今、淡路島は不動産ミニバブル状態です。正確には淡路市、西海岸?海の近くの物件だけです。パソナ効果ですね。まだまだ続きそうです。無免許、無資格、不動産ブローカーのホームページを見て、地元の不動産業者が閉鎖的な印象を与えるような情報を流すことには黙っておれません。地元の優良な不動産会社と連携?名前を公表できますか。優良な不動産会社は無免許、無資格、不動産ブローカーは相手にしませんよ。大阪の〇商?優良な不動産業者?(笑い)我々の加盟団体の宅建協会(淡路支部)と連携なんかしてないのにホームページに誤解を招くような記載をする。悪質極まりない。胡散臭くて信用できません。 淡路島にIJYU希望の個人様はトラブルに巻き込まれないようにくれぐれも注意してくださいね。

2022年01月

売土地・南あわじ市湊里1325番1・1326番(仲介)
土地2筆・351.12屐文簿)約106.21坪
売買価格・280万円
現況有姿、公簿面積での引渡し。
非線引き区域
建ぺい率:70%
容積率:200%
接道:南あわじ市市道:幅員約2m
要:セットバック
水道引込み無し(引込工事費用:買主費用負担)
要:合併浄化槽設置
売主による境界の明示はしません。土地測量図ございません。
売主は買主に対して契約不適合責任を一切負いません。

湊里チラシ
DSCN3051
DSCN3052
DSCN2258
湊里1
湊里2

南あわじ市の空き家の特別相談会
開催のお知らせです。
南あわじ市空き家バンク
南あわじ市空き家2

昨日のPM11時25分からのテレビ「情熱大陸」矢沢永吉特集!楽しみにしてたのに気がついたら放送終わっていました。
朝、再放送で見れてよかった。
ショックなのは11時20分まで時計見てワクワクしてたのに
気がついたら放送が終わっていたこと。寝てしまったのだ。
信じられん。
年(62才)とるといろんなこと(禿げ頭・神経痛・頻尿等)がおこる。考えさせられる今日この頃です。

ya

阪神大震災から27年、当時を思い出すとゾッとする。
今、大ブレイクしている野島あたりが「野島断層」の震源地
北西部の今の風景を震災当時、誰が想像できたか?
つくづく世の中はわからないね。

sinnsai

淡路市仮屋「十日戎・事代主神社」で御礼参りと今年も商売繫盛、祈願!
昨年、淡路市仮屋近くでご成約させて頂いた御礼参り、ご成約物件を見て、寄り道しながら帰社。
DSCN3041
最強!行列のできる「池田のピンス焼」出現。
ike

コンビニの店員さんの接客が良いお店。
セブンイレブン南あわじ市市福永店の女性店員さん。
※知り合いがいるとか、裏で割引券?貰っているとか
で紹介しているわけではありません。
社員教育もよくできていると思うし、個々の店員さんの
人柄がいいんだろうね。
不動産屋も同じサービス業やから考えさせられますね。

なんですかそれ?
物件の売買仲介打合せ時に必ず説明していること!
売主・買主に対して売買契約書「融資利用の特約」の説明は、とても重要です。

特に売主には丁寧な説明が必要ですね。
なぜなら、融資の承認が得られなければ、契約は白紙になります。
●「融資利用の特約」は買主の債務不履行を防ぐ!
不動産売買契約書では、「融資利用の特約」を記載した条項があります。
101
201
 (融資利用の場合)
第19条 買主は、この契約締結後すみやかに、標記の融資のために必要な書類を揃え、その申込手続きをしなければならない。
2 標記の融資未承認の場合の契約解除期限までに、前項の融資の全部又は一部について承認を得られないとき、又、金融機関の審査中に標記の融資未承認の場合の契約解除期限が経過した場合に、本売買契約は自動的に解除となる。
3 前項によってこの契約が解除された場合、売主は、受領済の金員を無利息で遅滞なく買主に返還しなければならない。同時に本物件の売買を媒介した宅地建物取引業者も受領済の報酬をそれぞれ売主・買主に無利息にて返還しなければならない。


 これは、不動産取引で買主が融資を利用する際、もし金融機関から融資承認が得られない時は、「売買契約を白紙に戻す(白紙解約)」という解除条件を定めた特約です。
一部の例外を除いて、通常は金融機関の融資を利用して不動産を購入しますが、融資を申し込む際には「売買契約書」を金融機関に提出することになるので、融資の申し込みより先に売買契約を締結することになります。
 しかし、契約時には融資を受けられることが確定していないので、売買契約書に「融資利用の特約」を明記するのです。
 この特約無しで契約を締結してしまうと、融資が利用できなくても、売買代金の全額を他から調達できなければ買主は債務不履行となり、既に支払った手付金を売主に没収されてしまうのです。
「融資利用の特約」では、契約締結日から引渡し(残代金支払日)までの間で「融資未承認の場合の契約解除期限」を定め、その期限までに金融機関からの融資承認が得られなかった場合には、既に締結した売買契約を解除することができ、契約時に支払った手付金も返還してもらえます。









正月はテレビ三昧。
お笑いはなんかおもろないな。
感動は◆ラグビー全国大学選手権
準決勝 帝京大37―30京産大(2日、国立)
両チームの選手、レフェリーの判定に困惑?
素人の私が見てて気の毒に思いました。
凄い好ゲームやったけど、なんか後味の悪い
印象やね。それだけが残念。

謹賀新年
本年もよろしくお願い申し上げます。
令和4年元旦
情報誌「with・awaji」新聞折込みチラシ入りました。
20220101

↑このページのトップヘ