( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

うん。



( ゚毒゚)< 小さな神社 お堂の定位置で 下々を      
見守るのか ただ だらけるのか
  その居様は 神の御使い然と して。



( ゚毒゚)< 今にも崇め奉らん という視線 向ける      
僕に 施しのつもりか ちょちょっと
頭だけ 撫でさせて 悠然と消えた。



阿。
    Share on Tumblr

ながれ。



( ゚毒゚)< 台風の豪雨で 山に染み込んだ 水      
   は 即席の滝なんか を作りながら
渓流に だくだくと 流れ込み。



( ゚毒゚)< 水量 増して どうどうと力強く        
滾る 水流は 興奮時の血管のよう  
に 気圧される 威圧感を 発する。



すける。
    Share on Tumblr

さかみち。


( ゚毒゚)< 山間の静かな町 台風後の澄んだ空気 の中       
催された花火大会は 驚くほど閑散 として。
  花火は 屋根の下で見なければならない的な。



( ゚毒゚)<  そんな言い伝えでも あるのか と言うほど      
の 人のいなさ。まあでも 秋風 吹き込む 
   窓から見る のも きっとオツなものかしらん。



やねうえ。

    Share on Tumblr

このページのトップヘ