2013年07月

なんだか最高な人生な気がしてきた!なんだこれ!生きるの楽しい!なにこれ?




近くの庭の良質な遺伝子が欲しいだけなんだろう?もしくは居場所。必要としてくれる存在に飢えて声を上げる。




いくら頑張って話しても受け流される…。車のエンジンに感動して、便利な時代をしみじみ噛みしめるおばあちゃん世代の感性が好きだ。当たり前を当たり前だと馬鹿にすることはとても恥ずかしいことだよ。

群馬は女の子の限界あるな。可愛い子見過ぎて目が肥えてしまった…。と思ったらぐ○ま国際アカデミーの制服着た女の子たちが、めちゃくちゃかわいい。みんな金持ちお嬢さまっぽかった。



育ち悪いのに上品なものを求めてしまうこの気持ちは卑しいのかな?もう生まれて育って20歳になろうとしてるから、育ちの悪さなどは纏ってしまっているんだろうな。良さもしかり。だから意味がないはずなのに、綺麗な言葉使いたかったり、足を揃えたかったり、姿勢良くしてたい。上品な身のこなしをする人に惹かれる。劣等感の裏返しなのかな。性格…?




エズラのインタビューがすごかった。私が好きになる人は私の考え方と似ている人が多くて、驚くし嬉しい。賢い人に対する憧れと好意が強すぎるよ…。記憶力の良さや発想力、それも頭の良さのうちに入るけど、そこではなく考え方が賢い人にとても憧れるよ。もっと知りたいから英語理解したい。


「音楽というのは、なんていうか大きな感情というか宗教的な感情を扱っていると思う部分があって、歌詞についてもそれを対応させたかったのかもしれない。」
「重たい問題のことをすべての違った視点で考えるってことは、生き方や人の扱い方を向上させることなんだよ。それは前向きなことなんだ。」
「僕も常により良い人間になりたいと思ってるし、エレガントさっていうのはそこなんだろうけど、一方では何か変わったところというか、キャピタリスト的な部分っていうのも持っているべきだと思うんだ。」

最後のキャピタリストがよくわからないんだけど、資本主義的考えを持つことも大事ってこと?エリートの考え方はわからないな。商業的な成功を収める上で、自分たちのやっていることがビジネスに繋がっていることを重々承知しているということかな?音楽性を高めたい、同じ事は二度やりたくない、という自身の純粋な向上の欲と、仕事への姿勢の問題?「表現に仕事っていう意識が入ってくるのは凄い邪魔なことだと思うから」と言い切った小山田くんと正反対ってことか…。

夜って一日の疲れ溜まってるし、眠くなるしで起きてる意味ないよね。私は10時には寝るんだ。で5時に起きるんだ。夜に元気になる若者とはなんだ。パーリナイとはなんだ。



時給600円で働く夢見た。寝起きに切なさを感じた。




プライドや自分の意思を持つことは、社会で上手くやっていく上では不必要です。社会と相性がいいのはうまーくするするすり抜けられる人です。思うけど国民全員にカウンセリングした方がいいよな。みんな闇ばっかり見えるのは私の見方がおかしいのか。憂鬱と快楽のどちらかなのはわかるけど、それにしても…。授業に自分と向き合う時間を設けるとか。道徳って自身の内面と向き合うというより、倫理観を育てるものだからなー。先生も適当にプリント一枚持ってきて意見を書かせるとかやってたけど、自分がどう思うかを書かせるだけじゃ、感想文を書く練習にしかならない…。もっと自分の気持ちを話せるような空間ばかりになればいいのに。敵なんてどこにもいないのに。宗教を持ってないことが少しは関係しているのかな。絶対な存在を共有できる安心感がないよね。

朝起きられない人がアラームのサウンドをオルゴールや鉄琴に設定するの理解できない…。 暑すぎるから外歩くときなんかは口で呼吸しないと。鼻呼吸だけだと熱が篭るんだけど…。口呼吸だと口が渇くんだよね…。 vampire weekendばっかり聞いてたらオザケン聞きたくなった。似てんのかな? homecomingsに似てるなー。日本のインディバンドっぽさある。 これシングルのボーナストラックだったやつだよね!良すぎてもはやマイちゃんボーカルのバンドで良くね?ってなるな(笑) 永遠に夏がいい、永遠に若いままがいい、みたいな現実逃避感があるからインディーポップが好きなのかな…。人生の最高な部分だけ切り取って、これを終わらせたくない!終わらせない!だが現実は…。と、言うような。 San Ciscoっていうオーストラリアのバンドがとっても好みでーす。頭のてっぺんからつま先まで好みです。ドラムが紅一点かわいこちゃんです。まじくそ可愛いです。なんと一週間前にアルバム出したばかりのようです。買うわ。 何も考えずに音楽を聴いてるだけの物体になりたい。

好きが熱狂に変わる瞬間は嬉しさで爆発しちゃいそうだよ。好きになれるものはたくさんあるけど、熱中出来るものは限られるよ。熱だから冷めるし。




フィンランドの子供のなりたい職業ランキングの3位は、働きたくない、なんだってね。成長し切った社会の中で、生活していくためだけに働く親たちを見ていればそうなるな。もう全部色々やり切っちゃったんだと思うよ。あとは純粋な欲求に突き動かされるくらい。




オウガのCD全部欲しい。ジャケットの良さが所有欲を満たしてくれるその感じ。




挫折すると強くなる。挫折すると生きやすくなる。もちろんそこまで達するには過程があるけど。生きてて挫折を経験しない人なんていない。人それぞれタイミングが違うだけで、全員に等しく降りかかる。挫折と死は怖いけど、恐れ過ぎたら自由に生きられなくなる。




1970年代の熱さは私を吸い寄せる。もっとこの時代を知りたい。アラブとイスラエルの問題はとても興味がある。日本で革命をしようとした人達にも。宗教は人間の本当の心をそのまま映したものだと思う。人間が心から生み出したものや気持ちに惹かれる。これを求めていきたい。プレハブ的な冷たさからは意思を感じない。平和はいいこと、戦争は悪いこと、こういう意識を植え付けられている私(たち)は、平和を祈って戦争に反対することしかしない。中身を深く知ろうとしない。身にならない使い捨ての情報に時間とお金をかける。ただ、教え込まれた呪文に従っているだけ。考えることをやめている。中身を知ろうとしない。環境に配慮する気持ちからエコバッグを使うが、生産段階で多くの化学物質を使用した上過剰に包装された商品を買ったりしている。エコバッグのアバディーンアンガス。私は考えたいよ。頭があるから考えたい。考えたいし深く知りたい。






夏〜夏


↑このページのトップヘ