ブログネタ
プリン20個のつもりが、4000個キター! 誰が悪い? に参加中!

ネタのタイトルが大喜利みたいで好きです(笑)。

まず、ブログネタ以外から来てくれてる方に説明を。


こんにちは!J-CAST会社ウォッチ編集部です。先日、京都の大学生協で女性職員がプリンを20個注文したそうです。しかし到着したのは、なんと4000個!どうやら注文端末の入力を誤ってしまったようです。

困った職員たちは、手分けして周辺大学に協力を呼び掛け、一部を引き受けてもらうことに。その様子を見ていた学生さんが同情し、山積みのプリンの写真を撮り「買ってあげて!!」とツイートしたところ、あっという間に売り切れてしまいました。

★プリン20個のつもりが4000個! 誤発注を防ぐシステムなかったのか

さて、このニュースを聞いた人たちからは「お疲れ様」「よかったですね」と労をねぎらう声のほかに、「これはおかしい」という意見も出ています。普段の200倍もの注文が来たのに、機械的に発送してしまっていいのか。

もちろん発注ミスをしない方がいいのですが、人はミスを避けられない存在なのだから「誤入力」を前提したシステムがないとおかしいというのです。さて、ここでお題です。

☆プリン20個のつもりが、4000個キター! 誰が悪い?

個数を間違えた女性職員が悪いのか、そのまま発送してしまった受注側が悪いのか。今回は「みんな大好き」プリンだったからよかったものの、好き嫌いのあるもので日持ちしないものだったら、本当に惨状だったでしょうね。

「間違えた方が悪いに決まってる」でいいのか。「ミスにつけ込んで儲けてはいけない」という非難もあるかもしれません。みなさんは、どう思いますか?


こんな感じです、発注に際しての確認作業を怠った事や、20が4000ってハンパじゃないミスですよね。
普段の200倍だからいちいち確認を強いられるとか、売ってる方がケアする所なのかなと、そりゃ一本電話で「この数合ってますか?」で済みますが、PC発注で数ミスったら終わりなんてのは、どこも一緒でしょうと。
良い話みたいになってますが、こういうので責任取らされてめちゃくちゃ痛い目見た事ある方もいるでしょうから、こんな話は美談っぽくして欲しくはないです、ミスった奴が悪いです。それ以上でもそれ以下でも無いです。

J-CAST会社ウォッチ編集部って奇妙なネタしか出して来ないですね、最近はブログネタ出してないみたいで良かったです。