2012年05月

2012年05月29日

上海〜3日目〜

3日目です。

午後2時にはツアーバスがピックアップに来るので、9時にチェックアウトを済ませスーツケースをフロントに預けると向かった先はショッピングモール。

数あるショッピングモールで私が行ったのは 大寧国際商業広場 という敷地面積5.5万平方メートルの巨大なモールです。地下鉄1号線の延長路駅にあります。


DSCF2237DSCF2238


レストランはサイゼリア等のなじみある日系のファミレスから高級中華まで様々。ファストフードやカフェもたくさんあります。

ファッション、家電、映画館、大型スーパー、ホテルまでも入っているのでここで一日過ごせますね(笑)

ちなみにスーパーへ行くと私は毎回中国ワインを買うのですが、今回は張裕ワインを2本買ってきました♪(中国三大ワインメーカー:張裕葡萄酒、長城葡萄酒、王朝葡萄酒)


お昼過ぎにホテルへ戻り、荷物整理が終わると迎えのバスが来ました。

帰りは「アーティスト」を観たりして。。。

DSCF2240

行きより飛行時間は30分ぐらい短かったかな?

DSCF2241

初めてツアーで行ったけど、やはり1人だと送迎があるのは楽ですね。

また機会があったらツアーにしてみよう〜。

dolly28 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 上海 

2012年05月22日

上海ネット事情

私が今使っているのはauのXperia acro IS11Sというスマートフォンなのですが、海外でのパケット代は1日2000〜3000円とかなり高いので現地の無料Wi-Fiを使うことにしました。

初めに上海はエリアをCDMAでなはくGSMネットワークに設定します。さてさて上海ではどの程度使えたのでしょうか?

まず、市内はフリースポット天国となっています。韓国と同じですね。

空港、主要ホテル、カフェ、レストランはもちろんのこと(店員さんにパスワードを聞けば教えてくれます)、街を歩いているだけでどんどん電波を拾ってきます。というのは、道路に沿って数十メートルおきにある公衆電話に無線LANを設置しているからなんです。

携帯電話の普及で影の薄くなっていた公衆電話にも新たな役割が出来たわけですね^^

そこで私も接続を試してみました。

・・・が、全く繋がりません。

CHINANET、 CHINA MOBILE、この辺りは電波が強くて一応画面には接続中と出るのですが全く繋がらないのです。

こんな感じで ↓ Wi-Fiの電波状態はいいんですがね。。。

screenshot_2012-05-03_1624


なんでだろ〜と思ったら、まず日本国内でSIMロック解除して中国でSIMを買わなければ使えない仕様になっているんですね。またはWi-Fiルーターをレンタルするか、または現地でプリペイド携帯を買うか。。。

ブラウザの最初の画面は出てくることもありましたがどれも有料のようでした。(中国語なのでわからない) はっきり言って街中の無料Wi-Fiは私のスマホでは使い物になりませんでしたね。

あ、でもメールが届いた時には「サーバーにメールがあります」のメッセージが届きました。受信はできないけど。

↓ 左上に「Eメールが届いてます」のお知らせがきてますね。
運がいい時は受信出来ることもありました。
または受信は出来ても送信が出来なくて、未送信ボックスに残ったままとか。不安定でややこしや〜。

ちなみにCメール(ショートメール)も街中では受信が出来るけど送信は出来ませんでした。

screenshot_2012-05-03_1613screenshot_2012-05-03_1612

なぜかホテルのロビーだけはメールもネットもサクサク繋がりましたし、Viberを使うと無料通話も出来ました。

でもSkypeはダメでした。
もしかしたらSkypeはau版Skypeだったからダメだったのかも・・・。本家Skypeは海外で繋がるという情報もあります。

TwitterやYouTubeは見る事が出来ないのでFacebookを見てみたけど、やっぱりずっとグルグル回っててダメでした。(これは中国側の問題か)


screenshot_2012-05-03_1524screenshot_2012-05-03_1529

で、ネットに関しては結局最終的には使用を避けていたau Wi-Fiを使っちゃったりして。これなら完璧だけど時間気にしながらやらないと怖いですよね

screenshot_2012-05-03_1625

ここで国内外を比較してみると、日本国内は有料サービスに加入してないとWi-Fiが使えないのがほとんどですが、海外はむしろ無料Wi-Fiがないとお客さんが来ないということをアピールしていることがわかりました。(お店の外壁や窓に大きくFree Wi-Fiと書いてある)

グアムもカフェなどはFreeWi-Fiがありましたが、韓国・中国に比べるとまだまだ少ないです。

日本はそれ以上に少ないとなると、逆に外国人観光客は苦労しているのでしょうね。。。

お店の回転率が悪くなる等の問題はあるのでしょうが、もう少し日本も外国人観光客に優しい環境が出来てもいいのではないかと思いました。

話がそれてしまいましたが、次回上海に行く機会があったら今回の経験を踏まえて準備万端にして行こうと思います。













dolly28 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 上海 

2012年05月20日

上海〜カフェ〜

前回の記事と時間帯が前後しますが、このカフェは単独で紹介します。

2日目に一仕事終えてカフェへ向かった時のこと。

ここで超穴場スポットに出会えたんです!

場所は上海のど真ん中、人民公園に隣接する上海美術館の5階の Kathleen's5 というレストラン&カフェ&バーです。時計台の下に位置します。

私はアフタヌーンティーで利用。

DSCF2216

緑豊かな人民広場と南京西路を見渡せる絶好のロケーションで、ここはホントに中国かと思うほど静かな空間でした。たまたま行った時間帯もあると思うけど、喧騒から離れてホッとしました〜。


DSCF2206DSCF2207

室内とテラス席、奥はバーカウンターもあるのでその時の気分で違った雰囲気が楽しめます。

ちなみにお客さんは80%が西洋人でした。


上海にはおなじみのスタバやCosta Coffee等のコーヒーチェーンが多々進出していますが、た〜くさんの気になるカフェがありました。

いつかカフェ巡りしたいな〜。






dolly28 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 上海 

2012年05月19日

上海〜2日目〜

2日目朝イチに視察を兼ねて向かったのが The Cool Docks という新観光スポット。

ここはレンガ造りの工場跡地をリノベーションした、芸術家の事務所や国内外の企業が入る異国情緒たっぷりなオシャレでモダンなエリアです。とはいってもまだまだ工事中の部分もありますが・・・。


DSCF2187DSCF2196

オープンしている飲食店もあります。

DSCF2189DSCF2191

DSCF2194

このエリア、今後絶対熱くなりますよ〜。要チェックです!


そして2日目だけど上海最後の夕飯はマリオットホテルの隣?中?の2階にある唐朝酒店(明天店)へ行きました。

DSCF2213


ここでどうしても食べておきたかったのが佛跳牆(ぶっちょうしょう)という、僧侶がスープの香りにつられて壁を飛び越えるほど旨いと言われるスープです。

去年北京で食べたときとは見た目も違うけど味もまた全然違うおいしさ。

アワビ、ふかひれ、なまこ・・・中華の代表食材がゴロッと入っていて何時間も煮込んだスープはトロトロ、なんとも奥深い味なのです。

細胞が生き返るようです。浄化される〜。


DSCF2226DSCF2227

食後に向かったのは私の大好きなエリア新天地です。
バーで飲みながら行きかう人々を観察をするのが好きなんです(笑)

DSCF2229

オープンテラスが並び、歩いていると生演奏が聞こえてくる、西洋人比率高めのオシャレなエリアです。

ここにいる人はみんな笑顔で友達や家族、恋人と幸せな時を過ごしていて・・・。この開放的な雰囲気が自分の悩みなんてちっぽけなものに感じさせてくれるんです。

新天地でたくさんのパワーを吸収して、幸せ気分で眠りにつきました。












dolly28 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 上海 

2012年05月17日

上海〜1日目〜

少し前の話ですが、GWの中盤は2泊3日で上海出張に行ってきました。

今回は1人なので空港からホテルまで送迎付きのツアーをチョイス。このツアー、初日は市内観光付きということで観光気分も加わりちょっと楽しみ♪

なーんてウキウキしてたら、出発直前に旅行会社から電話がかかってきて「こちらのミスで、二日目も一緒に観光してもらわなければならなくなった」と。

二日目は仕事なので無理だと言ったら、現地の旅行会社を説得してくれて初日の観光も無しだったらOKで、更に迷惑をかけたお詫びに帰国日の便を遅い時間にしてくれました。

成田で自動チェックイン。
今回はANA利用ですが、好きな席もその場で選べるし、私はこのタイプが好きです。

DSCF2146








そして3時間半のフライトです。
個人用モニター装備&機内エンターテイメントもかなりの充実度で満足。

ずっと見たかった映画「しあわせのパン」を見れてラッキーでした♪

DSCF2147








午前便で行ったのでお昼に到着。

でも降ったりやんだりの霧雨で、上海ヒルズも隠れてしまうほどのどんより曇り空でした。

DSCF2149DSCF2150










ツアーバスに乗り込み、先に私だけホテルで下ろされるのかと思いきや、ガイドさんが一カ所だけ通り道なので観光箇所を回りたいと言ってきました。

元々初日はのんびりする予定だったので、逆にラッキーみたいな感じ(笑)

外灘(バンド)エリアでブラブラしてると、花嫁さんが写真を撮っていました。ポーズもばっちり〜♪

DSCF2153BlogPaint

ホテルはちょっと外れに位置するミンデグランドホテル(上海銘徳大酒店)でした。

DSCF2174DSCF2161










朝食のバイキングで観察してみたら、半分が中国人、4割西洋人&東南アジア人、1割日本人って感じでしたね。

フロントは英語通じます。ホテル内のレストランやカフェの従業員は片言の英語は話せるみたいで、中国語が全くわからない私でも大丈夫でした。

お部屋は落ち着いててよかった。でもFree WIFIを使えるのはロビーだけなのが残念。

DSCF2162DSCF2163







9階から見える夜景。夜は静かです・・・。

DSCF2167DSCF2182







そうそう、この日は去年会社を辞めて今は上海に留学しているUさんと再会することになっていたのですが、わざわざホテルまで来てくれました。

ホテルから地下鉄が近いので乗り方を教えてもらったり、気をつけなければいけないことなど色々とアドバイスいただきました。

DSCF2168







彼は47歳にして留学を決意したとっても前向きな人。今後も頑張ってほしいですね。応援していま〜す!







dolly28 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 上海 

2012年05月13日

Char@新国立劇場



野音で見てから日にちは経っていませんが、5月5日に新国立劇場という立派な場所で普段とは違った雰囲気のライブに行ってきました。

こちらの会場はオペラやバレエで使われるようで、ホールまでのアプローチ両サイドにはロココ調の衣装が飾ってあって上品で綺麗。もっとゆっくり見たかったな〜。

さて、今回のメンバーはドラムの古田さん、ベースの澤田さん、スチールパンのトニー(12月の時にも参加してた人らしい・・・)も加わり、4人でのアコースティックなライブとなっていました。

新曲「立派なスリッパ(邪魔なパジャマ)」を披露してくれましたが、おもろいタイトルと違って格好いい曲でした(笑)

座席がゆったりしていて、最後の方まで立つことなくまったり鑑賞。

アンコール(Charいわく残業)はSmoky等おなじみの曲だけど、いつもと違った感じでまた良かったです♪


最後にはお土産のピックまでもらえました。

DSCF2251

終了後は余韻に浸りながら高揚した気持ちで新宿まで散歩。

空には大きなスーパームーンが輝いていました














dolly28 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライブ 

2012年05月04日

芝桜@羊山公園

ゴールデンウイークは久々に秩父の実家へ帰りました。

この時期の秩父と言えば芝桜は外せません。

DSCF2140

4/29で八分咲きだったかな?

DSCF2136

今年は連日フジテレビの「ノンストップ!」で秩父特集をしていましたね。

司会を務めるバナナマンの設楽さんは秩父出身なので、昔話もおもしろおかしく紹介していてとても興味深かったです。今まで以上に親近感が沸きました^^

それにしても設楽さんって農工出身で学年は私と一つしか変わらないとは。

農工生とはよく遊んでいたのでどこかで繋がるような・・・。
それが秩父です。悪いことは出来ません(笑)


芝桜に戻って、画像はB級グルメで有名になった味噌ポテト。珍しい鹿肉メンチもありました。

DSCF2143DSCF2134

今の秩父市内は あの花 のコスプレをした若者達がたくさん歩いていたり、あの花の絵が描かれた車が走っていたり、数年前には考えられない光景が次々と目に飛び込んできます。

活気にあふれている秩父を見るのは本当に嬉しいの一言!

たくさんの人が訪れてくれることに感謝です


オマケは実家のワンコの爆睡画像。
仰向けで白目を出して寝るのがお気に入りです(笑)

DSCF2131









dolly28 at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 秩父