( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

ちゅん。



( ゚毒゚)< 雪の日の雀たち が 少し        
はしゃいで いる様に見える
   のは 多分気のせい というか。



( ゚毒゚)< 僕自身が 雪に対して そういう アレ を感じて   
     いるから だと思うけれど それを差し引いて
も 混ざりたくなる ほどの ハイテンション。



むく。

こうし。



( ゚毒゚)< 融雪パイプから 噴出した水 は      
  道路を漱ぎ流れ 車に跳ねられ
  道路構造物 を 凍りつかせて。



( ゚毒゚)< その あまりに寒げな 造形に         
見蕩れる僕の おしりの右ほっぺ
にも 消雪の噴水が突き刺さる。



いか。

くずれ。



( ゚毒゚)< 夜 ともなれば さらにモノトーン状に   
色忘れた様に なる世界に
      雪帽の影が 背くらべる様に伸び。



( ゚毒゚)< 既に人と比べられるような 人生を        
送っていない僕だけれど なんとなく
     何かに秀でて いたかったなあ と思った。



くらべ。

このページのトップヘ