ほそみせ。



( ゚毒゚)< 町の隙間 に突き刺さる 楔状の建築物     
は一度 横 通り過ぎても 心に残る
  棘のように どうにも 気になって。



( ゚毒゚)< なんか もっかい戻って来ちゃってマジマジと      
ああこれは良い角度であるな と観察させる
   ナントカ波みたいなのが その角っこから 出とる。



きりろじ。