2017年05月10日

アポ候補リスト201705

自分用メモ。
アポが近い順番。

■ネトナン
・カレー子(mi、人妻)・・・カレー食べたいらしい。パレス持ち帰り。でもドムっぽい。
・バツイチ子(友ト、バツイチ)・・・クズの元旦那の愚痴聞いてあげる。獅子昼アポ。
・ナニワ子(mi、人妻)・・・大阪デートしたい。どこかのお好み焼き屋は王将?ドム確定。
・柏子(mi、人妻)・・・千葉飲み。夜も可能っぽい。
・アニメ子(mi、人妻)・・・昼デートしたいらしい。蝦かブルーあたりで。
・ゆるふわ子(mi、人妻)・・・夜可能。多分、いろいろ遊んでる。即しやすそう。
・めんどくさ子(mi、人妻)・・・彼氏とか言うてくる。めんどくさい。準準即ぐらい狙う。ホテルで昼飯。
・淫乱子(友ト、人妻)・・・セク確定してたのに喧嘩した。なんとか修復させたい。
・茄子子(mi、人妻)・・・まだこれから。
・菅子(mi、人妻)・・・誘われたいらしい。でも、不細工か!?
・白百合子(友ト、人妻)・・・子供も手がかからくなったので遊びたい。

■ストナン
・バー子(bar、キャバJD)・・・バーで仲良くなった。準即したい。
・獅子子(スト、水の民)・・・よく分からん子やけど、食いつきはいい。忙しい。
・爆乳子(スト、シルバー嬢)・・・関西人。飲みたいらしい。鍋デート。
・タイプ子(スト、シルバー嬢)・・・地元スト。レス気まぐれ。タイプだけど…。

■なにわ
・青姦未遂子(既婚オフ、人妻)・・・夜景フェラ。次会ったら直ホ。
・別居子(既婚オフ、人妻)・・・オフ会1番人気だった。めっちゃ性格いい。
・堺子(友ト、人妻)・・・彼氏とか言うてくる。時間あれば、かな。

domania at 03:57|PermalinkComments(3) メル友戦術記 

2017年05月09日

東京即でござる

おっすオラどもん。
東京にやってきただ。

サラリーマンに転勤はつきものですからねー。

しかもソロで。
おぉ、ナンパしまくれますやん!とお思いでしょうが、仕事の都合でそうでもないです。
にしても突然のことで、不惑にして惑うばかり。
人生これでいいんでしょうか?

生活が落ち着くまでは、活動も控えめにしたいと思っております。


というわけで、街にでない代わりにネトナン人妻解放戦線を展開していたら、10人ぐらいが仕上がってきました。
どの女性からいただこうかなー、時間ないのになー(嬉しい悲鳴)。
有料サイトも試してみたけど、結局〇ixiが一番いいな。


ストに関しては自分にどの街が合っているかを模索しているところです。
Uみたいにホームと言える場所を早く見つけたい。

そんな中、とある週末にシルバーでの終電後、ひとり帰ろうとしていた娘を確保しました。

いつものルーティンはこのメトロポリスでも有効のようです。
適当な居酒屋に連れ出して、トーク開始!
なんと、地元が隣の県!一気に食いつきが上がった!!
会社の飲み会で終電すぎちゃったよう。
仕事の話、恋愛の話、進めていって、自然と仲良くなる。
二人でいっぱい喋って、楽しいからもっと一緒にいようよという口説き。
コールドなんとかとかハードル下げとかうまないんじゃ。


さて。


行こか。


タクシーに乗ってノーグダテルーホイン!



からのチングダorz
だって、飲みすぎて、さらに朝方て起つわけないやんw
とりあえずクンニ好きっていうから、レロレロしたった。
Fカプ巨乳やのに、それほっといてレロレロしたった。

なんとか勃てて合体。
したけど、イマイチでしたなー。
あぁ、き〇ちゃんさんみたいに、チンコで女を魅了したいwww

おかげさまで、その後の彼女の反応はよくありません泣
ま、いいか。



その他、4月の振り返り。
・パンダタウンでシルバー嬢連れ出し。巨乳につきパイズリゲットしたい。
・地元タウンでシルバー嬢連れ出し。ヨネスケ打診もアウト。
・地元タウンのバーで水の民と和み。GW中に鬼打診来るも、どもん真人間グダ。
・はわいさんと合流して、逆三でもひるまず向かうべきということを学ぶ。


ぼちぼちやります。

domania at 03:39|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 | メル友戦術記

2017年03月31日

1月〜3月まとめ

背広魅了師会の飲み会で「ブログは名刺」という金言をいただきました。
たまには、更新しないとなぁ。

とりあえず活動日誌

1月
■婚活箱準即
年末に行った婚活箱で捕まえた娘。
準即できたことよりも、即れなかったことを悔やむ。
でも、あれ(先輩と一緒に来てるグダ)は仕方かなったか。

「横並びの席のほうがデートっぽくていいやん」
ただの飲み会じゃないことを意識させる。

職業が茄子娘だったときに使える下ネタルーティン。
「友達の医者が、『仕事中におっぱい見たり触ったりしても全くなんとも思わないけど、プライベートだとめっちゃ興奮する』って言ってたけど、○○ちゃんはどうなん?」

飲みも盛り上がったので、テルーホin。
体調が良くないせいか、早かった。
前戯は懇切丁寧にやっているので許してほしい。

■スト準即
年末にストでBAR連れ出しに成功したふわふわニット娘。
年明けにアポを組んでグダる彼女を崩して準即。
形式グダが教科書通り過ぎた。
でも、ナンパ師のマインドを持っていないと、ひるんでしまうんだろうね。
「付き合わないとしないよ」とかウソですからね。

バーゲンで買ったワンピがすごいかわいくて、いい喘ぎ声を出す子で満足でした。

■おかわり娘



■ウラックさんとアポ
よか男やった。

■爺痛箱
満を持して爺痛箱!からの坊主でGTしようとしたら、困っている案件発見。
聞けば男に財布を取られたとのこと。
ひどい。
野性の方と一緒に彼女をフォロー。
交番に行ったり家まで送ったり。
まぁ仕方ない。



2月→ほぼ全休。

3月
■獅子娘
移籍準備のためにいった東京でスト連れ出し。
barで和むも終電グダ崩せず。

■PTの人妻
とある条件を満たすオフ会にてLGした人妻。
ちょうどUに来てるとのことだったので合流。
すでに酔っていたので夜景を見ながらギラつく。
口笛はできたけど、合体はならず。
ただUの夜景スポットでのいちゃつきは最高にエロかった。

domania at 08:47|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 

2016年12月31日

12月の総括

12月のどもんの活動は…
・大阪背広魅了師会の忘年会
・スト→3年前の既セクと遭遇しセクロス
・KKNオフ会
・早朝に家を出て爺痛、GTスト、連れ出しのみ
・インテリ娘おかわり→乳首コリコリ
・アラフォー案件とアポ→カラオケでDKPM
・人妻と1時間カフェアポ
・アラフォースト即
・スト→ふわふわニット娘とDKPM(テルーホインならず)
・放流後に音楽箱イン
・スト→既セクと遭遇しテルホインのみ
・婚活箱
・ネト案件とアポ再戦も完敗
・放流後、役人さんと遊ぶ


まとめると ↓
4人の女(即×1、準即×1、既セク×2)とセクロス
3人の女(アポ負け、即ならず、既セク)とDKPM。
2人の女とアポ(惨敗、妊婦グダ)。
終電気にせずクラブ。
それどころか早朝から爺痛に行くという奇天烈っぷり。
ナンパ師仲間との飲み会。
KKN者が集まるオフ会。
婚活バー。

KKN40歳のやることではないな・・・。
ただの色キチガイ。

世間の同い年はもっとちゃんとした時間を過ごしているんだろう。
ちょっと反省・・・いや、かなり反省。

あくまでも、余った時間で活動する。
無理のない範囲で。
それを肝に銘じて2017年は過ごしたいと思います。

domania at 20:33|PermalinkComments(2) うんちく・妄想 

2016年12月15日

アラフォー嬢即

社畜箱を脱出し、遅めの時間のスト出撃。

出撃というか、会社から駅までの距離を遠回りしながら歩き、案件がいれば声をかけるというお散歩のようなものです。

某所で、好みのセクシーOLを見つけたので声かけ。
声かけの基準は顔より服装ですが、何か?

「あの…。…ですよね?」
「え?違いますよwww何言ってるんですか?」

いつものルーティンは飲み帰りの相手にはよく刺さる。
(逆に言うと、シラフの相手にはあまり通用しない)

「一杯だけ。イッキ飲みしてすぐ帰るから、行こうよ」

連れ出し。
まぁそんな言いつつ、一杯では終わりませんけどねw

お喋りしていると、同じ業界で働いていたことが判明。
共通項をうまく見つけ出せると、そこで一気に距離は縮まりますよね。
それが見つからないなら、みかんが好きとかお箸は右手で持つ派とか、無理やりに共通点を作っていけばいいw

横並びのえぇ雰囲気のバーだったので、

「周りカップルばっかやん。俺たちも負けられないね」

とか言うて、距離をつめます。
ほいで、抱き寄せたり、手をつないだり。
バー内でイチャイチャしておくとその後の展開がしやすいですよね。

いい感じになってきたので、バーを出ます。
そしてキス。

「嫌がることはしないから、とりあえず一緒にいよ」

ノーグダでテルーホインであります。

imageddddd

最初は「ダメだよ」って言ってたのに、ありえないぐらい激しく舌を絡めてきて興奮しました。
バツイチで、しばらくご無沙汰だったようで、どもんの愛撫にあんあん言うて感じてらっしゃいました。

で、挿入。

「久しぶりだから優しくして」

と、また勃起度が136%になりそうなことを言われる中で合体。
彼女にも気持ちよくなってほしいので、表情を見ながら慎重に…。
少しずつ奥へ。

侵入を進めるたびに「あああああん」と悩ましい声をあげます。
エロい、この声がなんともエロい。

そして奥まで到達。
「大丈夫?」
「うん、でもまだ動かさないで…」
と言いながら、小刻みに震える彼女。

震える…小刻みに…膣が。

あかんあかん、これ気持ちいいやつwww
油断しているとイッてしまいそうなので、ピストン。

しかし、

あんあんあーーーーーーーーん
おらおらおらおらおらおらおらおら
あんあんもっともっともっともっとーーーーーー。

という応酬もなく、わりと早く果ててしまいまた。
すまん、締まりがよすぎた。


終電も過ぎていたので、お泊りして朝方セクロスしたら、さぞ気持ちよかったでしょうが、諸般の事情で無理やりラブホ箱をアウトし、家路に就いたのでした。



見た感じ30過ぎかと思っていたら、まさかの年上でした。
でも、感じてるしぐさとか喘ぎ声とかめちゃくちゃ可愛かった♡
40代もいけることが判明しました。

domania at 14:27|PermalinkComments(2) ストナン奮戦記 

2016年12月08日

オフ会に参加してきました

とある共通項を持つ人たちのオフ会に参加してきました。

春頃、同種の別の会に参加したことがあります。
その時、まぁまぁタイプの人妻からLINEゲしたんですが、アポの時間が合わず、そのままフェードアウトしたのでした。
(やはり人妻とは時間を合わせるのが難しい…)


さぁ第2回目はどうか!?
某日某所、府内の居酒屋。

「わしゃぁ、ナンパクラスタのいぶし銀、どもんさまだ。男たちよ、おれに道を譲れ。女たちよ、おれに股を開け」

と意気揚々と会場入りしたどもんでありますが、常連も多く、身内ノリもあり序盤はなじめず…。
中盤に優しい男性がどもんを輪の中に入れてくれて、そこからは楽しく時間をすごすことができました。
(ナンパするくせに人見知りが激しいどもんw)

そこからは本領を発揮して、参加者の中でも人気上位の2人からLINEげ。
(そもそも可食案件が参加女性15人中5人ぐらいしかいなかったけど)
いやまぁ、年齢層の関係もあって、どもんですらヒエラルキーの上層にいられたというのが大きかったですね。
若さは正義ですwww

クラブでヒエラルキーの上層に立てる人は、こんな視点なんだ〜、と思いながら会に参加していましたw

しかし、こういうオフ会では男たちとの絡みが面白いです。
お遊び遍歴を告白しあい「お互いワルですなぁ」と。
すぐに意気投合できますw

「いやね、会社帰りにストリートでナンパしてるんですよね。そして、どもんっていう名前でブログやツイッターやってて、活動内容をアップしてるんで見てくださいよ」

…とは言いませんでしたけど。


オフ会が終わり、連れ出し打診をしたのですが、友達と一緒グダ、門限グダを崩せず。
友達に「悪いようにはしない。俺に彼女を預けて」とクラブでのナンパ師丸出しのセリフまで吐いたのですが…。
どんまいどもん。
 
 
あとはこの2人と日程が上手く合うかどうか。
オフ会からのゲットは未経験なので、ぜひ達成したいところです。

domania at 14:21|PermalinkComments(0) パーティ・オフ会 

2016年12月06日

朝活→GT準即

ブラック企業にお勤めのどもん。 
日曜日も当たり前のように働かされる。
とある日曜日、昼から取引先の行事に参加することに。 
そこで土門はひらめいた。

「早起きしてナンパしよう」

さすがに始発出てるのははばかられるので、6時ごろ出発。
最初の目的地はもちろん爺痛だ!

ヘロヘロで疲れた野郎ビッチどもを健康体のどもんが蹴散らしてやるぜぇ。。。
6時30分ごろ箱イン!
こんな時間なのにすごい熱気。
ほんと、ここ来る人はアホwww

さぁ、オハヨウゴザイマースなどもんは。。。




早起きして眠たい。

なんせ、前日早寝をしたわけではない。
ただ早起きすればいいというわけではないのか。

そしてやはり、ヘロヘロになっておかしなテンションで突入することが、この箱の正しい遊び方だということに気付いたwww

勝負はしたが、収穫なく人も減ってきたので箱をアウト。

さあストリートだ。
GTの醍醐味を味わう。。。には少し遅い気がする(7時30分)けどやるぞ。

商店街を中心にてくてく。
何人か声をかけてLINEげに成功した。
その後も強めギャルでもかまわず声をかける。

のち、仕事帰りの水の民をカフェに連れ出した。

image


仕事帰りで飲みすぎたという水の民子と早起きで仕事前のどもんの対決。。。
シラフなので攻め方がわからない。
しかもカフェやし。

どうやってクロージングするんだ!?
よくわからないまま飲み物もなくなり、店を出た。
手を繋いで、そのまま駅へ。
カフェが駅近すぎて、そのまま解散するしかなかったのだ。



水の民子と後日、アポ。
珍しく、その翌週に設定するという。
普段は、なかなか鉄を熱いうちに打てないどもん。
やはり、食いつきがあるうちにアポを組むというのは重要ですね。

夜にお酒を飲みながら、どんどん口説いてみました。
しかし「○☓ちゃんって、なんとかなタイプだよね」というコールドリーディング。
あまりにも適当すぎるし、刺さってるかどうかもよく分からん。
もっと効果的にスマートに言うことができたらかっこいいんだろうけどなあ。

とりあえず
「話してて楽しかったから、もう少し一緒にいたい」
でテルーホイン。
とにかくトークで楽しくして、笑わせて、最後に少しだけ口説きを入れる。
かっこいい路線で攻めるのは向いておりませぬ。


すごい唇の柔らかい娘で、いっぱい接吻しちゃった。
「久しぶり」という彼女を優しく受け止めて、ゴール。


それはそれで、素敵な時間を過ごさせてくれた彼女に感謝なのですが、GT即してみたかったなぁ。



domania at 08:18|PermalinkComments(2) クラブ活動 | ストナン奮戦記

2016年12月02日

再会

会社帰りに軽くスト。
大好物のスーツOLを発見したので近づくと…
 
 
3年前の既セクでしたw(゚o゚)w
 
 
「久しぶり。めっちゃ偶然やん」と居酒屋に連れ出して、近況を報告し合う。
しかし、スーツ姿がエロすぎて、会話が頭に入りませんw

ほどよく酔ったので、体の近況も確かめるべくテルーホイン。
もう当たり前のように入っちゃう。
もちろん、脱がさず半裸プレイ…と思いきや、スーツがシワになるので全裸にorz
 
 
「もっと会いたかったけど、なかなか誘ってくれないので寂しかった」
 
 
ですって。
それ聞いて、ちんこの固さが136%になりました。
つつがなく愛撫して、136%をどーん。
 
あんあんあんあんあーーーーーーーん。
 
顔射が好きという歪んだ性癖をお持ちの彼女の顔に向けて、ドピュ…


あっ、顔まで届かず…首にかかった。
自分の飛距離が分からない。
ノーマルなどもんには難しすぎる。
やはり中で(もちろんゴムつきで)果てて、しばらく抱きしめ合うのがいいですよね。
 
  
 
どもん、AV男優にはなれないようです。

domania at 12:30|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 | アポ/面接

2016年11月30日

11月の活動まとめ

まとめでごまかして詳報を書かないつもりのどもん。
更新しないよりはいいだろう?


■フェラ娘準即
深夜のMで連れ出した娘とアポ。
ローカル街の飲み屋で2時間。
ノーグダでラブホイン。
笛好きで性格もよい娘でした。

やっぱり横並びの席はマストだよなぁ。
手を繋いだり、腰に手を回したり、反応伺える。

意外とMスト案件は初?


■出た!悪い癖出た!!
騎士にてLINEゲした娘とのアポ。
相手の仕事が忙しく、キャンセルになりかけたものの22時過ぎから集合。
順調に終電逃し…飲んでいる間にセクロスがどうでもよくなり、始発の時間。

3時頃、相手の「眠たい」にびびってもうたなぁ。
普通なら「ホテル行こうか」と、なるのだけど、

どもんの場合
ホテル行く→セクロス→寝る→帰れない。
このパターンは困るわけで。。。

クーロジングwも適当すぎて、そのまま解散しちゃいました。
ほんと、あかん。


その後、怒りの爺痛イン!

JDDKOPMM
(女子大生とディープキスしておっぱいもみもみ)

その後、アポには至らず。


■タプ箱37歳
あまり期待せずにアポへ。
うん、ぜんぜんかわいい。
サッカーを見て、そこそこ褒めまくってラブホ打診。
するとグダでなく、驚く。

「えー、そんな展開予期してなかった!?」みたいな。

純粋か!
ま、女のそういう部分は信用しないけど。
特に粘らず解散。
のち、食いつきは上がった。
上がったけど、めんどくさい展開になりそうだなぁ。


■華麗なるスト即
最近、いつものオープンがまったく刺さらず悩んでいた。
もう伝家の宝刀を捨てるべきかとも思っていた。

そしたらオープンがクソ刺さってバー連れ出し。
閉店後、公園でDKからの

「2人きりになれる場所で」

で、テルーホイン。
ちょっとグダあるも、即れた。

トークの中で、かなり奇跡的な共通点が出てきて、それで食いつきがあがった。
特に話術が優れていたわけではない。


ありがとう、ドキなんとかできたよ。


■広島遠征
ビジネスで第二の故郷広島へ。
職場の人らはとっとと放流して、サッカー氏と合流。
H通りを中心にスト。
旧知の同志とのストは本当に楽しい。

深夜、ようやく2人組を確保。

居酒屋イン。
サッカー氏のコールドリーディングが刺さりまくる!

おっと、これは後日、じっくり記事にしようではないか。


■メンタル娘と
ストにてバー連れ出しに成功したメン娘。
某スポットにてDKOPMM。
ドSという彼女に少しだけ責めてもらって、スイッチはいっちゃったどもん。
しかしラブホはグダ。

ぜひともドS子ちゃんにいじめてほしいけど、この娘を即ると非常に面倒くさいことになりそう。
どうする?


■忘年会
楽しかった。
該当記事を参照のこと。


■映画館箱から初ゲット
上記のフェラ娘との再戦。
彼氏ができたけど会いたいという、素晴らしい女。
ならば、既であることを告白して対等な関係を築けるじゃないか。

「じゃホテルへ」
「いや」

まさかのグダ。
雰囲気ぶち壊しルーティンも通じず解散。

怒りの映画館箱娘を召喚。
(たまたま近くで飲んでた)

すでに半分仕上がっている彼女とバーへ。
そしてそそくさとテルーホイン。
ノーグダ準即。

インテリ職業の彼女。
セオリーだとおもうけど、その部分は褒めない。
なんなら、「友達にもいてさ、大変だね」ぐらいで。

ベッドでは自分から責めてくるエロ娘で、そのギャップに興奮した。
乳首コリコリなのがよかった笑

domania at 00:28|PermalinkComments(2)

2016年11月28日

関西ナンパ師忘年会

勇気を出してナンパ師忘年会に参加してきました。

超人見知りのどもんだけど、背広会の仲間たちがいればなんとかなるんじゃないかと思ったのであります。
会の詳細は、いろんなブログで書かれてあるので割愛します。

例えば、ひこまろひこまるさんのブログあたりを読んでいただければと思います。
http://yoasobikai.hatenablog.com/entry/2016/11/27/154225


いろんな人に挨拶するときも、「火の鳥の子分のどもんです」と言っておけば、だいたいなんとかなりました。
恐るべし背広魅了師会ブランド。

ちなみに大阪背広魅了師会は最優秀チーム賞を受賞しました。
MVPの火の鳥さん、ブログ大賞のアディオスちゃんとで三冠達成。

ま、どもんは末席に座らせてもらってるだけで、何の貢献もしておりませんけどね。

あんな大勢の会で表彰されちゃうほど優秀な二人ですが、
会場に行く途中の車内で、どもんと大二郎くんにフリースタイルラップをさせるのはやめてほしいとです。


火の鳥の無茶ぶり、もうこりごり
アディオスのディスり、おれ死んだふり
辱めが快感、変化に敏感。
そんなおれが、そう!ドМなどもん。
いえー。




さて。

2次会にも参加させてもらった忘年会。
飲みが終われば、もちろんナンパであります。
しかし100人超のナンパ師がいるMにいるのは得策ではありません。

そこで役人さんたちと相談してUの箱を目指すことにしました。
ホームタウンのUで始発まで遊んで帰る。
なんて健全なのでしょう。


役人カーが停めてある駐車場まで、地蔵トークをしながら移動。
信号待ちをしているところで、いかにもお水な案件を発見しました。

普段なら対象外なためスルーをするどもんですが、忘年会帰りのこの日のどもんは違いました。
凄腕のあの人やあの人やあの人にもらったパワーを使ってアターック!!
そしたらよくわからんけど、連れ出しに成功しました。

キャバ子(32)とカラオケイン。
しかし、このあと彼氏と待ち合わせだという。
よっしゃ1時間で仕上げる。
口説きまくってDKそしてPM。

下はグダ。
「ちんこ大きくなってもうた。どうする?」
で触らせてみたけど、グダ。
そしてタイムアップ。

初の弾丸即ならず。

店を出てちぅして、解散。
しょぼ腕乙、であります。
でも頑張った。
余は満足じゃ。

さて、始発も近い。
帰ろう。





「でも、きょうも最後は爺痛行くんでしょ?」

忘年会で何人かから言われた。
いつもツイート見てくれててありがとう♡

「いや、日曜日が潰れると困るので、すぐ帰るからw」

そう答えていたどもん・・・






みなさんの期待通りに爺痛イン!

入り口で並んでるときに忘年会メンバーに会う。
箱の中でも。
忘年会のときは緊張して、うまく話せなかったのに、楽しく絡めたのは爺痛マジックと呼ぶしかない。


以前もTwitterに書いたけど、いつもと違う自分になれるのは、ディズニーランドと爺痛だけなのです。

無意味なLINEげだけして箱アウト。
・・・何時だ。

ほら・・・。

「なんでこんなところに来ちまったんだ」

大いに反省しながら帰路についた。

domania at 23:39|PermalinkComments(0) クラブ活動 | パーティ・オフ会

2016年10月31日

10月の活動まとめ

10月はこんな感じでした。


■逆三完全制覇を狙ってみた
5月に逆三連れ出しから即という奇跡の体験をしたどもん。
密かに「帰ったほう」ともLINEを続けていました。
そして10月某日アポ。
ちょっと遅めのM街にて合流しました。
しかし不慣れなM街では相手を魅了できず、完敗。
あぁ夢破れる。

悔しかったので、そのままMにてスト。
20代前半のふんわりちゃんを連れ出しました。
しかし、その後友達と合流とのことで放流しました(この娘は後に準即)。
さらに久しぶりの騎士にて閉店前にLINEゲ(この娘は後日アポも完敗)。
元気だな、おれ。


■こんなに固くなってるよ
役人氏とコンビ連れ出し案件との第2ラウンド。
この娘とアポをする意味。。。めっちゃ固そうだから。
それを崩してみたい。
さすがドMどもん。
しかし、崩せず2連敗。
でも、こういうのも楽しいぜ。


■ひと足早くハロウィンナイト
訳あってハロウィンウィークは全休のどもん。
というわけで、二人でハロウィンパーティしよ♡と婚活箱娘を誘ったら快諾してくれました。
待ち合わせ場所に行くと、すでに出来上がってる婚活箱娘。
軽く居酒屋を挟んで、テルーホインしました。
コスはピンクのバニーちゃんを選んで着衣ファック。
ハロウィンおかわり、ごちそうさまでした。


■チャンスは不意にやってくる
火の鳥さん、役人さんに遊んでもらった夜のこと。
3人で映画館箱へ。
しばらくすると二人はいない。。。
どうやら連れ出した模様。
ポツーンなどもん。
箱内でなんとかもがいて1LINEゲ。
さらに連れ出しを企んでいると

「梅寒箱なう。はよ!」

と二人から呼び出し。
呼ばれて嬉しい即系どもんはダッシュ!!
の、途中でストにて案件確保し、連れ出し。
彼氏と喧嘩してきたという超ボーナスステージ。
しっかりと愚痴を聞いてあげて、ノーグダ即。
門限なしデーだったので、大好きな寝起きセクロスができて幸せでした。



もう少し活動時間を少なくしたい。
あくまでも普段の空き時間で活動するというスタイルがいい。
しかし、ナンパが楽しいのと仕事のストレスのためバランスが崩れている。
いろんな意味で自分を見直したい。

domania at 18:55|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 | アポ/面接

2016年10月12日

仁義なきコンビナンパ とうかさん頂上作戦

わしじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

このキャラようわからんけん、今回は普通にいってみるわ。


10月某日。
ビジネスで広島に向かったときのこと。
金曜の夜、仕事を終えてビジネス飲み。
とっとと抜け出してストに興じたい。

はよはよはよはよはよはよはよーーーーーー。
同僚たちは2次会、3次会と行くみたいだったけど、どもんは

「昔の友人と約束がありますけん」

と彼らを放流し、足取り軽くH通り方面へ。
そしてサッカー氏と合流。

さぁゲームの始まりじゃー。


今回は前回同様、地図オープンを使いつつ、サッカー氏のファッションオープンもやってみた。
しかし、これがなかなか面白い。

そら、若くてかっこいい兄ちゃんだったら、正攻法で「お姉さんが素敵だったので」と声をかければいい。
しかし、アラフォーはそうはいかんのです。
ある程度のインパクトが必要じゃないですか。
でも、インパクトがありすぎてもいかん。
ただの変質者になってしまうからね。

どもんが普段使うオープンも22時ごろの飲み帰りの時間帯なら、面白いオープンになるけど、19時ごろだと訝し気な表情をされることがあります。
TPOに応じて使い分けることが重要なのであります。

閑話休題。


この日は氏とがっつりとコンビ。

「サッカー君、そのオープン、ぶちおもしろいのぅ」とおだてて、どんどん話しかけてもらう。
あぁラクチンwww

ガンガン声をかけてもらう。
JDからLINEゲ。
反応はよかったが終電とのことで連れ出せませんでした。


しかし、雨・・・。
9月の広島遠征の時もよるに雨が降っていたのです。
本通りから出られない。

しかしながら、それではターゲットを逃してしまう。
中央通り方面へ向かってみました。
時刻は午前2時。
この日は、とうかさんという秋祭りが開催されており、深夜でも人が多かったのです。
小雨の中2人組を捕まえる。

雨宿りという名目で連れ出しに成功したのであります。

居酒屋箱内ではサッカー氏のコールドリーディングがさく裂してました。

「えー、なんでわかるのー」
「すごいー」

がんがん食いつきを上げていくサッカー氏。
それに比べ、どもんはただのテキトーク。
ナンパ本を読んで、勉強したほうがいいのかな…。

居酒屋内での攻防戦はサッカー氏のブログで読んでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/pua_soccer/39612977.html

普段、本当に何を話しているんだろう。
・いくつかのネタトーク
・恋愛経験談

コールドリーディング、主導権を取る、セックスのハードルを下げる。
戦略立てて、ちゃんとやったほうがいいんだろうなぁ。
無意識のうちにできていることもあるんだろうけど・・・。

基本的に楽しく飲んで、楽しいよね、ぼくら愛称合うよね、もうセクロスするしかないじゃんと。
いやでも、楽しく飲んで、女の子とお喋りしたいだけなんだよなー。
ヒットの延長がホームランでいいんだよな・・・。

まぁでも、いくつかの武器は持っておいたほうがいいな。

さて。



閉店の時間になり、居酒屋から時間差エレベーター降りでセパを図ったけど、失敗。
そのまま放流しました。

サッカー氏は、その後アクセ子を準即。
どもんはこの技師子も上記のJDも連絡が途切れてしまいました泣
自由があれば、この次の週末にでも、再び広島に向かって、セクロスデートしたのに…。

GTにLINEゲしたバー店員娘だけは地味に繋がっているという。
なんとか理由をつけて、また牡蠣の国に行こうかなー。

domania at 19:50|PermalinkComments(2) ストナン奮戦記 

2016年09月30日

9月の活動まとめ

9月の忘備録


★出張で訪れたW街にて
夜にストってみた。
しかし、びっくりするぐらい人がいない。
そんな中、なんとか水の民からLINEゲできた。
ダラダラとLINEを続けているが、アポには至っていません。


★とある企画で婚活箱
なかなかのタイプ娘がいたけど、残念ながら次に繋げることはできませんでした(泣)
その後、飲み。
しかし悪酔いからの帰宅後嘔吐。。。
そう、この時どもんは病んでいたのだ。
ごめんなさいごめんなさい。


★付き合ってないグダ
以前、連れ出して終電まで飲んだ野球子とアポ。
ホテル前で強烈グダも、なんとかテルーホインできました。
しかし、ホテル中でも強いグダを食って。。。
帰りたくなったので、諦めてアウト。
凄腕さんなら攻略できたのかな?


★ビジネスで東京へ
取引先の方とV箱イン!
ほぼ踊りメインから、無意味な1LINEゲ。
なんせ遠征先ですからね。
その後、J箱へ。
なかなかのカオス箱。
仕事遠征なのでこんなもんかなぁ。


★牡蠣の国で即
とあるパーティ出席のため遠征しました。
前日夕方から乗り込み、サッカー氏と合流しスト。
その後、当地で初めての箱へ。
二人組を捕まえて和むも放流される。
のち、単独で声をかけると好反応。
なんとか連れ出してに成功しました。
20歳学生即。
自分から2回戦を求めくる娘で、おじさん疲れたよ笑


★昼スト
仕事でMへ。
移動のため歩いていたら、目の前をエロギャルが通過。
あぁ即りたい。
それは無理だけど、出会いのチャンスは逃してはいけない。
くたびれたサラリーマンモードではあったが、勇気を出して声掛け。
20歳学生兼水の民からLINEゲした。


★豪華メンバーで10対10コンパ。
詳細はいずれ書きたいのだけど。
普段は会えない方とも会えて、いい経験ができました。
どもんに即る実力はありませんでした。
その後、坊主火の鳥が悔しいというので、初めての爺痛に連れて行ってあげたら、ものの10分で連れ出して即っててワロタ。



じっくり物語を書きたいのだけど、いまは出来事をダイジェストでまとめるだけで精一杯。

またね。

domania at 09:29|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 | クラブ活動

2016年09月29日

ナンパ日本代表、世界の舞台に立つ〜10対10コンパ編

声は届いています。
はるか東の方から何百万、何千万もの思いが大きな塊になって聞こえてくるようです。
遠かった道のりでした。
本当に遠かった道のりでした。
日本の、世界の舞台に始めて登場するその相手はアルゼンチン。
世界が注目するカードです。
1998年6月14日, W杯フランス大会グループH・日本対アルゼンチン(実況・NHK山本浩)
======================



フジテレビすぽるとの「マンデーフットボール」風に

ピャッピャーラ、ピャッピャッピャラララーピャラー


じゃぱーん
でぃえご、やくにーん
おおさかせびろみりょうしかーい



役人の呼びかけで始まった10対10という大型コンパ。
男性陣の参加者は全員ナンパ師です。
右MFで先発した役人が絶妙なタクトで、曲者揃いのナンパ日本代表をコントロールしました。

member01

前半、男性陣が2人×5組に分かれ着席します。
それを女性2人組が数分ごとにテーブルを回っていく方式を提案した役人。
すべての相手と話しができるという素晴らしいシステムで、前半のゲームを支配します。


全員と話をして、男女それぞれの好みを聞き出しマッチングをして始まった後半。
ようやくゲームが動き出しました。

後半8分、役人がグループラインに

「連れ出します」
「即ります」

1対1での仕上げが完了。
まだピッチに全員がいる中、華麗なドリブルで抜け出し・・・




「役人…役人…役人!キター!役人!!!」


日本が先制点を上げます。
これで勢いづいた日本代表、次々に連れ出しに成功。

続いたのはペイちゃん。
後半から参加した案件を捕まえ、パレスへ搬送し豪快なミドル。
OSK201006170002


さらには桜庭大二郎。
マッチング案件をバー連れ出し。
テルーホインから美しいフェイントでグダ崩しゴール!
zico



そして、最後に魅せたのは、やはりこの人でした!
img8f6888aezik8zj

後半、ペイちゃん案件の相方を連れ出すもゴールならず。
試合は延長戦へ。


「このビッチの上、円陣を組んで、今、即った日本代表は、私たちにとっては「彼ら」ではありません。これは、私たちそのものです。」
1997年11月16日、W杯フランス大会アジア第三代表決定戦・日本対イラン(いわゆる「ジョホールバルの歓喜」、延長戦開始直前)



どもんに連れられて向かった爺痛。
しかし、初めてと思えない振る舞いで縦横無尽にピッチを駆け巡ります。
ものの10分で案件を見つけて捕獲。
そして箱をアウトし、速攻でギラオケ・・・

「・・・こぼれ球・・・火の鳥〜!日本、フランスへ!!最後は火の鳥。この時を待っていました、ニッポン!」

弾丸即。

朝方の爺痛のカオス感を楽しむことなく、とっとと連れ出して結果を出してしまう。
さすがと言うしかありません。


そして試合終了のホイッスル。
4−0でなでしこを下し、大勝しました。
われらがナンパ師日本代表が、見事にワールドカップへの切符を手に入れました。
score


(´-`).。oO( このジョホールバルの歓喜って、もう20年前の出来事なんだなぁ…)

※参考
松木だけじゃない!サッカー実況のカリスマ山本浩の名言集まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2135783437257164301

domania at 12:47|PermalinkComments(5) コンパ 

2016年09月28日

仁義なきクラブナンパ 流川死闘篇

おぅ、わしじゃ。

久しぶりに広島に行ってきたんじゃ。
わしがかつて、青春の日々を送った土地よ。
あの頃はホンマ若かった。
青二才やったのぅ。

若さという武器があるのに冒険もせず、怠惰な日々を送っとった。
そんな昔のわしに、言いたい。


おどりゃ、なんしよんなら!
男言うんわ、街で女のケツを追ってナンボじゃろうがああああ!



そんな思いで、友人の結婚式後に降り立ったのが2年前。
その時のレポがこれじゃ。
http://blog.livedoor.jp/domania/archives/2014-09-28.html

あかんかった。
しかし精一杯やった。
昔のわしは、チャレンジすらしてなかったからのぅ。


そして今回、愛する広島に行く用事ができたけぇ、再びストリートに立ったんじゃ。



街は沸き立っとった。
カープが25年ぶりに優勝したんじゃ。
黒田と新井の涙の抱擁シーンは、わしも思わず泣いてもうたで。
18d671cf

そんな優勝の喜びをわしも分かち合いたい。
今夜はカープ女子を即る。
それが目標じゃ。

18時。
わしは本通りのアーケードに立った。
街はカープ一色。

さぁゲームの始まりじゃ。

ちなみに今夜は宿は取っとらん。
高い宿しか残っとらんかったけんね。
即ることができればラブホで寝れる。
ダメなら徹夜か満喫で仮眠して翌日の某パーティに出席したらええ。


今回のオープンはこれ。
img_1

使い古されすぎて、手垢だらけなんじゃがええじゃろ。
もう、何か使わんとオープンできん体になってしもうた。

「おう、わしじゃ。大阪から来たんじゃが、ちぃと場所を教えてくれんかいのぅ?」

ガンシカはない。
そらそうじゃ、道聞きじゃけんのう。
しかし、そこからが続かん。
オープンして会話を広げられんのんじゃ。

みんな塩すぎるで。
カープの優勝で女の子もオープンになっとるんと違うたんか?
YOU TUBEでみんな見ず知らずの人たちとハイタッチしっとたじゃないか。


疲れた。


しかし、今夜のわしには強力な相棒がおる。
サッカー氏じゃ!
氏との付き合いはもう長い。
15年ほど前、わしのブログを読んで彼がメールをくれたのが始まりなんじゃ。
もう何度もセクロスした

合流。
とりあえず疲れたので近況報告も兼ねて休憩じゃ。

賀茂鶴を体内に注入し、ストを再開した。
(実際に飲んだのはワインです)
しかし、当たりはイマイチ。
これでは栄光の旗が立てられんじゃないか。


時刻は23時。
ほいじゃ、そろそろ行くかいの・・・


箱へ。


まずは「爺」というクラブに入ってみる。
爺痛の系列ではないだろうが、その名前から、淫乱がわんさかおるんじゃないかと期待してしまうのぅ。
さて・・・。



ガララーガやないかーーーーーーーーーい。
昔の市民球場か!


困った。
とりあえず、サッカー氏と乾杯。
しかし、女がおらんわけじゃない。
近くにおる女2人に話しかけてみる。

「おぉう!わし、大阪から来たんじゃがの。なんで、ここはこないに人がおらんのんじゃ?」
(実際はもっとスマートに話しかけています)

2人組を確保した。
彼女らが移動するということで、わしらも一緒に移動することになった。
すぐ近くのH箱へ。


賑わっとるやないかーーーーーーーい。
ズムスタのようじゃ!
最初からここに来ればよかったんや!

ほいで4人でカンパ〜イ。


にしても・・・

2人ともぶちかわええ。
なかなか担当が決められんw

普段コンビをほとんどしないどもん。
職場ナンパ師と化し、ストリートでの活動がご無沙汰だったサッカー氏。
とっとと担当を決めて、どんどん引き離していくのがセオリー。
しかし、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・・。
モタモタしとったら、放流されてしもうたがな。
しかも番ゲするのも忘れとった・・・。
あぁ。


まぁええ。
きょうのわしは無敵じゃ。
門限がない。
それだけで無敵なんじゃああああ。


どんどん声をかけるで。


「おぅ、わしじゃ」
「おぅ、わしじゃ」
「おぅ、わしじゃ」



するとサイドの手すりに寄りかかっていた女子が反応した。
呉子(20)学生。

「せっかくクラブに来たんじゃけぇ、踊らんといかんじゃろ」

大阪仕込みのダンスを見せる。
呉子の目がハートになっていく。
(ウソです。そもそも大阪でもほとんど踊りません)

それにしても、なんとも食いつきがえぇ。
フロアでいちゃいちゃ。
Dキス。
呉子も舌を絡ませてくる。

「もう、こんなところで恥ずかしいじゃん」
「もっとちゃんとしたことろでキスしたいのぅ。出ようや」
「友達に聞いてきてもえぇ?」

さぁ、審判の時間。



にしても長い。
てか、戻ってくるんか?
放流されたんかいのぅ?


戻ってきた。

「いこ♡」


しゃぁぁぁぁあああああああああああああああああああ!
d_09476779

時は土曜深夜、もう3時過ぎ。
LHインするも、しばらくロビーで待たされる。
しかし、男は辛抱ちゅうんも大事じゃ。
そしたら呉子の相方もやってくるというカオスw

とりあえず部屋に入って、買った酒で乾杯した。
しかし、それまで結構飲んだので一口だけ飲んで

「あんだけ飲んだんじゃけ、これいらんじゃろ」
「ほうじゃね」

そして二人は抱き合い滞りなくセクロス。
自分からペロペロしてくれるエロい娘やった。


ぱんぱんぱんぱん
あんあんあんあんあんあんあーーーん
どぴゅ。

はい、即。


さぁ寝よ。
するとまだ、甘えてくる呉子。

「もう一回せんのん?」
「お、おぅ」

(´-`).。oO(まじか…眠たいじゃないか)

何とか頑張るも不発。

「お、おっさんじゃけん、仕方ないじゃないか」

しばし睡眠し、翌朝(すでに朝だったが)

あんあんあんあんあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

義務を果たした。


ピロートークで聞いてみた。

「なんでわしについてきたん?」
「だって、かっこよかったけん」

え!?
いや、それはない。
この娘は何を言いよるんじゃ。

「ぶちタイプじゃったけん」

ただ単に目が悪かっただけか。
メガネの田中に行くことをおすすめするで。

今後に活かせるよう、「こんな誘い方してくれたから」とか、そういうコメントが欲しかったんじゃが。
よぅは、たまたま言うことよ。

まぁええわい。
素敵な夜になったのは間違いないのう。



そして夜は懐かしい仲間たちとのパーティ。
こいつらとつるんどる頃の年齢だったら、昨晩も即からの2回戦も余裕でにできたんだろうなぁ、そう思いながら酒を飲んどった。

えぇ街じゃ、広島は。
実際に住んどったころよりも、好きかもしれん。


ほいじゃぁの。

domania at 12:44|PermalinkComments(2) ストナン奮戦記 | クラブ活動

2016年08月29日

おっさんの夏、ダイジェスト

このブログは、年を取ったときに

「自分の活動をプレーバックしてオナヌーする」

ための忘備録の役割もある。
よって、全ての活動を記さなければならない。

別に「どもんの出会いデータベース」という記録集もある。
http://blog.livedoor.jp/domania-02/
こちらもよろしく。


以下、前回の更新以降のダイジェスト。

・6月下:婚活バーにて34歳医療子と意気投合。連れの子も含め逆3連れ出し。

・7月上:ストにて30歳新地嬢連れ出し。LH満員グダにて解散。

・7月上:火の鳥さんとクラブでコンビ。のち、火の鳥さんの既セクと合流し複数プレイ。

・8月上:婚活バーの医療子を準即。いい女だった。

・8月上:野球好き娘をスト連れ出し。家が遠いので終電できっちり返す。継続。

・8月上:上記の同日、役人さんとコンビ連れ出し。2人で連れ出しできて楽しかった。継続。

・8月中:ネトナンアポ。話が盛り上がらなさ過ぎて、つまらんかった。あっさり放流。

・8月中:上記の同日、怒りのスト連れ出し。1時間飲んでLH前まで行くもグダ崩せず。

・8月下:スト連れ出し。序盤からほぼエロ話。なのに即れず。手すらつなげず。凹んだ。

・8月下:7月の新地嬢とアポ。ノーグダLHで準即。

・8月下:ストでOLからLINEゲ。エロそうなんで、なんとかアポまでいきたい。

・8月下:某SNSで人妻メル友と大量仕入れ。何人アポまでいけるか。

・8月下:役人さんとのコンビ連れ出し案件とアポ。バリカタなので敢えて誘ってみたがやはり固い。

準即した話はいずれ記事にしたいと思います。


さて、今回のオナやみ。



これ。

どもんはスト即にこだわっているので、
(自分のキャラに反して)積極的にラブホ打診しているんですけど、
きっとクロージングできてないんでしょうね。
やはり「ダメもとでも誘ってみる」のはやめたほうがいいのだろうか。

しかし、準即狙いだと「LINEで仲良くなってアポ→セクロス」という
ネトナンと変わらないプロセス(散々やってきた)になってしまうので、ロマンを感じないんですよね。

まぁでも、すべての女性とLINEで慎重に関係を築いていってもアポする時間がない。
だから、嫌われることを恐れずに攻めていいか。あー悩む。





久しぶりにクラブ行きたい。
だれかいこ。

domania at 00:13|PermalinkComments(2) アポ/面接 | ストナン奮戦記

2016年08月27日

火の鳥に抱かれた夜

火の鳥さんって、知っとるやろ?
そう、「ありがとう、ドキドキできたよ」の人たい。
あの人、超凄腕やのに、しょぼ腕おっさんの俺と遊んでくれるったい(笑)
でね、この前、一緒にクラブに行くことになったと。

普段、LINEとか地蔵トークで絡んだり、なんとなくコンビストばしたことはあったとけど、本格的にナンパを一緒にする機会は少なかったったい。
せっかくやけん、勉強させてもらおうかなって思って合流したんよね。

合流して、まずは某箱に入ったと。
入るや否や、前のめり感がすごか(笑)

それと何より楽しそうにしとったことやね。
踊ること、女の子に声ばかけること、それが楽しくてたまらんとやろうね。
いや、踊ることは女の子に声をかけるための手段なんやろうけど。

逆に俺は考えすぎるったいね。
あの子に声かけてみよかな、いやでも無理っぽそうかな。。。
時間の無駄ばい。

考えとるうちに遅れば取ってしもうた。
でも、彼の存在は刺激になるばい。
俺もやらんといかん!って。

何人かに声をかけて、やっと一人と和みはじめたったい。
そしたらさ。。。


「ぼくの既セクが近くいるんで合流しましょ」


そんなLINEが火の鳥さんから来たったい。
しかも、「はよ行こ、はよ行こ」と急かしてくるとさ。
いやいや、女の子とこれから和むとこたい。

でも。。。


火の鳥さんの急かしが心地よかー。


誘い方が「俺の方に来たほうが楽しいよ」と、そんな雰囲気がすごいったい。
気付けば、それに従ってしもうたよね。
そこに俺の判断が入り込む余地はなかったばいw


こいが火の鳥マジックたい。


こげな感じで彼のペースに引き込まれて、女の子は体ば許してしまうとやろうなぁって思ったばい。


そして女の子と合流。
かわいか女の子ばい。
さらに途中、火の鳥さんが師と崇める野生のプリンスさんも誘ってから某所にインしたと。

しばらく雑談したあと、プレーが始まったんよ。
ペチャペチャとやらしい音ばたてながら、火の鳥と既セクちゃんが濃厚な接吻ば始めたばい。
そして漏れてくる女の子のいやらしか声。
なんちゅう状況下におれはおるとや、と。

どぎまぎしとったら

「どもんさんもキスしてあげてくださいよ」

と火の鳥さんが言うてくるったい。
「お、おぅ」と。


びびっとらんばい!


複数プレーは新大阪○密倶楽部で経験したことあるけんね。
けど、逆パターンは初めてやったったい。

まぁ普通にキスはしたばい。
よか唇ばしとった。

そいで代わる代わる女の子といちゃいちゃしたあとは、同時に責め立てるわけさ。
これ、恥ずかしくなかとやろうか?
なんて最初は思っとったばってん、夢中になると、もうそこに没頭するしかなかわけさ。

複数プレーのお約束もやったばい。
女の子がバックで突かれながらフェラするやつ。

でも、この日のハイライトはこればい。
おれが女の子を後ろから抱きかかえてOPMM(おっぱいもみもみ)。
その状態で、火の鳥さんが女の子を正面からあんあんあーーーーーーーん。

image

図で説明すると↑な感じ。
伝わるやろか?

途中、火の鳥さんの息遣い、そしてピストンの振動が伝わってきてさ。
おれも



「あっ、もっと突いて。火の鳥ちゃん、きもちいいーーーーー」



って言いそうになったけど我慢したばい。
ほんなこて、何とも言えん気分になったと。
まるで、火の鳥に抱かれとる気分になったばい。

彼のペースに巻き込まれて、気づけば乱。
抱かれた、というのはあながち間違いじゃなかばい。

そんな感じのカオスな夜やったけど、何より女の子が喜んどったみたいでよかったばい。
こがん経験は後にも先にもこれだけになるやろうねー。


主導権を握るって、いまいちよく理解できとらんやったばってん、少し分かった気がしたね。
彼に限らず、いろんな人と合流するとが大切かもしらんね。

そいじゃ、また。

domania at 12:40|PermalinkComments(4) クラブ活動 

2016年07月04日

不倫人妻湯けむり紀行

「ここ行こう」

彼からのLINEに、とある温泉のURLが張り付けてあった。



彼とは某SNSで出会った。
会ったその日にセックスをした。
キスが大好きな彼。

あのキスを思い出すとキュンとしてくる。
平凡な毎日を送る平凡な主婦のあたしをオンナとしてもてなしてくれる。

きっとほかにも女がいるのだろう。
でも、かまわない。
婚外恋愛なんてそんなもの。
一緒にいるときだけ、夢を見させてくれたらいい。



初夏の平日、お昼前。
スーツ姿で彼は現れた。
仕事と偽って家を出た彼。
真面目そうなフリをして、やってることは最低だ。
まぁ、私もだけど。


レンタカーで出発。
途中、ランチを食べて目的地へ。
「スーパー銭湯」的な位置付けなんだけど、黒を基調とした建物は、落ち着いた雰囲気ですごくお洒落。

大浴場には目もくれず、家族風呂のコーナーへ。
受付に人がいるのか、恥ずかしいな。
どういう風に見られてるんだろ?

夫婦?恋人?
・・・そもそも私たちってどういう関係?

私たちの前に40代の男女。
この人とたちも、いけない関係なのかな?

受付には8つのお風呂の写真パネル。

「ラブホみたいやな」

まぁ、確かに。

受付を済ませて中へ入る。
入り口すぐにソファとテーブル、テレビもある。

そして、ガラスを隔てた向こうにお風呂。
しかも露天風呂だ。

いつか行った温泉旅館の家族風呂と比較しても遜色ない空間。
秘密の時間を過ごしたいカップルにはおすすめかもしれないな。
とりあえずソファに座ってくつろぐ。

と思ったら

「ほな」

楽しそうに服を脱ぎ、お風呂へ向かう彼。
なんだよ、ここでぎゅっとかしないのか。
せっかく二人きりの空間なのに。

で・・・

当たり前だけど、あたしもお風呂に入るのか。
自分で脱いで、全裸で。
お風呂に入るには当たり前の行為だけど、先に人がいるとなると恥ずかしい。
まぁでも・・・

入ろう。


二人きりの露天風呂。
本当にどこか温泉宿に旅行に来たみたい。
癒される。
そして、ドキドキする。
隣には彼がいる。

こういう時って、男の人って何考えてるんだろ。
喋りながら、こっちに来るタイミングを計ってるのかな?
でも、そういうの上手くないんだよな、この人。
もっとぐいぐい来ればいいのにって思う。


ちょっと熱くなってきたので、足だけお湯に浸かる。
いいお天気だ。

さっきのカップルも中でセックスするつもりなのかな。
そんなことを考えていたら彼が来た。

「このシチュエーション、何とも言えないよね」

始まる・・・。
ていうか、早くキスしてほしい。

半分、あたしからキスしたかもしれない。
一気に舌が絡み合う。
この感触、たまんない。

あんまり興奮してるのがバレたら恥ずかしい。
でも、ガマンできない。
息が荒くなる。


すごい激しくキスしてきたかと思ったら、急に緩める。
そして、こっちから舌を絡めさせるのを待っている彼。
分かってる。
主導権を握られているみたいで悔しいけど、あたしから舌を絡ませる。
ほんとに上手い。

どれだけの女の人とキスしてきたんだろ。
きっと、たくさん。
真面目なふりして。


耳や首筋もキスされる。
温泉のせいか、キスのせいか、どんどん体がほてってくる。
体の芯のほうから、どんどん熱くなってくるのが分かる。

あ・・・っ。

夢中になってあたしの胸を舐めてくる。
弱いんだ、そこ。
それにしても、なんで男の人はこんなにおっぱいが好きなんだろう。
でも、その姿を見ていると、すごい愛おしくなってくる。
かわいいな。

「声、ガマンしなくていいよ。聞こえないって」

小さな露天風呂。
壁を一枚挟んだら、隣のお風呂だ。
だからガマンしなきゃ・・・でも、気持ちよすぎて・・・ダメだ。

気づいたら、四つん這いの姿勢にされて背中を舐められる。
いやらしい。
でも、ものすごくゾクゾクしちゃう。


もうだんだん、理性がなくなってきた。
2度目のキスタイム。
夢中だった。
溶けそう。

彼の指が下のほうに向かっていく。
バレちゃう。

「だよね」

これだけされて、濡れないわけがない。
もっと、もっといっぱいしてほしい。
こんなに敏感だったっけ、あたし。

すごい声出てる・・・出てるというより出ちゃう。
抑えられない。
もう、無理。

「ほしい?でも、その前に・・・」

お風呂のふちに座った彼のアレ(なんて表現したらいいのかな)を口に含む。
固い。
毎回思うのだけど、こんなのが本当に自分の中に入るって不思議に思う。

「めっちゃ、気持ちいいよ」

その状況ごと楽しんでるような表情。
そして、どんどん固くなっていく彼のモノ。
このまま、イカせちゃったら怒るかな、それはあたしが困るのだけど。

「あっちいこ」

脇にある木製のイス。
そこにあたしを座らせて、彼が覆いかぶさる。
一気に彼のモノが入ってきた。

熱い。
この瞬間は女のほうが幸せだと思う。
受け入れる、という喜び。

でも、ちょっと動きがぎこちない。

「ちょっと動きにくい。変わろ」

彼が下に寝て、あたしが上に。
正常位のほうが抱かれている感じがして好きなんだけど。
下から見上げられて恥ずかしいし・・・。

でも、こっちの方が奥のほうに当たる・・・。
気持ちよさでは、こっちのほうがいいかも。

色んな角度にあたしの腰を動かして、反応を見てる。
どこが気持ちいいのか。
全部、気持ちいいのだけど、本当に気持ちいいところになると力が入っちゃう。
そして、それを彼は見逃さない。
一気に激しく、動かしてくる。

・・・だめ、壊れそう。
止めて・・・でも、もっとしてほしい。
してほしいというか、もっと繋がっていたい、体も心も。

「この景色、めちゃくちゃエロい」

いま、あたしをどんな目で見てるんだろう。
多くは求めてはいけないんだろうけど、少しは好きって思っているのかな?
それとも、ただセックスをさせてくれる都合のいい女?

どっちでもいいや。
考えすぎると絶対に破たんする。
そういう関係なんだ。


ただ、今はこうやって繋がっているのが、とっても気持ちいい。


上に座った状態になっているあたしを引っ張った。
キスをする。

下からじゃなく、後ろから突かれている感覚。
上にいるのはあたしなのに、支配しているのは彼のほうだ。

「もう、ガマンできないんだけど・・・」

いいよ、イって。
ここからの時間はあたしが支配する時間になる。
あたしで気持ちよくなって、男の人が果てる。

てか、あたしも気持ちよすぎて余裕がない。
ヤバい・・・早くイって。

「イクよ」

一気に動きが早くなる。
好き。
この瞬間がたまらなく好き。

中のものがドクドクと脈を打つように動いている。
かわいい。

「気持ちよすぎた」

あたしも・・・。
ここから動けない。
できることなら、動きたくない。

キスをして、繋がっていた場所が離れる。
興奮の宴の後の寂しい瞬間。


次はいつ、愛してくれるのだろう。
あまり面倒なことを考えるのはやめよう。

お風呂の貸し切り時間。
残りの時間は、室内のソファでキスをした。
やっぱり、この人のキスが好きだ。


あとはまた車に乗って、お別れして日常に戻る。
そこはちゃんとしよう。
多くを求めてはいけない。
そうやって失敗した友人を知っている。

「あんまり夢中になるような人は、そういうことしないほうがいい」

友人の話をしたら、彼はそう言った。
それはあたしに対してかもしれないし、自分に対して言い聞かせているのかもしれない。


「今日のことって、ずっと後になっても思い出しそう」


ふざけて言ったんだろうけど、それも悪くない。
誰かの中に強烈な記憶として残る。
多分、あたしの中にも残る思い出。


二人だけの思い出。


その特別を胸に、あたしは日常に戻った。



==========
と、アラフォーのおっさんが、この春の出来事を女性側の目線で書いてみましたwww

image


AVの設定をそのまま地でいくような世界で本当にエロかったです。
温泉宿ではないので、夜に浴衣姿でセクロスなんてのはなかったですが。

近場にあんな素敵な施設があるとは。

また、別の女を誘って行ってみようwww

おすすめでございます。

domania at 02:31|PermalinkComments(5) アポ/面接 | メル友戦術記

2016年07月02日

リベンジ新地嬢

U街でストから連れ出した女。



昼の仕事の傍ら、夜はラウンジでバイトをしているらしい。
あぁ、なんと逞しい。
頑張れ。

しかもその場所は、北新地!

…新地嬢じゃありませんか。
 
 
 
以前、こんなことをやっていた。
関西随一の北New地にて、仕事帰りの新地嬢をナンパする。
とある新地嬢と何度か飯にいったが、即ることはできなかった。
http://blog.livedoor.jp/domania-02/archives/1041203689.html
 
 
 
しかし、お高く留まったところもなく、極めて普通の女性。
楽しく飲んで楽しく酔っぱらって、

「ねぇ、もっと一緒にいたいよね」

本当は即へ向けて、食いつきを上げたり、セクロスのハードルを下げたりしないといけない。
それが苦手などもんは、ただ楽しく飲むだけ。
そういうことが本当に多い。
苦手なんだ。

それでも彼女は嫌がるそぶりを見せない。
じゃあ。
テルーホイ…
 
 
まさかの満室。
 
 
近くにテルーホはなく、潔く解散をした。
即を、逃した。

 
 
でも、どもんは挫けなかった。

「次飲むときは〇×がいいよね」
後日、二人で話していたT街でアポ。

今度こそ。

楽しく飲んで、彼女の食いつきを上げて


「きょうこそ、行こうぜ」
 


近くのラブホまでテクテク。

  
あれ…また満室。
徒歩数分のところに2件LHがあるのは知っていた。
だが、


えぇい!
タクシーを捕まえUへ。
時々、鬼の決断力を見せるどもん。
ほんとに普段は優柔不断なのに。



そしてテルーホイン。
執念の準即。
セクロスは極めて普通。


新地嬢を制覇しました。

domania at 12:41|PermalinkComments(0) ストナン奮戦記 

2016年06月24日

その大きな瞳でおれを見つめる女

ある初夏の日。
いつもの婚活バーに行った。
20分×3回転。

この婚活バーのことを人に説明する時、「20分×3回転」と表現する。
するとだいたいの男性が喜んでくれる。
花びら3回転www

しかしまだ、どもんはここで花びらをびらんびらんさせたことはなかった。

さぁ今回はどうなる?



3回転終了後、1の女性に連絡すると近くで連れ(後輩)と飲んでいるという。
ためらうことなく、そこへ参加させてもらう。

東子(34)医療関係
20代の全盛期は相当モテただろうなと思わせる案件。
今でも十分可愛い。
というかフェロモンがプンプンで、今すぐにでも抱きつきたくなるような女だ。
パッと見、ツンとしていて与しずらいのでは?と思わせるのであるが、話してみるとおっさんキャラで面白い。

彼氏探しの後輩に付き合って、婚活バーに来たそうだ。
そこでどもんと運命の出会いを果たした。
酒を飲みながら後輩子の恋愛遍歴にダメ出し。
そして東子の同棲彼氏について、どもんが男の立場からアドバイスするという展開になった。
さらに話の流れから、どもんもKKN開示に成功した。
理想的な展開である。

また、彼女のお父様とどもんの意外な共通点を見つけることができ、ある意味これが二人の距離を縮める決定打となった。
なんなら、東子よりお父様に会いたいぐらいw
(トークにおいて、共通項探しは意識しておいてほしい)

その日は3人で楽しく飲み会して解散した。
(もちろん、週末なら3Pしたんだろうけど、平日だったからねw)


そこから1か月が過ぎ、なかなかアポか組めずにいた。
いつものパターンで、だんだんと鮮度が落ちていくのである。


とある平日夜
東子「これから空いてる?今Uに向かってる」
どもん「もう電車乗っちゃった」

通常、どもんの電車に乗ったはその日の終了を意味する。

東子「きょうは〇〇にいて、Uに戻ってる途中なんだ」



ということは乗っている電車がちょうどすれ違うぐらいのタイミング。
予定変更だ。
真人間モードから、どもんに変身。
すぐさま電車を降りて、ローカルアポ。
優柔不断などもんにしては素早い決断だった。

改札を抜けるとすでに女は待っていた。
彼女は大きな瞳で妖艶な笑みを浮かべながら、どもんに手を振った。
本当に今すぐにでも抱きつきたくなるようなエロい雰囲気を漂わせている。

どもんは近づくなり腰に手をまわし、彼女を抱き寄せ言った
「めっちゃ会いかった?」
そのまま、キスをしたかった。
でも、焦る必要はない。
とりあえず、近くのイタリアンバーに歩を進めた。

同棲彼氏の話をネタにワインを飲む2人。
交際が長くなると、マンネリしてどうしよう?別れようかな?
そんなよくある話だ。

でも、せっかく「長く一緒にいれた」ということは大切にしてほしい。
もし結婚するのであれば、もっともっと長い時間一緒にいなきゃいけない。
長くいることが苦痛にならない相手と一緒になることが大切だよ。

そんな真面目なアドバイスをしつつも、彼女を女としていやらしい目で見ていたどもん。

「こんないい女なのに、飽きるなんてあるのかな」

まぁでも飽きるんだよね、いつか。
男ってそんな生き物。
ただ、そこでちゃんとした愛情を注ぎ続けるようにしないといけない。
どもんは苦手だけど。

まぁいい。
今は彼女を口説こう。

いい女にいい女って言う。
そんな当たり前のこと言わないのがおかしい。

「東子ちゃん、いい女だから抱きたい」

そう言った。

ノーグダテールホイン。
即。

uuuu

ちっちゃいのに腰のくびれがきれいでいやらしい。
騎乗位のときに髪をかき上げるしぐさがなんともエロい女だった。
お互い浮気なんだよねと話しながらするセクロスの背徳感。
それを女に意識させるとより興奮した。

屁理屈こねて女を抱くより、好意を持ってくれる女をすんなり抱くほうが気持ちいいセクロスができる。
ならば出会った女たちに好意を持たせる男にもっと精進せねば。
この夜はいいセクロスができた。


翌月、たまたまUにいた彼女と合流してハロウィンコスプレ。
バニーちゃんの格好してくれた。
ありがとう。
かわいかったよ。

domania at 20:49|PermalinkComments(0) 婚活バー 
Archives