今日5月5日は、第23回コンピュータ将棋選手権の決勝が行われた。

最終回戦の7回戦はリアルタイムで見ることが出来た。
第23回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継
第23回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継 2013年5月3日〜5日開催
(こちらは、5月5日21:30現在決勝7回戦のflash版の全局盤面)


Bonanza(先手)ー GPS将棋(後手) 
第23回世界コンピュータ将棋選手権決勝7回戦(先手: Bonanza, 後手: GPS将棋) 探索木表示
この将棋、勝ったほうが優勝という対局。 
途中、GPS将棋が必勝の局面になった。
ところが、残り時間が2分41秒となって182手目 あたりから探索木がおかしなことになってる。
182手目9八歩。探索はない。
勝ち(負け)を見つけた時は探索木は表示されないことがあります
ということは詰みまで読み切ったのかな。
(5/6追記・△9八歩▲同玉△8九龍▲同角△8七角成▲同玉△7六銀打▲9八玉△8七金▲同香
△同銀▲同玉△7五桂▲7七玉△8七金打▲6六玉△8六飛以下詰み
あるいは
△9八歩▲同玉△8七角▲同玉△7五桂▲9八玉△8七銀打▲同香△同桂成
▲同玉△8九龍▲同角△7六銀打▲同玉△7五香打▲6七玉△6二飛▲6六桂打△7六金打
▲5八玉△5七歩打▲同玉△5六歩打▲同角△6六金以下詰み)


40
(図は183手目先手同玉)
184手目。
探索木では7八歩と打って先手の3四角の効きを止めて評価値は-29988。これで先手は受けなし。
のはずが、実戦ではなぜか8七角不成を指した。
(5/6追記・ごめんなさい。8七角からでも詰みます。ただ、このあたり読み切りの手と通常探索の手が入り交じっていて、194手の7八銀打で探索木表示のリンクはあるけど探索木がない状態になってる。そしてこの7八銀打で詰みコースから外れた。7六銀打としていれば詰みだった。)

このあともへんてこな手を指していって最後は231手でGPS将棋の時間切れ負けになった。

リアルタイムで見ているときは、時間切れ寸前であわてて指してるうちに負けたと思ってたけど、180手あたりでは、まだ時間もあるし勝ちも読み切ってるようだし、なんだか不思議なはなし。


こんなこともあるんだなって、大逆転将棋にびっくらした。


(5/8追記。
▲Bonanza-△GPS将棋戦について
GPS将棋の金子さんによる分析。)