第1927回。

スクエニには面白いアクションを作れる技術者がいないらしい。

FF7リバースやFF16がバトルで評価されてるみたいですがどちらともカプコンの元スタッフがメインで作っていたとか。

カプコンの元スタッフの作品はモンスターハンターやデビルメイクライなどのアクションゲームらしいですね。

つまり「FFのモンスターハンター化」を意図的にしているわけです。

FFをモンスターハンター化させてまでアクションゲーム作らないといけないのかな?

ターンベースゲームにしろとはいいませんがFF10ー2やFF12みたいなターン性もあるコマンドバトルで相手のターンに防御できたりカウンター出せるだけでもかなりよくなると思うのだが。

アクションゲームでガードするのは好きですけど回避ゲーは嫌いなんですよね。

逃げてチマチマ殴るとかやってられないんですよ。

ツラいだけだから。

ですので防御やカウンター攻撃できるコマンドタイプに近いバトル(放置すると敵は勝手に攻撃する)にするのがスクエニゲームの理想なんじゃないかと思います。

アクションやるのもいいですがどうせやるなら第三のゲームにアクションしてもらうほうがFF、ドラクエ、キングダムハーツ、そしてアクションゲーの何かで差別化できて新しいコンテンツになると思うんですよね。

FFはアクションになってからオワコン化したと思います。

FF7リバースはアクションゲームですがシドとかビンセントはアクションしないですしね。

作るのが大変で作らなかったのだと思いますがそうなると原作と矛盾が生じてくるんですよ。

原作では戦うのにリメイクでは戦わないの?と。

リメイクこそ参戦させるべきだよねになるのです。

FF7は元々ターンベースゲーム形式ですので無理やりアクションをねじ込んだ結果、弊害が生じているんですよ。

リメイクとして失敗なんですよね。

つまり開発者(野村哲也さんなど)のエゴで作ったゲームがFF7リメイクシリーズだったわけです。

始めからFF7エバークライシススタイルでムービーや戦闘動作だけカッコいい3Dにして普段は旧FF7風に作ってもよかったんですよね。

最近のFFゲームはおつかいばかりさせるイベントいれてきますがそれいれるなら手応えのある裏ダンジョンを作ったりメインイベントをもっとたくさん入れ込んだりしてもよかったのではないかと思います。

最近のFFシリーズ(キングダムハーツも)が面白くないと感じるのであればおそらく開発者のエゴが原因です。

みえとか社内政治とかどうでもいいんですよ。

時代はアクションだからアクションゲームを作るというのは分かりますがそれで弊害が生じてしまったら完全にアウトなんですよね。

モンスターハンターシリーズとは違ってFFシリーズは仲間が活躍していっしょに戦わないといけないゲームですからね。

いっしょに戦えないや活躍がゴミすぎるになってしまったら完全にアウトなのです。

コマンドのほうが仲間イキイキしてたぜと言われてもしかたがないんですよね。

というわけでFFシリーズにアクションゲームは水と油で強引に混ぜ合わせた結果、弊害が生じてしまうことになりました。

FFシリーズでアクションするのはありだと思いますがモンスターハンターみたいなゴリゴリのアクションしなくてもいいのではないかと思います。

ドラクエ12もこんな感じのアクション目指していたとしたら興ざめですね。

剣神ドラゴンクエストみたいなリアルアクションゲーム(筋肉痛になる)にするのであればアクションゲームもワンチャンありかなーと思います。

リアルで剣ふるったらそれこそアクションゲームの極みだと思いますので。

20240606_201218

20240606_201258

20240606_201408

20240606_201506

20240606_201551

20240606_201808

20240606_202050

20240606_202232

雨雲のほこら周辺4回目。

今回はモモたんがゆり(勇者)の命を奪うことを悩んで拒否して頭に攻撃した結果、洗脳のチップが埋め込まれており目覚めたモモたんは利用しようとしたシルバーデビルが許せなくて飛び出したというエピソードになっています。

モモたんはすごく悩みました。

ゆりの命を奪わないと生きていけないという不可避の状況に。

苦しんで悩んだあげく洗脳チップを取り出します。

竜王は魔物を作ることができますが自我のない魔物を作ることができません。

ゆえに作る段階で洗脳たましいを魔物に一つずつに埋め込んでいたんですよね。

完全に洗脳できなくても「強制」することはできますからね。

つまりモモたんは強制されて生にしがみつきゆり(勇者)を殺害しようとしたのです。

洗脳たましいを抜いたことで洗脳から解き放たれました。

魔物ではなく「一つの生き物」として認識できるようになったのです。

今までは魔物の本能を維持していたから仲間になったような言動がとれなかったんですよね。

生き物として目覚めたモモたんはシルバーデビルが許せなくて倒すことにしました。