常陸どこでも竹とんぼクラブ

「常陸どこでも竹とんぼクラブ」の活動などを紹介するコーナーです。  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆        

自主研修会「竹工作実技検討会(がりがりとんぼ)」開催

1月13日(土)西山研修所(別館講堂)にメンバ5名が集まり自主研修会を開催した。今回は、初の試みとして「竹工作実技検討会」を開催し、イベント等で参加者が作成した作品に不具合が発生し場合、講師としてどう対応すれば良いか仲間同志でフリーディスカッションすることになった。
第一弾として「がりがりとんぼ」について、下記の工作を実施しながら議論した。
 ・木工万力セット・本体ホルダーの使い方
 ・本体溝切位置・形状の影響
 ・子供の為のつなぎ糸の結び方と長さ
 ・安全キャップの脱落防止方法
羽根が回らない「がりがりとんぼ」を製作し、その原因を究明する予定だったが、どの「がりがりとんぼ」も良く回り、不良原因を想定ながら試行錯誤して作成したが「回りにくいがりがりとんぼ」は再現できなかった。
本体先端に軸を斜めに取り付けたものや、本体をストーブで炙って曲げたものも製作したが問題無く良く回った。
今回は、メンバも少人数だったため、引き続き検討することとした。
検討会は14:00に終了し、その後物置の状況を確認し、整理方法について確認した。

20180113自主研修会20180113自主研修会20180113自主研修会




常陸どこ竹新年会開催

1月6日(土)17:00より、「わたみん家日立駅前店」にメンバ12名が集まり2018年新年会を開催した。代表より、11年前の2007年1月13日に開催した第一回の新年会は「竹とんぼ作り」で飲み会ではなかったことの紹介と2017年十大ニュースの発表があった。その後、宴会となり、美味しい日本酒と刺身、鍋に舌鼓を打ち、メンバ皆さんが和気あいあいと楽しい新年会でした。
新年会20180106

常陸どこ竹ニュース(2018年1月特集号)

明けましておめでとうございます。
常陸どこ竹ニュース(2018年1月特集号)ができました。
2017年末2018年始特集号となっています。
本年もよろしくお願い致します。
常陸どこ竹ニュース(2018年1月号)常陸どこ竹ニュース(2018年1月号)常陸どこ竹ニュース(2018年1月号)常陸どこ竹ニュース(2018年1月号)常陸どこ竹ニュース(2018年1月号)

自主研修会開催

12月9日(土)西山研修所にメンバ12名が集まり、研修室にて自主研修会を開催した。本年最後の自主研修会で、常備工具(金剛砂付キリ、四ツ目キリ、サンドペーパーセット)の補修及び西研冬祭り用素材(竹とんぼ・がりがりとんぼ・うぐいす笛・糸のぼり人形)セット準備、がりがりとんぼホルダー改善等の作業を行った。メンバが初めての作業内容もあり、ベテランメンバの指導を受けながら、盛り沢山の作業を順調に消化し14:30に終了した。今年一年お疲れ様でした。
20171209自主研修会20171209自主研修会20171209自主研修会20171209自主研修会

自主研修会(淡竹伐採・くびれ型竹とんぼ試作)

12月2日(土)西山研修所にメンバ12名が集まり自主研修会を開催した。今回は淡竹伐採(糸のぼり人形及び竹とんぼ発射機用)と「くびれ型竹とんぼ」の試作を行った。伐採した淡竹は各節で切断の上、分担して自宅に持ち帰り、カビ発生予防のため天日乾燥後、来春4月頃に全員で持ち寄ることにした。昼食は、寒い日には体が温まる「だんご汁(すいとん)」をみんなで作り、美味しく頂きました。満腹後、食事の後片付けを行い、「くびれ型竹とんぼ」をN氏の指導で試作した。いつもの竹とんぼとは違い、くびれ部分の加工に苦労していましたが、完成品の飛ばしでは、良く飛ぶので皆さん満足していました。当日は、天気も良く、順調に当初予定の作業終了しましたので14:40頃終了しました。なお、今回から、作業前に体をほぐし、けがを防止するために「ラジオ体操」を行いました。
20171202自主研修会20171202自主研修会20171202自主研修会20171202自主研修会20171202自主研修会20171202自主研修会
月別アーカイブ
訪問者数

QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ