前回、反省点で終わっているのもあれなので・・・。
当日の様子を写真でご紹介しつつ、
私たちのやった演出について、私の個人的感想を載せておこうと思います☆

【ブーケトス】
41
やっぱり定番なので、やって損なし。
ただし・・・すっごく苦手な人とか嫌いな人とかがキャッチする可能性が
ある場合は要注意デス。絶対に写真撮影があります!
42
いや、そんな人来ないか。。

【ケーキカット&ファーストバイト】
49
これはまぁ、やらない人はいないですね。
ただし・・・!タルトはオススメしません!!!(笑)
新婦→新郎 へは大きなひとくち、ですが、
会場によってはスプーンを用意してくれるところも。
私はフォーク+タルトで悪戦苦闘でしたヨ・・・。

【お色直しについて】
47
私はドレスは変えずに、ヘアとブーケのチェンジのみだったのですが、
結局一度ドレスを脱いで、お手洗いに行って、
着替えた後は写真撮影が待っているので、
ドレスを変更した場合も中座時間そのものは大して変わらないのでは?と思いました。

ただ、前半は本当にあっという間の出来事だったので、
とても気に入った白ドレスがあったなら、チェンジなしもひとつの選択だと思います。
私は変更しなくて良かったと心から思っていますよ~

逆に、着てみたいカラードレスがあったなら、
中座の時間についてはそれほど悩まなくて良い部分かな、と思います。
みんなプロなので、すごい速さでチェンジしてくれますよ

【生演奏】
43
親戚に弦楽をやる人がいたので、生演奏をお願いしました。
BGMとしても、もちろん良かったですが、
ぎりぎりになって新郎新婦が打楽器で参加して一緒に演奏するという
演出を加えました。これがとても良かったです♪
踊りだす人がいたりして、楽しくにぎやかになるし、印象的になったと思います

【映像について】
私は部屋を暗くしたくない、というのと
あまり自分たちの写真を見せびらかす演出に好感が持てないという理由から
スライドや映像の類はまったく行いませんでした。
映像というのは、とても強いものですから、諸刃の刃だと思います。
特にエンドロールムービーは、結婚式の印象そのものがそれに塗り替えられてしまう。

かつて私が出席した披露宴で、とても良い仕上がりのエンドロールムービーが流れたのですが、
それがあまりに印象的すぎて、本当の式はどうだったかが、どうしても思い出せません。
それが良いのか悪いのかは一概に言えませんが、
私の場合は、それは避けたいと思ったのです。

実際に、全ての映像的演出を除外してみて、
特に間延びしたり演出に不足があったという気はしていません。
まぁ悪い感想を本人たちに言う人もいないと思いますが(笑)
プロフィールも司会者の方の口頭紹介のみに留めました。

ムービー撮影も依頼しなかったのですが、カメラ動画など撮っていた人がいたので
それをいただきました。このくらいで十分です!

【テーブルラウンド&タイムカプセルキャンドル】
48
テーブルラウンドは、はじめから絶対やると決めていました。

ただ単に写真を撮りに伺います、というのでも良かったのだけれど、
私たちは「タイムカプセルキャンドル」というイベントにひっかけてテーブルラウンドをしました。

キャンドルに皆さんに書いていただいたメッセージカードを入れて、
キャンドルに点火することでカードを封印し、
毎年記念日に10分間、そのキャンドルを灯すと10年後にメッセージが読める、というもの

45
テーブルラウンドでメッセージを回収して、最後にキャンドル点火をするので、
展開に無理がなく、空気にメリハリができてよかったと思います。
点火のシーンは、やっぱり絵的に良いので、記念になります

【新婦からの手紙と花束贈呈】
50
これも定番のプログラムですが・・・。
実ははじめは、手紙ではなく新婦より全体へ向けてのスピーチにする予定でした。

でも、考えているうちに、それって逆に難しい・・・?!と気付きました。。
斬新なことはせず、どこまでもアナログで古風なプログラムにまとめたのだから、
やっぱりここも変にひねらず、オーソドックスに行こう、と思いました。

結果としては、やって良かったなぁ~と思います。
こんな機会、なかなかないし。概ねゲストにも好評だったようです。

私は、MIKIMOTOのフォトフレームと置時計をそれぞれ両親に。
彼は、ロイヤルコペンハーゲンのペアプレートをプレゼントしました。
このプレゼント選びは、最後の最後になって難航しましたよ~~
「結婚式で渡す両親へのプレゼント用」に作られたものは、
生まれた時の体重ベアとか~~びみょう~~なものが多くて・・・。

最後には、何をあげたって記念になるんだから、専用のものでなくていい!
別に両家が同じじゃなくてもいいや!本当に喜んでもらえるものにしよう!
と割り切り、誕生日プレゼントを選ぶくらいの気持ちで選びましたよ

【花束のお土産】
44
各テーブルに飾ったお花を、3000円で持ち帰り仕様にできるという
サービスがありました。
お花のプランの都合で、最後につけ足したのですが、
とても喜んでもらえたので、やって良かったなぁ~と思います

テーブル数=花束数なので、誰に渡すかが難しいところでしたが、
女性ゲストに絞ってその場の雰囲気で配って、ちょうどよく収まりました。
2次会に出ないゲストや、特に協力してもらった友人などに渡しました

それから、受付やスピーチをしてくれた友人、
会場の担当プランナーさんに、プチギフトとしてハンカチをプレゼントしました
これも直前になって気付いたので、あたふたしました~。

今思えば、フラワーコーディネーターさんや、エステの担当さん、ドレスショップの担当さん・・・
一緒に写真を撮ってもらえばよかったな~。
当日はいらっしゃらない方もいるので、結婚式が終わればもう会うこともない人たち・・・
これで最後になるのかという意識がなく、いつのまにか終わってしまい、
ちょっと寂しい気持ちになりました。司会の方とも撮らなかったなぁ~~
でもいつ言い出せばよかったのか。それどころじゃなかったので、仕方ないですね。

さて、思いつくまま書いてしまいましたが、
これから式を挙げられる方に、何か参考になれば幸いです