犬旅

旅日記・ドイツ 2014年10月5日~12日

旅行初日から閲覧する場合は、右側サイドバーの「最新記事」の
古い日付のリンク記事からご覧くださいませ。


朝食
またしてもクロワッサン待ち・・・・

カップに入っているのは緑茶です。
途中で飲みたくなるかなと思って 持っていったんですけど
そうでもなく。
まぁ 折角もっていったんだから 使わないとね。っていう。

P1010690

なんだか結構少食っぽいですが・・・
実際 少食っぽいです。
なんか40歳過ぎてから 食欲が落ち着いたような・・・。
ビールは飲むけどね!

あと・・・・
長期旅行をすると 体調を壊すということを
過去・毎回やらかしてたので
食べ物に関しては とても気をつけてたっていうのもあります。

そのおかげか 今回は無事健康に過ごせました・・・!

で・・・
この日は出国の日でもあり あまりノンビリもできず・・・
とりあえず 良い感じのお土産を買いたいので
BMWワールド・博物館とやらへ向かうことに。

地下鉄で移動。

P1010692

ドイツの鉄道(というかヨーロッパの鉄道?)は
改札が特に無く、 切符を買って 刻印するだけなので
なんだか色々と開放的。

うーん 道路も開放的。

このあたりはミュンヘンオリンピックの元会場付近らしく
駅も「オリンピアツェントルム」という名前。

P1010696

早朝のせいか、なんだか霧がかかってて 神秘的なBMW様。

P1010705

BMW様の内部。

P1010713

なんだか未来的なBMW様。

P1010710

さて・・・ どの車にしようかな・・・・

おっ

ロールスロイスなんてのも良いんじゃないでしょうか。

P1010726

とか 心の中でつぶやきながら
良い感じのお土産をショップでゲット。

帰りも地下鉄で。

P1010736

で・・・・

ホテルに戻って、 電車に乗って空港へ。

16:35のフライトだったけど かなり早めに空港到着。

空港で昼食。

「エアブリュー」というお店で 結構席数も多い。

P1010742

ドイツ最後のビール!

P1010746

そして帰路へ。

日程表を見ると ミュンヘン16:35発  ドーハ23:05着
           ドーハ発01:35発    関空17:25着という予定。

時差があるので 妙なことになってます。

で・・・・機内では
ほぼ ズゴーと寝てました。

丁度台風19号が近づいてましたが 最接近の一日前だったので
特に問題なく帰国。

もし 一日ズレてたら、
東京から参加してた友人が大阪で足止めされる事態になってた・・・

P1010754

・・・・というわけで

大したトラブルも無く、無事旅を終えました
お世話になった友人に 本当に感謝・・・!!!

ドイツは・・・
レシートがしっかりしてて、値段のシールもちゃんと貼ってるし
乗り物も時間を守るし、
人も適度に親切で
物価は多少日本より高い感じがあったけど
なにより食べ物が美味しかった。

特にミュンヘンは食べ物屋さんが多くてよかったな~!

あと、ちょっと気になってたのが「喫煙事情」。
行く前は日本より厳しいのかと思ってたけどそうでもなかったです。
ただ、店内は禁煙が普通で テラス席が喫煙って感じ。
でも そもそも・・・テラス席が基本的に多いので 「禁煙ムード」はあんまない感じ。
歩きタバコしてる人も結構いたし・・・(*フランクフルト、ミュンヘンでは)
街の中にタバコの自販機(6~7ユーロほど)もあったし。
そういえばキオスクでは60セントほど安く売ってたので 税金が違うのかな??
1箱800~900円って高いなーと思うけど
日本よりよっぽどスパスパ吸ってる人を見かけたので あんま値段関係ないのかもなぁ。 
まぁ・・・でも数年で事情が変わる可能性もありですが。

私は漫画の中で よく喫煙キャラを描くので
一応、喫煙の現状を知っておきたいのです。 (というわけで一個購入)

ドイツのタバコ

 
そんなこんなで・・・・

ヨーロッパへの旅も 昔は長時間のフライトが辛かったけど
何度か行くうちに耐性が出来たのか そんなに辛いと思わなくなったし
是非また行きたい! そしてネルトリンゲンや
今回行かなかった都市にも行きたし。 

【おわり】

★追記★
犬旅というタイトルにしてるので 犬のおまけ。
(*飼い主さんの顔がわからないようにトリミングしてるので変な写真になってます。)


これはミュンヘンの・・・ 
「通りすがりのお店の人が豚か牛の骨を・・・」と書いてた記事の写真。
しっかり躾けられているのか 食べ方もおしとやか。

犬3


これはフランクフルトの・・・
レーマー地区付近のハイツみたいな建物の柵についてたマーク。
うんこカワイイ。

犬1

これはミュンヘンの・・・
マリエン広場で見かけたワンコ。 じっと待機。賢い!

犬4


下の二枚は・・・
ノイシュヴァンシュタイン城の、中庭にいた犬たち。
じっと待機。 賢そう!

犬6

犬2


これは・・・
フュッセンでみかけたワンコ。
この街も犬を散歩させてる人が多かった気が。

犬5


これは・・・
ミュンヘンのカフェで見かけたワンコ。
飲食店にペットを普通に連れてこれるのいいなー。

犬7

というわけで・・・ 犬写真でしたー。


朝食
クロワッサン待ち中・・・。

P1010342

この日はオプションツアーに参加して
「ノイシュヴァンシュタイン城」と「フュッセン」と「ヴィース教会」へ。

まずは 8:15にミュンヘン中央駅に集合

P1010344

で バスに乗って移動。
日本語のツアーなので お客さんは全員日本人。 結構満員。

車窓からの風景。

P1010380

うんうん ヨーロッパっぽい ヨーロッパっぽい。

でも ガイドさんの話によると
草原に建ってる木造の小屋は 昔は農機具小屋として使われてたらしいけど
今は 「良い感じの景観」にするためだけに 中身空っぽでそのまま在るんだとか。


自由旅行もいいけど たまにこういうツアーに参加して
ガイドさんから現地の情報を聞くのも面白い。

P1010390

・・・で、到着。

こっちは「ホーエンシュヴァン城」
ルートヴィヒ2世の父マクシミリアン2世が
廃城になっていた城を1832年に購入後、4年かけて完成させたんだとか。
黄色っぽいお城。

P1010412

で・・・
こっちが「ノイシュヴァンシュタイン城」
1869年に建設開始、1884年に何とか住める状態に。
ルートヴィヒ2世は2年暮らしたとのこと。

日本で1869年といえば明治2年とのことで・・・
あんま下調べしてなかったけど 新しい城みたい。

なんだか某マイケル兄さんのネバーランドを髣髴とさせるような感じの
建造理由に アイタタタ・・・。

なんかいかにもな「城」で 妙な違和感がずっとあった理由がわかったような。

13年間改修工事をしてたらしいのですが
工事完了後に観光できてラッキー。 
天気もよくて綺麗。

P1010419

ミニバスに10分程乗って・・・・

降りたところから 少し昇って「マリエン橋」へ。

撮影スポットになってるので とても混雑してて
しかも結構な高さの橋なので ちょっと高所恐怖症ぎみの私はヒヤっとしました。

橋から撮るとこんなかんじ。

P1010441

で・・・ 橋と別方向の道を登って

別アングル。

P1010448

高いところからの風景。
うんうん ヨーロッパっぽい ヨーロッパっぽい。

P1010450

で・・・・
お城んとこへ。 門のところ。

P1010468

城内は撮影禁止なので・・・・ 写真はありません。

が 正直 前日に見た「レジデンツ」のほうが
規模が圧倒的に凄かったので・・・・ うん・・・・。

一応、台所だけは撮影しても良かったので 撮っておきました

P1010500

で・・・
帰り道の 別アングルからの城

P1010536

と 上からの風景。

P1010537

うんうん。 この感じ この感じ。

あと この「木」

P1010557

うんうん ヨーロッパっぽい ヨーロッパっぽい。

帰り道は徒歩でしたが 途中 何度か馬車とすれ違い、すかさず撮影。
車輪はタイヤ。

P1010543

その後、再びバスに乗り 「フュッセン」の街へ。

P1010561

自由時間を利用して 昼食。

P1010564

モッツァレラチーズとトマトのサンドイッチ。

と 搾りたてオレンジジュース

P1010565

でも・・・これ イタリア料理の店だった・・・。

この店以外にも 結構この街はイタリア料理のお店が多かったです。

昼食後は 街を散策。

P1010591

結構坂が多い。

坂を下って・・・・ 川。

P1010604

白鳥とか鴨もいました。

P1010601

で・・・
その後 再びバスに乗り
「ヴィース教会」へ。

P1010623

入り口んとこ 工事してました。

馬ー。ポニー?

P1010678

ところで こういう柵ってどういう構造してるのか 気になりますね。

P1010669

特に 角はどうなってるんだろうと・・・・。

こうなってました。

P1010673

ほほう なるほど とかって思ってる 場合ではなく。

教会 教会。 世界遺産だそうで。

P1010641

きらびやか・・・・。

でも椅子とかどういう構造になってるんだろうって 気になりますね。

ほほう フットレストがついているようですな・・・。

P1010661

とか そうじゃなくて 天井 天井。

P1010631

なかなか写真に収めるのは難しい・・・・。

P1010647

あちこち撮影してると
「あれ? ここ撮ったっけ?」と混乱してくる・・・・。

P1010666


で・・・ ツアーはこの後 バスでミュンヘンの中央駅まで戻って解散。

結構 外も暗くなっていたので・・・・
この日は駅・ホテルから近いお店へ。

P1010688

お店の名前がわからないけど
日本語メニューもあって、値段も手ごろで良いお店でした!
ミュンヘンは ほんとお店が多くて しかも美味しくて。 天国か!!

ビール!

P1010683

で・・・お料理。

このキュウリのピクルスの横にあるマッシュポテトみたいな物体は
なんとワサビでした・・・・!
日本のものほどキツくなく、食べやすい。 色は白。

P1010684


それと ソーセージ。
下にあるのは マッシュポテト。やはりバター風味強め。

P1010689


この日は丁度私の誕生日だったので 友人にご馳走になり、
良い想い出になりました・・・・・!

(念のため・・・・この二皿は 三人でシェアです。)


朝食
白ソーセージとクロワッサンが美味しい。

P1000920

で・・・ 朝食後 街を散策

P1000933

あまり猫(野良猫)は見かけなかったけど  飼い犬はよく見かけました。
そして みんな凄く躾されてるのか賢そう。

P1000935

フルーツの屋台。

P1000937

で・・・ 「マリエン広場」にある新市庁舎

P1000943

SとかUとかは電車のマークです。
中心部が「Uバーン」 郊外が「Sバーン」 らしいです。

で・・・・ 塔があれば 登る!

ここはエレベータなのでスイスイ昇る。

自転車のマークが見えてますが
道路には ちゃんと自転車専用レーンがあったりして 自転車をよく見かけました。

P1000969

すっかり晴れてます。

P1000976

塔から降りた後は・・・
近くにある「レジデンツ」へ。

見学への入り口は左のほう。

P1000998

ここではクロークがあって 見学者の荷物は全て預ける方式。

でもカメラ撮影可(フラッシュ不可)なのと、貴重品は持って入るので
ビニールの手提げ袋を貰います。

で・・・・ 見学開始。

貝殻をくっつけて作ってるので よく見ると気持ち悪いところも・・・。

P1010007

あんまり見学者が多くないので 写真をとるのには好都合。

P1010021

こういう感じの部屋を 沢山通っていく。

P1010052

豪華な調度品。 あるべきところにある調度品って感じ。

P1010067

こういう机って奥はどうなってるのかと思ってたけど
壁にくっついてるんですな。 これは鏡台かな・・・・。

P1010161


天蓋つきのベッドとか。

P1010087

たまに大きな部屋に出たり。

P1010110

ルーベンスの絵もあったりするギャラリーとか。

P1010159

とりあえず 部屋が沢山すぎて 段々疲れてきました・・・。

そんな中、ちょっと変わった展示。

食器。 合わせ鏡

P1010179

・・・・に、見えるかもしれませんが
実は こんなに奥行きが。

P1010184

その後も・・・・ 部屋。

P1010192

部屋。(*このほかに、載せてない部屋いろいろ。)

P1010206

部屋・・・と思いきや、
教会ー。 というより 礼拝堂??

P1010210

こちらは小さい礼拝室。 青色が綺麗。

P1010219

骨に装飾を施している。 上の段の真ん中の丸い中身は頭蓋骨。

P1010227

結構の長時間見学終え、お腹も空いたので
昼食へ。

Hofbraeuhausホーフブロイハウス

こちらもガイドブックに載ってる。 老舗のお店だそう。

P1010263

店内も席は空いてましたが 中庭の方へ。

P1010254

隣に座っていたご夫婦が連れていたワンコ。 賢そう!

特に介助犬でなくても 普通にお店に入れるワンコ。
お店の人がごっつい豚か牛かの骨を通りすがりにあげてました。
いいなぁ~ 私もワンコを連れてお店にビール飲みに行く・・・そんな生活したい。

P1010258

で・・・ ビール!

P1010257

と、白ソーセージ。 蜂蜜入りの甘味のあるマスタードソースに合って美味しい。

P1010260

で・・・ まだ時間があるので

「ヴィクトアリエン市場」へ。

P1010299

市場は 生鮮食品のお店が多い感じ。

キノコのお店とか。

P1010322

お肉のお店とか。

P1010309

チーズのお店とか。

P1010330

ビアガーデンも。

P1010315

ミュンヘンは 食べるところ・飲むところが彼方此方にある。 天国か!!

P1010313

でも・・・・ このあたり、こんなに飲む人が沢山いるけど
トイレが見当たらなかったなぁ・・・。どこかにあるんだろうか。 謎。

で・・・ 市場を散策したあとは
「カウト・ブリンガー」という文房具店へ。 ドイツ語の響きって なんだかカッコイイ。
ここではクリスマスカードなどを買い物。

その後は 一旦ホテルに戻って 別行動していた友人と合流。 夕食へ。

Nuernberger Bratwurst Gloeckl Am Dom ニュルンベルガー・ブラートブルスト・グレックル・アム・ドーム

検索したらメニュー発見。→ コレ
そうそう・・・ このイラストを見ながら
これがビールで これがソーセージで・・・とか言ってた覚えがある。

P1010338

 ビール!

P1010334

ここは焼きソーセージが有名だそうで。それを注文。

でも写真撮るの忘れたみたい。


で・・・ホテルへの帰り道。 昼間と夜では雰囲気が全然違う。
(*上から二番目の写真と同じ建物です)

手前に写ってる動物のシルエットは イノシシです。
丁度横に「ドイツ狩猟・漁猟博物館」があって、
その入り口の両脇に イノシシと鯰(?)の銅像があります。

*でも今回は時間が無くて見学できず残念。

P1010340


この日はちょっと早めに起床して 街を散策。

小雨が降ったり止んだり・・・っていうのが
フランクフルトから続いてて空模様がイマイチだったけど
この日は快晴に向かうとのことで期待。

で・・・まずは城壁の上に昇れるらしいので そっちに向かう。
城壁はホテルのすぐ側。

P1000622

昇るとこんな感じ。

P1000631

そこからの眺め。

P1000633

うんうん 中世ドイツの建物のイメージってこんな感じ。
P1000691

城壁はかなりの距離(全部?)歩いていけそうだったけど
朝食の時間もとらねばということで 下に下りてホテルに向かう。

飛行機雲が沢山。 うんうん 晴れそう!

P1000736

・・・で ホテルに戻って朝食。
どこのホテルもビュッフェ形式で ほんとにどれもこれも美味しい。 朝から大満足!
食べ物って大事。 ションボリな食事ほどガッカリな旅は無い。

P1000789

で 朝食後は街を散策しながら・・・・
(昨日は散策時間が遅く、お店も閉まっていたので)
今日はお買い物デー。

クリスマスグッズの店やお酒の店などで色々買い物しつつ
街の中心、マルクト広場へ。

P1000805

市庁舎の塔は登れるとのことで・・・・

最初はこんなかんじで登りやすいんですが
上に行くにしたがってどんどん細くなり・・・
最終的には梯子というミッションが。

しかも一番上はとても狭くて 多分・・・10人も昇ったらえらいことになるかと。
多分 ツアーでは行くことができないと思うので
こういうときは自由旅行でよかったなーと思います。

P1000813

上からの眺め

P1000821

車がなければファンタジー。

まだ曇ってるところもあって ちょっと残念。

P1000831

塔から降りると・・・
広場にリンゴジュースの屋台が出ていて 同行の友人が一杯購入。

カゴの中に入ってるピザみたいな物体は 搾った後のリンゴのカスです。
P1000852

その後 14:30過ぎにはローテンブルクの駅からミュンヘンへ。

P1000860

世界の車窓から。

うんうん ヨーロッパっぽい ヨーロッパっぽい。

秋で紅葉もあちこちあるけど、草が青々してて不思議。

で・・・ 途中で乗り換えつつ、ミュンヘン到着。 その後すぐホテルへ。
(*何時だったか 詳しくメモるの忘れてしまった)

ホテルは
1st Creatif Hotel Elephant
★駅から近く、外壁がカラフルなのでわかりやすい。
 3人部屋だったけど 1つダブルで1つシングルがくっついた状態で配置されてたので
 3人それぞれがスーツケースを開くと結構大変。
 バスタブが無く、トイレの水流が悪かったのも大変。
 でも 朝食のビュッフェは美味しかったです!
 特に白ソーセージと 焼きたてのクロワッサンが美味!!

荷物整理後 街へ向かうも 結構暗く・・・
晩御飯へ。

ガイドブックに載ってて、ホテルから一番近いところだったお店、
Augstiner Großgaststätten アウグスティナーグロースガストシュテーテン

P1000877

 ビール!一杯目は多分「ヘルス」っていう種類

P1000870

二杯目!多分「ドゥンケル」っていう種類

P1000875

食べ物は ここの店の「スペシャル」っていうやつと もう一品

凄いボリューム!と思ったけど、結構ゴツイ骨付き。

そして このお肉の下には暖かい肉汁がしみこんだザワークラフト。美味しい!


P1000871

お店を出ると 完全に夜。月が出てました。

P1000884




朝食

P1000249

パンもコーヒーもチーズもソーセージもヨーグルトもフルーツも美味しい!
品数が結構あって、朝から大満足。
(*ここのホテルだけかと思いきや、他のホテルも とても良かったです!!)

で・・・朝食後は
昨日行けなかった「レーマー地区」という観光の中心地を目指しつつ街を散策。

P1000307

川があったので行ってみたり。(マイン川)
この鉄橋(アイゼルナー橋)は徒歩で通行する橋で、あちこちに「鍵」がかけられてる。
どうやら恋人同士が幸せになれるよう願掛けする場所で有名みたい。
(*他の人のブログを見てみたら 鍵を川に投げて願掛けするそうな。)

で・・・レーマー地区へ。 ちょっと雨が降ってきたのでカメラのレンズに雨粒が・・・!
途中でフキフキしつつーの・・・

P1000341

折角のメルヘンな建物の背景に 暗雲立ち込めてます。ちょっとガッカリ。

大聖堂の 塔の上に昇れるということで 3ユーロ支払い。

P1000388

ひたすら螺旋階段を登る・・・・
これがかなりキツイ! 高さもきついけど 螺旋がキツくて目が回る。

P1000398

眺めは良かったですが 暗雲・・・。

で、ホテルに荷物を取りに戻り
11:30頃にフランクフルト中央駅を出発し ローテンブルクへ。
(*同行の友人がネルトリンゲン行きパターンも調べてくれてたのですが
スケジュール的にかなり厳しかったもよう。もう一泊ぐらいしないと無理な感じなのかも。)

途中13:15頃に乗り換え

P1000439

15時頃にローテンブルク到着
駅は城壁の外なので 駅周辺は割りと普通の街。

P1000464

城壁の中の街

P1000584

割と車がビュンビュン走ってるので
ボケっと写真を撮ってると非常に危ない。

P1000586

うーん 良い雰囲気!

ホテルは
Akzent Hotel Schranne
★駅から歩いて 少し距離がありました(特に行きは緩やかな坂道だったのでちょっとしんどい。)
 部屋は3人部屋でしたが 広さもあり、バスタブもあり 良かったです!

写真をとりたいのはやまやまだったけど
この日のうちに「中世犯罪博物館」に行きたかったので
最終入場時間の16:15に間に合うよう向かう。

で・・・ なんとかギリギリ間に合って。

すごく痛そうな椅子とか。

P1000471

多分 中はとても痛そうな鋼鉄の処女とか。

*上のほうにチラッと見えてますが
結構日本語の解説もあってわかるようになってました。

P1000506

恥辱のマスクとか。

P1000500

魔女な人の首をひっかけるアレとか 手足を拘束するアレとか。
魔女狩りの道具も沢山。

P1000511

手前の大きい輪は首、奥の二つの穴に手首をはめる ヴァイオリン型のアレとか。

P1000519

なかでも 狼男好きは必ず見たことがあるであろう図版が。
でも・・・これ ピンで突き刺してあるし 複製かもしれない。

P1000525

閉館時間間際だったので 人は殆どいなく見学しやすかったんですが
45分で見るには 展示数が多くて・・・・。

外に出ると 実物大のアレが。

なんかパンの目方を誤魔化した罪で この檻に入れられ
シーソーの要領で 水にドボンと沈められるみたい。

P1000561

なんというか・・・使用感が絶妙に恐い展示でした。
あと よくこんなに沢山遺してるなー!っていう・・・。

「中世犯罪博物館」という名ではありますが
法律に関する資料から学校教育の体罰の歴史まで
とても幅広い内容になっていました。

で・・・
ホテルに帰って(19時ぐらいでも結構明るいです)
P1000618

 夕食

 この日は黒ビール。

P1000620

私はこの地方名産のソーセージ盛り合わせと豚肉料理を注文。

P1000621

だけど、特に この真ん中の赤黒っぽいのが・・・・・
皮を破ると暖かいとはいえ ほぼ生の内臓というヘビーなソーセージだったため完食できず。
ううーん 馬刺しとかユッケとか生レバーとか大好き(だった)んだけど
これは駄目だった・・・。





P1000068

台風18号が近づくなか、早めに関空へ。
23時5分のドーハ行き・・・・
なので 空港も閑散とした感じ。

フライトの時間が40分ほど早くなりつつ
台風の影響か、まぁまぁの揺れと轟音に まぁしょうがないなと思いつつ
特にこれといったトラブルも無くドーハの空港到着。
日程表によると・・・関空2305発 ドーハ0435着       
(*日本との時差は7時間、ドーハの方が遅れてる)

P1000078

同じく閑散とした感じの ドーハ。
一応空港の売店などは営業しているものの
これといってお腹が空いてるわけでもなく、欲しいものがあるわけでもなく
だらだら~と トランジットの時間を過ごす・・・(5時間ぐらい??)

P1000098

ドーハからフランクフルトへー。の機内モニター。
近頃のモニターは 一人1つ配置されてて
個人で好みの映画を選んで観れたり ゲームができたり
色々暇つぶしできるようになってるんですが
特に見たい映画も無く・・・
「今 どのへんを飛んでるのか」「あとどれぐらいで着くのか」
という画面をボヘーと眺めるか、 あとはズゴーと寝てました。

なんかこう・・・ 飛行機の中の拘束感というのは
なんとも無気力にさせますな。 なんもする気起きねぇ~・・・。

日程表によると  ドーハ0815発 フランクフルト1335着
(*日本との時差は8時間、ドイツの方が遅れてる)

P1000107

というわけで フランクフルトに到着。
なんもしないままでも時間は過ぎる。 恐ろしいですね。

なんだかんだで ほぼ丸一日がかり。

空港からは電車に乗って 市内へ移動。

★自由設計ツアーだと「空港からホテルまで送迎プラン」みたいなのが
 7~8000円で設定されてることもあるのですが、
 電車が運行している時間帯で、大した荷物でなければ
 自力で向かうのも充分にアリです。
(*空港から中央駅まで4.35ユーロ→600円ぐらい)

P1000113

フランクフルト中央駅

ホテルは駅を出てすぐのところなので 特に迷うことも無く。

Hotel Continental 
★三人部屋だったけど 結構広くて、バスタブもあって良かったです。 

ちょっと荷物整理をした後に

とりあえず 街を散策。

P1000157

結構、古い建物もあるけど すぐ後ろに近代的なビルもあるので
妙な風景。

P1000199

P1000122

多分 フランクフルトの駅付近は金融街になってて
銀行のビルが彼方此方に建ってる・・・ような。そんな感じ。

暫く散策つつ グミの有名な店とか、ファーバーカステルの本店とかに行ったり。
グミの店は 一袋の容量が多くて 初日に買い物するのにはちょっと難。

P1000219

ライトアップされてたりすると綺麗。

P1000222

P1000225

その後は夕食。
中央駅の周辺は割りと中東系・中華系・ドイツ以外のヨーロッパ系の
飲食店も結構ある。
でも 折角ドイツに来たからには ドイツの料理でしょ!!
ということで・・・

ホテルの人に教えていただいた
「バーゼラー・エック」というお店へ。

P1000245

P1000237

P1000231

外から中が見えないので もしかしたらお高い店なのかもと思って
躊躇してしまうかもしれませんが、中に入ると庶民的で
お値段も割りと普通な感じで良かったです。

ビール!ソーセージ!ポテト! イメージ通り・・・!!!

味付けも丁度良い濃さで美味しいです
マッシュポテトの味は 日本だとマヨネーズ味が強いけど
ドイツはバター味が強い感じ。 まぁ それはそれで・・・。

ちなみにソーセージの皿とポテトフライの皿の間にある
黄色い物体は マスタードです。 ビッグ!

というわけで 初日は終了。


↑このページのトップヘ