数年前の実話、未登記建物の売買の怖い話!
以外に多いのが、中古建物の取り扱い(仲介)で建物が未登記
の物件です。売買するにあたっては、未登記建物を表題登記⇒
所有権保存登記の完了後に最終の決済をします。
 ここからが実話、未登記物件売買の怖い話!の内容です。
当然、弊社のお客様の未登記物件を保存登記後に売買、最終
決済完了しました。ところが、後日近所のおじさんが購入された
お客様の家に来られて、実は前所有者の亡くられたお父さんと
の約束で倉庫を無償で貰う約束をしていたから、倉庫は私が貰
うからと言ったそうです。(書き物等はなく、口約束)
 お客様から連絡がありましたので、弊社から前所有者の相続人
名義で保存登記まで完了し、所有権移転登記してますからと、近
所のおじさんに伝えるとそれ以降一切何も言ってこなくなりました。
言える訳がないですよ。所有権の保存登記をすることで所有者に
対抗要件が備わりますから。

近所のおじさんの本当の目的は、倉庫ではなく、小遣い欲しさの
言い掛かりですから、たちが悪い。
 但し、「低額の物件売買でありがちな買主のお客様に未登記物件
であることをご承知してもらっての売買
だとしても、今回のようなこ
とがあると売主・買主が揉め事に巻き込まれますよ。」と相談者に
伝え、未登記物件は保存登記後に売買、決済することで納得して
もらいました。