行ってきました、山水閣。
那須ICを降りて20分ほど進み、小路に入るとすぐにある山水閣。
やはり玄関でのお出迎えは嬉しいもの。
彼女は「なんでうちらが来るのわかったの!?」と驚いてました。
荷物を持ってくれて、ロビーへ。
ロビーで宿帳への記載かと思いきや、そのまま部屋に通されました。
部屋に行くまでの道中で簡単に館内のご案内を頂き、部屋へ。
部屋の中で宿帳を記入し、その間にお茶を入れてくれました。
チェックインの流れがすごくスムーズでした。
お茶うけのお菓子が3種類もあったのは、食いしん坊の僕には嬉しかった。
早速浴衣に着替えて館内を散策。昭和初期の木造建築なだけに、歩くと軋んだりする。
温泉にゆっくりとつかっていると、あっという間に夕食時間。
夕食の時間を17:45に指定したので、夕食処へ移動。
夕食は10畳の個室(座椅子)でした。
お通し・前菜・刺身・蓋物・焼き物・鍋・ご飯・止め椀・香の物・デザート でした。
食事内容は、僕も彼女も大満足。量も質も説明も創意工夫もいい。
那須高原に来た。という感じがして、地場のものを使っての料理が多かった。
説明には、どこでとれたか。どういう質か。どういう作り方か。が散りばめられていた。
ゆっくり1.5時間ほどかけて食事をした。一番のお気に入りは「黒豆」だった。
夕食後、ラウンジでコーヒーを飲んで、休憩。一眠り。そしてまた温泉へ。
朝、また温泉に入ってから、朝食へ。朝食もまた最高。
全部で11品。その中には湯豆腐も。あったかくてなんだか心がほっとする。
11時のチェックアウトで、のんびりと帰り支度もできた。
山水閣。うちとは違う趣で、素朴という言葉がぴったりだった。
高級なしつらえではないけど、静かにゆったりのんびりとできるいい宿だった。
スタッフに若い人が多いのは、オーナーの代変わりが近年あって、若返ったからだそうだ。
また行きたい。参考にもなった。