July 04, 2012

ぴぴとのび のこと

ずいぶんブログ放置していました。
放置しすぎて、IDやパスワードが分からなくなって記事を書けませんでした。(汗)

心の整理に時間が必要だったのかもしれません。
もう、心の整理ついたので、書きます。


ぴぴ と のび ですが、昨年の春と秋に天国に行きました。

ぴぴが去年の5月初旬。そろそろ暑くなりだすかな・・・という頃でした。
昼間仕事に出ていて、帰宅すると部屋で亡くなっていました。

のび太一匹の生活が始まりました。
無事に夏を乗り切り、残暑もあと少しとなった9月中旬。
私たちは相方実家に帰省していました。
残暑がまだ少し残る中での車での移動だったので、のび太は自宅でお留守番でした。
ごはんや散歩の世話をお願いしていた母から電話があり、のび太が部屋で亡くなっていたとのことでした。

2匹とも、前日まで、さっきまで元気だったのに。
突然のお別れでした。

ぴぴとのびの死から約1年がたとうとしています。

ぴぴとのびに、たくさんの愛情をもらい、ときには悩み、考えました。
ぴぴとのびと過ごせた時間は私たちの宝物です。
うちに来てくれてありがとう。





dogparkcity at 12:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!ぴぴとのび 

September 14, 2010

スイッチ

先日の記事でも書いたように、ウチの照明スイッチはアメリカのもの。

100_5224


今時のスイッチはどうにもかわいく思えず、アメリカンスイッチを付けよう!と決心。
はて、どの部分につけるか?
悩んだ結果、調光機能が付く箇所以外は全てこのタイプのスイッチにしてもらった。

写真は、リビング用。
最大5つのスイッチが横並び。

つけたり消したりのソフトなパチパチ感がとっても癖になる。
子どももモチロン、お気に入り♪


dogparkcity at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!GRASS HOUSE 

September 08, 2010

1カ月考

GRASS HOUSEが完成して1カ月が経ちました。
新居での生活は快適で、毎日家に帰るのが楽しみです。
が、色々と考えることもあります。

小さな子どもがいる以上、ぴっかぴっかの状態を維持していくのは困難。
・・・あ、子ども以上に、私の性格上も困難かも。(汗)
無垢の杉の床も、予想通り、落書きがたっぷり♪となりました。
これからますます増えていくことでしょう。
まだ、シールには目覚めていないので、被害には遭っていませんが、これからも目が離せません。

さて、住み始めて感じたことを慣れてしまう前に色々メモっておきます。

◎動線
 中庭のある家って、とっても素敵だけど、動線的にどうなの?めんどくさいことがいっぱいありそう!なんて思ってましたが、とっても快適に過ごせています。玄関からぐるっと一回りできるって、結構便利かも。

◎杉という素材
 我が家は床も外塀も杉にしました。普通に生活してると何でもないですが、素足で歩くととっても気持ちいい♪
 柔らかい代わりに傷も付きやすいけど、傷つくのは当たり前!って思えば、へっちゃらです。
100_5215


◎構造用合板の壁
 建築中、結構最後の最後までどうなんだろう!?と不安でしたが、いざ住み始めて見ると、雰囲気も良く一切気になることなく過ごせています。もちろん、合板むき出しなので、表面がざらついた感じはありますが、ささくれでトゲが刺さったこともないし、問題無し!
汚れたら壁紙貼ればいいや!とか、塗ってしまえばいいや!とか思っているので、釘打ったり、少し造作するにも何の引け目もなく作業できてます。
100_5209


◎ミーレの食洗機60cm
 着ける前に人数的に45cmでも十分なのではないか?その分収納に回した方がいいかな?等々考え、散々ネットでレビューやらブログやら見まくりました。結果、1日分の食器から鍋からフライパンから、あまり考えずに、ポイポイ入れて洗えます。容量が小さくて結局手洗い!なんて話を聞きますが、こういうことはないので、これは大満足!!
100_5222


◎アメリカンスイッチ
 ポチポチ毎日付けたり消したりが楽しい♪未だに、どこのライトが付くのかよくわかってませんが。

△吊り引き戸を閉めた瞬間
 寝室、クローゼット、引き戸、脱衣所、トイレが吊り引き戸になっています。引き戸自体はとっても機能的だと思っているのですが・・・吊り構造のためか、とても軽やかに開閉できる反面、閉めたときにバウンドして隙間が必ずと言っていいほど、空きます。で、結局静かに閉めに戻る・・・というちょっとめんどくさい感じ。これがキチっととまってくれるとなおいいのですが。

△ドッグルームの扉
 みなさまに贅沢と言われるのですが、2ブヒ用の部屋があります。これは、玄関の土間とつづいていて、お散歩なんかはとっても便利!なんですが、色んな状況を予測して、開き扉にしました。ここまではよかったのですが、この扉が土間すれすれのところから設置してあります。見た目はスッキリしていてgood!なんですが、いざ使い始めると・・・靴を遠くで脱いで上がらないと、脱いだ靴が扉に挟まってしまうのです。(涙)
全く予想していなかったので、少しショックでした。
扉が土間から10センチ上から取り付いていれば、入口で靴を脱いでも平気だったのでしょうが・・・扉ってカットできるのかな?
100_5250


総じて言えば、大満足の家です。
まだまだ引っ越しの荷物も整理できていないし、家具やら収納やら、思い描く雰囲気にはほど遠いですが、ボチボチそろえていきます。

August 23, 2010

完成してます。

豆に更新の予定が、
やっぱり続かず・・・

8月頭にGRASS HOUSE 完成しました。
完成と同時に引っ越しをし、翌週には相方の両親と妹夫婦が来宮。
ちらかり放題の我が家で2泊していきました。
どちらも、宮崎と新居に満足してくれたようで、ヨカッタ。又来てね!

相方両親と妹夫婦が帰ったあとは、高校時代のお友達3人が、今年はタイミング良く帰省が重なってるということで、遊びに来てくれました。
いままで散々失敗していたパン作りを伝授してもらい、自身をつけたのでした!

次の週は祖母の初盆やらで、実家の手伝い。

毎週のように、なんやらかんやらで、8月は息つく暇も無いくらい、忙しい日々を過ごしております。あ、少し言い過ぎ。

この週末は、久しぶりに特に来客もなかったので、今の家で一番気になっている道路から丸見え状態をなんとかしたくて・・・
相方と二人で外の目隠し塀を日曜大工。
といっても、日曜大工はほぼ初心者のふたり。どうなることやら・・・
とりあえず、基礎と柱の建て込みだけ終わりました。

土曜日の夜は、近くの川であった花火大会を、草屋根から見物。
みえるかなぁ・・・と不安でしたが、きれいに見えました。
ほんとはビールでも飲みながら、ゆっくり寝そべって花火見物!といきたかったのですが、日曜日の基礎工事の買い出しと、米粒だらけになったこどもをお風呂に入れたりとしていたら・・・あっという間に時間もすぎ、あわてて屋根に上って、後半15分もみれたかな?

来週は、大分からお友達です。


CA3G0113



July 11, 2010

屋根工事と内装

梅雨の晴れ間に、屋根工事の仕上げを自主施工いたしました。
といっても、半分以上業者さんにお願いして、ほんとに仕上げの仕上げだけ。

100_5112


そう、張り芝作業です。
我が家の屋根は草屋根なのです。

100_5122


予想以上に気持ちよい空間に仕上がりました!
なんと言っても、自分で汗水たらしてやった感がたっぷりあるので、凸凹はたくさんありますが、大満足の出来です!

草屋根はずっと昔から、あこがれていた訳でも、やってみたかったわけでもありません。
家のことで建築家の方とお話するちょっと前、仕事で色々と屋上緑化の事を調べていたのです。調べれば調べるほど、やってみたい!!!という思いがズンズンつのってきました。そんな訳で、自分の家で挑戦となったのです。

いろんな条件はあると思いますが、コンクリートの屋上部のピーク温度が16℃近く下がるというデータも出ています。5cmより薄すぎると効果が無いようです。
本当は15cmくらいの土の厚みがあるとよかったのですが、予算上10cmとなりました。
メンテしながら土を入れ込むかもしれないし、今となっては良かったかな・・・とも思っています。早速、張り芝後1週間で目地がすいてきた箇所には目地砂を入れました。
目標とするのは、草がボーボーに生えた屋根です。
ただ、土の流出を止めるタメに、当初は芝生の屋根となりました。
これはこれで気持ちいいので、しばらくはこの状態を維持することになりそうです。

100_5126



さて、内装の方は・・・
こちらも予算の都合上、壁紙を貼ることを辞めました。(汗)
構造用合板がそのまま顔を出します。
正直、どうなんだろう・・・と不安いっぱいでした。

建築家の方が、一枚の合板を半分にカットして、横目地を効かせるように工夫してくださいました。
いい雰囲気に仕上がってます。

100_5083


こちらは玄関。
大工さんが到着した材料の中から、良い材料を玄関用に選別して貼ってくださいました。
とっても綺麗な色と木目が出ています。
100_5133


合板はもともと下地としての材料。表に出すために作られていないので、ササクレやら角が鋭かったり・・・一枚一枚大工さんが丁寧にカンナやヤスリをかけてなめらかに仕上げてくださっています。


最後に、小学校以来の朝顔を育てています。
家が完成するころには、大きくなっているでしょう。
これが、大切な役割を果たすことになる。ハズなんですが・・・
100_5134


dogparkcity at 15:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!GRASS HOUSE 

June 23, 2010

外壁工事

外壁が貼られています。
随分と印象が変わってきました。

100_5044

現場近くに住む母から、色を塗るんでしょ?
と当然のように聞かれました。

いいえ、このままです。

この無垢の色がいいのです。
材料によって赤みの強いものがあったり、気根がたくさん出ていたり。
1枚1枚色んな表情があって、遠目から見ると縦縞模様にみえる所もあります。
生きている材料を使ってる!!という実感(自己満足)があります。
しばらくはこのまま楽しみます。
飽きたら、色を塗ってみるのもいいかもしれません。
100_5024



訳あって、窓の一部を今更ながら変更していただきました。
現場に窓が到着していました。
100_5029

お手数お掛けします。(汗)


天井も貼られていました。
100_5030




dogparkcity at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!GRASS HOUSE 

June 13, 2010

1歳記念

産まれてあっという間に1年がたちました。
この1年が人生の中で最も成長する時期。
体重は産まれた時の約3倍になりました。
身長も20センチ伸びました。
自力で立てるようになりました。
少しずつおしゃべりもするようになりました。
100_4975


100_4979


これからたくさんいろんな経験をして、大きくなっていくんでしょう。
とても楽しみです。

June 04, 2010

壁工事

ここ2週間の間に、窓が入り、床と天井には断熱材が入った。
部屋のスケール感がなんとなくわかってきた。
100_4972
床の下地も少しずつ貼られてきた。

100_4965

100_4973
外の耐力壁の外側に防湿シートが貼られている。
この上に化粧板が張られる。
どんな雰囲気に仕上がっていくのか楽しみ。


dogparkcity at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!GRASS HOUSE 

June 02, 2010

つぶやき

先日の「口蹄疫」の記事で、ようやく沈静化の方向に・・・
と書いたが、まだまだ沈静化とは早すぎる意見だったと反省。
昨日も9例の発症が確認されている。
いずれもワクチン接種済みの家畜ではあるらしい。

昨日、ハトヤマさんが2時間ほど来県されたらしい。
県庁を訪問しただけで、現場には行かず・・・
なにか感じ取っていただけたのだろうか?
しかも翌日に辞意表明って。


May 30, 2010

口蹄疫

ようやく沈静化の方向に向かってきたようにみえる口蹄疫。
まだ発症件数は増えているモノの、発症エリアはここ数日広がっていないとのこと。
ただ、殺処分や埋設はまだまだ残っている。
ワクチンを打ったからといって終わりではない。その後も埋設するまで、毎日消毒を続けなければならない。
まだまだ感染していないエリアの農家の方々も神経をとがらせて、毎日を過ごしているのだろう。
政府の打ち出した、発生農家から10km〜20kmのエリアの牛豚を早期出荷し、食肉加工して家畜ゼロの緩衝地帯をつくるという案も、その食肉加工所が震源地にあり、一度は再開しようとしたものの、内蔵等の処分がこれまでのようにできず、目処がたっていない。

今回の被害にあわれた畜産農家の方々は、今後再建できるのだろうか?
全てを失いゼロからのスタートとなる。
畜産農家の方々だけではない。そのエリアに住む方々も少なからず経済的にも影響を受けている。たくさんの家畜を殺処分しなければならなかった獣医師の方々、関係者の方々も心に大きなダメージを受けてらっしゃるのではないだろうか。

私たちにできることが何か無いかと調べてみるが、結局関係の無い人が動くのはよくない。今のところ、義援金くらいしかない。

今回の口蹄疫を通して、マスコミの報道にものすごく不信感を覚えた。
私たちは、いかに偏った報道をみてきたのか。
ハトヤマさんが宮崎に近日来るとさっきのニュースで言っていた。今更なにをしにくるのか?とも思うが、来る以上はきちんと今宮崎で起こっていることを見て頂きたい。

県外の方にもきちんと知って頂きたい。
口蹄疫に関する情報。
宮崎日日新聞 激震口蹄疫

000140217[1]口蹄疫被害に対する義援金を募集しています