2018年12月

「私の身体の中は憧れを表すスモーキーパープルピンクのような思いで詰まっているしその色の蒸気で身体が浮く。でもそれは周囲や対象がどうとか関係なく私が勝手に浮いているだけ。だから本当は滑稽だけどそれはもう誰にも知らされなくてもいいな。凛と生きるだけ。」




って私の言葉だけど私の言葉だからこれは今の私を的確に表している言葉だって思う。




今年は松葉杖から始まってカピバラスポーツやって自分の正義を守ることについてめちゃくちゃ悩み恋人と別れてデザイアを毎月やってクラブでキスされて逆ギレして誰とでもキスできるみたいに言って大好きなバンドの人に初めて会えて高崎に呼べてあまりもうでかい声では言えないけど今年の私にとって一番と言ってもいいくらい楽しかった日があって新宿で血だらけになって財布なくして企画やって赤出て落ち込んで誕生日の翌日に仕事中居眠りしてしまい怒られたその日から仕事の向き合い方きちんとするようになりフジロック行けなくてまた恋や愛について考えの段階が上がってマチフェスは楽しくてニューボーイ3周年は本当に号泣してしまってタイに行って神戸に行って今。楽しかった。前半戦はDJめちゃくちゃやったしバイトもたくさん頑張ったし大事な人というか気にかける年下の子が増えた。





選択をしながらくるくると流されるように辿り着くべき場所に辿り着いて行っている。来年はどんな年にしたいかな。24歳になってから自分は大人なんだなという自覚が芽生えたからまた違うベクトルで頑張れるんだと思う。悩んで考えて乗り越えられるから私が私である限りはたくましく生きられるんだと思う。



セミの抜け殻の形を想像してもらって 抜ける前の体を覆ってる殻。自分の中へ奥へ深くへ潜り込む想像。年末はそんな感じ。人とたくさん会ってもいつもとは違って、純度の高い自分の中へ潜り込む感覚。年始はその感覚が弾けて、すぐに元どおりになる。今にしか感じられない感覚。学生は冬休みなのか。

気持ちについてですが、好きになった人のことを結局ずっと好きだった、2018年の後半は。思い出す、忘れる、覚えている、記憶についてまた考えが少し変わった。記憶や思い出は自分にとってなによりも大事なものだと気づいた。嫌なことを、思い出したくないのに思い出して泥に塗れてた日々には 記憶を一掃して脳みそ洗いたいとも思っていたけど。幸せな記憶が幸せなまま 楽しかった記憶が楽しかったまま 心にちゃんと残っていて 楽しかったなあって振り返ってまたあったかい気持ちになれる。何かに依存してしまっていると、依存しているものに浸っている状態を常に求めてしまって掘っても掘っても辿り着きたい安心には届かない。私は刹那を愛していて瞬間を綺麗なものだと思う。切り取られた大事な記憶を落ち着いた状態、躁か鬱かの二択ではなくコップの水のような静止。そのまま思い出せて嬉しい。頑張れば新しい好きな人できるかなとか思ったけど、忘れようとしたけど、今の自分にとってはその人が世界で一番で他の誰にも超えられないから、世界で一番好きな音楽があったとして無理に好きじゃなくなる必要なんてないのに、人を好きになることだけは、なんで好きでなくなるために頑張ったり忘れることを頑張ったりしなくてはなのかな。精神衛生上良くないからなのかと思ったけど、何ヶ月か経って穏やかな気持ちで考えたときも世界で一番だったから、今も好きだ。世界というのはそれぞれの人間の中に大きさとしてあって、私の世界も毎年毎日毎秒広く大きくなっていっている。毎日発見してるし、受け取ったものからは刺激や感動を得ている。だから良いと思う。

12月から1週間の憂鬱なモードを超えたらよい変化があったのでいくつか。


毎秒ご飯とお菓子のことを考えていたのに食欲がなくなった。
血圧が低すぎることを知ったのでふくらはぎの筋トレをしているがそれから調子いい。
タバコをプルームテックにしたら臭くないしなんかあんまり吸わなくなった。
髪質を変えるにはトリートメントではなくてシャンプーが大事だよと美容師さんに言われてシャンプー変えたらとてもまとまる。
その理屈だと肌も洗うのが一番大事だと思って気をつけてたら自分に合うスキンケア見つけて毛穴前よりマシになってきた。
イベントごとではなくて自分がやりたいウキウキする目論見を発見した。
毎日ペットボトル買うのではなく水筒持って行っている。



ここに来て心が落ち着いてきた。車検の見積もりしなきゃ。

12月になってからずっときつくて仕事中にいきなり泣いてしまったりしてたから少し休んだ。寝たいだけ寝て食事はしっかりして映画を少し見た。私の悲しさ足りなさの理由があるとしたら、愛を目視できていないことだけだなあって薄々気づいてきている。健気だし、一生懸命だし、みんなのことを大切に思っているし、愛されるべきほどの器量はあるはずだと思ったらもう少し頑張ろうと思った。私は特に文化的な人間ではないしなろうとしていないのにそういう必要とされ方をすることが辛いのだけど、その活動をした分頑張った分いつか誰かにまっすぐな愛を受け止めてもらえて、私も受け止められますように。私が一番欲しいものはそれだけ。頑張る理由もそれだけ。

とても心がすっきりしていて、休むことの大切さを感じた。普段生活の中で繰り返し続けている無意味な思考。ここ1年間以上はずっと抜け出せていなかったけれど、知らない土地に行って外国人観光客になって、言葉は分からなくて初めてのことばかりで、そしたら普段考えてることが下らなすぎると感じた。目の部分まで皮膚になっているおばさんが乞食をしていたり、街は清潔ではなかったけど都会だった。全く違う価値観に触れたことが脳をシャキッとさせた。タイにいるとちゃんとしてなくても良い気持ちになる。ぼられたり、予定通りに行かないこともあったけどなんか全部楽しくて、改めて何が起こっても平気なんだなって思った。タイのインディーバンド全部最高で、もえなちゃんのセンスに乾杯した。





というのが1週間前の下書き。12月になった。相変わらず忙しくてくるくる回っている。外に出ることを意識的にやめていたりしたけど、私は人に会うことがとても好きだし高崎には好きな人たちがたくさんいる。分かり合えることがたくさんある。1人で考え事をしているときには本当に辛い。頭がぎゅーってなって、気づくと考え事をしていて嫌だ。でも、そのときそのときに自分を明るくさせることをやっていく。すぐ悲しくなるけど自分を明るくさせることをやめないで。睡眠と人と話すことがとっても大事。行きたいところに行って欲しいものを手に入れてなりたい自分になるのが人生の目標。





12月は予感がしている。楽しくて明るくて悩んでも気づいて行ってまた今までの自分より良い自分になっていけたらいいな。仮想敵がいなくなって燃える気持ちなくなって、私がパワフルに頑張る理由がない今だけど、すぐ傾く気持ちを上げていくための努力はしていってください。

↑このページのトップヘ