どんつき。



歩く町が 高低差に富んでいる ほど精神は
凪いだ海のように 穏やかに冷静に なって
周囲の細かな物に まで目が 行き届いて。



連続する小さな発見に 歩調 上がってゆき
エンジンが かかるような血が 巡るような
ビジターズ ハイみたいな静かな快楽が 湧く。



じぐざぐ。