( ゚毒゚)< しんどい。

つらい

カテゴリ: 生物

こま。



( ゚毒゚)< 神社の階段 手すりに ぺったり       
と 張り付く蛙たち はその僅かな
  金属質の 冷たさを貪りながら も。



( ゚毒゚)< その表情は 気圧やら湿度やらで 台風     
の発生接近を 感じ取って いるのか
   いやそんなことも ないのか という。



てすり。
    Share on Tumblr

ものうげ。



( ゚毒゚)< アマガエルほど とは言えないけれど       
トノサマガエルも 若殿が多量に発生し
   お家騒動 家督争いか といった様相。



( ゚毒゚)< 生息域の減少 が危ぶまれる昨今     
我先に と上陸し 勢力の拡大
を目論見 殿 自ら最前線へ。



じょうりく。
    Share on Tumblr

たつ。



( ゚毒゚)< 例年通り大発生 した子蛙たちは この      
いかにも梅雨梅雨した それでいて
    大した雨のない天候にとても満足げで。



( ゚毒゚)< いやしかし ホントびっくり するくらい 晴れ       
なくて 週間予報にチラリ と点いた晴れマーク も
     手繰り寄せてみれば きっちり曇って うんこホント。



たまのり。
    Share on Tumblr

しょうず。



( ゚毒゚)< 水中にいる と錯覚して しまい        
そうな 湿度の濃い 空気の中 当然
と いうべき か蛙たちは 活発で。



( ゚毒゚)< 神社の手水舎を アスレチックに 跳んでは     
  貼り付いて また跳んでは 泳いで
の 大冒険劇を見せて くれる。



かまえ。
    Share on Tumblr

こもる。



( ゚毒゚)< どうやら 定位置に ひきこもり 外の       
様子 窺って ちょっと出たり入ったり 
  繰り返す ヒキでも コモリでもなく アマガエル。



( ゚毒゚)< 観測 するのが僕の気配 なのか     
外の空気 なのか 分からない
    けれど どうにも真剣な 眼差し。



かんそく。
    Share on Tumblr

はなま。



( ゚毒゚)< 雲に日が翳り やや冷やか な風が吹く中    
花の合間に 身を潜めた蛙は 花の
美しさ には全然 興味無さ気で。



( ゚毒゚)< 近づいてきた僕 にも反応すら 示したく    
ないよう ながら あまりのしつこさ
に 面倒くさそう にピョコと 跳ぶ。   




はなぬけ。
    Share on Tumblr

かきわけ。



( ゚毒゚)< ちょっとした自然 があれば 無限に       
時間を費やせる 季節に なって。長く
   なった日 に甘え 草にまみれて いれば。



( ゚毒゚)< 当然 日は暮れ 身体は軋み 平成は終わり    
時間も人生も 無限とは無縁だ と
    蛙でも知って いるようなこと 悟る。



つかまり。



かえる→twitter


    Share on Tumblr

このページのトップヘ