( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

うぇい。



( ゚毒゚)< ヒサビサの実にヒサシブリな晴れ間。しばらく      
  の間 低気圧に甘やかされた 雲のボディは
地に堕ちそう なほどダルダルに堕落し。



( ゚毒゚)< ここから盛夏まで の短い期間で       
  カットの出た キレッキレの積乱ボディに 仕上げて
  ゆくべく 早急な高気圧が 求められる。



いね。
    Share on Tumblr

みずこ。



( ゚毒゚)< とある神社内 摂末社の小さな祠。    
御本尊 という風でも ない  
  木彫りの像が 扉の前 佇み。



( ゚毒゚)< 誰かが 何らかの理由で思い立ち 像を    
彫って ここに納めた という  
プロセスに 生の信仰を 感じる。



とびら。
    Share on Tumblr

とうげ。



( ゚毒゚)< 霧は 濃いほどに その分 現実味      
薄れさせ、そこが人里 離れた
峠道 ともなれば さらなり。



( ゚毒゚)< 下界の あんなことこんなこと とも無縁      
の 世界が 峠の先に広がって いそうな
期待 虚しく下界に戻る頃には 真顔。



ちょくせん。
    Share on Tumblr

このページのトップヘ