2011年01月09日

VirtualPT 要望・バグ報告

要望やバグ報告は当面このページのコメントで受け付けます。要望や不具合を発見しましたらぜひお知らせ下さい。


視聴・録画ソフト別注意点
[TVTest]
  • チャンネルスキャンを行う場合のオススメ設定は、「サービスを検索する」はチェックする、「信号レベルを無視する」はチェックしない、「チャンネル切り替え時の待ち時間」は「2秒(Plex PXシリーズの場合は+1秒、TCP-IP経由の場合はさらに+1秒)」、「チャンネル検出の最大待ち時間」は「10秒」です。
[EpgDataCap_Bon]
  • EpgTimer_Bonをサービスに登録していて電源投入後即録画が開始するとクラッシュする場合、EpgTimer_Bonのスタートアップの種類を「自動(遅延開始)」にすることで改善される可能性があります。
  • 起動時のチャンネルを変更せずにしばらくすると、受信が停止することがあります。調査したところ、複数のEpgDataCap_Bonから1つのDLL(BonDriver_VTPT.dll)にアクセスした場合、チャンネルの変更をしていないにも関わらず、チャンネル番号0-0への変更指示が出るようです。チャンネル拡張モードでは、この現象が発生した時は無視するようにしましたが、チャンネル互換モードでは、DLLをチューナー毎にコピーする等してください。
[TvRock]
  • チャンネル互換モードは内部チャンネル番号(BonDriverチャンネルインデックス)が0から始まります。チャンネル拡張モード(拡張モードBも)は内部チャンネル番号(BonDriverチャンネルインデックス)が1から始まります(あえて0にダミーのチャンネルを定義しています)。なので、TvRockチャンネル番号も1つずれます(拡張チャンネルの方が+1です)のでご注意ください。地デジでは拡張モードを使うことで何かメリットがあるわけではないので互換モードを使用した方が無難かもしれません。
[RecTest]
  • RecTest(ver0.3.1時点では)はBonDriver内部チャンネル番号(BonDriverチャンネルインデックス)をプログラム固定で定義している為、拡張モードでは正しく動作しません。録画プログラムにはTVTestを/nodshowオプション指定で使用してください。※どうしてもRecTestを使用したい場合、「どうしてもRecTestを使用したい場合」を参照してください。

これまでに要望があったもの
  • 独立U局対応(チューナー別の受信チャンネル設定) → ver1.09で対応
  • PLEX PX-W3PE対応 → ver1.09でPLEX PXシリーズに対応
  • 初心者向けページ → VirtualPT設定例カテゴリを追加
  • BCASカード性能測定ツール
  • サービス別受信設定に「デジタル音声」「データ放送」を追加 → ver1.14で対応


domamemo at 23:06コメント(154)トラックバック(0) 
VirtualPT 

トラックバックURL

コメント一覧

154. Posted by Doma   2012年08月20日 22:44
Naka様

pt3Timerは専用BonDriverが必要だと認識しております。pt3Timerについては詳しくありませんが、他のBonDriverと同様だとするとVirtualPTがアクセスしているチューナーは他のBonDriverからアクセス出来ません。又、他のBonDriverでアクセスしているチューナーはVirtualPTからアクセス出来ません。
153. Posted by Naka   2012年08月20日 20:12
PT3

サーバー:

pt3Timer

TVTest

クライアント: 

TVTest

で運用していますが、サーバーで録画・視聴中、クライアントで何も視聴できません。

また、クライアントで視聴中はサーバーで録画・視聴できません。(BonDriverの初期化失敗のエラーがでます。)

一方で地デジ・衛星のどちらかを視聴・録画中はもう一方ではどちらも視聴不可状態になります。

また、VirtualPTのチューナー設定よりチューナー1セット(衛星1地上1)を無効にしても同様でした。

サーバー上、クライアント上それぞれでは複数チャンネル同時視聴は可能なのでPT3の問題ではなさそうです。
なにか設定見落としてますでしょうか。
152. Posted by 愛用者   2012年08月18日 21:47
BS/CSを有効にすると正しくスキャンできることを確認しました。

修正されるまではこれで運用したいと思います。

ありがとうございました。
151. Posted by Doma   2012年08月18日 21:44
愛用者様

BS有効&CS無効とした場合に、お知らせ頂いた現象が発生することを確認しました。この現象の改善はバージョン1.18で行います。

それまではBS・CS共に有効にしてお使い下さい。
150. Posted by 愛用者   2012年08月18日 21:33
ログを貼り付けます。

CSは無効にしているのでBSだけになります。
==================
======
拡張モードチャンネルスキャン(BS)→開始
TSIDテーブル取得(BS01)→OK
TSIDテーブル取得(BS03)→OK
TSIDテーブル取得(BS05)→OK
TSIDテーブル取得(BS07)→OK
TSIDテーブル取得(BS09)→OK
TSIDテーブル取得(BS11)→OK
TSIDテーブル取得(BS13)→OK
TSIDテーブル取得(BS15)→OK
TSIDテーブル取得(BS17)→OK
TSIDテーブル取得(BS19)→OK
TSIDテーブル取得(BS21)→OK
TSIDテーブル取得(BS23)→OK
ネットワーク・サービス情報受信(BS01:4010)→OK
拡張モードチャンネルスキャン(BS)→終了:追加80件、変更0件、削除0件

互換モードチャンネルスキャンを登録するには、「互換モードチャンネル登録」を実行してください。
========================


になります。
このあと、互換モードチャンネル登録を行うと、強制終了します。

========================
障害が発生しているアプリケーション名: VirtualPT.exe、バージョン: 1.16.1300.40、タイム スタンプ: 0x501e6162
障害が発生しているモジュール名: VirtualPT.exe、バージョン: 1.16.1300.40、タイム スタンプ: 0x501e6162
例外コード: 0xc0000417
障害オフセット: 0x000000000013bde0
障害が発生しているプロセス ID: 0xbc4
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cd7d2998995e69
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\tools\VirtualPT\x64\VirtualPT.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\tools\VirtualPT\x64\VirtualPT.exe
レポート ID: eaab942d-e91c-11e1-9741-00224d993840
========================


互換モードチャンネル一覧のBSには空白で何も登録されていません。
拡張モードチャンネル一覧のBSにはデータが登録されています。

手順通り実行後、チャンネル情報が入っていることを確認しました。
この状態でTVTestでBS01/TS0の信号レベルは17db程度で、正しく表示されました。
149. Posted by Doma   2012年08月18日 21:10
愛用者様

画面表示を正確にお知らせ下さい。

「ネットワーク・サービス情報受信(BS01:4010)→開始」のままですか?「ネットワーク・サービス情報受信(BS01:4010)→OK」等の他の表示に代わっていませんか?

TVTestはチャンネル互換モード、チャンネル拡張モードのどちらでお使いでしょうか?

チャンネル互換モードでご使用になられている場合、チャンネルスキャンダイアログ内の「互換モードチャンネル一覧」>「BS」内の表示はどうなっていますか?

チャンネル拡張モードでご使用になられている場合、チャンネルスキャンダイアログ内の「拡張モードチャンネル一覧」>「BS」内の表示はどうなっていますか?

もし、チャンネルが全く無い場合、VirtualPTサービスを停止後、VirtualPT.exeのあるフォルダ内から「BDChannel00000021.dat」と「BDChannel00000022.dat」を削除後、バージョン1.14のVirtualPT.exeのあるフォルダ内から「BDChannel.dat」をバージョン1.16のVirtualPT.exeのあるフォルダ内にコピー後VirtualPTサービスを開始すれば、TVTestでチャンネルスキャンをしなくてもBS朝日が受信できるはずです。(互換モードの場合「BS01/TS0」を受信、拡張モードの場合「BS151ch」を受信)
148. Posted by 愛用者   2012年08月18日 20:46
エラー内容は以下になります。

「エラーが発生した為、チャンネルスキャンに失敗しました。」

TVTest等でチャンネルスキャンすると

「チャンネルが検出できませんでした。
信号レベルが取得できないか、低すぎます。」

そのため、BSは映りません。
なお、地デジは正しく映ります。

PT3_ST では正しく受信できています。
ほかに必要な情報がありましたら、お知らせください。
147. Posted by Doma   2012年08月18日 20:31
愛用者様

画面表示を正確にお知らせ下さい。

「ネットワーク・サービス情報受信(BS01:4010)→開始」までは表示されたのだと思いますが、エラー発生時はどのように表示されていますか?またメッセージボックスの表示内容を正確にお知らせ下さい。

後、BS朝日をTVtest等で受信できるか?シグナルレベルはどの程度か?もお知らせ下さい。
146. Posted by 愛用者   2012年08月18日 20:03
大変失礼しました。

チャンネルスキャンから手動でチャンネルスキャンを行うと
ネットワークサービス情報受信(BS01:4010)でエラーが発生したとのPOPUPウィンドウが出ます。

環境
OS:Windows7 x64
VirtualPT:1.16 x64版
PT3 Driver:1.00
PT3 SDK:0.96

なお、この環境で1.14でスキャンした場合は正常に完了します。
145. Posted by Doma   2012年08月18日 19:41
愛用者様

お知らせ頂いた情報だけでは、こちらとしては調べようが有りません。

・自動チャンネルスキャンor手動チャンネルスキャン?使用中の環境、現象等、もっと分かるようにお知らせ下さい。
144. Posted by 愛用者   2012年08月18日 19:25
1.16 でチャンネルスキャンを行うとエラーが発生するようです。

1.14では正常にスキャン完了します。
エラー内容についてはイベントビューアーにもかかれていないのでわからないです。

ご報告までに
143. Posted by MUMU   2012年08月15日 09:40
EpgDataCap_Bonのバージョンは10.69です。
EpgDataCap_BonのバージョンはそのままでVirtualPTだけv1.15からv1.16に変更後このような現象が発生しだしたのでこちらに書かせていただきました。
今はv1.15に戻して使っていますが、v1.15ですと現象は起きずにいます。
EpgTimerSrv.exe側で発生してる現象をこちらに書込してすみませんでした。EpgDataCap_Bonの作者様にもあたってみます。
142. Posted by Doma   2012年08月15日 09:28
MUMU様

EpgDataCap_Bonのバージョンが分からない為、詳しく調べられません。ただ、EpgDataCap_Bon.exeであればBonDriverのメモリ関連の不具合の可能性がありますが、EpgTimerSrv.exeの場合VirtualPTが直接的な原因とは考えられません。間接的に不具合を引き起こす原因になっている可能性はありますが、EpgTimerSrv.exe側で発生している現象ですので、EpgDataCap_Bonの作者様へお問合せ下さい。
141. Posted by MUMU   2012年08月15日 08:53
EDCBでPT3をv1.16で使用したら半日程度で「EpgTimerSrv.exe」のアプリケーションの使用メモリーが1.2Gくらいになる現象が発生するようになりました。
v1.15の時はこのような事は何日間連続使用しても発生していませんでした。
EDCBとVirtualPTどちらもエラーなど落ちるような事はありませんし録画失敗することもありませんが、当方の環境ではv1.16を使うと半日程度で「EpgTimerSrv.exe」の使用メモリーが1.2Gになってしまう現象の再現性は100%でした。
v1.15ですとこのような事にはならないのでv1.15からv1.16への仕様変更で発生するようになったと思います。
対応出来そうな事でしたら修正して頂けると助かります。
140. Posted by Doma   2012年08月13日 19:49
nekopon様

PT1・PT2用のドライバ2.1&SDK2.1でVirtualPT側の対応は必要ないはずです。もしPT1が新ドライバ・SDKで認識しなくなったのであれば、アースソフト側の対応を待つか以前のドライバ&SDKをお使い下さい。

尚、VirtualPTはver1.16からPT1でご使用になる為には、VirtualPT.exeのあるフォルダにDeviceEarthPT.dllが必要です。こちらもご確認下さい。
139. Posted by nekopon   2012年08月13日 14:40
DECULTURE様
VirtualPTを使わせていただいております。

PT1/PT2のドライバ、SDKが更新されましたので対応お願い出来ますでしょうか
現行の1.16ですとSDKの更新によりVirtualPTからPT1が見えなくなりました。

http://earthsoft.jp/PT1_PT2/download.html
138. Posted by silph   2012年08月10日 07:03
doma様

了解いたしました。
次バージョンにも期待しております。
ご調査ありがとうございました。
137. Posted by Doma   2012年08月10日 01:03
silph様

画像をお送り頂きありがとうございました。

当方でも、ウィンドウのデザイン設定次第で現象が発生することを確認しました。タブを切り替えることで、見た目は悪いものの機能的には問題無いことも確認しましたので、とりあえずそのように対応お願いいたします。

尚、この現象の改善は次のバージョン(ver1.17)で行います。
136. Posted by silph   2012年08月10日 00:17
doma様
メールをお送りいたしましたのでご確認くださいませ。
135. Posted by Doma   2012年08月09日 19:58
silph様、VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

現象を確認できる画像(画面のPrintScreen)をいずれかから公開、もしくは、doma@do-ma.info宛にメール添付でお送りいただけないでしょうか?

お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。
134. Posted by silph   2012年08月09日 18:11
はじめまして、日々利用させていただいております。
Windows7 SP1環境にて、VirtualPT.exe(1.16)から設定ウインドウを開くと、白い背景色に設定項目が消えた状態で表示されます。
タブを切り替える、またはチェックボックスにマウスカーソルを乗せるなどで一部項目は表示されますが、背景色はおかしいままです。
x86、x64の両バージョンにて発生しておりますので、お手数ですがご調査をお願いいたします。
133. Posted by Doma   2012年08月05日 21:57
DEA様

残念ですがスクランブル解除機能を単独で公開する予定はありませんのでご了承下さい。又、TRMPが開始されたとしてもB-CASが使えなくなるわけではないと思いますよ。
132. Posted by DEA   2012年08月05日 18:42
Virtual PTのスクランブル解除機能のみを別途公開して頂けないでしょうか。

b25decoder.dllの公開停止から暫く経ち、それまで目立った更新もなかったものですから、Virtual PTのスクランブル処理速度には非常に魅力的なものがあります。また、TRMPのECMがB-CASのそれよりも若いPIDに繰り上がった場合、我々一般ユーザーには為す術もありません。

図々しいとは重々承知しておりますが、ご検討の程よろしくお願い致します。
131. Posted by Doma   2012年08月05日 12:17
きんた様

ご報告頂いた現象は、sonicboom様からご報告頂いた現象、もしくは、ver1.10で改善した現象と同じではないかと思われます。次のバージョン(ver1.16)でも、同現象が発生する場合は、再度、ご指摘いただけますと助かります。
130. Posted by きんた   2012年08月05日 08:54
VirtualPTのサービス停止食らいました。サーバー経由でクライアント上でTVを視聴、眠落ちしました。サーバーは適時スリープ、クライアントも2時間でスリープ
タイミングの関係なのかサーバーでの復帰録画失敗。(Ver.1.08)視聴したまま寝落ちは初めてなので痛かったです。
129. Posted by Doma   2012年08月01日 23:08
sonicboom様

この度はご協力頂きありがとうございました。ver1.16β1で確認頂いた修正内容はver1.16に反映いたします。ver1.16公開までの間、ver1.16β1をそのままご利用いただいても構いません。

以上、よろしくお願いいたします。
128. Posted by sonicboom   2012年08月01日 21:53
4 Doma 様

VirtualPT_0116B1.zip
で当方で発生していた現象は消えました。
ありがとうございました。
127. Posted by Doma   2012年08月01日 01:08
sonicboom様

お知らせ頂いたイベントログの内容から、不具合箇所を発見できたのですが、当方の環境ではそれが原因の現象を再現することが出来ませんでした。そこで、sonicboom様の環境で改善バージョンを実行していただき、不具合が改善しているか確認していただけないでしょうか?

ご協力いただけるようでしたら、以下のアドレスから改善バージョンをダウンロードしていただき、現象が変化するかご確認していただき、結果をコメントでお知らせ下さい。

http://www.do-ma.info/VirtualPT/VirtualPT_0116B1.zip
126. Posted by sonicboom   2012年07月31日 21:35
4 Doma 様

Windowsのイベントログを以下に示します。
-----
障害が発生しているアプリケーション名: VirtualPT.exe、バージョン: 1.15.1041.30、タイム スタンプ: 0x50013ee3
障害が発生しているモジュール名: VirtualPT.exe、バージョン: 1.15.1041.30、タイム スタンプ: 0x50013ee3
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x000a5cc2
障害が発生しているプロセス ID: 0x874
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cd6ee79607f504
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\VirtualPT\VirtualPT\x86\VirtualPT.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\VirtualPT\VirtualPT\x86\VirtualPT.exe
-----

イベントログのタイムスタンプからは、スリープからの復帰時に問題が発生するのでは無く、ネットワーク経由で視聴している最中にスリープになったときが発生するタイミングみたいです。
イベントIDは1000、タスクのカテゴリ(100)、例外コードと障害オフセットは常に同じでした。

125. Posted by sinicboom   2012年07月31日 21:34
4 Doma 様

VirtualPTを使用させて頂いてから10日程度しか経っていませんが、視聴サーバーとして2台のPCで使用してみましたがネットワーク経由での視聴以外ではスリープからの復帰を含めて問題は発生していません。

前回「タスクトレイでは《サービス実行中》」の場合もあると報告しましたが恐らく私の勘違いで、問題が発生する時は常に《サービス停止中》でした。

サーバー側のスリープ時間を1分にしてサービスの状態を確認してみました。

1.クライアントから視聴中にサーバーがスリープになり、クライアントからWOLした場合。
 60%以上の確率で《サービス停止中》でした。
2.クライアントから視聴中にサーバーがスリープになり、サーバーをキーイベントでウェイクアップした場合。 60%以上の確率で《サービス停止中》でした。

3.クライアントから視聴し、サーバーがスリープになる前に視聴を停止した後WOLした場合。
 常に《サービス実行中》でした。
4.クライアントから視聴し、サーバーがスリープになる前に視聴を停止した後サーバーをキーイベントでウェイクアップした場合。
 常に《サービス実行中》でした。
124. Posted by Doma   2012年07月30日 23:55
sonicboom様

お問合せの件ですが、「クライアント側からWOLを行った場合」のみ現象が発生するのでしょうか?電源ボタン等、他の手段でリジュームした場合には発生しませんか?

「高頻度で発生」とは、必ず発生するわけではなく、発生する場合としない場合があるということですね?

タスクトレイでは「サービス実行中」となっているとの事ですが、「プログラム」>「管理ツール」>「サービス」を起動した場合、「VirtualPT Core Service」の状態は「開始」になっていますか?また、スリープ直前もしくはリジューム直後にVirtualPTのイベントログが出ていませんか?

また、現象発生時にタスクマネージャでVirtualPTのCPU使用率がどのくらいになっているか教えてください。
123. Posted by sonicboom   2012年07月30日 08:58
4 ネットワーク視聴中でサーバー側がスリープし、クライアント側からWOLを行った場合、なぜがサーバ側サービスが停止している。


高頻度で発生。(規則性不明)
タスクトレイでは「サービス実行中」になっていてもサーバー側TvTestで「BonDriver初期化出来ません」となる事がある。
WOLとは無関係かもしれません。

VirtualPTはVer.1.15、OSはクライアント・サーバー共にWindows 7 Ultimate x64 SP1。
録画環境はEpgDataCap_Bon(9.46)を使用。
WOL193を使用。

対処方法等教えて頂けるとありがたいのですが・・・
122. Posted by Doma   2012年07月19日 23:35
あきら様、情報提供ありがとうございます。

ipアドレスかホスト名かに限らず、同じ名前解決関数を使用していたような気がします。ipアドレスが指定された際に名前解決を行うのは意図とは違いますので、(出来れば次のバージョンで)改善したいと思います。
121. Posted by あきら   2012年07月19日 21:06
いつもお世話になっております。
TCP-IP経由での視聴について少し怪しい挙動があったので報告させていただきます。

パケットキャプチャを見たところ、BonDriver_VTPT.iniのHostNameにIPアドレスを設定した場合に、
クライアント(BonDriver)側から、そのIPアドレスの逆引き(NBNSプロトコル等)が行われているようです。
実験としてパケットフィルタを使ってわざと名前解決を妨害してみると、サーバーへの接続に失敗し
視聴ができませんでした。

このような設定項目に対してIPアドレスを指定した場合に期待される動作は、名前解決を行わず接続を行うこと
のはずだと思うのですが、逆引きを行っているのは意図された動作なのでしょうか?


※VirtualPTはVer.1.15、OSはクライアント・サーバー共にWindows 7 Ultimate x64 SP1です。

120. Posted by pig   2012年07月14日 09:11
Doma様
承知しました。
詳細はメールで送信します。
119. Posted by Doma   2012年07月14日 07:28
Pig様

当方で用意した確認プログラムを実行していただき、「衛星2を受信するとそれまで受信していた40chが0Mbpsになり、衛星2をOFFすると40chがまた受信できるようになります」を再現して、その際の結果(ログファイルなど)をお知らせいただくということは可能でしょうか?

複数回お願いする可能性があります。もちろん、即座に確認を強要するものではなく、Pig様の都合のよい時に確認していただいて構いません。

もしご協力いただけるということであれば、確認プログラムの準備が出来次第、ご連絡しますのでdoma@do-ma.info宛にPig様の連絡先メールアドレスをあらかじめお知らせいただけないでしょうか?
118. Posted by Pig   2012年07月14日 00:30
Doma様 ご質問の回答

・sb35960はサービスIDです
・40chのみ受信出来なくなります
・衛星2を受信するとそれまで受信していた40chが0Mbpsになり
 衛星2をOFFすると40chがまた受信できるようになります
・互換モードです。
・RecTask・TVTest・/nodshowどれでも同じ現象です。
117. Posted by Doma   2012年07月14日 00:14
Pig様、ご質問ありがとうございます。

sb35960が分からないのですが何でしょうか?地上1 or 地上2 + 衛星2の組合せで、地上デジタルの13~26chは受信できるが40chが受信出来ないという事ですね?

ご使用のチャンネルモードは互換モードでしょうか?拡張モードでしょうか?

TVTestとRecTaskの両方とも同じ現象が発生しますか?RecTaskの代わりにTVTestを/nodshowオプション付きで代用した場合は現象が変化しますでしょうか?
116. Posted by Pig   2012年07月13日 21:08
Doma様

前回はご対応ありがとうございます。
度々すみません私ではないが、下記の現象が発生しています。
衛星2を受信すると地上Dの40(27)ch(sb35960)が受信できなくなる。(0Mbps)
1.地上のみ →OK
2.地上+衛星1 →OK
3.地上+衛星1+衛星2 →NG
4.地上 +衛星2 →NG
地上1・2とも同様、衛星の優先を変更しても衛星2受信時におかしくなる。
DMAを8→12→16→32に変更しても変わらない。
ver 1.08では、受信できていたようです。(TVROCKのログより)
アップデートはver 1.08→ver 1.13→ver 1.14のため間は解りません。
ver 1.08は消してしまった(確認不可)他のチャンネルは13~26ch内です。
BonDriver_PT-STでは発生しないよう。

OS:WinXP MB:D510MO
メモリ:4G チューナー:PT1
ドライバー:PT1 2.0 SDK:2.01
VirtualPT:ver 1.14・1.13
TvRock09u2 RecTask ver.0.1.4 TVTest 0.7.23 (x86)

すみませんが対応策等お願いします。

115. Posted by Doma   2012年07月11日 19:46
Pig様、ご確認頂きありがとうございます。

SDK0.96は3点修正があり内2点はSDKの入れ替えだけで対応されるのに対して、残り1点はSDKの入れ替え及びアプリ側の修正も必要になります。

SDKの入れ替えだけで改善したのであれば、2点の内のどちらかが「S0の0Mbps問題」に対応するものだったのかもしれません。(デバイスの初期化時に周波数設定をする修正がありますが、それかもしれません。)

残り1点はCPUとPCIデバイスのメモリアクセスに関する修正ですが、これに対応するVirtualPTバージョンも今晩中に(ベータ)リリースしたいと考えています。
114. Posted by Doma   2012年07月11日 19:37
とおりすがり様、情報提供ありがとうございます。

「S0の0Mbps問題」の件、ボード(チューナでは無く)のオープン毎にT0のスリープ解除&スリープを行えば改善するらしいということですね!ただ、当方で状況を再現出来ていないので、テストをどうしたら良いかという点が悩ましいところです。
113. Posted by Pig   2012年07月11日 19:03
Doma様

ご対応ありがとうございます。
SDK0.96に入替、10回程度起動終了を繰り返してみました。
現象は発生しないようです。
試したのはこれだけですがとりあえず連絡まで

SDK0.96対応の頑張ってください。

112. Posted by とおりすがり   2012年07月11日 11:11
>S0のMbps問題
チューナーデバイスを初オープンする際に SetTunerSleep でスリープにする前に
一旦無効にするだけで良いみたいです。

// 一旦スリープ解除
SetTunerSleep(..., ..., false);
...
...
// スリープ
SetTunerSleep(..., ..., true);

あと、当方ではTVTestでしか上記現象は確認できてないですね、今のところ。
利用ソフトウェア実装依存で行儀の悪いコードがあるのかもしれないです。(詳しく追ってないですが・・・)
111. Posted by Doma   2012年07月11日 07:46
Pig様、調査頂きありがとうございます。

アースソフトからSDKバージョン0.96が公開されているようですが、そちらを使用した場合、現象が変化しますか?

また、SDKバージョン0.96で改善された不具合に対応するには、アプリケーション側の変更も必要になるようなので、SDKバージョン0.96に対応したものをとりあえずベータバージョンとして公開したいと思います。(出来れば今晩公開したいと思います。)そちらを使用した場合にも、現象が変化するかお知らせ下さい。
110. Posted by Pig   2012年07月11日 02:26
・VirtualPTver1.14も変化無いようです。
・時間帯に関しては、発生率が変わるだけで必ずおきています。
・発生時は、D・E・S:0のままで
 信号レベルのMbpsが0、dBはそれなりの数値。
・LNB電源関連は、
 先に液晶テレビをON(LNB供給)で実施、さらにVirtualPTのLNB電源OFFも試していましたが、NG
 LNB電源の可能性は低いと思っていました。
・S1、S2の優先は、
 S1優先で1番目に発生。S2優先で2番目に発生。
 S1で発生しているのは間違えないようです。
・とおりすがり様の言う「PT3Ctrl」改良版で再現しなくなりました。
 (改良前では、S1は再生できませんでした)
 ・評価として、
  mod6にてTvTestでPT3のS0側使用した際のエラーが解消するよう
  0Mpbs病が解消した
 で、今回の現象のように思います。
109. Posted by Doma   2012年07月11日 02:20
とおりすがり様、情報提供ありがとうございます。

お知らせ頂いた現象ですが、当方では再現出来ませんでした。「一度でもT0のスリープを解除すれば」とありますが、この「一度」とはいつからいつまでの間に「一度」なのか分かりますか?(例えば、デバイス装着後一度、PC電源投入後一度など)その現象は必ず発生するものなのでしょうか?何回かに一度の割合で発生するといったものでしょうか?当方で確認する為の手段として、例えばこのようにすれば再現するといった手段は無いでしょうか?
108. Posted by とおりすがり   2012年07月11日 01:35
PT3のS0はT0のスリープ状態を解除しないでいると
データが来ないみたいです。

一度でもT0のスリープを解除すれば
発生しないようです。

PT3Ctrlに上記のパッチがあたっているみたいです。
ご参考までに。
107. Posted by Doma   2012年07月10日 22:56
Pig様

当方で簡単に確認してみましたが、現象を確認できませんでした。初回というのはチャンネル切り替えなどしていない状態で衛星が選局されているということでしょうか?あるいは、TVTestが1台しか起動していない場合は、衛星のどのチャンネルに切り替えても表示されないということでしょうか?どちらにしても地デジでは現象が発生しないということですね?後、時間帯で異なる可能性があるとのことですが、全く現象が発生しない時もありますか?もしあるということであれば、この時間には確実(あるいは高確率)に発生するといった条件はありますか?

現象が発生している時ですが、D(ドロップ)やS(スクランブル)がカウントされますか?信号レベルのdBやMbpsの値はどうなっていますか?

LNB電源関連が怪しいと思うのですが、VirtualPTの設定>チューナー設定で、S1だけ優先度を高くした状態、及び、S2だけ優先度を高くした状態で現象が変わりますか?PT2であれば分波機などの可能性もあると思いますが、PT3でS1、S2で違う状態なら外部の可能性は低いと思います。後、アースソフトのサンプルプログラムでS1だけ受信状態、及び、S2だけ受信状態にした時にも同様の現象が出るなら、アースソフトに確認した方が良いかもしれません。

又、VirtualPTのver1.14を公開しておりますが、そちらを使用した場合、現象に違いが有りますでしょうか?
106. Posted by Pig   2012年07月10日 20:37
Doma様

PT3で使わしてもらっています早速ですが、
PT3のファームウェア:0x03では、発生していなかった(おそらく)
ファームウェアを0.95(0x04)にアップデートしたところ、
・初回にBSCSで起動すると表示しない現象が発生します。
 ただし、別で地デジを表示するとBSCSも表示し始める。
・BSCSを2つ表示したときは、2つ目は表示する。
 この場合も地デジを表示すると1つ目も表示する。
・初めから表示する時もあり確率的には半々ぐらい
 時間帯(電波状態?)で違うようにも・・・。
のような感じです。

環境設定の問題かもしれませんのでご教授お願いします。

OS:Win7(32)
TVTest:Ver.0.7.23(x86)
PT3:ドライバ:0.92 SDK:0.95 FPGA回路:0.95(0x04)
VirtualPT:1.13(LNBをON CATV,VHF解除あとは初期値)
BonDriver_VTPTは、2種類地デジ・BSCS用のみの設定
105. Posted by Doma   2012年07月06日 08:59
fee様、VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

当方で簡単に確認してみましたが現象を確認できませんでした。詳しく調べますので以下の内容を教えてもらえないでしょうか?後、チャンネルスキャンとはEPG取得のことですね?

1.現象は必ず発生するか?発生する場合としない場合があるか?
2.VirtualPTのバージョン
VirtualPT.exeを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。
3.VirtualPTの設定
VirtualPT.exeのあるフォルダのVirtualPT.iniの内容
4.BonDriver_VTPTのバージョン
BonDriver_xxxx.dllを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。
5.BonDriver_VTPTの設定内容
BonDriver_xxxx.dllのあるフォルダのBonDriver_xxxx.iniの内容
104. Posted by fee   2012年07月06日 06:07
いつも大変便利に利用させてもらっています。ありがとうございます。

PT3 SDK0.95 / driver 0.92 / FPGA 0x04
Win7 x64 / VirtualPT x86 / EDCB9.46 x86
の環境で利用させていただいているのですが、
EpgTimer_bonからチャンネルスキャンを実行し、
S0,S1,T0,T1のEpgDataCap_Bonを起動すると、そのうちの一つが、
「EpgDataCap_Bon.exe は動作を停止しました。」と表示され、強制終了してしまいます。

設定は「VirtualPT設定例:基本編:④EpgDataCap_Bon設定」の通り設定しています。

不具合であるのか設定が悪いのか、解決方法はありますでしょうか。宜しくお願いします。
103. Posted by Doma   2012年07月05日 00:39
あきら様からご指摘いただいていたPT3でチャンネル切り替えを繰り返すと別のチャンネルの受信が停止する件ですが、アースソフトから公開されたFPGA回路バージョン:0x04、ドライババージョン:0.92、SDKバージョン:0.95で改善されていることを確認しました。
102. Posted by Doma   2012年07月01日 18:33
PT3様、改善したとのことで安心致しました。

ただ、PT3のSDKやドライバがまだ安定していないようなのでご注意下さい。近いうちにアースソフトから対策版が公開されるかと思います。
101. Posted by PT3   2012年07月01日 14:06
Domaさん、早速ver.1.13使わせてもらいました。
結果は問題なくチャンネル取得できました。
これでPT3でも安定した環境が構築できそうです。ありがとうございます。
100. Posted by Doma   2012年06月30日 23:28
PT3様、VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

EpgDataCap_Bon 9.46でチャンネルスキャンが出来ない件、当方でも現象が発生することを確認しました。原因は、PT3の場合チャンネル変更からシグナルレベルが取得可能になるまでに多少時間が掛かるようで、その為にチャンネルが受信できないと判断されるようです。

次のバージョン(ver1.13)で、シグナルレベル取得処理を改良したバージョンをリリース致します。ベクターは申請から公開までに数日掛かる為、ベクター公開までの期間、以下のURLからもダウンロードできるようにしておきますので、お急ぎであればこちらをご利用下さい。

http://www.do-ma.info/VirtualPT/VirtualPT_0113.zip
99. Posted by PT3   2012年06月30日 20:45
5 PT3を本日導入してwindows 7 64bitで利用させてもらっております。

epgdatacap_bon 9.46でチャンネルスキャンを試みるも、チャンネル取得に失敗してしまいます。設定に注意点はありますでしょうか? PT2利用時は問題は起きなかったのですが・・・

ちなみに視聴は問題ないです。
98. Posted by Doma   2012年06月25日 00:40
RedPT様

お問合せありがとうございます。

放送大学ラジオは「デジタル音声サービス」に分類されます。WNI910は「データサービス」に分類されます。この判定は放送受信時に行うので、チャンネル設定等を修正しても改善されません。

サービス別受信設定に「デジタル音声」&「データ」を追加することで改善されると思いますので、要望として受付けさせていただきます。
97. Posted by RedPT   2012年06月24日 23:07
仕様なのかもしれませんが
放送大学ラジオはラジオ、WNI910はデータ放送と認識されているためなのか、
サービス別受信設定で「その他」をチェックしないと受信できません
ですがそうするとデータ放送も含まれてしまうので伝送量が増えてしまいます

チャンネル設定を弄ればできそうですがどこに保存されているのか教えてください

まだたくさん要望がありますがこれが解決したら書こうと思います
デカルチャーを使っています
よろしくお願いします
96. Posted by Doma   2012年06月24日 00:32
あきら様

情報提供誠にありがとうございます。

当方でも同現象が発生することを確認しました。これについては、恐らく近いうちにアースソフトが対策するのではないかと考えられる為、アースソフト待ちにしたいと思います。もし、なかなか対策されないということであれば、VirtualPT側で何らかの対策を行いたいと思いますが、SetTransferEnabled(?,?,false)を呼ばずにSetFrequencyを呼んだ場合にも不具合があるようなので、アースソフトが対策されることを期待します。
95. Posted by あきら   2012年06月23日 22:50
PT3で使用しています。
2TS同時視聴中に、片方でチャンネル切り替えを繰り返す0Mbpsになってしまう問題ですが、
VirtualPTでも同様の問題が発生しています。

恐らく根本的な原因はハードウェアにあると思うのですが、
対症療法としてチャンネル切り替え時の処理においてSetTransferEnabledを呼び出さない
ようにすると不具合の発生頻度を軽減できるようです。

実際にBonDriver_PT3-STにおいて上記のようにソースコードを変更し、
不具合の発生頻度の軽減を確認できました。

VirtualPTでは対応可能でしょうか?
よろしくお願いします。
94. Posted by Doma   2012年06月22日 00:14
さっちん様

ご協力頂きありがとうございます。お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。
93. Posted by さっちん   2012年06月22日 00:01
Doma様

EBCBで録画したところ、ドロップやスクランブルカウントが増え続けるもののtsファイルを見てみると正常に再生できました。

tvtestではスクランブルカウントが増え画面が映りませんでしたが、同じく録画したtsファイルは正常に再生できました。

PT3・PT2で実験しましたが、同じ結果でした。

近日中にメールにてtsデータを送りますのでよろしくお願いします。
92. Posted by Doma   2012年06月21日 22:26
さっちん様、お問合せありがとうございます。

当方、J:COM HDを受信できないので、スクランブル解除していないデータを30秒程保存していただき送っていただけないでしょうか?受け渡し方法をひと目に付く場所に公開したくないということであれば、doma@do-ma.info宛にメール下さい。又、適当な受け渡し方法が無いという場合も返信メールアドレスを記入の上、doma@do-ma.info宛にメールをお願いします。
91. Posted by さっちん   2012年06月21日 21:36
VirtualPTのECM処理で地デジの一部チャンネルが処理がされない状態が発生しています。

tvtest単体でのECM処理やVirtualPTを通してtvtestでのECM処理は成功しています。

ECM処理不可チャンネルはJ:COM HDです。他民放やBSCSはすべていけますが、上記1チャンネルだけ解除されません。

よろしくお願いします。
90. Posted by Doma   2012年06月10日 10:56
Thermo様

VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

ver1.10で(というかver1.03以降で)PT2X2向けの修正などはしていませんが、なぜでしょう?
89. Posted by Doma   2012年06月10日 10:52
fyu様

ご期待頂きありがとうございます。しかし、録画や番組表について、機能の構想はあるのですが着手する予定は今のところありません。開発の難易度もあるのですが、スクランブル解除と録画を1つのアプリケーションで行っても良いのか?といった点に引っかかっています。

ご質問のスクランブル解除の件ですが、VirtualPTではb25decoder.dllは使用しておりません。独自に最適化したスクランブル解除機能を実装しており必要十分な性能を既に実現できていると考えています。これ以上の高速化は考えておりません。(このサイトやReadMeの「スクランブル解除について」を参照して下さい。またver1.07からSSSE3に対応しており該当CPUではさらに1割程度高速化していると思います。)
88. Posted by Thermo   2012年06月10日 01:16
5 Doma様
お世話になります。
DECULTURE PT2×2で
VirtualPT1.10 win7(32) ドライバ100 SDK102の環境で新BSチャンネル・CS映るようになりました。
VirtualPT1.10開発して頂きありがとうございました。
87. Posted by fyu   2012年06月09日 16:39
ご検討いただきまして有り難うございます。
tvrockが更新停止した今、後継にあたる候補はVirtualPTに違いないと陰ながら応援しております。

質問になりますがスクランブル解除の更なる高速化にはb25decoder.dllがネックになるかと思われます。かなりシンプルなソースで尽くせる手はないようにも見えますが、今現在 何らかの方策はお考えでしょうか。
86. Posted by Doma   2012年06月06日 19:29
fyu様

ご要望ありがとうございます。

やるとしたらVirtualPTのおまけソフトとして付加する形式になると思います。一定量のECMデータの処理に掛かった時間を計測するようなプログラムになると思いますが、ECMデータをどうするかが課題になります。2012年6月のECMデータを使用したとしたら、1年後とかでもベンチとして成立すのか、あるいは何らかの方法で最新のECMデータを使用するのか?検討事項がありますが、ご要望として承らせていただきます。
85. Posted by fyu   2012年06月06日 18:28
スクランブル解除機能についての要望です。
あまり有意義ではありませんが、気持ちの問題として手持ちのB-CASカードで最速の物を使いたいと考えています。
VirtualPTにベンチマーク機能を組み込んで頂くか、multi2_bench(http://bit.ly/MDI3Ua)のようにツールとして公開して頂けると大変有り難いです。
84. Posted by Doma   2012年05月29日 20:04
mnc様

解決されたとのことで安心致しました。

ちなみに、VirtualPTは詳細ログをオフにしたものを一般公開しています。サービス実行中のインフォメーションはGUIを持たない為、イベントログに出力します。(イベントビューアーで確認できます。)タスクトレイに常駐している際のインフォメーションはメッセージボックスで通知しています。
83. Posted by mnc   2012年05月29日 10:15
すいません、自己解決しました(汗;。

ずっと前に設定したPCだったのですが、同容量のドライブが2つあったので
もしやと思って設定変更してみると無事に動きました。

junction.exe で、D:\ -> G:\home\

として Dドライブを使っていたので、G:\home\program\EarthSoft-PT2\VirtualPT\x86\VirtualPT.exe で
起動したら無事に起動できました!

お手数かけて申し訳ありませんm(_ _)m。
82. Posted by mnc   2012年05月29日 09:10
連投すいませんm(_ _)m

詳細なログを取るモードとかって実はないですよね?(汗;

エラー番号から、ファイルアクセス関係のエラー?ということまでは認識していたのですが
じゃあOSのエラー番号なのに管理ツールのエラーログに出ないのはナゼ?ってところで
ずっと詰まってました。

81. Posted by mnc   2012年05月29日 09:02
どうもありがとうございます。

VirtualPT\ImagePathの値ですが、
「D:\program\EarthSoft-PT2\VirtualPT\x86\VirtualPT.exe」
になっています。

実際に存在しているフォルダと同じです。
80. Posted by Doma   2012年05月29日 01:09
mnc様

お問合せありがとうございます。

エラー80070003ですが、フォルダ関係のエラーのようです。VirtualPT.exeを格納しているフォルダはどのようになっておりますでしょうか?レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VirtualPTSvc」内の「ImagePath」にVirtualPT.exeのフルパスがセットされていると思いますので、その値をお知らせいただけないでしょうか?
79. Posted by mnc   2012年05月29日 00:32
はじめまして。

VirtualPTを起動するとタスクバーには入るのですが、右クリックからサービス登録しても
「サービスの開始中にエラーがありました。(80070003)」
と出てサービス開始できません。

WinXP Pro/SP3 で PT2です。BonSDKは201です。
WinUpdateはすべて適用してあります。

管理ツールのシステムエラーログにもアプリケーションエラーログにも事象が出てきてないので
判らないのですが、何か思い当たるフシなどありませんか?

BonDriver_PT-STやSpinelの場合は何の問題もなく動くのですが・・・
(もちろんVirtual-PT時はSpinelも終了させてやってみました)

よろしくお願いします。
78. Posted by たかちん   2012年05月13日 21:42
Doma 様

お世話になります。

ご回答ありがとうございます。
それでは、後ほどメールさせて頂きます。
77. Posted by Doma   2012年05月12日 23:48
たかちん様、ご確認いただきありがとうございます。

ネットワーク使用率に変化が無いとすると、通信処理以外に問題がある可能性もあります。ただ、ジャンボフレームで改善したとのことから、やはり通信処理の可能性が高いように思われます。当方でHyper-V環境(2008R2を所持していない為、ホスト側に2008(x64)、及び、仮想マシン側にVista(x64)を「内部」仮想ネットワークで接続)で、試してみたのですが現象を再現できませんでした。

そこで、確認プログラムを実行していただき、結果(ログファイルなど)をお知らせいただくということは可能でしょうか?複数回お願いする可能性があり、1本目は直ぐに用意できますが、2本目以降は各1週間ほど用意に時間が掛かる可能性があります。もちろん、即座に確認を強要するものではなく、たかちん様の都合のよい時に確認していただいて構いません。

もしご協力いただけるということであれば、メールでやり取りさせていただきたいのでdoma@do-ma.info宛にたかちん様の連絡先メールアドレスをお知らせいただけないでしょうか?
76. Posted by たかちん   2012年05月12日 20:31
Doma 様

お世話になります。


1.
下記にて確認致しましたが同現象でした。
TVTest(x64)ver.0.7.21
EDCB9(x64)ver.9.46


2.
変化なし。


3.
Drop開始時には変化なし。


4.
ご案内頂いたバージョンでも再現しました。


追加で一つ判明しました。
別セグメントにある物理PC(無線LAN)からTVTestにてアクセスしたところしばらくしても大量なDropは発生しませんでした。

母艦と同一セグメント上にある録画サーバ以外のPC(10GbE)からアクセスしたところDropが発生しました。

高速なNICだと発生しているような感じです。関係ありますでしょうか・・・
75. Posted by Doma   2012年05月11日 20:25
たかちん様、ご確認頂きありがとうございます。

ver1.07以前に発生していた状況と似ているようにも思われます。ver1.08で改善した原因の他にも原因があるのかもしれません。何点か確認していただきたい点があります。お手数ですが以下の内容をご確認いただけないでしょうか?

1.EpgDataCap_Bon10以外のプログラムでも発生するか?もし、録画サーバー側でTVTestやEpgDataCap_Bon9が動作するならそれらでも同じ現象が発生するか?

2.Microsoft Security Essentialを停止させた場合に、現象が変化するか?

3.タスクマネージャを起動していますが、ネットワークタブのグラフはどうなっていますでしょうか?現象発生までは、ほぼ一定量の通信量だと思いますが、現象発生後も通信量は変わらないか?変化しているか?

4.現在、次のバージョンのリリース作業を行っているのですが、新しいバージョンで通信処理にも関係する修正を行っていますので、そのバージョンで現象が変化するか?
新しいバージョンを
http://www.do-ma.info/VirtualPT/VirtualPT_0109B1.zip
からダウンロードして、サービスを停止後、VirtualPT.exe及びBonDriverを入れ替えてどの様になるかお知らせ下さい。

お手数をお掛けしますが、お調べいただけると助かります。
74. Posted by たかちん   2012年05月11日 09:41
すみません、書き忘れました。

母艦側にPT2×2枚実装されてます。
母艦側にVirtualPTを入れておりそこからTCP-IPで録画サーバにて録画してます。
73. Posted by たかちん   2012年05月11日 09:39
Doma 様

お世話になります。
早速の回答ありがとうございます。

1.CPU・OS・メモリ量等

母艦
OS:Window Server 2008 R2 SP1(x64)EnterpriseEdition
CPU:Intel Xeon E5620 ×2CPU(8Core)
MEM:32GB

録画サーバ
OS:Window Server 2008 R2 SP1(x64)EnterpriseEdition
CPU:母艦のHyper-V上
MEM:4GB(ダイナミックメモリな為、上限は母艦MEM)


2.VirtualPTのバージョン
VirtualPT.exeを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。

1.08(x64)


3.BonDriverのバージョン
EpgDataCap_Bonでお使いのBonDriver_xxxx.dllを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。

1.8.149.15


4.EpgDataCap_Bonのバージョン

人柱版10.66


5.チャンネルモード(互換or拡張)

どちらでも現象発生


6.セキュリティ製品を使用しているか?使用している場合は製品名

Microsoft Security Essential


7.どの様な現象が発生したのか?

4,5分は問題ないがその後から急激にDropが発生。

以下、3分ほどおいてから録画したものです。(しばらくおいておきます)
http://nonexist.ddo.jp/temp/flv.asp?file_name=/temp/VirtualPT.mp4

地デジとBS/CSのDLLを分けたりチューナ毎にも分けたりもしたのですが同現象が出てしまいます。

また、母艦と録画サーバ間のNWは内部的なNICでつながっており10Gbリンクになってます。

情報としてお役に立てれば幸いです。
72. Posted by Doma   2012年05月11日 08:07
たかちん様、VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

ドロップが発生したとのことですが、以下の内容を教えてもらえないでしょうか?

1.CPU・OS・メモリ量等
2.VirtualPTのバージョン
VirtualPT.exeを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。
3.BonDriverのバージョン
EpgDataCap_Bonでお使いのBonDriver_xxxx.dllを右クリック→プロパティ→詳細タブで確認できます。
4.EpgDataCap_Bonのバージョン
5.チャンネルモード(互換or拡張)
6.セキュリティ製品を使用しているか?使用している場合は製品名
7.どの様な現象が発生したのか?
「瞬間的に数フレームドロップ後、改善」、「ある時点から全てドロップ」、「ある時点から再生が細切れになる」等、詳しく教えてください。
71. Posted by たかちん   2012年05月11日 07:40
お世話になります。

当方もTCP-IPにてEDCBでしばらく受信しているとドロップが発生しました。

DMAバッファサイズ(変更前2×4MB)を変更(変更後4×4MB)→改善せず
ジャンボフレーム(変更前無効)を変更(変更後9014MB)→改善

ただ、当方の環境にてジャンボフレームを有効にすると他のアプリに盈虚が出てしまうことがわかったため戻しております。

また、Spinel環境ではドロップがないことは確認できてます。

非常にいい機能が備わっているので是非使いたいと思ってますので是非がんばって下さい。

その他必要な情報あれば提示させて頂きます。

70. Posted by まさ   2012年04月28日 15:01
Doma様
丁寧なお返事ありがとうございます。
そうですか。Spinelで実現できる機能のうちでVirtualPTで実現できないものがあるというのはファンとして残念ではありますが、致し方ないですね。
今後ともVirtualPTに期待しています。
69. Posted by Doma   2012年04月28日 12:22
まさ様、VirtualPTをご利用頂きありがとうございます。

まず、BonCasService,BonCasProxy等のBonCasLink関連につきましては、VirtualPTではサポート対象外と考えております。BonCasLinkではICカードリーダ関連の関数の全てに対応しているわけではなく、特定のプログラムが使う一部の関数にしか対応していない為、VirtualPTが必要とする関数の一部では機能しないものがあるようです。なので、BonCasLink関連は特定のプログラム向けであり、汎用的なものではないと考えております。

また、VirtualPTの機能として、ネットワーク越しにB-CASカードを一元管理する機能の構想はありますが、プログラムの難易度や必要とする方がどれだけいるか等も考慮すると、今のところ対応のメドは立っていない状態です。(B-CASカード自体の処理能力が低い為、あまり考える必要は無いのかもしれませんが、不特定多数の方でB-CASカードを共有できるという点もちょっと躊躇させる点です。)

将来的に対応する可能性は有りますが、即座にご期待に沿えずに申し訳ありません。もしかしたらBonCasLinkを改善してくださるつわものの出現のほうが早いかもしれませんね!
68. Posted by まさ   2012年04月28日 11:12
ありがたく使わせてもらっています。特にWAN越しにワンセグを少ない帯域で伝送できる点がすばらしいです。
ところで、一枚のB-CASカードをWAN越しに複数拠点のチューナー+VirtualPTで共有するにはBonCasServiceとBonCasProxyを使うのが一般的じゃないかと思うのですが、親となるマシンではICカードリーダーとしてBonCasProxyとUSBカードリーダーの2個が見えることになります。当方ではなぜかこの状態でBonCasProxyをICカードリーダーとして動作させることができません。選択はできるのですが、VirtualPTでスクランブルが解除されません。一覧表示からもBonCasProxyが消えたり現れたりします。リモートデスクトップは使用していません。別の方がBonCasServiceを別マシンにしてBonCasProxyだけの状態であれば成功すると書かれていたのが気になるのですが、もしかしてVirtualPTでは親となる1台でBonCasServiceとBonCasProxyを兼ねる事はできないのでしょうか?
もしそうであるなら、これは要望なのですが、BonCasService+BonCasProxyを使わなくても複数のVirtualPT間でB-CASを共有できるような機能をご検討いただけないでしょうか?B-CASまで含めた仮想的なチューナ機能をVirtualPTに集約できればVirtualPT+(TVTest、EDCB)と構成がすっきりします。
67. Posted by Doma   2012年03月14日 19:46
yuno様、お問合せありがとうございます。

設定については、リモートデスクトップではない、通常のデスクトップ上で行っていただければ、BonCasLink関連は必要ないと思います。

どのようなことでお困りなのか詳しく分からないのですが、「そういうことではない」、「改善しない」などありましたら、詳しい状況をお知らせ下さい。
66. Posted by yuno   2012年03月14日 19:19
5 要望です。
現在、リモートデスクトップ接続のためだけにBonCasServiceとProxyを使用しています。
VirtualPTの設定画面では、設定アプリを起動したユーザの権限で使用可能なカードリーダを検索していると思うのですが、
これをサービスが動いているSYSTEM権限で検索するようにできないでしょうか?
そうすればリモートデスクトップ接続で切断されてしまうカードリーダが見えるようになり、BonCasServiceが不要になるのではないかと考えております。
よろしくお願いします。
65. Posted by Doma   2012年03月10日 22:48
inf様、ご連絡頂きありがとうございます。

通信不具合の原因がセキュリティ製品の可能性もあるかもしれないとは思っていたのですが、そうでしたか。もしかしたらVirtualPTの通信を無条件で通すような設定をしたら改善したかもしれませんね。ただVirtualPTを100%信用するのは危険でしょうから、それは現実的では無いのでしょうね。

新バージョンの動作結果もお知らせ頂きありがとうございます。今のところ大丈夫みたいですね。当方のテストだけでは実際の環境で本当に改善されるのか不安だったので、お知らせ頂き安心致しました。もしまた何かありましたらご遠慮なくお知らせ下さい。この度は検証にもご参加頂き誠にありがとうございました。
64. Posted by inf   2012年03月10日 16:43
こんにちは
新しいバージョンがリリースされたということで、早速試してみました。

と、その前ビットレートが低下する原因について調べていたのですが、
どうもSymantec Endpoint Protection(SEP)が悪さをしていたようです。
Client、Serverの両方に入っておりましたが、
SEPがOFFの状態ではビットレートの低下は無く、
ONにすると途端にビットレートが低下しました。

SEPはBase Filtering Engineを利用しているので、
通信に何か影響を与えていたのかもしれません。

話は戻りまして、SEPをOFFにするわけにもいかずビットレート低下の状態にしていたのですが、
ver1.08を導入したところビットレートが低下することが無くなりました。
8ch同時に視聴しても今のところ問題はでておりません。
このまましばらく利用して再発しないか確認したいと思います。
63. Posted by Doma   2012年02月07日 23:31
inf様、情報提供ありがとうございます。

サービスの再起動ですか、なかなか難しいですね…。情報提供は何にしてもとてもありがたいです。誠にありがとうございます。

また、只今、次のバージョンをVectorに申請中なのですが、それが公開された後で、「通信不具合が改善するかもしれないバージョン(ベータ)」を公開する予定ですので、ぜひそちらも試してみてください。
62. Posted by inf   2012年02月07日 22:24
当方で発生した事象ですが、安定化させるためのコツが掴めてきました。
VirtualPTがインストールされたサーバを起動した直後は事象がよく発生するのですが、
何回かVirtualPTサービスを再起動させると事象が発生しにくくなります。
また事象が発生したとしても、最初に報告した時と違い、数秒たてば視聴可能になります。

やったことはサービスの再起動のみで、ネットワークなどの設定値は触っておりません。
ここまで書いてなんですが、こちらの環境固有の現象かもしれません・・・。
61. Posted by Doma   2012年02月06日 19:21
通りすがりのSE様、情報提供いただき誠にありがとうございます。大変感謝です。

Linuxの件、現象再現の為のアドバイスで、Linuxでは通常そのような設定では使わないので不具合とは関係ないということですね。

データ長の件ですが、VirtualPTプロトコルでは何層かに分かれており、一番下の層の送信側が、データを加工して流すことで、受信側でどのような区切りで受信したとしても復元できるようにしています。(区切り文字(0xff)から区切り文字(0xff)の間が送信側で1パケットとして送信されたものとして処理。もし送信時に部分送信されるようなことになっていたとしたら最後の区切り文字が欠落することになりますが、次のパケットの先頭の区切り文字で、前のパケットが終わったことを認識します。)この層では32KBまでの可変長データを扱えるように設計しております。その1つ上の層では、パケットヘッダなどから文字化けやデータ長などの整合性のチェックを行っています。

一部しかデータが受信できなかった場合のエラー処理ですが、ストリームデータの場合は一度だけ再送処理を行い、それでもだめなら、除外します。

WSASend関数の件、ご指定のURLの内容とほぼ同じものを翻訳して保有しているのですが、私の理解力が足りない為、引数で指定した変数に実際に受け付けられたサイズがセットされるところまでは分かるのですが、戻り値などであいまいな点があり、実際に再現して確認したいところなのですが、当方ではなかなか再現出来ないので、わらにもすがる思いでお聞きしてしまいました。申し訳ありませんでした。
60. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 15:14
Domaさんこんにちは

その2
また長文です。ごめんなさい。

WSASend関数の戻り値についてですが・・・
送信バッファに渡せたサイズは、lpNumberOfBytesSentが指し示す先にセットされます。
ちなみにWSAEMSGSIZEはデータグラムソケット(UDP)とかの場合で、最大サイズを
超えている場合に返されます。この場合エラーですので1Byteも送信されません。

TCP -> パイプに水を流すようなイメージ
   ※ 1回目の送水と2回目の送水の境目は判らない
   ※ まだパイプに水が残っているかもしれない
UDP -> 小包のイメージ
   ※ 他の小包とはくっつかない
   ※ 一部のみ送信されることは無く、丸ごと送るか送らないか

で、WSAEMSGSIZEは小包のサイズが大きすぎて取り扱えないというエラーです。

WSASendのリファレンスです。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms742203(VS.85).aspx

59. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 15:13
Domaさんこんにちは

その1
また長文です。ごめんなさい。


> 通信途中にLinux等を経由した場合にも起こりえるとのことですが、※以下略
ごめんなさい。言葉が足りませんでした。
Linuxには帯域を絞る機能がありまして、任意の帯域幅に(おおよそですが)設定できます。
間にLinux機がいれば・・・と言うのは、このLinux機で帯域を1Kbpsとかに絞って
送信バッファFullを起こした後に、制限解除すれば・・・という意図でした。

> 通信負荷の高い状態にしてしまえば、再現できるかもしれませんね。
そうですね。
言われてみれば簡単な話でした。
シンプルに、別のPCに向けて大量送信するプログラムを沢山実行していれば再現できるかも
しれません。

ブロックの分割・結合についてですが、データ長は固定なのでしょうか?
以前の50番の書き込みで・・・
> ただ、VirtualPTではパケット最大長を32KBで送受信しています。
とありましたので任意長かと思っていました。
しつこいようで申し訳ありませんが、一部しか受信できなかったときの判定は
どのようにされていますか?
ユーザーレポートでの状況から、一部分しか受け取れなかったことがきっかけで
以後正常に動作していないように見えましたので、このあたりの処理になにかあるのかも
しれません。
58. Posted by Doma   2012年02月06日 12:57
通りすがりのSE様、詳細な情報提供誠にありがとうございます。

他のアプリの送信負荷が高い場合にバッファの空きが少なくなる可能性があるわけですね。盲点でした。試しに大きなデータ(1GB)を一気に送信してもすんなり送れてしまったので、どうしたら一部だけが送信される状態を発生させられるか首をかしげていたのですが、通信負荷の高い状態にしてしまえば、再現できるかもしれませんね。

通信途中にLinux等を経由した場合にも起こりえるとのことですが、当方ではハブしか無かったのでそれで再現できなかった可能性はありますね。当方Linuxの知識はお子様レベルですしハードウェアの調達も現状難しいのでLinuxを介したテストは厳しいのですが、Windowsサーバーにルータ機能を追加すれば同様のテストが出来るかもしれません。

受信時にブロックが分割・結合されることには対応しており、解説いただいた方法とは違いますが、VirtualPTでは送信時にパケットの先頭と最後に区切り文字(0xff)数バイトを付加し、データ中に区切り文字(0xff)が無くなるような変換をしてから流すので、受信側では送信時の状態に復元できますし、一部しか受け取れなかったとしてもエラーとして処理するようになっております。なので受信時の仕組みは問題ないと思います。

あと、都合のいい話なのですがお分かりになるようでしたら教えていただきたいことがあります。送信にC言語のWSASend関数を使用しております。一部だけ送信された場合に、関数の戻り値が0なのか、戻り値がSOCKET_ERRORでWSAGetLastErrorにWSAEMSGSIZE?等がセットされるのか、疑問に思っているのですが、現象を発生させられなかった場合のために教えていただければ幸いです。
57. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 10:34
その5

※ 仕組み的なことを説明する為に、細かいことも含めて書いています。
※ 長文でごめんなさい。


再現方法についてですが、環境や他のアプリにも依存するのでなかなか難しいのですが、
帯域を可変出来れば可能かもしれません。
例えば、間にLinux機を置いてFW若しくはローカルルーターとし、帯域幅を絞る(そして元に戻す)
アプリ側の責任範囲としては、送信バッファに余裕が出来たら復旧できれば良いと思います。

基本的に送信バッファFullはしばらくすると解消します。
他のアプリが大量に送っていたとしても、送信できる機会は回ってきます。
もちろん、一気に送りたいサイズ分受け取ってもらえるかどうかは判りませんが・・・
今回の事象はユーザーレポートからすると、しばらく経っても復旧できていないようです。
なにか制御に問題があるのかもしれませんね・・・

通信系のアプリの場合、相手がいますし中継するモジュールやドライバ、H/W機器も沢山あります。
色々な細かいトラブル(混雑・パケロス・CRCエラー・再送等)が頻繁に発生しています。
また、おのおのの都合の良いタイミングで都合の良い様に処理されてしまいますので、
受け取ったデータは最初は未知のものとして扱い、慎重に確認してから使った方が良いと思います。
土台がしっかりしていないと色々面倒くさい事になるので、正確に丁寧に確実に処理するようにすると
ハッピーになれます。
「急がば回れ」です。

最後にもう一度・・・・長文でごめんなさい・・・
56. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 10:32
その4

以下、C言語での一例ですが・・・
1.組み立てバッファに追加で読み取り(組み立てバッファの空きサイズ分だけ読み取り要求)
2.組み立てバッファ内にあるデータからマーカー"\x00**VirtualPT1**\x00"を探します。
  見つからない場合、1へ
3.共通ヘッダを受け取っているか計算します。
  マーカー位置+共通ヘッダサイズ(24Byte) <= 組み立てバッファ内のデータサイズ
  受け取っていない場合、1へ
4.共通ヘッダのデータサイズを取得し、全データを受け取っているかを計算します。
  マーカー位置+データサイズ <= 組み立てバッファ内のデータサイズ
  受け取っていない場合、1へ
5.全データを受け取っているので、データを切り出す
6.処理したデータを組み立てバッファから削除し、前に詰める
  マーカー位置+データサイズ以降のデータを組み立てバッファの先頭に移動し、
  組み立てバッファ内のデータサイズ -= データサイズ
7.1に戻る

注意点としては、(テキスト文字列ではなく)バイナリに対しての処理なので、文字列検索系の
関数を使用しないこと(\x00で終端されている保証がない)と、常に有効なサイズを意識して、
無効なデータ(未初期化値や昔のデータ)を取得しないこと等があります。

そして重要なことなのですが、これらは双方向通信の場合、両方のアプリに実装する必要があります。
55. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 10:32
その3

色々なやり方がありますが、例えば・・・

offset size
------ ----
0 16 \x00,'*','*','V','i','r','t','u','a','l','P','T','1','*','*',\x00,
16 4 データサイズ(DWORD) ※マーカーのサイズを含む
20 4 データ種別('TSDT','CHCG') ※文字終端\x00は入れない
ここまで共通ヘッダ
以後、個別データ。TSDTの場合・・・
24 4 チャンネルID(DWORD)
28 4 信号レベル(DWORD)
32 4 TSデータサイズ(DWORD)
36 xxxx TSデータ(任意の長さ)

※ 「"\x00**VirtualPT1**\x00"」はVirtualPT通信規約Ver.1のつもりです

とした上で、受信側でマーカーを基にデータを処理します。
ただし、どのタイミングで区切られるか判りませんので、ヘッダサイズも含めた最大送信長の
2倍のサイズの組み立てバッファを持って、受け取ったデータを組み立てます。
54. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 10:31
その2

これらを踏まえて、コメントさせていただくと・・・

> 現状では、リターンコードがOKかつ送信サイズが要求サイズ=受取りサイズの場合のみ成功とみなし、以外はエラー扱いとしていたので、そのような場合、エラー扱いとしておりました。
先にご説明させていただいたとおり、データグラムではなくストリームですので
この場合、「一部」が受信側に送信されてしまいます。
受信側できちんと中途半端なデータを識別して弾いていればOKですが、先に書いたように
TCPには一連のデータに区切りはありませんので、送信時に自分でマーカーをデータの中に
入れて、そのマーカを受信側で見つけて頭出しをした上でサイズチェックをする必要があります。
ただし、一部分のデータだけ送られてきたのか、単純に受信中で次の読み取りで後半が来るのかは
区別が付きませんので、次のマーカーを見つけるまでは判断できません。
ですので、途中までしか受け取ってもらえなかった場合は、エラー扱いにするのではなく、
続きから送り直した方がシンプルになります。
単純な垂れ流しの場合は別ですが、バイナリストリームの場合、基本的には自分でヘッダを
規定して送るパターンが多いです。
53. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月06日 10:29
その1

仕組み的なことを説明する為に、細かいことも含めて書いています。
長文でごめんなさい。

そして、お役に立てるのでしたら光栄です。
開発頑張ってください。応援しています。

ご質問にお答えする前に、まず仕組みというか概念の説明をさせていただくと・・・

プロトコルスタックの送信バッファについてですが、概念的なお話をすると
たとえ2Byteの送信要求でも1Byteしか受け取ってもらえないかもしれません。
(実際にはOS側の管理上の都合でもう少し大きなサイズでないと受け取ってしまいますが)
なぜならそのOS上の全てで送信バッファを共有しているからです。
他のアプリなどが大量の送信をしていると送信バッファは混雑します。
また、TCPはストリームなので32KByteを2回送っても、受け取り側は16KByte+32KByte+16KByteと
3回に分けてアプリに渡してくるかもしれません。
(真ん中の32KByteには両方の一部が含まれています)
極端なたとえをすると1Byteずつ渡してくるかもしれません。(概念的には・・・ですが)
ただのパイプなので元々データの区切りはありませんし、OS等も自分の都合で好きなように
送ってきます。
保証されているのは、Byte単位であることと各Byteの順番がそのままであることだけです。
一連の流れの中で区切りを見つけて自分でデータを切り出すのはアプリ側の仕事になります。

逆にUDPはデータグラムなので、送ったサイズがそのまま届きます。
小包みたいなものです。
その代わり確実に届く保証はありません。
アプリ側が自分で検知して再送処理をする必要があります。

そしてジャンボフレームでは再現率が下がる理由についてですが、単純に送信バッファが
増えるからだと思います。
52. Posted by Doma   2012年02月05日 20:54
通りすがりのSE様、情報提供ありがとうござます。

こちらでは、お手上げに近い状態になっていましたので、些細なことでもお知らせいただけると大変助かります。

これまで、寄せられたコメントからジャンボフレームに関連したものと思い、その辺を当方でいろいろやってみたのですが、現象を再現出来ていませんでした。ご指摘いただいたとおり、送信時に「一部だけ送信できた」という状態のチェックは行っておりませんでした。現状では、リターンコードがOKかつ送信サイズが要求サイズ=受取りサイズの場合のみ成功とみなし、以外はエラー扱いとしていたので、そのような場合、エラー扱いとしておりました。

これまで寄せられた情報から、必ずそうなるわけではなくて、最初は大丈夫だが数秒から数十秒すると現象が発生しはじめるように思われます。さらに、当方では発生していないように、現象が出る環境と出ない環境があるものと思います。当方でも現象を再現する為にはどのようなことをすれば良いと思いますか?

ちなみに、VirtualPTでは仕組み上、受信側が受け取ったことを確認してから次を送るので、送信側・受信側ともにプロトコルレベルでのバッファフルは起きないと思います。(バグが無ければですが!)
51. Posted by 通りすがりのSE   2012年02月05日 18:43
推測だけで書き込みしていますので間違っていたらごめんなさい。

OSのプロトコルスタックの送信バッファとか受信バッファが溢れていませんか?
APIやメソッドで32KBの送信要求出しても4KBしかOSが受け取ってくれないことがあります。(バッファが一杯とか)
APIやメソッドの戻りで実際にOSに渡したバイト数が帰ってきていませんか?
要求したサイズと受け取ってもらえたサイズが違う場合、続きからもう一度送る必要があります。
また逆の話として、受信側アプリで長時間受け取らないと受信バッファが溢れてしまいます。
そうなると送信側の送信バッファのデータがなかなか消えないことになるので送信バッファが溢れやすくなります。

基本的に、送信側で送信時にOSに渡すことが出来たサイズを管理することと
受信側で速やかに受け取ることが出来ればすんなり流れていくと思います。

そんなこととっくに知っている!という事であればただの落書きだと無視してください。失礼しました。
少しでも糸口になればと思い書き込みさせていただきました。
50. Posted by Doma   2012年02月04日 20:00
inf様、情報提供ありがとうございます。

ネットワーク通信の不具合の件、複数の方からご指摘いただいておりますが、当方では現象を再現出来ていないため、保留状態になっております。こちらの希望としては、より多くの方から、より多くの情報をいただけると助かります。「こうすれば現象が発生するのに!」といった情報であればより助かります。

ただ、VirtualPTではパケット最大長を32KBで送受信しています。下位のプロトコルで実際に通信できるサイズに分割されるはずですが、分割されないようなサイズ(1KB程度)にしたら、もしかしたら改善するのかもと考えています。

現象を再現出来ていないため、それを実証する術がないのですが、試しに設定で変更可能なバージョンを公開してみようと思います。
49. Posted by inf   2012年02月04日 19:12
こちらもTCP-IP接続すると途中から視聴ができなくなります。
なお、サーバにて自分自身へTCP-IP接続の場合は発生しません。

現象としてはサーバとは別クライアントからTvTestを起動し、
チャンネル切り替え後、地上波ですと約13Mbpsぐらいのビットレートですが、
0~50秒後に3Mbpsぐらいに落ち込み視聴ができなくなります。
一度落ち込むと、チャンネルを切り替えるまで改善は致しません。

サーバ側で視聴しますと、ビットレートは安定して13Mbpsとなります。
なお以前BonDriver_UDPでネットワーク視聴していしましたが、
その時は正常に視聴できていました。

サーバとクライアントの環境は概ねhageさんと一緒です。
VirtualPTについては32bit版でも試しております。
またNICについては10GbEにてP2P接続もしておりますが、
こちらも同様の現象が発生します。

ジャンボフレームの調整による改善については、
こちらの環境上変えることができないため試せませんでした。
ただ、以前BonDriver_UDPを使った際はジャンボフレームを設定すると同様の現象が発生し、
TvTest側の受信バッファリング設定やジャンボフレームをオフ(MTU=1500)にして改善したことがありました。
ただ今回はバッファリング中もビットレートが低下しており、バッファが空になるとやはり視聴ができなくなります。

現象のご参考になれば幸いです。
48. Posted by Doma   2011年08月15日 20:02
hage様、情報提供ありがとうございます。

現象が再現できるかどうかで不具合改善できる可能性が大きく変わってきますので、情報提供は本当に助かります。また何かありましたらぜひよろしくお願いいたします。
47. Posted by hage   2011年08月15日 15:19
続き
以下現象が発生した環境
※サーバ、クライアントともにアンチウイルスの類はインストールしていません。
サーバ環境
CPU:Core i3 2100T
M/B:ASUS P8H67-M LE REV 3.0
MEM:DDR3-1333 2GB×2
NIC:Intel Gigabit CT Desktop Adapter
O/S:Windows Server 2008 R2 Standerd SP1(x64)
PTx:PT1 RevA ×2
C/R:SCR3310-NTTCom
その他:
PTxドライバ:PT1-Windows-Driver-200.exe
(PT1/2 Windows64bit署名問題対策ドライバはhttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0255.rarを使用)
PTxSDK:PT-Windows-SDK-201.exe
C/Rドライバ:Ver.4.46(http://www.ntt.com/jpki/dl_files/SCR_112.exe)
VirtualPT:Ver1.061 x64版
BonCasServer:DTV UPLOADERの[up061.zip]BonCasLink(1.10.z1)x64ビルドテスト


クライアント環境
CPU:PhenomII 1090T
M/B:ASRock 990FX Extreme4
MEM:DDR3-1333 2GB×4
NIC:OnBoard(Broadcom BCM57781)
O/S:Windows 7 SP1(x64)
その他:
BonDriver:VirtualPT Ver1.061
TVTest:TVTest 0.7.20 (x86)、TVTest 0.7.19r2 (x64)
※x86版でクライアントでデコードをする場合は
 DTV UPLOADERの[up061.zip]BonCasLink(1.10.z1)x64ビルドテストを使用
 x64版でクライアントでデコードをする場合は
 DTV UPLOADERの[up060.zip] BonCasLink(1.10.z1) ホワイトリスト対応等
 のBonCasProxyを使用

この情報が何かのお役に立てれば幸いです。
46. Posted by hage   2011年08月15日 15:19
5 私の環境でもTCP-IP経由(1GB有線接続)でのTVTestを使った視聴でドロップが大量に発生し、
映像、音声ともにブツ切れになってしまう現象が出ましたので報告します。

Domaさんの返答にあった
>通信するデータの量を減らす方法としては、
>1.VirtualPTのチャンネルモードが互換モードであれば拡張モードにする。
>  ※地デジでは効果ありませんが、BS・CSでは(特にCSでは)無駄なチャンネルのデータの通信がなります。
>2.通信するパケットの受信設定で不要なパケットを通信しないようにする。
>  ※必要なパケットは「サービス別受信設定」の「デジタルTV」だけで、その他は基本的には必要無いので、その他が有効になっていたら無効にする。特に「TSパケット別受信設定」の「NULLパケット」を無効にするだけでかなり軽減されます。
なども試し、更にTVTest側のバッファリング、スクランブル解除の位置をサーバ/クライアントで切り替えてみたのですが、改善されませんでした。
サーバ、クライアント共にFirewallは切っています。

Kuroさんの対処方法と同様にジャンボフレームの設定をサバ/クラともに9014byteまで大きくすれば収まりました。

DMAバッファサイズを変えてみる事と、同一PC内で共有メモリではなくTCP-IPで試してみる事を忘れていましたので、後日試してみて報告します。
45. Posted by Doma   2011年08月15日 08:02
肉まん様、BonDriver_Fileで録画ファイルの再生は問題なく行えますか?音声だけOKという現象はTVTest側の設定があやしいと思うのですが、もしBonDriver_Fileで音声と映像の両方OKであればVirtualPT側に問題がある可能性が有ります。

もしBonDriver_FileでOKなら、HomeServer2011側のVirtualPT設定ファイル(VirtualPT.ini)の内容、XP側のTVTest用にコピーしたBonDriver_VTPT.dllの設定ファイルの内容をお知らせいただけないでしょうか?

BonDriver_FileでもNGなら、まずBonDriver_Fileで再生できるようにしたほうが良いでしょう
44. Posted by 肉まん   2011年08月15日 03:30
他のでも一緒でした…
外から録画する方法はわかったので、録画したのをbondriver_fileでみるっていうのも考えてます。
43. Posted by 肉まん   2011年08月15日 01:54
ATI MPEG Video Decoder
これを入れています。
とりあえずほかのを入れてみます。
42. Posted by Doma   2011年08月15日 00:59
肉まん様、お問合せありがとうございます。

13Mbps程度とのことなので、おそらく通信は問題なく出来ていると思います。ちなみにiniファイルのHostNameにIPアドレスを設定されているようですが、

HostName=IPアドレス[:ポート番号]
HostName=コンピュータ名[:ポート番号]
HostName=DNS名[:ポート番号]

といった設定内容でもOKで、ポート番号が12300の場合は省略可能です。

音声だけで映像が出ないとのことですが、XPはMPEG-2デコーダが既定で入っていなかったと記憶しています。何かしらのMPEG-2デコーダをインストールされましたでしょうか?もし、インストールされていないようでしたらMPEG-2デコーダのインストールを試して下さい。無料で入手できるMPEG-2デコーダには以下のようなものがあります。

ATI MPEG Video Decoder ← 当方の環境では最近うまく機能しなくなりました。
CyberLink Video/SP Decoder ← PowerDVDに付属するものですが、試用版のPowerDVDでもOKのようです。

他にも探せばいろいろあると思います。

それでも改善しない場合、再度お問合せいただけると幸いです。
41. Posted by 肉まん   2011年08月14日 23:55
わざわざありがとうございます。
とりあえず、iniのところに192.168.0.5:12300といれて、繋がりはしたのですが、音声しか出ません。13Mbpsぐらいでてます。
PT2をつけているパソコンでは映像も見れるのですが…
こんなかんじなんです。

Windowshomeserver2011にPT2にまい、12300ポートをあけてます。←開けるまでは音声も出なかったのでたぶんちゃんとあいてる…はず。
見てるパソコンはwindowsXP32bit
TVTEST。
ルータは8700NのNECのやつです。
ルータはいじり方わかんなかったのでそのままです。でも音声でてるので 、たぶん大丈夫なはずです。
音声しか出ないのはどういうのが悪いんでしょうか?
40. Posted by Doma   2011年08月14日 19:48
肉まん様、ご利用頂きありがとうございます。

VirtualPTと視聴・録画ソフトの設定例を、取り急ぎ最低限必要となりそうなものを掲載いたしましたが、応用編としてネットワーク関連の設定やワンセグ視聴の設定、64ビットアプリの利用方法なども折を見て掲載したいと考えております。

直ぐには手を付けられませんが、もし設定方法で分からないことは、お問合せいただければ分かる範囲でお答えしたいと考えております。
39. Posted by 肉まん   2011年08月13日 18:18
5 設定方法のを見て視聴と録画できるようになりました。
凄くわかりやすくてよかったです。

同じネットワークのパソコンから見たり、番組表を見て録画したりできるんですよね?
その設定方法が知りたいです。
ネットワークを通すとややこしくなったり、人によって設定変わるとは思いますが、一例を見てみたいです。
お願いします。
38. Posted by Doma   2011年08月04日 20:07
Kuro様、ご協力ありがとうございます。

改善策が分かりましたら、対策版をリリースしたいと思います。
37. Posted by Kuro   2011年08月04日 02:35
こんばんは。

変更したのは、ネットワークカードのジャンボフレーム設定で、それ以外のVirtualPTを含むソフト側の設定の変更はしていません。

ジャンボフレームについては、

変更前:
サーバ側    1514byte
クライアント側 なし

変更後:
サーバ側    9014byte
クライアント側 9014byte

にしたところ安定して視聴できるようになりました。

ちなみに、先ほど両方とも4088byteへと変更したところ、やはり低速になりましたので、どうやら、これ以外の設定ではダメなようです。

よく分かっていませんが、パケットの送信方法がSpinel経由の場合とは違っているんですかね。

ひとまずお知らせまで。
36. Posted by Doma   2011年08月03日 07:57
Kuro様、解決したとのことで安心致しました。

こちらでも調べてみたいので、改善前と改善後の設定をなるべく詳しく教えていただけないでしょうか?

お手数をおかけしますが、ご協力いただけると助かります。
35. Posted by Kuro   2011年08月03日 03:35
すいません。

その後イーサネットの設定を見直したところ、ジャンボパケットの設定を9014へと変更したところ、どうやら問題は解消したみたいです。

どうもお騒がせしました。

ただ、前にも書きましたが、Spinel+BonCasServiceを組み合わせて視聴していたときは全く問題なかったのはなんでなんでしょうかねえ。
34. Posted by Kuro   2011年08月03日 03:03
お返事ありがとうございます。

自分の環境を書いてなかったですね。後出しですいません。

VirtualPTを導入したサーバがWindows Home Server2011で、PT2の2枚差し、クライアントがWindows7です。いずれもデスクトップで優先のギガビットでの接続になってます。CSが視聴できないというのはこちらの勘違いだったようで、設定を見直したら視聴自体はできるようになってました。

しかし、TVTestで視聴を開始すると、最初は14~15Mbpsほどでているんですが、しばらくすると3~5Mbpsまで落ちていき、ドロップが発生しています。

ネットワーク帯域に関しては、こちらでもいろいろ調べてみましたが、Spinel+BonCasServiceを組み合わせて視聴していたときは全く問題なかったのと、リソースモニタ等でみても帯域には十分な余裕がある状態です。

VirtualPTの設定もいろいろ変えてみたり、x64もx86も試してみましたが、状況は改善していません。

やはりOSの問題ですかね。でも、ローカルでは普通に視聴できているんですよね…。
33. Posted by Doma   2011年08月02日 20:23
Kuro様、お問合せありがとうございます。

ネットワークは無線LANでしょうか?あるいは、十分な帯域があってもネットワークに負荷の掛かった状態ではないでしょうか?ネットワーク帯域不足の際に起きる現象のように思われます。

もしそうであれば、通信するデータの量を減らすか、ネットワーク帯域を増やすかを検討お願いします。

通信するデータの量を減らす方法としては、
1.VirtualPTのチャンネルモードが互換モードであれば拡張モードにする。
  ※地デジでは効果ありませんが、BS・CSでは(特にCSでは)無駄なチャンネルのデータの通信がなります。
2.通信するパケットの受信設定で不要なパケットを通信しないようにする。
  ※必要なパケットは「サービス別受信設定」の「デジタルTV」だけで、その他は基本的には必要無いので、その他が有効になっていたら無効にする。特に「TSパケット別受信設定」の「NULLパケット」を無効にするだけでかなり軽減されます。

ネットワーク帯域を増やす方法としては、
現状の通信機器を改善する。例えば、無線LANが802.11bであれば802.11gに、802.11gであれば802.11nに、又は有線LANにする。有線LANでは、お問合せの様な現象はまず起きないと思いますが、100Mであればギガビットにする。これらは割りと手軽にできると思います。

もし、改善しないなどありましたら、再度お問合せいただけると幸いです。
32. Posted by Kuro   2011年08月02日 13:51
最近知って使ってみようと思い現在設定中です。

ローカルに関しては、ひとまずTVTestでの視聴(UHF, BS, CS)まではうまくいきました。

ところが、TCP-IPを有効にしてローカルネットワーク上で視聴しようとするとCSについては、視聴できず、UHF, BSについては視聴自体はできますが、しばらくすると速度が落ちてドロップが発生し、最後にはほぼ見れなくなります。

信号レベルには問題がないので、おそらくネットワーク接続に関して何か問題があるようなんですが、いろいろ設定を変えてみてもうまくいきません。

何か対処方法があれば教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。
31. Posted by Noname   2011年06月03日 04:26
BonCasLink関連がサポート対象外との事、了解しました。
御回答いただき、ありがとうございました。
30. Posted by Doma   2011年06月02日 08:06
BonCasLinkはICカード関連関数の一部にしか対応していないので特定のプログラム向けに作られているものと考えており、汎用的には作られていないように思います。残念ながらBonCasLink関連との併用はサポート対象外だと考えております。
29. Posted by Noname   2011年06月02日 07:24
BonCasServerへの直接接続の指定を出来るようにはできませんか?
一応現在でもBonCasProxyを使えば一つのカードを見に行けますが、せっかく複数のカードを使える様になっているので直接IP:ポートを指定して複数のBonCasServerへの接続ができれば有り難いです。
尚、BonCasServerとしていますが、実際にはBonCasServerのクローンを非Windows OSで動かしています。
28. Posted by waimea   2011年05月27日 03:06
有難うございます。
毎回迅速なご回答を頂き助かります。
27. Posted by Doma   2011年05月26日 23:15
waimea様、お問合せありがとうございます。

チャンネル互換モードを使用する場合、ご提示の変更で問題無いと思います。その際、BonDriver_VTPT.dllをBonDriver_VTPT_T.dllとBonDriver_VTPT_S.dllにコピーしてそれぞれのiniファイルを設定してください(サンプルiniフォルダの同名ファイルが参考になると思います)。又、PT2を2枚にした場合も同様にE~Hを定義していただければ良いと思います。

チャンネル拡張モードで使用する場合、RecTestではチャンネル変更が出来ず、代わりにTvTestを使用したところチャンネル変更までは出来ましたが、番組表の取得が出来ませんでした(ので、録画は確認すらできていません)。思い当たる点を調べてみたものの、番組表の取得にはいたらずTvRockはソースも公開されていないようなので、現時点ではこれ以上分から無い状態です。もし改善策が分かりましたら対策したバージョンをリリースしたいと思います。
26. Posted by waimea   2011年05月26日 05:31
TvRockで使用する場合についての質問です。

現在BonDriver_PT-STを利用して、下記の設定でTvRockを運用中です。

[実行アプリ名(視聴用)] TVTest.exe
[オプション]
/d BonDriver_PT-T.dll /DID A   地デジ
/d BonDriver_PT-T.dll /DID B   地デジ
/d BonDriver_PT-S.dll /DID C   BS・CS
/d BonDriver_PT-S.dll /DID D   BS・CS

[実行アプリ名(録画用)] RecTest.exe
[オプション]
/tvrock /d BonDriver_PT-T.dll /min /DID A  地デジ
/tvrock /d BonDriver_PT-T.dll /min /DID B  地デジ
/tvrock /d BonDriver_PT-S.dll /min /DID C  BS・CS
/tvrock /d BonDriver_PT-S.dll /min /DID D  BS・CS

これをVirtualPTに変更する場合は以下の設定内容でよろしいのでしょうか?

[実行アプリ名(視聴用)] TVTest.exe
[オプション]
/d BonDriver_VTPT_T.dll /DID A   地デジ
/d BonDriver_VTPT_T.dll /DID B   地デジ
/d BonDriver_VTPT_S.dll /DID C   BS・CS
/d BonDriver_VTPT_S.dll /DID D   BS・CS

[実行アプリ名(録画用)] RecTest.exe
[オプション]
/tvrock /d BonDriver_VTPT_T.dll /min /DID A  地デジ
/tvrock /d BonDriver_VTPT_T.dll /min /DID B  地デジ
/tvrock /d BonDriver_VTPT_S.dll /min /DID C  BS・CS
/tvrock /d BonDriver_VTPT_S.dll /min /DID D  BS・CS

またPT2を2枚に増やす際には上記の各チューナー設定A~Dへ更にE,F,G,Hと追加すれば8チューナーで運用できるのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありません。
25. Posted by waimea   2011年05月24日 04:24
ありがとうございました。

Spinel+TVH264で行う予定でしたが新しい選択肢ができました。近いうちにVirtualPT+TVH264を試してみます。
24. Posted by Doma   2011年05月23日 20:23
waimea様、お問合せありがとうございます。リモートからワンセグを視聴するには以下の方法で行えます。※視聴ソフトはTVH264を想定。

TVH264のBonDriverを格納するフォルダにBonDriver_VTPT.dllをBonDriver_VTPT_1Seg.dllに名前を替えてコピーします。設定ファイルを以下の内容で作成しファイル名BonDriver_VTPT_1Seg.iniで保存します。

[SETTING]
HostName=
Priority=0
UHFValid=1
CATVValid=0
VHFValid=0
BSValid=0
CSValid=0
ChannelMode=1
Descramble=0
RecvNULL=0
RecvDuplicate=0
RecvError=0
RecvUnknown=0
RecvDigitalTV=0
RecvOneSeg=1
RecvOtherService=0
RecvPrivate=1
RecvLow=0
RecvOtherStream=0

これで、ローカルでワンセグ視聴が可能になります。

リモートから視聴するには、VirtualPTの設定画面で全般>通信方法>TCP-IPにチェックして設定を保存します。既にVirtualPTサービスが起動している場合は再起動します。上のBonDriver_VTPT_1Seg.iniファイルの2行目のHostName=にVirtualPTサービスが起動しているコンピュータ名(IPアドレスでも可)を設定してください。

後はTVH264を起動して、ドライバをBonDriver_VTPT_1Seg.dllに変更しチャンネルスキャンを行ってください。
23. Posted by waimea   2011年05月23日 04:12
BonDriver_1segFilterのようにワンセグだけを抽出して、それを配信、リモートで視聴できる機能があればすぐにでも使用したいのですが。
22. Posted by Doma   2011年05月22日 08:26
自由人様、コメントありがとうございます。

設定の一例を掲載したページを追加しようと思います。それでも分かりづらい等ありましたら、再度ご指摘いただけるとありがたいです。
21. Posted by 自由人   2011年05月22日 01:49
5 VirtualPTの使用方法がよくわからない。PT2を録画サーバーとした場合、クライアントの設定・視聴方法が具体的に理解できません。簡単に初心者でも理解できるようなページがあれば最高です。
20. Posted by Doma   2011年03月11日 00:45
watch-men様、お手数をおかけして申し訳ありません。

もし、こちらで解決できない場合、ぜひご協力お願いいたします。もちろんそちらの都合にあわせていただいて構いません。

つきましては、準備が整いましたら連絡いたしますので、doma@do-ma.info宛にwatch-men様の連絡先メールアドレスをあらかじめお知らせいただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。
19. Posted by watch-men   2011年03月11日 00:28
VirtualPTのバージョンは1.02、試した範囲では必ず起きるようです。何度か再起動もして確認しましたが状況は変わりません。
試しに、普段クライアントに使っているPC(PT未装着、Win7 Pro x64)でも起動してみましたが同様にメニューが表示されませんでした。別のクライアント(XP Pro x86)では、問題ありませんでした。

確認プログラムの実行につきましては、あまり素早いレスポンスができないかもしれませんが、可能な範囲で協力させていただくことは可能です。
18. Posted by Doma   2011年03月10日 20:22
watch-men様、お問合せありがとうございます。

VirtualPTのバージョンと、現象が必ず起きるかをお知らせいただけないでしょうか?もしここが怪しいなどもありましたら些細なことでもかまいませんのでお知らせいただければ助かります。

又、こちらで現象の再現が出来なかったり、不具合の発見が出来なかった場合、不具合を確認するためのプログラムを実行して頂き、結果(ログファイルなど)をお知らせいただくということは可能でしょうか(複数回お願いする可能性があります)?

現状、次バージョンの詰め作業が忙しいため、確認プログラムをお願いする場合、1週間から10日ぐらい後になると思います。
17. Posted by watch-men   2011年03月10日 14:01
Vista ultimate x86 にて、VirtualPT起動後、タスクトレイのアイコンを左クリックしても右クリックしてもダブルクリックしても、メニューが表示されないです。
終了できないので、タスクマネージャから強制終了するしかないんだけど、これってうちだけでしょうか?
16. Posted by Doma   2011年02月15日 21:00
Windows7様、お問合せありがとうございます。

Windows Media Centerについては詳しく分かりませんが、それ様には作成していませんので、動作しないと思います。
15. Posted by Windows7   2011年02月15日 12:26
こんにちわ。
こちらの仮想チューナーはWMC上からも認識できますか?
現状bwhelper経由ではPT2を認識2TSチューナとしてのみ認識するので4TSチューナーとして認識できるのであれば利用してみようとおもってます。
14. Posted by Doma   2011年01月16日 20:32
なな4様、情報ありがとうございました。参考にさせて頂きます。
ダメモトでPLEXにも確認してみます。
13. Posted by なな4   2011年01月16日 18:47
なな4です、ご返信ありがとうございます
SDKとかは無いかも知れません

有志の方が作られたBonDriver(1353204.zip)があり、
ソースファイルも添付されています
http://www22.atwiki.jp/px-w3pe/pages/14.html

参考になるか分かりませんが…
12. Posted by Doma   2011年01月15日 23:59
なな4様、ご連絡いただきありがとうございます。

なるべく新しい情報はチェックしているつもりなのですが、PX-W3PEについては知りませんでした。PCI Express、ロープロファイルは確かに裾野が広がりそうな気がします。このためにPT2を買えない方も少なからずいるでしょうし。価格はPT2同様高いですけど。

VirtualPTにおいては、PT1・PT2以外のデバイスにも対応しやすいように設計しており、将来的にPT2の後継機や他の普及デバイスも視野に入れております。ただPX-W3PEがPT2と同様に、世の中に浸透するか見極める必要はあると考えます。

また、VirtualPTがまだ中途半端であることと、一人で開発しているため、時間的・金銭的に余裕が無いことを考えると、対応するにしても、まだ先の話になりそうです。

公式サイト確認しましたが、開発者向け情報のようなものは見つかりませんでした。もしお分かりでしたら、(他の方でもかまいません)教えて頂けると助かります。
11. Posted by なな4   2011年01月15日 22:07
VirtualPT の開発経緯を拝見しました
とても素晴らしいコンセプトだと思います

PT1・PT2専用とのことですが、PX-W3PEにも対応していただけないでしょうか?
PT2同様3波対応の4TSで、PCI-e、ロープロにも対応した機種です
まだ不安定?なようですが、これからのTVチューナーの中心になる機種だと思います
10. Posted by DECULTURE   2011年01月15日 13:43
うちも地デジアンテナ2系統です
Spinelなら区別できるので
あればうれしいです
9. Posted by Doma   2011年01月15日 11:04
774様、ご連絡頂きありがとうございます。

独立U局の件、解説頂きありがとうございます。勉強になります。

この件についてはプログラムの難易度に対して、必要な方がどのくらいいらっしゃるのかが気になるところです。今後、要望がどのくらいくるかも判断材料としたいと思います。

また、通常、テレビやビデオでは地上波のアンテナ入力は1つだと思うのですが、その場合どのようにされているのでしょうか?アンテナ混合器のようなものを使うのでしょうか?
8. Posted by 774   2011年01月15日 02:40
メインで建ててるアンテナではキー局が受信出来ても独立U局のレベルが低くて受信出来ず
独立U局が受信出来る様にアンテナの方向を変えると今度はキー局のレベルが低くて受信出来なくなる
この対策の為にアンテナを2本立ててT1、T2で分けたりしてる人もいるということです

この場合チューナー毎に受信出来るチャンネルと出来ないチャンネルがあるので指定出来ないとマズいことになるわけです
7. Posted by Doma   2011年01月15日 02:11
774様、ご連絡いただきありがとうございます。

> 地上波では独立U局の為にアンテナ複数立ててる人もいるのでチューナー指定も出来るといいと思います
すいません、ちょっと分からないので、詳しく教えて頂けないでしょうか?

スクランブル解除の件については、現状のBonDriverの範疇では受信したデータ全てをスクランブル解除する必要があります。これは、必要の無いチャンネル(サービスと言ったほうが正確かもしれません)まで解除しなければならないと言うことは把握しており、BonDriverのチャンネル定義を拡張することで対応できないかと考えております。ただ、現バージョンでサービス側のCPU負荷がほとんど掛かっていないので、スクランブル解除のコードを最適化すれば全データ解除しても問題ないかもとも考えております。開発していく上で、その辺を考慮しながら開発していきたいと考えております。

ネットワークの件、参考になります。ネットワーク帯域節約と言うことで、不要チャンネル(サービス)を送らないのは、確かに正しい方法と思います。ただ、BonDriverがそのようなことに対応できないため、単純には対応できません。VirtualPT専用録画ソフト等では、その辺のことも対応出来るように考えております
6. Posted by 774   2011年01月15日 01:37
バグ報告では無く要望です

地上波では独立U局の為にアンテナ複数立ててる人もいるのでチューナー指定も出来るといいと思います

恐らくこの機能は考えていると思うんですけど
鯖側でスクランブル解除する時
spinelでB25を使用した場合
CS等同一トラポンに複数CHがあるものを全て解除しようとして負荷が高くなって遅延が発生していたので視聴or録画対象CHのみのスクランブル解除が出来るといいと思います
ネットワーク越しのアクセスも同一トラポン内に複数CHがある場合対象CHのみ転送出来るといいと思います(こちらは可能なのかどうかわかりませんが)
5. Posted by Doma   2011年01月14日 21:43
DECULTURE様、確認いただきありがとうございました。

VirtualPTをSDK 1.x系でも使えるようにしたいと思います。別ページ(http://blog.livedoor.jp/domamemo/archives/2326671.html)で、動作確認していただける方を募集していますので、ぜひとも、そちらの確認もお願いできたらと思います。

また、PT1の動作報告までいただき、大変感謝です。
4. Posted by 通りすがり   2011年01月14日 21:35
偽モノは放置で
自家製ドライバもない卑怯なコピー商品をかまう必要はないと思う
3. Posted by DECULTURE   2011年01月14日 11:43
ええ、SDKも1.x系でないと使えないのです

よろしくお願いします

尚、PT1でのEDCB10、TVTestの
2008R2での動作は確認できました
2. Posted by Doma   2011年01月14日 00:52
DECULTURE様、ご連絡頂きありがとうございます。

PT2X2の件ですが、ちょっと調べたところPT1用のバージョン1.xドライバーで無いとBS/CSが受信できないと分かりました。当方、現物を持っていない為、てっきりPT2と同じものと思っておりましたが、PT1の方に近いのですね。勉強になりました。

ところで、SDKも1.x系を使用しないといけないのでしょうか?もし、2.x系が使えればVirtualPTで認識できそうな気がします。(最新の2.0.1が理想ですが、「ソフトウェアのダウンロード (過去のバージョン)」のページにある2.0でもVirtualPTで認識できると思われます。)

大変お手数ですが、当方で確認できないため、確認していただき結果を教えていただけないでしょうか?もし、NGなら別の手段を考えますのでよろしくお願いいたします。
1. Posted by DECULTURE   2011年01月14日 00:01
DECULTUREを使っているのですが
旧Driver、SDK
http://earthsoft.jp/PT/download-old.html
(でしかBSCS使えないため)
それが原因なのか?
VirtualPT起動しても
「デバイスが見つかりません」状態です
どうか御一考をお願いします

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

プロフィール

Doma

記事検索
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
  • ライブドアブログ