( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

りよう。



( ゚毒゚)< 日中の陽気と 人々の気配 が
どこかに引っ込んで 静まり
返った 夜の路地裏に は。



( ゚毒゚)< 残された 春の霞み と僅かに
漏れ出す 生活の気配が 妙に
生々しく 巨大単細胞生物的存在感。



とうふ。

わん。



( ゚毒゚)< 朝の晴れから 夕の薄曇りまで
グラデーション状 滑らかな 天気の
移り変わりを 促す春霞。



( ゚毒゚)< 季節の境界も 同じ様に滑らか で
どこかに一本 線でも引いて ある
気がするけれど もっとローション的にヌルリ。



ぴょん。

めいる。



( ゚毒゚)< 陽気は増し増して 日向に
行こうか 日陰にいようか
迷ってしまうほど に。




( ゚毒゚)< 猫たちのジャッジは 未だ日向優勢
だけれど この判定が 覆るころ 辺りに
満ちる 初夏の空気を 少し想像する。




すぽっと。

このページのトップヘ