PORTE-BONHEUR 詩(うた)を心に

わたしの心が感じたままを綴ります ~ドルチェ~

SING for ONEより、小田和正さんを。


5/31にライブ配信された
「みんなとつながる。あしたへつながる。『SING for ONE special Night-』」

素晴らしいアーティスト達が、今、距離を取らざるを得ない私達の心を繋いでくれました。

生きていく上で必要な衣食住。
でも、人はそれだけで幸せにはなれません。

陽射しを受けて風を感じ、土の匂い、命の芽吹きを、またその反対に一生を終えた命達を知る。
(余談ですがドルチェは庭で息を終えた虫やヤモリ(!)等は、土に埋めて『頑張ったね』と心の中で呟きます。)

年配者が子供や若人の手を取って伝統を伝える。
お笑い界の微妙な間の取り方、能、落語も然り。
数え切れない、数値に出来ない「人ならでは」の神秘。

「美味しい」と思う背景には、味の成分だけで測れないもの。
たとえば空腹、香り、食そのものに感謝する気持ち。



歌、音楽は自己表現だけでなく、人の脳に作用するため、医療にも使われています。(ホロウィッツのソルフェジオ周波数は有名ですね!)

芸術や音楽が人にとってどれだけ大切なことかを、今回のコロナ禍で痛感しています。

何もかもが『スマート』に紐付けてデジタル化されるとしたら…。
これに関しては多々の議論があり、政治色も絡んでくるので、これ以上は綴りません。

ただ、誰もが『知らずして知っている』こと。人はお母さんの胎内にいる時から、温もりや感情、様々な音に包まれている…。

例えば、ロボット(AI)に子守唄を歌って貰う赤ちゃんを想像すると違和感を感じるのは、ドルチェだけでしょうか?
転じて人のパワーは素晴らしいと、感嘆することしきりの毎日です。


…さて、冒頭の「SING for ONE」
6月末まで期間限定でYouTube配信されています。

ドルチェのおすすめは、2:08:50~の小田和正さんの「YES-YES-YES」「明日」。


歌詞を打っておきますね。
あなたに、君に、大切な人に、想いが届きますように。


「明日」

作曲 小田和正
作詞 小田和正


君のために ありふれた明日だけを願う
待ち合わせたあの駅へ走る君が見たい

もし当たり前の笑顔消えて
哀しみだけが世界をつつんだら
たゝ祈り続けること 
そのほかに自分ができること
その時あるだろうか

明日きっとまたこゝで
その笑顔で会いたいから
透きとおる日射しの中で
この坂の上 君を待っている

君のために ありふれた明日だけを願う
あの交差点で交わし慣れた
さよならを聞きたい

でも分かっていてもやがて人は
同じ過ち繰り返すんだ
あのとどかない想いは
忘れられた約束は
雨に打たれたまゝ置き去りにされて

明日きっとまたこゝで
その笑顔に会いたいから
透きとおる日射しの中で
この坂の上君を待っている

いつもあの店で二人 街ゆく人を見てた 
なにげない毎日が
手の届かない思い出にならないように

涙に震えながら 戦うべき時があるんだ
守るべき人のために
その哀しみを乗り越えるために

明日きっとまたこゝで
この世界が続く限り
透きとおる日射しの中で
この坂の上君を待っている

でも世界中の君たちよ
気づかないうちにいつからか
大切なことが僕らの
心の外へこぼれていないか

明日きっとまたこゝで
その笑顔に会いたいから




ドルチェよりP.S.

時間が許される方はYouTubeで聞いてみて下さいね!くどいようですが、6月末までの限定公開です。


戦うべきときは、正に今。

正体不明のウイルスは勿論、それが齎す影との戦い、そしてそれを利用するものとの闘い。

最後は、抗う勇気を持てるかどうかの自分との戦いだと思わされています。

長いようで短い人生、長いものに巻かれたくない!

小さな私の想いを読んで下さり、本当にありがとうございます。
(^-^)






時間ができたので、続いて「YES-YES-YES」の歌詞も打ちますね。

私が学生時代から変わらず大好きな1曲…辛かった学生時代に心を支えられた歌、詞、人。
どれだけ時間が経っても、あの想いは色褪せずにキラキラしています。


「YES-YES-YES」

作詞 小田和正
作曲 小田和正


君が思うよりきっと僕は君が好きで
でも君はいつもそんな顔して
あの頃の僕はきっとどうかしていたんだね
失くすものはなにもない 
君の他には
YES-YES-YES…

消えないうちに愛を預けておくから
切ないときには開けてみればいい
YES-YES-YES…
振り返らないで今君はすてきだよ
WOO…僕のゆくところへ
あなたを連れてゆくよ
手を離さないで


君の嫌いな東京も秋はすてきな街
ても大切なことは二人でいること
YES-YES-YES…
…もっと大きな声で
きこえないきこえないWOO…

YES-YES-YES …YES-YES-YES
WOO…僕のゆくところへ
あなたを連れてゆくよ
手を離さないで

あなたを連れてゆくよ
手を離さないで

あなたを連れてゆくよ





…再びドルチェより…

大人に飼い慣らされず、若い人達には自分の心に素直にいてほしい。
失敗を恐れずに、間違ったらまたやり直せばいい。
人生に方程式なんてない、自分の式は自分で作るものだと、しみじみ思っています。

さあ、ここからまた前を。
それでは…
(^-^)/

























菅田将暉「まちがいさがし」



まちがいさがし

作詞作曲 プロデュース  米津玄師
MV監督  林 響太郎


まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う

ふさわしく 笑いあえること
何故だろうか 涙がでること

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
退屈なくらいに何気なく傍にいて


間違いだらけの 些細な隙間で
くだらない話を くたばるまで
正しくありたい あれない 寂しさが
何を育んだでしょう

一つずつ 探し当てていこう
起きがけの 子供みたいに

君の手が触れていた 指を重ね合わせ
間違いか正解かだなんてどうでもよかった
瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で
君じゃなきゃいけないと
ただ強く 思うだけ



君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
誰にも見せない顔を見せて


君の手が触れていた 指を重ね合わせ
間違いか正解かだなんてどうでもよかった
瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で
君じゃなきゃいけないと
ただ強く 思うだけ












〜ドルチェよりホッとひとこと〜

やっと記事を上げようとしても、まだ自分らしい言葉が戻ってきません。
なので、毎日音楽に助けられて、「楽しい、嬉しい、感動に震える気持ち」を手繰り寄せています。

上記の歌は、ドラマ「パーフェクト ワールド」の主題歌です。
さすがは米津玄師さん!
「lemon」の時も曲だけ聴き、テレビドラマは見ていなくて。
子供に強く勧められて、始めは渋々でしたが「アンナチュラル」をレンタルで鑑賞。
中堂先生の深い悲しみに泣きました。
どうやら、今回も同じコースになりそうです。
(^_^;)


「ふさわしく笑い合えること」
そう、ふさわしく話し合って笑い合うこと。
何よりも大切な事だと思います。
そして、見返りを求めない愛を、感謝の気持ちを。

一つずつ探し当てていこう
起きがけの子供みたいに
…ですね。^_^

ドルチェも拙いながら、日々祈りつつ前に進みます。
大切な人全てが幸せになれますように。
(^-^)












Official髭男dism



Pretender


作詞  藤原 聡

作曲  藤原 聡


君とのラブストーリー 

それは予想通り 

いざ始まればひとり芝居だ 

ずっとそばにいたって 

結局ただの観客だ


感情のないアイムソーリー 

それはいつも通り 

慣れてしまえば悪くはないけど 

君とのロマンスは人生柄 

続きはしないことを知った


もっと違う設定で もっと違う関係で 

出会える世界線 選べたらよかった 

もっと違う性格で もっと違う価値観で 

愛を伝えられたらいいな 

そう願っても無駄だから


グッバイ 

君の運命のヒトは僕じゃない 

辛いけど否めない 

でも離れ難いのさ


その髪に触れただけで 痛いや いやでも 

甘いな いやいや 

グッバイ 

それじゃ僕にとって君は何? 

答えは分からない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば 

「君は綺麗だ」





誰かが偉そうに 

語る恋愛の論理 

何ひとつとしてピンとこなくて 

飛行機の窓から見下ろした

知らない街の夜景みたいだ


もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった 

いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 

「好きだ」とか無責任に言えたらいいな 

そう願っても虚しいのさ



グッバイ 

繋いだ手の向こうにエンドライン 

引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 

君はいない その事実に Cry… 

そりゃ苦しいよな



グッバイ 

君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ 

その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや 

グッバイ 

それじゃ僕にとって君は何? 

答えは分からない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば 

「君は綺麗だ」



それもこれもロマンスの定めなら 

悪くないよな 

永遠も約束もないけれど 

「とても綺麗だ」











〜ドルチェのホッとひとこと〜


髭男dismは「Stand By You」で知りました。

爽やかで甘く透明な声で、仲間と素敵なリズム。特にフロントマンの藤原さん、素敵です。

(^-^)


この「Pretender」はドラマと映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」の主題歌に起用されていて、映画は興収22億を突破。

聴く人観る人を青春に引き戻してくれる力がありますよね!


Pretender(詐称者)の夢物語ではなく、MVと自分の現実が重なる人も多いと思います。

切ない気持ち、最後に伝える場面で終わるのが良いですね…(しみじみ)。


若い人達には、相手を思い遣りながら、ちゃんと自分の気持ち、言葉にして欲しい。

後で後悔しないように納得がいくまで。

(ストーカーは厳禁ですが!)

(*^_^*)













プロフィール

dolce7amabile777

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ