ではないのでしょう。
 かたちゃんのお世話をされ そのような体験をされた○○さんは・・考えてみれば幸せであったと・・思うのです。
 これは目に見えない・・神仏からも授かりかも知れません。
 本当に人生イロイロなのですね!16歳とは大往生でが・・かたちゃんは我慢強い子だったのでしょう!飼い主様も大変との事ですが・・早速・・お悔やみのハガキを投函させて戴きます。
 私達の仕事は「小さくても ヘルシーな生活を求めて、お役に立つ仕事」・・○○さんはその通りのお仕事をされたのではないでしょうか!この苦しみの体験を生かされんことを祈願しています・  古田

報告!つらい、つらいお別れでした!
 今晩は!いつもお世話になります。
6月12日午後4時15分勝瀬様愛犬かたちゃん16歳がなくなりました。
6月5日朝お電話があり飼主様が救急で入院されました、残された愛犬のお世話の依頼でした。
5月に動物病院へ連れて行って欲しいとのことで行ったときは殆ど動けずに床ずれが酷い状態でした・・・
 診察中も涙がとまりませんでした。
それから一ヶ月またまた大変な依頼です、かたちゃんは○○店がお散歩やさんをスタートして試行錯誤の時 依頼があり、慣れない面接に緊張していったことを思い出します。
 それから6年間毎日通いました。
 生まれてすぐに左前足を失ってずーっと3本足の生活でした。
 階段の上り下りも自分でします、暑い夏にはちょっといっては休み休みしながらのお散歩でした。
 散歩中出会う、たくさんの人たちに元気と勇気を与えてくれました!
飼主様の体調が良くなりここ2年くらいは殆ど会っていませんでした。
 最後の時にご主人がついてあげれないことは本当に辛いことだと思います。
 朝、昼、夜3回通いましたが暗い玄関にひとりぽっちにして帰るのがせつない毎日でした。
 最後の二日前の様子が気になり飼主様の了解をもらい我が家に連れて帰りました。
環境を変えるのはどうかと思いましたが嘔吐を繰り返していたのでそのままには出来ませんでした。
我が家のリビングにベッドを作りましたが一度も嘔吐せず二日目の夕方静に天国へ旅立ちました。
かたちゃんはいろんな事を教えてくれました。
 最後にまた介護をさせてくれて・・・いろんなことを学びました。
 本当にありがとう!
 斎場へ行く前にお花を飾り、飼主様の病院まで行き最後のお別れもできました。
本当に感謝の言葉をいただきました。この仕事を初めて一番つらい時間ですが少しでもお役に立てているのかな〜とも思います。
 これからも出来る限りにお役に立てるようがんばっていこうと思います。

入会日    平成15年11月9日
飼主様 ○○
住所     ○○  
愛犬名 カタ
勝瀬様は現在入院中です(ひとり暮らしです)、かなり病状は悪いようですーー;帰宅できる時期は全くわりません。
よろしくお願いします。
株)JTL愛犬のお散歩やさん ○○店
            店長 ○○




dogdog4444 at 04:19コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ