( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

きんぞく。



( ゚毒゚)< その 雑然と突き立てられた 鳥居群の         
  無秩序さと規則性の 入り混じりに どこか
菌類感 植物臭 を纏う道路脇の小神社。



( ゚毒゚)< どういったペースで それが生えてくる のか      
わからないけれど このまま何百年 と続き
一帯を 鳥居の森で 飲み込んで頂きたい。



さびつつ。
    Share on Tumblr

きんさと。



( ゚毒゚)< 太陽 隠す間もなく 急遽ゲリラ的      
に 空中に展開 された雨粒群は
一粒ひと粒に日の光が灯り。



( ゚毒゚)< 無数の小さな光 重なり一帯は 巨大 な     
金色の塊に なったようで しょうも
ない一日 も劇的に 終わり迎える。



はもん。
    Share on Tumblr

きてる。



( ゚毒゚)< 徒長する植物 のように 晴れ間求めて      
彷徨った甲斐 あって 夏至たる一日に
   こりゃ夏ですねえ という空に 辿り着く。



( ゚毒゚)< まだ 練り上がりきらない雲 と       
生え揃いきらない稲が 初夏 然と
   して 夏本番前の妙な緊張感 ある。



かみんぐ。
    Share on Tumblr

このページのトップヘ