( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

みせのこ。



( ゚毒゚)< 盆が過ぎ 日本国内の      
花火残弾数 も 底が
  見えてきた頃合い。



( ゚毒゚)< それでも 同時多発的 に一発一発    
を 惜しむ間もなく 各所で
贅沢に消費 されて ゆく。



めんうり。

かがやき。



( ゚毒゚)< 早朝の清くも重く ダルい空気の中         
 輝く蜘蛛の巣の中心で 糸と身体に
   付いた露 踊るような動き で払って。



( ゚毒゚)< 風のない草むら に幾つも キラキラ     
  揺れる網の精巧さ に やはり
    職人の朝は早い のだな と思う。



あざやか。

かささし。



( ゚毒゚)< にわか に降り出した雨 は結構      
    な勢い。町の表面 に 纏わりついて
いた粗熱を拭うように流れ。



( ゚毒゚)< 足元にビショビショ と溜まれば 足湯かと言う      
   ほど。そうして 隅々までサッパリ流された町
は憑き物が落ちたように常識的な温度。



かさとじ。

このページのトップヘ