さて、今日はこの話をしようと思います。

女である以上、どうしてもつきまとうもの。
毎月毎月、約40年間、お付き合いしていかないといけないもの。

そう。

生理です。

ホントいまいましい。オン・オフを自分で切り替えられたらいいのに・・・と何度思ったことか。

はい、というわけで、この下は男性は見ないでね。
そのかわりに、このリンク先を見てください。
女性がいかに毎月毎月苦しんでいるか知ればいいと思います。そして世界がもっと女性に優しくなりますように(切実)。
http://spotlight-media.jp/article/369601523184267625

こういうネタに抵抗のある方も、まわれ右お願いします。



=====================================================


さて、女性にはつきものの生理。
基本的には、自分の意志ではどうにもできない生理。
(トレーニングなどでできる人もいるらしいですが)

長期滞在とか、長期旅行とかで海外に出たりするときも避けられない。
そういうとき、「現地の生理用品ってどんなんだろー・・・」って思うことないですか?

まあ正直形状はどの国でも似たようなものですが、やっぱり日本のものに使い慣れていたら心配になること、ありますよね。
私も約十数年前に初めての海外一人旅でイタリアに行ったとき、少し不安だったのを覚えています(しかし遠い昔だなもはや・・・)。
結局フィレンツェで生理が来て、教会のクーポラ(ドーム)の数百段の階段が遠く感じられました・・・・しんどかった(遠い目)

RIMG1058
これです。この後ろに見えてるドームです。しかしなっつかしいな

※でもイタリアでもコロンビアでも、日本みたいに女性がこそこそ生理用品を買ってく・・・みないなのはなくて、かなりオープンでした。パシリなのか、男性が買って行っているのも見たことがありますし・・・。なんで日本ではあんなこそこそしなきゃならんの?これがないと子孫繁栄できないんだからね?と言いたい


友達には、かぶりそうな時などは日本から全部持ってく!というツワモノもいました。
まあ軽いけど、かさばるよね・・・?

ということで、これからコロンビア・南米に来る女性の不安が少しでも軽くなればと思い、今日は生理用品について書きますね。

コロンビア事情ですが、南米全体に流通させてるメーカーもあり、南米の国々はどこも似たようなものだと思います。
ので、ペルーやブラジルに旅行に行く女性などにも参考にしていただけるかと!

ということで、早速、スーパーの生理用品売り場はこんな感じです。

ド ー ン /


かなり、種類あります。

おりものシート、昼用、多い日の昼用、夜用、タンポン、とにかくいろいろありますので心配は無用です。

こちらはおそらくコロンビアで一番有名な生理用品ブランド、その名も「NOSOTRAS(ノソトラス=私たち、という意味)」
このNOSOTRASブランドだけで、「超うす」とか「ダブル」とか「さらさら」とかいろいろ種類あります。

\ ふつうの日の昼用 /



\ 夜用 /


これは個人の感想ですが、コロンビアの生理用品の夜用には、日本の夜用ほどの安心感がないです。
薄くてぺらぺらな感じ。長さも一番長いので32cmくらいです。
あの日本の夜用のぶあつくてふわふわで40cm超ロングで超安心感!・・・みたいなのはおそらくコロンビアにはないです。なぜ・・・?経血量違うのかしら・・??

そして

\ タンポンたち /

生理用品に関して、コロンビアに来て一番びっくりだったこと。

それは、タンポンは、アプリケーターがないタイプが一般的だということ!

日本のタンポンって、だいたいアプリケーター付きですよね(プラスチックの部分)

出典http://www.unicharm.co.jp/tampon/tampon/index.html

でもこちらでは、アプリケーター付きのほうがレア。大きいスーパーとかにしかないです。

なので、箱を開けてみると、こんな感じです。


ありのままだな…


そしてもうひとつ。

コロンビアでは、デリケートゾーン用の液体ソープが大量に売られています。
生理用品売り場のかなり大きなスペースを占領しています。

かなり一般的ですね。

という感じで、いかがでしたでしょか?
コロンビアの生理用品事情。


最後に、おまけ。

上でご紹介した生理用品ブランドNOSOTRASは、いじめなくそうキャンペーンをやっていて。

そのCMがちょっと好きなので、ご紹介します。



『南米の子供たちの70%は、いじめ被害者です。
 南米の若者の55%は、ネットによるいじめにあったことがあります。
 そのうち82.7%は、SNSを介したいじめです。

 だから、NOSOTRAS(私たち)は、安心と自信を持って、沈黙をやぶりましょう。
 いじめをする子たちに、いじめられて黙ったままの子たちに、届くように。』

「私は最新のケータイなんて持っていません。
 でもそれに、あなたの承認は必要ありません」

「私はあなたとは考え方が違います。
 そしてそれに、あなたの承認は要りません」

「私は眼鏡をかけています、でもそれにあなたの承認は要りません」

「私はクラスで一番の成績、そしてそれをあなたに認めてもらう必要はありません」

「私は養子です、
「私はかわいいです、
「私は人より何キロか多いです、
「私は人とは違うタイプの音楽が好きです、

 ・・・・でもそれに、あなたの承認は必要ありません。」

『どんな自分か、どんな自分になりたいか、について。
 誰も、他の誰かの承認なんて必要としていない。』


本当にそうですね。


ということで、ありの〜ままの〜♪生理用品特集でした。

 
 
★応援ポチッとお願いいたします!【怖くないのでお気軽に】★

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 海外生活ブログへ