2012年03月

2012年03月25日

卒業

先日、娘が卒業式を迎えました。

IMG_6347

卒業おめでとう。

卒業証書を受け取って、教室では先生から最後の通知表をもらって、私もじわじわと実感してきました。

あ〜、卒業したんだなって。

IMG_6360


でも卒業してからも吹奏楽部には毎日行って、朝から晩まで練習の毎日でした。

それは最後の演奏会のため。

DSCF1968


そしてその演奏会も今日無事に終えることが出来ました。


厳しい部活に入ったおかげで、この3年間はとても実りある時間を過ごせたと思う。

1年生では学校と部活に慣れるのに必死で。

2年生では部長に選ばれ、先生と生徒の間で皆をまとめていくのに必死で。

3年生では受験を控えながらも10月に入るまで部活を引退出来ず、また11月は合唱コンクールの伴奏で毎日ピアノの練習。
その後塾にもやっと通うことが出来、他の子よりだいぶ遅れをとって受験勉強に集中しました。


春からは新しい場所で新しい友達を作って新しい事を学んでいきます。

これからは勉強と部活の両立がますます厳しいものになってくるけど、持ち前の根性で己を信じて己の道を切り開いていってほしい。









dolly28 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2012年03月22日

【飛行機編】ミステリーツアー

某旅行会社で申し込んだミステリーツアーの内容は、一泊二日飛行機で行く温泉の旅。

行き先は一週間前になって連絡がありました。

今回の旅は石川県の加賀温泉に決定


羽田8時フライト、現地には一時間で到着しました。

飛行機からは富士山、南アルプスがくっきり見えます。美しい〜。


DSCF1882DSCF1883

到着してからは自由行動。

ってことで、最初に訪れましたは九谷焼釜跡展示館

DSCF1884DSCF1885

なんともタイミング良く普段は焚かない錦釜を焚いていて、体験までさせてもらいました。

DSCF1886DSCF1892

お次に訪れたのは那谷寺

幻想的な雪とお寺とが見事にマッチしててとっても綺麗でした。

って実はここに行く時に、バスに乗り遅れてしまうという最悪なハプニングが起きたのですが、親切なおじさんが声をかけてくれてお寺まで乗せてってくれました。

歩き疲れて途方に暮れていた時に人の優しさに触れて泣きそうになりました。


DSCF1900DSCF1903

DSCF1910DSCF1912

お寺の後はガラス館へ移動。今度は大丈夫(笑)

ここはビール館・お菓子館なども併設されています。

DSCF1917DSCF1915

夕方になったのでホテルにチェックイン。ここでは広いお部屋が一つ空いたからとグレードアップしてくれるというラッキーな出来事が。

お部屋は広いし、お食事も個室だし、温泉満喫だし、このミステリーツアーは当たりだわ♪

DSCF1924DSCF1925

次の日はホテルの周辺をブラブラ散歩。

DSCF1929DSCF1937

足湯があったり日帰り温泉施設がありました。

DSCF1941DSCF1940


DSCF1944

お昼には小松空港まで戻り帰路に就きました。



いや〜、ミステリーツアーってどんな物かと思ったけど、かなりお得な内容になっているんですね。

前にシドニーの旅行会社でミステリーツアーを申し込んだら、グレートバリアリーフのハミルトンアイランドという奇跡を体験させてもらったことあるけど、日本国内のミステリーツアーもとっても良くできていると思いました。

また機会があったら利用してみようと思います♪













dolly28 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ぶらり旅 

2012年03月14日

フランク・マッコム@コットンクラブ

先日、Frank McComb のライヴにコットンクラブへ行ってきました。

初コットンクラブでしたが、生憎の雨、おまけに右足を痛めていて、びっこを引きながら急いで会場へ向かいました・・・が。

到着したら既に始まっていました

会場内はセレブな雰囲気でなんだか緊張しちゃう。

ドリンク頼んで落ち着いてからよく周りを見てみると、お食事をほぼ食べ終えているような人もいました・・・。いったい皆さん何時頃に来たんだろう?

会場

ステージは客席から近くどこの席からでも見えるので、より一体感を感じられます。

ちなみに私達の席は左側のボックス席で、ステージの行き帰りにはアーティストが通りました。

なのでライブ後に通った時には握手が出来ましたよ♪


そしてライヴの中身。

あ、私、一週間前から彼の音楽を聴き始めた初心者なので、初心者目線から観た感想を書きます^^;

まずフランクは左側でキーボード&ピアノ、真ん中はベース、右側はドラムという立ち位置。

演奏はそれぞれが本当に素晴らしく、洗練されたしなやかな歌声はもちろんのこと、力強さの中に感じる繊細さ、今まで私が観てきたライブとはまた違う独特の世界であり音でありました。

演奏中はオーラ全開なのに、歌の途中途中でフランクが笑いながらおしゃべるする姿も楽しかったです(笑)


そしてそして、なんとライヴ後にはサイン会が始まり、握手に2ショット写真まで撮ってもらえました!なんてサービス精神旺盛なの♪

サイン

かなり気さくな人柄で、私が名前を言ったらそこから話題を広げてくれるし、あ〜ん、もっと話しかければ良かったな〜なんて。

私、嬉しくて舞い上がっていましたね

生フランクを見て聴いて、ますます好きになってしまいました。


↓↓↓こちらはコットンクラブでのライヴ映像。あの感動がよみがえる〜^^

http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/120307_frank/







dolly28 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライブ 

2012年03月11日

あれから一年

橋


もうあれから一年が経ったんですね。

あの日、私は会社の9階で仕事をしていて地震に遭いました。

とてもとても長い揺れで、周りの物が四方八方から倒れてきて、私は机の下にもぐっていました。

エレベーターは止まっているので非常階段で下へ下り、他の階の人と声を掛け合いながら安心を得ようとしていました。

その後電車は止まり、メールも電話も繋がらず、心細い気持ちでいっぱいになりながらひたすら家に向かって歩きました。


あれから一年、同じルートで歩いてみました。

この橋も家へと向かう人達でいっぱいでした。


橋

あの日に起こった出来事は鮮明に思えているし、実は日常を取り戻した今でもしんどくなる時が時々あります。

それほど心のダメージは大きくて。。。


今また首都直下型地震等騒がれていますが、去年の経験を心に留めて、震災への心構えや備えをしておかなければいけないのだと感じています。





dolly28 at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2012年03月03日

【バス編】ミステリーツアー

前から気になっていたミステリーツアーに参加してみました。

今回は日帰りバスツアー。 行き先はわかりません。 

このワクワク感がミステリーツアーの楽しみの一つと言えるでしょう。

朝7時に集合場所へ到着。

大型バスに乗り(席は決められている)、首都高を走ると今度は中央道へ入りました。 

この辺りでなんとなく山梨方面かな〜なんて予想がついてきました。



数時間後に第一の目的地、日本三奇橋の一つである猿橋へ到着しました。

珍しい構造で、橋脚を使わず四層のはね木によって橋を支えています。

猿橋猿橋

橋の下にはちょっとした散歩コースがありました。

雪が残っていて空気はひんやり、澄んだ川色と水音に心が洗われるようでした。

再びバスに乗り、一時間弱走ると、次に到着したのはリニア見学センターでした。

乗り物系はあまり興味がなくて・・・リニアモーターカーと言っても上海の移動で利用した時の思い出しかありません。

いつかは東京〜大阪間を一時間で結ぶ乗り物になるそうですが、詳しい事は私にはわかりません^^;

リニアモーターカー


そしてそして、お次に到着したのは酒遊館という酒蔵。やった〜、飲食系はテンション上がるっ(笑)

ちょうど喉が乾いてきたところだったんですよね、なーんて。 

ここでは試飲がたくさんできたけど、その分ワインやおつまみ等色々買ってしまいました。

酒屋

お酒を飲んで良い気分になったら、次に向かったのはランチ♪

ずわいがに食べ放題に、しゃぶしゃぶ、ほうとう等々食べきれないほどの量でした。

さすが山梨の名物だけあってほうとうは美味しい!野菜たっぷりで私の一番のお気に入りでした。

カニほうとう

お腹が満たされたところで、恵林寺を散策。

恵林寺

そして次に向かったのはトルマリン工房&武田神社。

武田神社

ラストは大好きなハーブ庭園まで! 

ハーブ園庭園

シクラメン

案内してくれるお兄さんはユーモアがあって話が上手くて、ここでも色々な物を買ってしまいました。

これもまた旅の楽しみでもありますよね^^


日が暮れる頃に向こうを出て、東京に着いたのは20時半頃だったかな〜。

個人で行ったらここまでは周らないだろうというくらい、内容盛りだくさんのミステリーツアーでした。

山梨は実家の秩父から近いので10年ぐらい前までは毎年のように行ってたけど、今回久しぶりに訪れることが出来て懐かしい気持ちと新たな発見とで、とても楽しむことが出来ました。














dolly28 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ぶらり旅 

2012年03月01日

ホットク

韓国に行った時に買ってきたホットクミックスを使ってホットクを焼いてみました。

ホットクとは韓国の屋台おやつで、もちもち生地の中に熱々餡が入った韓国風おやきです。私の大好物^^

パッケージ

どれが美味しいのかわからないので目についたものを適当に購入。

Samyang社のホットクミックス(胡麻入り)です。

箱の中身は 生地300g、中身(黒糖、シナモン、ナッツを混ぜたもの)150g。


たくさん作っても食べきらないので、半量で作ってみました。


1.ボウルに生地150g、40度のお湯85cc、入ってないけどイーストも2g入れてみました。(ハングルが読めないので作り方を検索したら、イーストを使っているレシピが多かったです)

  木べらで5分混ぜます。

生地


2.生地を4等分に分け、平たくして、餡を入れて包みます。おまんじゅうを包むやり方と一緒です。

  左は餡、右は生地を形成してフライパンに入れたところです。

あん包む


3.フライパンに油をひいて、弱火〜中火で両面焼きます。

  この時先に包んだ方を下にして焼きます。

  生地を丸く平らに焼く押し器があればいいと思ったけど、なかったのでマッシャーとフライ返しとおたまを使って焼きました。工夫ですね・・・(^^;

焼き


4.焼きあがりはこんな感じ ↓ 
  
  押してたら中身が出ちゃいました(笑)

  もう少し焦げ目をつけても良かったな〜。売ってるのと同じ大きさにしたら半量で4枚焼けました。

焼きあがり完成

  
本場物には負けるけど、やっぱり熱々の焼きたては美味しい〜。

前にホットクミックスを使わないで生地から作って大変な思いをしたけど、こんなに簡単で美味しい物が出来るならホットクミックスに頼るのも手ですね。

今度は一番評判のいい白雪(ベクソル社)のホットクミックスを買って作ってみようと思います♪



dolly28 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) recipe | 韓国