2007年02月

2007年02月23日

韓国〜屋台編〜

そうそう、韓国に行ったのに、ひとつ紹介し忘れていました!

ホットック      屋台です♪

←こんな感じで、そこらじゅうに屋台は出ています。

よく見かけたのは、

  たい焼き  ・  トッポギ  ・  おでん  ・  ホットック  ・  串焼き ですかね。

これがまたどれも美味しそうで、片っ端から試してみたくなるんですよ♪

トッポギ

 まずは トッポギ(お餅) を食べましたが、辛味は口に残るし、そんなに量は食べられなかったです。

これは期待していただけに、お餅大好き人間としてはちょっとガッカリな結果となりました(買ったお店が悪かったの?)。いや、決して不味くはないんですけどね〜^^;

串焼き

串焼きやおでんもたくさんありました。 んが、練り物はやっぱり日本のものが旨いっ!というか、家で作ったほうが美味しいです!!やっぱおふくろの味なのね〜♪

あ、たい焼きは食べよう食べようと思っていて忘れました。ん〜、ガッカリ

そんな中で、唯一私がハマッた物はコレです!!!

ホットック2        ホットック

おやきのような物で、もち米の粉を使ったモチモチ生地を油でカリッと焼きます。 中には黒糖パウダーを入れてました。

一口かじると熱で溶けた黒糖がトロッと出てきます。すんごい熱いのですが、口いっぱいに黒糖の甘みが広がってそれはそれは、まいうーなんです♪

買い物続きで小腹がすいた時にちょうど良くて、素朴で優しくて、何度食べても飽きない味でした!

日本にも売っているところはあるらしいのですが、まだまだマイナーな存在。残念。・・・なので、私がこのお店始めます。決めました(笑)

 

いや〜、これで韓国旅行記も終わりですが、今回もなかなか充実した旅でした。

まとめになっちゃいますけど、やっぱり旅って私の人生には絶対に欠かせないものなんだなぁと改めて思いました。

ここでなぜ私は海外旅行が好きなのか、理由を挙げてみます。

1、日本にいたら経験できないようなことをしたり、新しい価値観に出逢うことによって、自分自身がかなり良い刺激を受けられる。視野が広がる。

2、自分が自分らしくいられる。 また新しい自分も発見できる。

3、客観的に自分自身を見つめなおすことが出来る。軌道修正出来る。

もちろん人それぞれ価値観は違いますから、それぞれの自分らしさの見つけ方はあると思います。

でもどんな形であれ、 殻に閉じこもるのも自分 行動に移すのも自分 全て自分次第 なんですよね。 うう、頑張らねば・・・。

というわけで、これからもさらなる成長を目指し、自分磨き・女磨きを怠らないようにします

 



dolly28 at 01:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 韓国 

2007年02月18日

韓国〜三日目〜

地下鉄本日も朝からアクティブに動いているMAIです。

最終日なので再び地下鉄に乗りました。乗換えにも挑戦です。が、方向音痴の私がすんなり乗れるはずはなく・・・結局、近くにいた人に助けてもらいました。 この時も韓国語で話しかけられたのですが、どうやら私は韓国人顔らしく(?)他に何度も韓国語で話しかけられる場面がありました。 何言ってるか、わからないっつーの(笑)

そういえば日本と違って電車のシートはステンレス製でしたね。過去の事故から有毒ガス発生を防ぐ為らしいのですが、これが暖かくてなかなか気持ち良いんですよ。あとは韓国式床暖(オンドル)。これはホテルの床をはじめどこへ行っても見かけましたが、ホント暖かくて快適♪

ドーナツ2一日の始まりは明洞から、というわけでもないのですが、とりあえず Krispy Kreme Doughnuts に行ってみました。

日本では去年の12月に新宿にオープンしましたよね。オリジナル・グレーズドは生地がフワフワで美味しかったです♪

 

ドーナツ

これはちょっとウケたので、写真を撮ってきました。

          注文すること

外国に行くとありがちな、おかしな日本語ですね(笑)

 

お腹もいっぱいになり、少しブラブラした後は、ずっと楽しみにしていた韓国お料理教室です!レストランの二階で行なわれました。

アワビニセモノ

どんなレシピでも教えてくれるのですが、逆にこれが迷いました。 チャプチェ にしようか プルコギ にしようか、それとも他のレシピにしようか・・・

 迷いに迷った挙句、活きアワビのお粥 をチョイスしました。理由はただ単に食べたかったから(笑)

画像は本物のアワビ(左)と偽物のアワビ(右)です。安いお店で使われているアワビは偽物だと言っていましたが、味や色など何がどう違うのか、お店の人が熱〜く語ってくれました。

続いてレシピです。

2

1

1、アワビをキレイに取り出し、薄くスライスします

2、鍋にごま油をたらします(余談ですが、韓国のごま油って日本のとは全然違うんですね!)

34

3、アワビを炒め(偽物アワビも少し入れて、後で味比べをしました)、お米も入れて更に炒めます

 

56

5、薄く切ったシイタケとニンジンを入れたら、お水を加えます

6、塩を加え、お米がやわらかくなるまで煮ます

7、韓国海苔、ゴマ、卵黄をのせて完成〜♪

アワビを食べ比べてみたら本物と偽物は全く違いました。この食感、忘れないようにしよう(笑)

先生は韓国語しか話せませんでしたが、助手の女の子は日本に4年間留学していたことがあり日本語が堪能。 話に花が咲き、他のレシピも教えてもらっちゃいました♪

ここはアットホームな雰囲気で、従業員のみなさんも明るくて優しくて、本当に良いお店です。サービスで頂いたナツメ入りの自家製柚子茶が美味しくて、今までこんなに美味しい柚子茶は飲んだことがない、というくらい感動しました!

お料理教室は一時間で終わったのですが、あまりに居心地がよくてゆっくりしていたら、気付いた頃には二時間半も経過していました(笑)

さて、いよいよ韓国旅行もクライマックスです。

最後は旅の疲れをとるために韓国エステへGO!

私のコースは

チマチョゴリを着て撮影 → よもぎ蒸し → 汗蒸幕 → お風呂 → アカスリ → マッサージ → パック → お風呂

トータルで2時間半ぐらいでしたかね。

エステ後は体も軽くなり、お肌もピカピカになって5歳は若返りました!(気分だけ?)

そしてそのままホテルへ戻り、帰国準備をして、12時にはおやすみなさ〜い

次の日はお昼の便で日本へ。帰りは二時間で到着しました♪

 

 



dolly28 at 01:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 韓国 

2007年02月17日

韓国〜二日目〜

さて、二日目です。

前の晩が遅かったので、朝はゆっくりでした。

今日は南大門散策です。 タクシーで向かいました。 昼間は初乗り1900ウォンで、あとは100秒ごとに上がっていきます。これは安い!

南大門

南大門

東大門が若者の街なら、南大門はお年寄りの街!?

雰囲気はアメ横みたいな感じですね〜。

 

お店

とあるお店で、駐在員の男性と出会いました。

50代だと思うのですが、韓国について色んな話をしてくれました。大阪出身のとっても感じの良いおじさんで、ここでも韓国情報をゲット〜☆

その後、そのお店の店員さんに「この辺に美味しいお店はありますか?」と尋ねると、  「アア〜 ソレナラ コノミチヲ マッスグイッテ・・・」  と、レストランの説明をし始めました。

頭に地図を描いた後、何気な〜く 「本当に美味しい?」と突っ込むと、店員さんったら  「イッタコトガナイノデ、アジハワカラナイヨ・・・」 って、おいおい。あんなに自信満々に説明していたのは、なんだったの!?その場にいた人達はみんな大爆笑!ほんと適当なんだからぁ(笑)

寺

お昼を食べて、午後はロッテ免税店・ロッテ百貨店・ロッテマート(スーパー)にてお買い物♪

ソウル駅

 

免税店・百貨店は明洞ですが、ロッテマートだけがソウル駅の隣です。

 

ソウル駅周辺

色んな食材が売っていて、見ているだけでもとても楽しかったです。

食を通じてその国の歴史や文化が見えてきますからね。 私の海外に行く楽しみの一つは、スーパーに行くことなんですよ!

この日はちょっと寒くて、夕方からは雨も降ってきました。 画像は薄暗いですね。

 

その後、本日の目玉でもあるショーを観に、梨泰院へ移動。

showところが、その会場はなかなか見つからないし、また誰に聞いても知らないというのです。あの手この手を使って探しまくりましたよ。この時はかなり焦りましたね〜。

結局最初の15分は見逃してしまい、私が着いた頃はちょうど日本人の女の子が舞台に上がって何かやらされているところでした。

お笑い・マジック・その他もろもろ、芸人さんが10組以上入れ替わり立ち替わり出てきてネタを披露しました。

二時間以上もある長いショーで見応え充分。満足満足♪

この日は疲れ果て、12時には就寝しました

 

 



dolly28 at 00:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 韓国 

2007年02月16日

韓国〜一日目〜

三泊四日で韓国へ行って来ました。

出発

今回は第一ターミナルから出発です。

2006年に新しくなってからは初めてだったんですけど、私は第二ターミナルのほうが好きですね。

入っているお店はまあまあかな、って感じでした。

富士山雲

それからもう一つ初めてを経験。今まで海外は20〜30回行きましたが、富士山を真下に見る事ができたのは初なんです!美しい♪(上手く撮れてなくてガッカリ)

機内食がすぐに配られ、成田からは約二時間半でソウルへ到着しました。

時差はないし、全く疲れませんよ〜。 近い近い◎

 

ところが出口を出たところに迎えのガイドさんがいなくて、暫くの間空港内をウロウロする羽目に。

そんな私をどこからか見ていたのか、一人の世話焼きおばちゃん(韓国人)が登場してきて片言の日本語で話しかけてきました。

事情を話し旅行案内を見せると「そのカウンターはこっち」と言うので、怪しいと警戒しながら後をついていったのですが、やっぱりそこにもガイドさんはいなくて・・・。結局「自分で電話して」と一言言うと、おばちゃんはそそくさと消えてしまいました。ガイドさんを見つけられなかったのがマズイと思ったらしいのですが、なんて中途半端な

その後インフォメーションセンターの人に助けてもらい(最初からそうすればよかった)、無事ガイドさんのもとへ。あ〜、これで一安心♪

ガイドさんは日本語が上手な40代の女性でした。明るくて優しそうな人です。 

夕焼け

バスでホテルまで送ってもらったら、あとはフリー♪

この時は夕方の5時でしたが、まだ外は明るかったです。

ミョンドン

部屋に荷物を置くと、早速、明洞へとお出かけ。

ここは若い人が多くて活気があります。原宿みたい♪日本人も多かったかな(笑)

ミョンドンミョンドン

まずは腹ごしらえ。 

ワーホリで来てる日本人の男の子が呼び込みをしていたので、そこの焼肉屋へ行ってみました。

暫しおしゃべりを楽しみ、この子から現地情報をゲット。

地下鉄改札暫くブラブラした後は、地下鉄にも挑戦。 東大門へ移動しました。

ハングルは全く読めないわ、人は多いわで、切符を買うまでが大変でした

東大門ビル

東大門は明洞から三つ目、900ウォン。

あっという間に到着です。

深夜なのに、まだまだ人はたくさんいました。

お店は朝まで開いているんですね〜。

 

屋台

途中、屋台を通りすぎた時に、お店のおばちゃんが

 ちょっと ちょっと ちょっと (もちろん手をつけて)

と、呼び止めてきました。真面目な顔して。まさかこんなところにまでザ・たっちが進出しているとは(爆)

10車線

 

韓国に来てまず驚いたのは、道路の横断です。道路は日本とは逆なので、右見て左見て右・・・の癖がついている私は混乱しました。

 

道路その道路なのですが、韓国の大通りは片側5車線・計10車線の広い道路が多いにもかかわらず、横断歩道がないのです!!!

みんなどういう風に渡るんだろうと見ていたら、なんとそのまま飛び出していました。若い人も、お年寄りの人も!!シンジラレナ〜イ!!!

私は最後まで渡りきる勇気がなく、途中まで行っては戻ってくるを繰り返していたのですが、たまたま大きな屋台を引いたおじいちゃんが横に来ました。 見ていると、いつ渡ろうかと様子を伺っていたので私も勇気を出して後に続こうと決めました。っていうか、おじいちゃんだし、屋台引いてるし、一緒なら絶対に渡れるだろうと思っていました。 ハイ、これが甘かったです・・・。

案の定、突然おじいちゃんは飛び出しました。 私も「えっ、このタイミングで?」と思いながらも、すぐに後に続こうと思いました。がっ、おじいちゃんは物凄い機敏な動きで重そうな屋台を引きながらピューっと一気に駆け抜けてしまったのです!車はビュンビュン走っているのに、これがまた上手く抜けて行くんですよ。ホント一瞬にして向こう側へ。なんて身軽なのぉ!?

もう、後に続くどころではありませんでした。あれは自殺行為です。

あの速さ、あの勇気、おじいちゃん、ただ者ではないね・・・私には絶対に出来ませ〜ん

そんなこんなで初日は深夜2時近くまで遊び、タクシーでホテルへ帰りました。(終電は24時頃みたい)

後で気が付いたんだけど、韓国は横断歩道や歩道橋がないかわりに、地下が通れるようになっているのね・・・

 

 



dolly28 at 14:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 韓国 

2007年02月10日

キャロットケーキ

キャロットケーキ 最近にんじんが安いので、シドニーのカフェでよく食べた キャロットケーキ の味を思い出しながら、再現してみました。

 向こうのものより、甘さは控えめになってます☆

 

1、ボールに卵2個、砂糖130gを入れてよく混ぜます。

2、混ざったら、すりおろしたニンジン150g(中一本)を加えて混ぜ、サラダオイル120ccも加えて混ぜます。

3、ふるった粉類(薄力粉175g、べーキングパウダー小さじ1、重曹小さじ1、シナモン小さじ1、塩 少々)を入れて、さっくり混ぜます。レーズンやクルミを入れる場合は、ここで入れます。

4、型に入れて170度で45分焼きます。(型はパウンド型でも丸型でもOK)

    

     〜焼いている間に、上にかけるフロスティングを作ります〜

 

5、やわらかくしたクリームチーズ120gに砂糖30gとレモン汁小さじ1 1/2を入れて混ぜます。

6、ケーキが冷めたら、上からフロスティングをかけて完成です♪

 

海外で食べるキャロットケーキは、日本人にはちょっと甘すぎますよね。

これはシナモンがきいていて、クリームチーズフロスティングが良いアクセントになってます。

フワフワ&しっとりとしたケーキに仕上がりますが、半日以上置いたほうが更にしっとり感が増して美味しくなりますよ〜♪

友達にあげても喜ばれるキャロットケーキです。入れたてのコーヒーと一緒にどうぞ

    

   

    



dolly28 at 00:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0) recipe 

2007年02月08日

やわらかい生活

picture優子(寺島しのぶ)は、両親と友達の死をきっかけに躁鬱病を患っていました。会社も辞めて両親の保険金で、東京に一人暮らしをしています。

ある日、Webで痴漢趣味の男(田口トモロヲ)と知り合い、「粋がなくて、懐かしい街 蒲田」へ居心地の良さを感じて越してきます。優子は街の写真を撮ってはWebに公開しているのですが、やがて鬱病のやくざ(妻夫木聡)と出会い、EDの元同級生(松岡俊介)と再会し、離婚問題を抱えて家を飛び出した従兄弟の祥一(豊川悦司)までもが転がり込んできます。彼ら4人の男との交流から、少しずつ優子の心がやわらかくなっていく様子を描いています。

監督は廣木隆一、脚本は荒井晴彦、主演は寺島しのぶ。 これは『ヴァイブレータ』と同じメンバーですね。

毎日頑張ってるあなたへ、たまには肩の力を抜いてゆっくり生活してみませんか?
みたいなのがこの映画のウリのようですが、私は映画を観終わってから暫くの間は頭が混乱してしまい、言葉に出来ないくらい深い寂しさと切なさでいっぱいになりました。

確かに虚無感と開放感が交差する映画ではあるのですが、私の場合、優子に共感できた・感情移入できた、とかそういう感じではなくて、もっと心の奥深い部分で彼女とリンクしてしまったような感覚になったのです。

だから「やわらかい生活」が終わり、最後に再び優子が一人ぼっちになってしまった時は、これから彼女は生きていけるのだろうか、喪失感しか残らないのではないか、という思いでいっぱいになってしまって・・・。

大切な誰かを失うことの大きさや怖さがじわじわと押し寄せてきました。でも、それでも、人は強い心を持って生きていかなくてはいけないんだよ、ということを伝えているのだと思います。

おそらく、同じ人でもこの映画を観る時の年齢や経験、環境によって捉え方が全く違う映画になると思います。もしかしたら、今度は元気や優しさを多く感じるかもしれません。だからこそ、今のこの感情をブログに綴っておきたかったのです。

時間が経ったらもう一度観てみたい、とても印象に残る良い映画でした。

 

一つ、トヨエツが語るお気に入りのシーンがあるので紹介します。

むかしむかし、あるところに‘うどん’という名前の金魚と‘そば’という名前の金魚がおりました。
二匹はそれとなくしあわせに暮らしました。

 

・・・心にしみました。

 



dolly28 at 01:24|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 映画 

2007年02月05日

海鮮亭 高はし

大宮にある 埼玉県魚市場 へ行ってきました。

今回の私の目的は、市場内にある定食屋さん 海鮮亭 高はし 穴子一本揚げ(50センチ)を食べること。

ここのお店は日テレでも紹介された、有名なお店なのです☆

ランチや週末は行列も出来るみたいですが、私が行った時間帯は待たずに入れました。

早速席に着きメニューを見ましたが、も〜ビックリです!

全てが大きいんです!エビフライもアナゴもどんぶりもっ!!!

海鮮丼

 特大!本アナゴ一本定食(中落ち付き)にしようか、海鮮丼定食(アジフライ付き)にしようか迷ったのですが、欲張りな私は両方食べたくなってしまいました。

 ということで、海鮮丼定食にアナゴ一本揚げも注文で〜す。

アナゴ一本揚げの大きさには感動しましたよ〜。

海なし県の埼玉でも、新鮮な魚介類が食べられるなんて嬉しいです♪

今度は超ジャンボエビフライ(35センチ)に挑戦してみたいなぁ〜

 

 

海鮮亭 高はし ( 吉野原 / 魚料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



dolly28 at 21:56|PermalinkComments(5)TrackBack(0) グルメ 

2007年02月03日

恵方巻き

恵方巻き今日は節分なので、 恵方巻き を作りました。

今年の恵方は北北西ですよね。

北北西を向いて、丸かぶりです☆

 

1、寿司飯に合わせ酢を掛けて、しゃもじで手早く混ぜます。

2、巻きすに海苔を置き、寿司飯を広げます。

3、真ん中に、卵焼き・まぐろ・かに・しいたけの煮物、などなど好きな具を入れます。

4、一気に巻き、形を整えます。

 

画像は太巻きを切った状態ですが、本来はそのまま一本を丸かぶりなんですよね〜。

それにしても、この風習っていつ頃から始まったんでしょうね?

私はずっと関東にいますが、子供の頃はなかったような気がします。

でも、こういった伝統は大事にしていかないと!(←イベント大好き)

これで、厄払いもOKですね♪

 



dolly28 at 22:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日記 

2007年02月01日

ありがとう

flower  カフェで働く仲間達

 

  それから、英語教室に通ってくれた子供達

 

  みんなに出会えて本当に良かった

 

  言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです

 

 

                 ありがとう

 

 



dolly28 at 23:11|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 日記