張り込み中

IMGP0171
パソコンに向かっている私の背中は
いつでも誰かの視線を感じています
ふと振り返るとこうしてちょこんと張り込んでる輩が・・・

でも、張り込みに疲れると
ついうとうとしてしまうのです(笑

両手にちょこんと顎を乗せたこの姿
飼い主が大好きなポーズのひとつです

ハエ嫌い

IMGP0130
うちのわんこ達は
2匹揃ってハエが大嫌いで
ハエが部屋の中を飛んでいようものなら

体をブルブルふるわせて
隠れる所必死に探しまわって
布団の中にすっぽり入りこむと
やっとこ震えが止まるありさまです

ハエ嫌いはうちの子だけでしょうか?

外で出会うハエはあまり気にしていないようですが
部屋の中のハエは自分の逃げ場が無いからか?
大変なパニック状態になっています

まるで・・・
部屋の中でアナコンダに出会った私のように(仮定)

ここ数日、何処から入ってくるのか?
毎日のように部屋にハエが出没しており
ハエが居ると思ったら「ごはん」さえ食べに出てきません

おかげでこの2日
ごはんは夜の1回のみ

窓を開けるときにも網戸を忘れないのですが
何故か何処かから何時の間にか入ってきてしまうのです
そしてなかなか出て行ってくれない

わんこたちの精神衛生上良くないので
どうにかしてあげたいと思うのですが
スプレー等は人間にもわんこにも良くないと思うので
どうにかして入ってこないようにしたいのだけど・・・どうしたら???

ペットの医療費について考える

骨肉腫で大手術を乗り越えたラブちゃん
日増しに元気になってきています

外見は手術前より断然元気ですが
見かけだけでは安心できないのが肉腫という病気

いわゆるガンです
悪い部分を取り除いても転位という心配が残るので
これから18週くらいかけて
抗がん剤の治療をしていくそうです
血液検査のために毎週通院するのだとか

人間と変わらない治療
そりゃ~費用が掛からないわけがありません
その額・・・ざっと150万円は軽く超えるそうです

うちの子だったら・・・
正直言って払いきれない・・・

予想以上の金額に
ちょっと考え込んでしまうのでした。。。

ラブちゃん退院

ラブちゃんが大手術を無事に乗り越えて
家に戻ってきました

前からママっ子のラブちゃんでしたが
退院後はより一層離れなくなったそうです

犬にとっては
突然病院に連れていかれて
麻酔して気付いたら知らないゲージの中
手術後の痛みは有るし
知らない場所で知らない犬や人に囲まれて一か月弱

きっと不安がいっぱいだったんだろうなぁ〜と思います

帰ってきたラブちゃんの写メを見たら
とっても嬉しそうな顔をしていました
やっぱりお家が一番、やっぱりママの傍が安心

親孝行なラブちゃん
母の日までにちゃんと帰ってきてくれました

手術は成功したけれども
まだまだ痛々しい傷があり
治療も続くようです

それでも家で家族と過ごせると言う事は
ラブちゃんにとっては最良の環境と言えるでしょう

うちの殿と姫は
幸いにも入院するような大病を患った事はありません
でも、こういう事が起こると
何時まで彼らと一緒に過ごせるんだろう?って考えちゃいます

ずっとずっと一緒に居たいけどね。。。

骨肉腫2

今日は、ラブちゃんの面会日で
病院へ行ってきた母

モニターごしに見たラブちゃんは
包帯で胴をぐるぐる巻きにされ
カラーを付けて痛々しそうだったとか

手術から4日しかたっていないのに
一応自力で歩く事が出来るようになり
カリカリのフードも食べているのだとか

犬ってホントに逞しい

今まで、10センチ大の肉腫が
食道を圧迫していたため
まともにご飯が食べられませんでした

それと比べれば
とっても大きな進歩です
入院中1つでもラブちゃんが楽しめる出来事が有るのが
何よりも救いのように感じます

何も心配が無いわけでは無く
現在、腹水がたまっているそうです
抜く作業と改めてたまらないか?確認が必要なんだとか

そして、肉腫を取り出す時に
他臓器に損傷が無かったかなども
これから確認していくそうです

まだまだ入院生活は続きそうですが
問題点を一つずつクリアして行ってくれればと思います

骨肉腫

母の飼っているラブラドールくんに
骨肉腫が発見されました

発見から1週間で大学病院での手術が決まり
昨日、手術が行われました

手術前の説明では成功率は50%
成功したとしても生存は1年くらいかもと

可能性が有るのなら
出来るだけの事をしてあげたいと手術に踏み切り

10センチ大の腫瘍を取り除き
肋骨も3本切除したそうです

集中治療室で目覚めたラブくん
麻酔で朦朧としながらもキョロキョロし
痛みで声を出していたんだそうです

その姿を見た母は
きっと辛かっただろうな~と思います

子犬の頃から知っているラブくんなので
他人事では無く話を聞きながら号泣してしまった私

私でさえこんななのだから
母の心痛は想像も出来ません

この大学病院はひとつひとつのゲージにカメラが取り付けてあり
モニター面会が出来るようになっているのだそうです

何もしてあげられなくても
わが子の様子を一目見られるだけで
飼い主にとっては希望が持てる・・・よいシステムです

とっても甘えん坊で母にべったりなラブくんが
一日も早く母のもとへ戻ってきてくれる事を祈るばかりです

食欲不振からの脱却(2)

白菜の芯+フードでご飯を食べるようになったので
少しずつ白菜の量を減らして数日

白菜を入れなくても完食したある日
「お~完食したかぁ~偉いね~」と褒めながらお野菜をあげました

完食するとご褒美にお野菜が貰える作戦にシフト完了

シフトしてからは
ゆっくりとではあってもフードを完食する日々が続き
今では、ご褒美のお野菜をあげなくても完食しています

ただ・・・ガツガツ食いではなくて
ゆっくりじっくりのんびり食べているので
一気に食べ終わる殿は
ジリジリしながら姫の様子を見ている毎日

そんなこんなで時間はかかったのですが
フード完食までこぎつけました

当初、半分にしていた量も3/4くらいまで戻し
今に至っています

まったくフードの量は変わっていないのに
ご飯時間前からお腹をすかせている殿

フードの量は減ったのに
たいしてご飯に興味の無い姫

ホント犬って不思議な生き物です

フードにはパピー用、アダルト用、シニア用とありますが
アダルトからシニアへの移行は何時頃するものなのかしら???

殿と姫は半年違い
2月で8歳になった殿、8月で8歳になる姫

まだ若い?
もういい歳?

いくつになっても
「わが子」の位置づけにいるわんこ達

人間の歳に換算したら
とっくに追い越されてしまっているんだけどね(笑

食欲不振からの脱却(1)

なんとかかんとか
姫様が食欲不振から脱却したようです

姫様がご飯を残すようになって
1週間くらいは好きなようにさせていました

残したら片づける→残したら片づける→残したら片づける
「今食べないと無くなっちゃうよ~」作戦
しかし、まったく状況が変わらず少しは食べるけど必ず残す日々

量を通常の半分にしても必ず残す。。。

日々の生活はまったく変わらず
お散歩に行けば元気
出すものは量は少なくとも出す・・・病気には見えない

次に、犬友の助言を検討
「ごはんに鰹節とか交ぜてみたら?」
「もう歳だから堅いのが嫌なんじゃない?」・・・7歳半です
「フード変えたら?」

堅いおやつを喜んで食べるので「歳」説はないと思い

フードジプシーを恐れてフードを変えるのは最後の手段にしようと思い

フードに鰹節を混ぜる作戦から実行
一回目は成功、二回目から残すように

鰹節に失敗したので白菜の芯を角切りにして混ぜてみると
完食が続き大成功
という事で数日白菜をフードに混ぜてあげていました

つづく

本能的・・・知能的・・・

同じ犬種でも
2匹ならんで眺めていると
その違いに驚かされる事があります

今日もそんな違いを目の当たりにしました

小松菜(茎から葉までまるまる一枚)をあげたところ

姫は端からポッキー食いし
殿は前足で葉を抑えて一口分ずつちぎって食べていました

本能的に「まず口にいれなきゃ〜」とする姫
知能的に「食べやすくすれば早く食える」とする殿

本当に2匹並べて眺めていると飽きません(^v^)

食欲不振

ここ1週間くらい
姫様が食欲不振気味

女の子の時期には時々起る事なのだけど
今はその時期では無いので原因がわからず心配

ご飯を入れたフードボールを差し出すと
じっと見詰めたまま動かない

放っておくと少しだけ食べている

「食べなさい」と言うと
その時には2粒3粒食べて見せるものの
その後はピタリと食べるのをやめてしまう

かと言ってフードボールから離れるわけでもなく
少し離れたところから残り物を狙う殿から
フードボールを守るように動かない

1粒ずつ手で与えれば食べるけど
そんなに甘やかしてはいられない

ここ数日、完食率が減った

食べないなら片づける・・・を続けているけれど
食べる量にムラが有るのが気になる

姫様の様子は
なんとな〜く大人しいように見えなくも無いけど
お散歩に行けば走るし、ボールには飛びつくし、
うんちの量は少ないものの質?は変わりないように見える

そして・・・
ご飯を食べないので量は減らしてしまったものの
おやつや野菜の食いつきは以前と変わりなく良い

私がキッチンに立てば
タナボタを狙って足元に陣取るあたり
食に対する執着は無くなっていない様子

今年で8歳になる殿と姫
そろそろシニアのご飯に変えるべき?

病気でなければいいのだけどね
もう少し様子を見てみよう

むちゃ振りしてみる

時々・・・
わんこにむちゃ振りしてみたくなる飼い主

伏せしているところに「お手」と言ってみる
 →ちょっと迷って伏せたまま手を持ち上げてくれる

もう一人の飼い主が帰ってきたところで大好物のキャベツを切ってみる
 →玄関に顔だけ見せに行って(案外律儀)
  急いでキッチンに戻ってきて待ての姿勢(耳だけは玄関を気にしている)

こんな飼い主についてきてくれる可愛いわんこ達がたまらなく好き

お正月気分

あけましておめでとうございます

とっても気持ちの良い青空
のんびりと流れる時間
ぽかぽかの暖房の前で寝ているわんこ

幸せな年初めを迎える事が出来ました

わんこの晩御飯もお正月バージョンにしてみようと
味付け前のお雑煮を一部取り分けてあります(鶏肉と人参と大根)

今夜は豪華?なぶっかけご飯です

ひとりごと

アメリカの某セレブエリアから
チワワの姿が消えているのだとか・・・

通称:パリスヒルトンシンドローム

セレブを真似て
チワワを飼って連れ歩いていた人々が

この不況で犬を飼う余裕が無くなり
捨ててしまった結果
街からチワワの姿が消えた

捨てられたチワワ達は
目を潤ませ体を震わせながら
シェルターに収容されているそうです

なんか切ない

自分の生活もままならない状況で
犬を飼うのは難しいかもしれない

もし、自分がそういう立場になったら・・・
まずは誰か信頼できる人に託す努力をしたいと思いますね


殿と姫を飼う事で
色々と生活が変わりました

家に帰ると必ず出迎えてくれる彼らのお陰で
家に帰る事、家で過ごす事が楽しくなり

毎日の散歩のお陰で
今住んでいる家を見つける事ができ

何よりも家族の会話が増えました
笑って話せる話題がね

本当に犬の存在って不思議です
いつまでもいつまでも彼らと一緒に生活していた~い


話しは戻ってシェルターのチワワ達

大陸を横断して大型犬ばかりの地域へ行くのだとか?
小型犬が珍しいので飼い主も見つかるのでは?との事
みんなが新しい飼い主に巡り合える事を祈ります

知育おやつ

CIMG8768
フリスビーガムと格闘中の姫です

初めのうちは
遊び道具だと思い放ると嬉しそうに持ってくるのですが
そのうち『くえるぅ〜』と気づいて抱え込んでこんな状態(笑

うちでは
食べ物で言えばカリカリフードとフィンガーサイズのささみ
遊び道具はコットンボールしか与えていないので
本気で噛むっていう事があまりありません

雨が続いてお散歩の時間が短い時期などに
ストレス発散用にフリスビーガムを与えるようになりました

コレ・・・何故『知育』かと言いますと
フリスビーの形をしているので端っこが反り返っています

想像してみてください・・・

反り返りが上を向いてくれれば
端っこを口先で咥えれば簡単に拾えるのですが

反り返りが下を向いていると
指が使えない犬にとってすべるガムに歯をたてても
ひっくり返すのは至難の業

おまけに我が家は滑りやすいフローリング

・・・と言う事で彼らは知恵をしぼり
壁や手や歯や色んなものを使ってなんとかして咥えようと頑張るんです

けっこー時間をかけて苦労して格闘していますが
うちの子達は諦める事無く
いつの間にかこうして抱え込んでいるので
顎と共に頭の刺激になっているのでは?と思い
フリスビーガムを知育おやつだと勝手に言っています(笑

同じような日々を過ごすわんちゃんに
時には刺激を与えてみてはいかがでしょうか?

遊び終わった彼らは満足そうにお昼寝に入ります

ちなみに・・・1枚のフリスビーを3回くらい与えて完食に至ります

注意)
口に入るくらいまでの大きさになったら
わんちゃんに刺激を与えないように気を付けてくださいね
蹄を咥えていたわんちゃんに飼い主が近づいたところ
ビックリしたのか?そのまま飲みこんでしまったという話を聞いた事があります
その子は開腹したそうで・・・そんな事になったら可哀そうなのでね
ちょっと怖いな?って思う方は
小さくなる前にポイしちゃってください

おさむぅーございます

CIMG8747
だんだん寒くなってきました

柴犬は寒さなんてへっちゃらーな印象が有りますが
我が家の箱入り娘は・・・すでにこんな感じ
ちなみに我が家は極寒の地ではありませぬ

冬籠りする熊でさえまだ活動してるわよ~(笑

柴は冬の方が威厳あり

やっと朝晩涼しくなってきて
夏場に抜けてしまったアンダーコートが
徐々に生えてきているようです

個人的には冬場の柴犬の方が好き
特に男の子は毛が生えそろうと
恰幅が良くなるので威厳が有るように見えるんです

武士でも若者より中年が
細面より少し恰幅の良い方が
髭が無いよりは有った方が
なんとなく威厳が有るように見えるでしょ?

夏場と冬場の柴は
同じ犬?と思われてしまうほど
顔つきが違うのです

って写真を探してみたけど
なかなか良いものが見つからず
本日はつぶやきで終わります(笑

やっぱりダメ?

姫と自転車で散歩していたら

姫の行く先にデンと微動だにしないネコ一匹

犬が走ってくる姿を見て身動き一つしないなんて大物!

私が気づくのが遅れて姫はネコの目の前まで来てしまい

姫は愛嬌たっぷりにネコに近づいて行ったところ

ネコパンチくらいました。。。

姫はネコが大好きでお友達になりたいようだけど

未だに心を許してくれたネコはいません

家に帰って見たところ鼻を負傷

本人(犬)まったく意に介していませんが可哀そうに。。。

季節と毛並み

暑くなれば毛が抜け
寒くなれば毛が生える
のは柴犬の常識のようなものだけど

うちの犬はちょっとズレているような気がします

姫は今になってやっと夏毛に衣替えが完了した感じ
殿は夏毛は卒業して秋の準備に入った感じ

部屋の中にいれば冷暖房で温度調節されているので
犬の体内時計も微妙に混乱するんでしょうね〜

そんなこんなで我が家は抜け毛の季節が長い長い(-_-;)

フローリングなので抜け毛はまるで雲のようにふわふわと漂います
気にし始めたらキリが無いので掃除機は1日1回で任務終了と決めています
何処からともなく大物のモコモコが現れた場合には
ハンディーでとることもありますが
割り切らないと一日中掃除って事になりかねません

前の家は、水場以外はすべてが絨毯で
モコモコが登場する事はありませんでした
掃除機をかけても絨毯に毛が絡んであまり取れた記憶がありません

そんな絨毯もエチケットブラシで円を描くようにスリスリすると
あ〜ら不思議・・・夜店の綿あめ機のようにモコモコが現れます(笑

柴は基本的には手のかからない犬ですが
抜け毛だけは結構大変ですよね〜

個人的には少しスリムな見た目で
手が埋まるような毛並みになる秋ごろのわが子が一番好きです

異常気象は犬にも影響???

先日、大型犬を3匹飼っている犬友と話しました

7月から8月にかけて立て続けに3匹を病院に連れて行ったそうです
1匹は耳の病気、1匹は背中がかぶれ、1匹はお腹がかぶれ
どーもこの異常気象で皮膚に炎症を起こすわんちゃんが増えているそうです

伝染病とかではなくアセモのようなものだったらしいのですが
わんちゃんは舐めるし掻くしで悪化してしまう事が多いようです

そーいえば姫も唇が大変になったっけ
もう2か月くらい経ちますがようやく毛が生え揃い
本来の姫顔になりましたが・・・あの時はどうしようかと思いました

塗り薬で対応できないような唇は病院へ行っても・・・と考えていましたが
病院へ行って抗生物質を飲ませて炎症を強制的に抑えたことで
やっとやっと姫自信が痒みから解放されて幹部を必要以上に触らなくなりました

薬に頼らずに済めば幸いですが
やっぱりわんこ達の様子によっては飲ませた方が
断然治りが早くなるって事は認めないわけにはいきませんね。。。

一歩間違えば大惨事

食事は復活させたものの
殿も姫もお腹の調子はイマイチの模様

今日も姫は散歩時間前に我慢できなくなり
玄関で遊んでいると思いきや下痢してました

姫の体調も心配ですが・・・
何処に下痢したかもかなり大事で・・・

姫は危機的な状況でも親孝行
まったく粗相する事無く新聞紙の上にいたしておりました

新聞の下にはフローリングが広がっており
一歩間違えれば大惨事に至る所でした・・・ありがと姫

でも、なぜトイレシートの所に行かないのか???
結果オーライですけどね


そう言えば殿も親孝行です
時々、朝起きて吐く事が有るのですが
新聞やタオルを差し出すと
必ず狙いを定めてその上に出してくれます


至らぬ飼い主ですが
それゆえ?わんこ達は協力的です
Profile
【m】都内に住むこのブログの管理人兼飼い主。
   どこへ行っても親バカ振りを発揮してます。

【殿】犬種:柴犬 毛色:赤 性別:雄
   生年月日:2002年2月5日
   性格:温厚でおっとりしてて甘えん坊
   好き:季節を問わず布団に潜り込む事

【姫】犬種:柴犬 毛色:白 性別:雌
   生年月日:2002年8月23日
   性格:要領が良く活発で甘え上手
   好き:おやつよりボール

コメント&リンク大歓迎です。
リンクして頂いた際にはコメントに一言残していただけるとこちらからも遊びに行けるので嬉しいです。

人気blogランキング
↑参加してみました。
 宜しければ殿&姫を応援してください。
Recent Comments
  • ライブドアブログ