2018年10月20日

最近の 朝ドラ人気 ナンバー1

 10月1日からNHK の連続テレビ小説の『まんぷく』がスタートし、初回視聴率が.23%と17年ぶりに23%を超える好発進で話題となっています。
 『まんぷく』が平成に完結する最後の朝ドラ、ということで、平成の朝ドラを振り返ってみました。
『あまちゃん』主演で一躍知名度を上げた能年玲奈をはじめ、近年だけでも波瑠(27)、高畑充希(26)、土屋太鳳(23)など、数々の女優をブレイクさせ、同時に高視聴率を叩き出している朝ドラ。
5位の『ほんまもん』は、和歌山県・熊野の育ちで天才的味覚の持ち主である木葉が、大阪で精進料理の料理人を目指すストーリー。
 第4位『とと姉ちゃん』…22.8%
 死の間際の父(=とと)から、「三姉妹の長女として自分の代わりに家族を守ってほしい」と頼まれた、常子の人生を描いた『とと姉ちゃん』。
 長女役のヒロインを務めたのは高畑充希。
 第3位 『さくら』…23.3%
 トップ3に食い込んだのは、ハワイ生まれのさくらが、自分のルーツを探ろうと岐阜県・飛騨地方の男子中学校に就職する物語、『さくら』。ヒロインのさくらが飛騨高山の風土や人情に触れ合いながら、成長していく青春ストーリーでした。
 第2位 『あさが来た』…23.5%
 惜しくもトップを逃したものの大健闘の2位となったのは、波留のブレイク作『あさが来た』。明治時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルに、炭鉱開発、銀行設立、日本ではじめての女子大学設立、生命保険業への進出と、次々と新しいことに挑戦する主人公・あさの半生が痛快に描かれていました。
 第1位 『私の青空』…24.1%
 2000年以降の視聴率ランキング堂々の1位は、2000年代最初の朝ドラ『私の青空』。
 夫になるはずの男に逃げられたヒロイン・なずなは、未婚の母となって青森県から上京。
青森・大間と東京・築地を舞台に息子とともに困難をのりこえていく物語です。
 (ネット情報)
 「私の青空」の視聴した記憶がないのだ。
 けれど、朝ドラ人気を盛り返した立役者ともいえる『あまちゃん』や『梅ちゃん先生』がトップ10圏外となる意外な結果だとペットシッターの私には思えるのだ。
 それにしても 「まんぷく」は面白い。
ペットシッターの私は朝ドラのフアンなのだが・・現在 再放送の「カーネーション」は尚更 面白いのだ。
 ノンフクションドラマゆえに面白いのだろう・・。





 


dogdog4444 at 03:42コメント(0)ペットシッタープロ&犬のしつけ | ペットシッターの愛犬のお散歩屋さん&犬のしつけ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

ペットシッター

Archives
  • ライブドアブログ