( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

はなおれ。



( ゚毒゚)< とある廃村。夏に向け 草に     
埋もれてゆく その一画に
      変わらず 力強く鎮座 する石仏。



( ゚毒゚)< その身に 這わした蔦 から開く       
葉は お洒落 にも見えて でもその
  眼光は 鋭く 侵入者を睨みつける。



ちんざ。
    Share on Tumblr

はし。



( ゚毒゚)< 上がる気温に 勢いづけられて      
轟々 と山を下る 雪解け水 は
     未だ凍って いるのか という白さ。



( ゚毒゚)< 触れればビリビリ くる 冷たさが 飛沫に      
乗って 周囲の空間に なんかいい具合
の 作用が働かせて いそうな爽快感。



いち。
    Share on Tumblr

ひゅう。



( ゚毒゚)< 急激にクッソ暑く 日中 あれほど猛威     
振るったにも関わらず 太陽は
   定時 過ぎれば あっけなく退散。



( ゚毒゚)< 熱いように見えて 案外ドライ な       
  後ろ姿は ごろっと転げるよう に
    山の向こう へ 余韻だけ残し消える。



ごろん。
    Share on Tumblr

このページのトップヘ