私の生活の中に
童顔くんの存在が消えて
もう何ヵ月も経った。

もしかしたらまた連絡があるかもしれない。

サヨナラを言って別れたわけではないから
どうしてもその淡い期待は消えないけど。


でも
もう
決して元に戻ることは、ない。


それでも思い出すのは童顔くんとの優しい思い出。


ここまで中身に惹かれた人は初めてで
中身に魅力を感じると
なかなか忘れられないのだと
初めて知った。


どうにもならない事は
自分でも納得しているし
後悔もしてない。

あとは、この気持ちを昇華させるだけ。



終わった後もこんなに虚しい想いを
抱えなければならないなんて
恋愛って大変なものなんだな。

私は今まで
ここまで人に執着した事なかったな。


後遺症はまだ続きそうだ。。。