e54cca6e.jpg◇音楽ニュース
1971年に南沙織が歌った名曲「17才」を男性4人組バンド銀杏BOYZがカバーする。
過去に森高千里、勝野慎子らが歌い継いできたが、男性アーティストによるカバーは初めて。
今秋公開の映画「俺たちに明日はないっス」(タナダユキ監督)の主題歌に決定した。

◇スポーツニュース
Jリーグが、国内移籍自由化を目指すことが明らかになった。
10年度からの実施に向けて6月から、各クラブの契約担当者と協議を重ねていることが分かった。
現行ルールでは国内移籍の場合、契約期間が終わっても元所属クラブに保有権が認められ、最大で年俸10倍分の移籍金が発生した。
新ルールでは国際基準に従い、契約満了選手に関しては、移籍金が発生せず、移籍が認められる。

◇舞台ニュース
米倉涼子主演で06年に上演された舞台「黒革の手帖」が09年5月に東京・明治座で再演される。
総額2億円の着物とドレスによる19回の早替えが見どころだったが、再演では総額3億円ほどになるという。
元銀行OLが横領した金を元手に、銀座のクラブママとしてのし上がっていく物語。
◇ゲーム・アニメ・コミックetcニュース
名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が最後の劇場公開から25年ぶりの復活に向けて始動した。
製作総指揮に当たる西崎義展氏が、東京・練馬区内に拠点となる「ヤマト・スタジオ」を開き、「私の最後の作品。宮崎駿監督の“崖の上のポニョ”を超える作品にしたい」とボルテージを上げた。

◇TVニュース
タレントの磯山さやかが今秋スタートする「水戸黄門第39部」(月曜午後8時)にレギュラー出演する。
水戸藩家老の孫娘、早月役で、思いを寄せる若侍が巻き込まれた事件をご老公(里見浩太朗)が解決した縁で、長崎への世直しの旅に同行する。

◇シネマニュース
来春公開予定の映画「ぼくとママの黄色い自転車」(河野圭太監督)の香川県・小豆島ロケがエンジェルロードと小豆島オリーブ公園であった。
鈴木京香と阿部サダヲが夫婦役で共演し、武井証演じる息子との家族愛を描いた感動作。