たひかる。



( ゚毒゚)< 地面と水面 の割合が 逆転した
     不安定な 世界で。 海の上に
            張り巡らされた 桟橋の上に いるような。


いっぽん。



( ゚毒゚)< 雲ひとつ 無い寂しい夕日。
              と 思っていたら 飛行機が落下する様 に
           飛行機雲を一本 引っぱっていって。


にほん。



( ゚毒゚)< 一本目が 風に流され 空に
          滲んだ頃に もう一本 伸びてきて。
             そしたら さらに二本三本と 同じ どこか
     へ向かって 走っていって
          僕も そっちに行きたく なって。 



さんほん。