2007年08月14日

NHK朝ドラヒロインたちの“その後”

コロムビアミュージックエンタテインメント 都はるみ/花はあなたの肩に咲く
 榮倉奈々(19)が来年4月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「瞳」の主演に決まった。かつては、朝ドラで箔付けして一流へのし上がる女優が多かったものだが、このところヒロインたちの“その後”はパッとしない。 松嶋菜々子(96年「ひまわり」主演)の妹分としてプッシュされた藤澤恵麻(04年「天花」)はサッパリだし、宮地真緒(02年「まんてん」)は度重なる男性スキャンダルでイメージダウン。岡本綾(00年「オードリー」)にいたっては、朝ドラ先輩の竹内結子(99年「あすか」)のダンナの中村獅童との不倫がバレ、逃げ出すように引退してしまった。「それでも、顔と名前が一致すればいいほう。朝ドラ卒業後、女優だかタレントだか立ち位置がハッキリしないのばっかりです。朝ドラ人気が落ち込んでいて馴染みになりにくいのもありますが、ヒロインの小粒化も原因でしょう」(芸能関係者) 榮倉はドラマ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(フジテレビ)で主演を踏んだ経験アリなので、ぜひガンバッてほしいものだ。【2007年8月10日掲載】

(引用 livedoorニュース)


dokodeaeruno at 15:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔