小山田壮平に夢で会った。彼に対する憧れは永遠だ。なんか普通にほんとに好きだ。恋人の隣で寝ながら小山田壮平の夢を見たから何も言えなかった。



深谷に泊まりで行ってきて、今までの旅行の中で一番リフレッシュした。特に観光地でもないので、まったり背伸びせずいられたような。短歌やりなよ、多分合ってると思う、と仕切りに言っていた。こんなに進めてくることもなかなかないので笑った。



経済が落ち込んだら怖いなと思う。お金が手に入らなくなったらどうしよう。



SNS上で楽しいことなどをみんなに知らせることがもうほぼほぼできない。知られなくてももうよかった。