完全にブログ放置のゆかです、こんにちは。

そんな中でも、元気であちこちいっていました。
というか、かなりあちこち行ってたというか(^^ゞ

さて、その放置している間に、うちのお子ちゃま、りくぼんに、少しずつ変化がありまして。

実はうちのぼっちゃま、家の中限定ではありますが、ずーーーーーっと、階段を自分であがれませんで、下りれませんで(+_+)

子犬のうちは、危ないので、階段は登っちゃダメ・・・・と教えていて、能力的にも登れないし、登っちゃいけないとどの子もしばらくは、素直に信じて、一番下の段に前足をかけることはあっても、それ以上のチャレンジはしないまま、可愛い子犬時代を過ごすんだけど、だんだんと、大人の犬たちが、自分で階段を上るを見るうちにか、チャレンジ精神が芽生えだし、そのうち、勝手に行ってしまうのよね。


って、柵をすると飛び越えるぐらいなので、危なくって柵もせず、まぁご自由にどうぞにしてしまっているからなんだけれど・・・。

でも、それがまぁ、成長というか。

上ったけれども、おりられませーん・・・・って、一番上でピーピーしているのが、まず一段階。
ジャングルジムの上で泣く子供と同じ。

そのうち、すぐ上り下り自由になってしまい、下にいないと二階でチー・・・・なんて水たまり作成ということも(-.-)

これがまぁ、普通の犬の成長なのかなと。
そう思っていたんですけれども。

律儀なのか、臆病なのか(たぶん、こっち(笑))、りくぼん、いつになっても、チャレンジしようとしませんで。

どれぐらいしなかったかというと、去年の夏、2才を迎えるときでも、デカイ図体抱っこされて二階へ。
2才少し前までは、抱っこされて1階へ。

おーーーーい。
アスリートでない、ひなですら、自分で登っていけると言うのに。どーゆーこと。

もちろん、腰痛持ちのワタクシでなく、ご飯君が抱っこ担当。

「おい、いーかげんにしろよー」と最初は笑っていたご飯君も、だんだんさらに大きくなったりくぼんに、ほんとにいいかげんにしろよ・・・・と思っていた模様(笑)

下りのほうが先にできるって、逆じゃね???

私からしたら、こっちのほうが、ずっと怖いと思うんだわさ。急勾配だし。

1-20140309(1431)

(写真:ラピパパさん、ありがとうございまーす)

吊り橋とか高所とかが怖い私でも、まったく平気で渡れる、揺れもしない公園のこの短い橋ですら、へっぴり腰。

びびりのコトにまで、呆れられる始末。

1-CIMG4390

そんなりくぼん、なんと!

2才を過ぎたあたりから、女の子チッチだったのが、なんとなーく、気持後ろ足を、もちあげてチッチをするような気配を見せ始め・・・・。

とはいえ、ほんとに3cmほど、足浮かしましたか?ぐらいな、控えめな感じだったんだけれど、それが、ちょっとずつ高くなっていったころ、なんと!

階段を自分で登れるように!!!

まぁ、上がる前に、すっごく励まして、「いくよー、いけるよー。さぁ上るよー」って、うんざりするぐらい応援しないといけなかったんだけれども。
メンドクサイ男だなぁ・・・。

それが、年末ぐらいには、励まし度合いが減り、年明けには、励ましなしで、登れるように(やれやれ)

大人になったねー。まさに、大人の階段上ったねー。


とはいえ。

オツムは、まだまだお花畑なんだけどもね。

1-DCIM97

ドカベンにこんなキャラいたよね(笑)


で、実はまだ、我が家の別のアスリートも、階段上り下りできないんだけどね。いまだに全部抱っこ。
軽いからいいけども。

1-ARD_3826

(写真:JAMさん提供)

コトコト、これが登れるのに、なんでやろね?