ずいぶん、ご無沙汰になってしまって申し訳ない。

本来、ご無沙汰の謝罪文を掲載すべきなのかも知れないが、もっと面白い謝罪文があったので。
角谷プロのオールツモ切りについての協会の謝罪文の五十嵐代表の写真が腕を組んで挑戦的だったので笑ってしまった、とのことで。

さて、オールツモ切りだ。これについては『天鳳』の回線切れと同じでどれだけ下家に利するかと。はっきり下家有利なので片八百長にも似て、これはダメだ。
だが、かつては「目なしはオールツモ切り」という意見もあった。麻雀には常に「未必の故意」がつきまとう。つまり、バレなければ特定の誰かに利するように打ちまわすということだ。
「オールツモ切り」=「私は潔白です」の宣言になる。だから、そういった人為的な操作はしていないと表明することで良しとする考え方だ。だが、これは発想が悪い方からみてのもので寂しい。オールツモ切りを公平で是とするのは麻雀の理解度が乏しいとしか言いようがないが、「潔白」を訴えるのならわからなくもない。

さて、僕は目なしの戦い方は「字牌は合わせ打ち」、「下家に鳴かせない(ゲンブツとスジ)」を打つ。やがて、手詰まりになる。そこでそれでも鳴かせない打牌を選択する、つまり、これこそがプロの腕の見せ所ではないかと思うのだ。

モンドバトルロワイヤルで萩原さんが逆転したオーラスで、僕ともう1人がこれをやり、ほぼ完璧にできたことが強く印象に残っている。これが見せどころなのだ。目なしの場面こそ、自分の麻雀の理解度を主張できる最大の見せ場ともいえるのではないだろうか。アガリの手順、手筋なら大差は生じないが、目なしの対応なら差がはっきり出る。見せ場は優勝だけではない。目なしにも見せ場はあるのだから、テレビ(配信)対局は全力を出しきらなければならない。
真ん中から切って安全牌を温存する手もあるが、それは安易でプロらくない。その序盤の真ん中の牌がキー牌になることもある。

下家に鳴かせないのは下家に不利との意見もあるが、そもそも下家に鳴かせるための打牌をするか。手順でそれを切ることはあるだろうが、基本は鳴かせないようにと心掛けることだ。だから、不利といわれても困る。

この件で一番いいのは「主催が目なしはオールツモ切りにすること」と明文化することだ。いきなり、オールツモ切りをされてはたまらない。先にわかっていれば問題はない。プレイヤーはそれをわかった上で対処する。

だが、今回は主催の承認を得ていたという。ならば問題はないが、それが対局者に知らされていたかどうかだ。知らされていなければ主催のミスだ。知らされていれば問題はひとつもない。

いずれにせよ、オールツモ切りと下家有利なのであってはならないが、主催ルールならありだと思う。
今回は主催の承認を得ているので処分はおかしい。主催のミスなのだから、主催が謝罪、あるいは対局者に知らされていたのなら問題はない。オールツモ切りの是非は別として。

連盟が協会に圧力をかけたとの噂だが、にわかには信じがたい。連盟がチクリと言って協会が過剰反応したというのが両者を知る僕の見解だ。

私見をまとめれば、オールツモ切りはない。だが、未必の故意を避けるために主催がそれを認めたのならば主催がオールツモ切りを宣言する。でなければ「アガらせない、鳴かせない」を原則にプレイヤーが腕を見せることだ。

ところで鳳凰卓、またも(10回以上らしい)チャオっぽい。明日は『天鳳位になく♪』だ。よろしく。