2011年06月26日

研修会 白熱教室 チャレンジだ

 昨日は関東地区の6月度の定例研修会であった。研修会のメーンエベントはスタンフォード大学の白熱講義を私達「愛犬のお散歩屋さん」も模倣して実践したのだが、はたして参加されたFC店はどの様に感じているのか?次回の7月度も白熱研修会にしたい。
 考えてみれば本日出席されてFC店の皆さんは問題意識が高く一回か2回の欠席も大丈夫なのだが、毎回欠席されるFC店に勉強して欲しいのだ。
まあ!いずれ!仕事の継続は無理だろうと私は思っている。
 120分の時間帯の内、15分間は我々「愛犬のお散歩屋さん」の基本資質の向上勉学の為に朝ドラ「おひさま」の一場面を視聴戴いた。
 5分間は麻布大学大田教授の地震予知犬の実験を視聴。
 前半の時間の25分間は「100分にて名著」孔子の論語を視聴いただいた。題目は「自分自身にて考える」・・ 
 後半の60分間はグループを5つに分けて・・初めての「愛犬のお散歩屋さん」の白熱教室のスタートだ。米国のスタンフォード大学の生徒達の授業をそっくり模倣しての進行であった。「愛犬のお散歩屋さん」のFC店の人達には本日の議論の課題は「今!私達が 仕儀上にて悩んでいることは・・問題点は」と云う問いに対してツイッターの如くその問いに対して各々のFC店に20文字にて記載して戴いた。次に5グループの中でリーダーを選んでいただいて、そのグループの各自の問題点を読み上げて・・そのグループから問題点を一つ絞りこんで頂いた。(1)研修会に関して、(2)依頼数の先細り、(3)犬のしつけ が本日の皆さんグーループの課題だった。
 5グループのリーダーがその問題点を全員の前にて発表戴いた。机の配置も止めて、イスだけを円状に配置して、5グループに分けたのだ。
 次に5グーループのリーダーに「その問題点を如何に解決したら良いのか?を議論戴いた。
 そうして、その後、リーダーにグループごとの悩みの解決策を発表戴いたのだ。
 今回 初めての研修会の手法 すすめ方は初めてのことで・・その皆さんの感想は聞いていないのだが・・しかし参加されたFC店の皆さんの熱心な論議はこれこそ 白熱教室のようであった。
 諸々本部に対してのご意見もあり、大変に勉強になった。
 次回の研修会には回答したいと思っている。まあ!犬のしつけも同様で、何でも己の身体にてチャレンジすることが一番重要なのだろう!失敗の繰り返しが成功に結びつくのであろう!・・と孔子さんも述べている。来月が楽しみだ。

dogdog4444 at 04:47コメント(0)トラックバック(0)ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ | ペットシッタープロ&犬のしつけ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ