2018年01月04日

私大学 経営不振が 20%

関東地区の大学が参加している正月恒例の「箱根駅伝」の往路は東洋大学が優勝、第二位が青山学院、第3位は早稲田、ペットシッターの母校の法政は山登りの区間新記録にて5位だった。
 関東学生連合に出る予定だった東大の選手はインフルエンザの為欠場したそうだ。
  復路優勝は 青山学院、第二は東洋大学、第三位は早稲田大学・・と予想通りのレースだった。往路プラス復路の総合優勝は 青山学院が4連勝 。我が母校の法政は6位。
 2日間「箱根駅伝」を終日視聴していたのだが・それに比べて・他のお正月番組など馬鹿らしくって見てられない。
 さて!本題に戻ろう・・。
私立大・短大を運営する全国660法人のうち112法人(17%)は経営困難な状態にあることが日本私立学校振興・共済事業団(東京)の調査でわかった。
このうち21法人は経営を改善しないと、2019年度末までに破綻する恐れがあるとしている。
18年以降は18歳人口が再び減少局面に入り、経営環境の一層の悪化が懸念される。
各法人は07年以降、事業団作成の指標を使い、直近3年の財務データを基に経営診断を実施。
事業団も独自に各法人のチェックを行っているが、結果は「私大経営への影響」を理由に非開示とされてきた。
読売新聞は1月、事業団に情報公開を請求。
一度は不開示とされたが、総務省の審査会で異議が認められ、12月下旬に初公開された。(ネット情報)
 しかしながら、慶應、早稲田と名のある大学は余裕がありそうなのだ。
諸悪の根源は 我が国の人口減に因がありそうだ。
 米国への留学学生数も・・お隣の中国、韓国よりも日本の学生は減っているとのことだそうだ。
 昨朝の朝日の経済版には 作家の真山仁氏は我が国の危い財政に関して 2020年東京オリンピック後には 大変に危険な状態に日本はなるのだろう・・と書かれていたのだが・・。

dogdog4444 at 03:38コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけ | ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ