2009年07月11日

鳳東1000戦

48b9f6e2.png気がつけば1000試合越えてたから解析結果うp

赤で囲んだところをは人よりいいところor悪いところ
ここらへんをピックアップして解析する、人と同じこと言ってもしゃーないし。

結果から打ち方をどう変えていくとかは今のとこなく、この1000戦が確変なのか不調なのかの目安くらいにしかならんぽい

【流局時収支・流局時ノーテン率】
正直こんな得してると思わんかった。
局あたりの全収支より大きいとなるとこの値は重要な要素なのかも。

【放銃率・リーチ時放銃率】
高い。まぁリーチ時放銃率はどうしようもないけど。
序盤の手組み改善で放銃率は減るんだろうか、押し引きはこれ以上かわらなそうだし
ところで放銃率を比較するときに単純に比較するんでなく
放銃率−リーチ率×リーチ時放銃率としたほうが運要素ぬいた放銃率を比較できるんじゃないんだろうか、なんでこんなことを言うのかは次の項目で。

【好形時放銃率・愚形時放銃率】
今回最大の謎。好形時放銃率0.188・愚形時放銃率0.155
もちろん愚形にもいい待ちはあるが1000戦単位で0.03も開くのは初めてみた。
統計的に起こりえる範囲だとは思うけどこんなレアな解析データを考察したところでなんの意味もない気がする。これが運要素を抜いたほうが放銃率を比較しやすいんじゃないかと思った原因だ。

【フーロ収支】
俺のフーロ収支は当然低い。いい手だけ鳴けば当然フーロ収支はあがるから。
鳴かないと追いつかない手を面前で守備重視するのかケイテンこみでアガリを目指すのかでここのデータは全然かわってくる。あえてここのデータのせたのは打ち方によって意味のないデータもあるよ、ってことでした。

【結論】
2.452という成績は実際のとこどうなのかわからんけどデータからはこれより次の1000戦はよくなるんじゃないかと思った。

dolittle0916 at 21:49コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by わふ〜(>ω<)   2009年07月12日 07:33
1フーロ時収支が私の約5倍ありますね。
2. Posted by コジー   2009年07月12日 20:37
俺もリーチデータで好形のほうが愚形より放銃高かった。
謎だったからちょっと考えたんだけど、
面前時聴牌データで好形時聴牌リーチ率と愚形時聴牌リーチ率に30くらい開きがあった。これによって「愚形で曲げる=和了に自信ある(山読みとかオリ打ち狙いとか)待ち」、一方、「好形=割となんでも曲げる」傾向があるとしたら、読み要素が枚数2倍差を覆すほど影響与えるってありえるんかねΣ(・д・`lll)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場