独断と私見

趣味:読書、将棋、囲碁、相撲観戦、ロシア語学習、競歩etc.

・『政治の眼力』

【中古】 政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 文春新書1029/御厨貴(著者) 【中古】afb
【中古】 政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 文春新書1029/御厨貴(著者) 【中古】afb

オーラルヒストリーの学者である著者が、
政治家、主な官僚の人物評価をしている。

テレビの「時事放談」で司会をしているだけに、
政治家と会う機会があるから
大ぴらに批判は書けないだろう。
そこを割り引いても、
期待外れだった。
突っ込み不足なのは、
やむを得ないのだろうか。
(2018年2月21日記す)

・『「昭和天皇実録」の謎を解く』

「昭和天皇実録」の謎を解く (文春新書) [ 半藤一利 ]
「昭和天皇実録」の謎を解く (文春新書) [ 半藤一利 ]

「昭和天皇実録」が2015年3月に出版、
5年かけて19巻出版される。
そのダイジェスト版。
各々の研究者がポイントを読んで、
対談形式で紹介している。

64年あった昭和時代だが、
やはり最初の20年に注目がいってしまう。

昭和天皇の誕生から始まっていて、
研究者たちはそこからも
今回明らかになったことを
色々と取り上げている。
全体的にかなりオープンに情報を出しつつも、
編者の意図が
昭和天皇の実像をどう作るかに、
研究者たちは注視している。
(2018年2月20日記す)

・『大相撲 誰も教えてくれなかった見かた楽しみかた』

大相撲誰も教えてくれなかった見かた楽しみかた ツウになれる観戦ガイド (Kawade夢文庫) [ 工藤隆一 ]
大相撲誰も教えてくれなかった見かた楽しみかた ツウになれる観戦ガイド (Kawade夢文庫) [ 工藤隆一 ]

元スポーツ新聞記者相撲担当の著者が書く、
大相撲の入門書。

文庫本だから、
相撲観戦には
この一冊を持っていけばいいだろう。

土俵上のしぐさから、力士の一生、
お金の話など事欠かせない。

いわゆる八百長も否定はしていない(P184)。
が、八章の過去の「名勝負」の中に、
千代の富士・大乃国戦で
千代の富士の連勝が53で止まった一番を
挙げている所(P214)に、
著者の八百長に対する意見が
込められているように感じる。
(2018年2月19日記す)

・『考証要集』

【中古】 考証要集 秘伝!NHK時代考証資料 文春文庫/大森洋平【著】 【中古】afb
【中古】 考証要集 秘伝!NHK時代考証資料 文春文庫/大森洋平【著】 【中古】afb

本書を読むと、
各時代を知るより時代考証という眼で
歴史を視る大切さを感じた。

間違って捉えたり、
思い込みで歴史を視てはいけない。
先人の言うことは耳を傾けるべきだが、
裏付けも必要。
そして、マメにメモを取るというのが
著者の姿勢。
勉強になる。
(2018年2月18日記す)

今日の『カゴへ』

三省堂書店池袋本店に出かける。

雑誌売り場で、
プロ野球選手名鑑を買おうかな
と立ち読み。
毎年買うものが
まだ出版されていなかったので止めておく。

『まいにちロシア語 3月号』
NHK出版
本体価格 450円+税
新年度の講座も紹介されている。

新書文庫売り場へ移動。
ここ数年書籍を買う機会が減っている。
書籍の文庫化のサイクルの早さには、
呆れるので書籍を買うには躊躇する。

『滅亡から読みとく日本史』
(KAWADE夢文庫)河出書房新社
本体価格 680円+税
こういう見方もあるのか、
とカゴへ。

『経済で謎を解く関ヶ原の戦い』
(青春新書)青春出版社
本体価格 920円+税
これも、こういう視点で
関ヶ原の戦いを見るのか、と。
精算。
ギャラリー
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
  • ライブドアブログ