Top > 2017年02月 アーカイブ
2017年02月28日

●【サッカー】<ACL>浦和が怒涛のゴールラッシュで韓国王者にリベンジ達成! 駒井が移籍後初得点

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/02/28(火) 21:23:48.60 ID:CAP_USER9.net
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節が2月28日に行われ、浦和レッズ(日本)とFCソウル(韓国)が対戦した。

 2007年以来10年ぶりのアジア制覇を狙う浦和は、グループステージ初戦のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)戦で4−0の大勝。敵地で幸先のいいスタートを切った。しかし、25日に開幕した2017明治安田生命J1リーグ開幕戦の横浜F・マリノス戦で敗れてしまい、一抹の不安を残したままこの試合を迎えた。FCソウルは昨季のKリーグ王者で、2016年のACL決勝トーナメント1回戦でPK戦の末に敗れた因縁の相手でもある。

 試合は序盤からホームの浦和がカウンターを生かして攻め込む。8分、右サイドに抜け出した興梠慎三がエリア右横まで駆け上がりクロスを供給。ファーサイドに飛び込んだ武藤がヘディングシュートを決め、浦和が先制に成功する。続く11分、右サイドの関根がドリブルで中央へ切り込むと、エリア内中央でボールを受けた李忠成がワントラップから左足でゴール右に蹴り込みチームの2点目を挙げた。

 いきなり2ゴールを奪われたFCソウルは、14分に約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーのパク・チュヨンが右足で狙うと、GK西川周作が反応しきれずにゴール左へ吸い込まれた。

 1点を返されたものの、浦和の攻撃姿勢は変わらない。15分、武藤からエリア内でパスを受けた関根がトラップから右足シュートを狙うと、うまくミートできなかったもののGKユ・ヒョンが後逸。痛恨のミスで追加点を献上してしまった。さらに21分、カウンターから李がドリブルで持ち上がり、エリア左へパスを送る。相手DFに当たったボールを宇賀神友弥がボレーシュートでゴール右に沈め、リードを3点に広げた。

 FCソウルは高いボール支配率を記録しているものの、なかなか得点できない。すると前半終了間際に再びリードが広がってしまう。45分、エリア内でパスを受けた駒井がゴール左にシュートを沈め、大量5点目を奪った。駒井にとっては移籍2年目で浦和での初ゴールとなった。このまま5−1でハーフタイムを迎える。

 大量リードを奪われたFCソウルは後半開始からマウリーニョをピッチに送り込んで反撃を目指す。後半に入ってもFCソウルがボールを保持し、浦和がカウンターからチャンスを伺う展開が続く。浦和は66分に興梠を下げてラファエル・シルバを投入。74分に長澤和輝、78分にズラタンを投入した。

 81分には長澤からパスを受けたラファエル・シルバが右足シュートを狙ったが、ここはGKユ・ヒョンが好セーブでなんとかしのいだ。後半アディショナルタイム2分には途中出場のダムヤノヴィッチが1点を返したが、このまま浦和が韓国王者のFCソウルを5−2で一蹴し、昨年のリベンジを果たした。

 グループステージ第3節は3月15日に行われ、浦和は敵地で上海上港と、FCソウルはホームでウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 5−2 FCソウル

【得点者】
1−0 9分 武藤雄樹(浦和)
2−0 11分 李忠成(浦和)
2−1 14分 パク・チュヨン(FCソウル)
3−1 15分 関根貴大(浦和)
4−1 21分 宇賀神友弥(浦和)
5−1 45分 駒井善成(浦和)
5−2 90+2分 ダムヤノヴィッチ(FCソウル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00557278-soccerk-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488284628/

続きを読む

●【野球】<里崎智也>WBCのアメリカ本気じゃない説に思う/「本気を出して1度でも優勝してみろ」と言いたい!

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/28(火) 00:53:55.82 ID:CAP_USER9.net
 WBCの1次ラウンドがまもなく開幕する。2006年の第1回大会で侍ジャパンが世界一になった後“アメリカは本気じゃなかった説”を耳にした。私を含め日の丸をつけて必死に戦った選手は、その話を聞いてどう思ったか。悔しかったのは私だけじゃないだろう。

 同大会で指揮を執った王監督は「選手の辞退はどこの国でもある。最終的に選ばれたメンバーが日本代表だ」と選手を鼓舞してくれた。もちろん今回の日本ハム大谷のようにけがで参加を見送るケースもあるが、出場できない選手のことを言及するのはナンセンス。グラウンドで日の丸を背負って一生懸命プレーする選手に失礼だと思う。

 野球の本場アメリカで星条旗に忠誠を誓った選手が勝負事で本気じゃないことがあるだろうか。先日、第1回WBC2次ラウンドの日米決戦で“世紀の誤審”を演じたボブ・デービッドソン審判員が引退した。当時三塁コーチを務めた西武辻発彦監督が同氏の引退に「死ぬまで忘れない」と発言したが、あの光景は当時の代表は誰しも忘れないだろう。ベンチでガッツポーズをしていた米国監督、勝利したベンチの盛り上がりはハンパなかった。「本気」で勝負した選手の歓喜としか思えなかった。

 プエルトリコなどはオリンピック、WBCなど国外に向けて国をアピールできるイベントはそう多くないので力を入れているという話を関係者から聞いたことがある。アメリカの本気じゃない説は、決勝ラウンドを米国内で開催しているにもかかわらず、世界一になっていないから人気が出ない。プエルトリコのようにWBCで国の威信を懸けてくる国も存在する。野球の本場アメリカが本気でなければ、参加国に失礼だろう。

 米メジャーでは、スプリングキャンプに当たる3月にWBCが開催されるため、選手の体ができていないとか、選手にとっては、あまりお金にならないと言われる大会で、けがをしてはシーズンを棒に振るとか、いろんな事情が渦巻く。

 基本は4年に1度の大会で、開催時期は事前に知らされている。不本意なけがは除き、大会に向けて体を仕上げることができない選手はプロではない。成り立ちを振り返ると、開催時期はMLB機構と同選手会で決めたと思う。日本の選手会は最初、開催時期に反対していたほどだった。日本は参戦すると決まった後、選手がきっちり大会に合わせていった。


 06年に出場した米国代表の選考基準となった前年成績を見ると「本気」だったことが分かる。M・ヤング、ジーターで1、2番。ケングリフィーJr.、Aロッド、チッパー・ジョーンズ、デレク・リーの3〜6番(4人)で150発、投手陣もクレメンス、ピービ、22勝のウィリスと投打に隙のない「ドリームチーム」だった。しかし結果は残念ながら2次ラウンド敗退だった。アメリカが本気じゃない説は負け惜しみだったのだろう。

 WBCは4回目だがアメリカは09年の4強が最高位。米メディアも決勝まで残らないのだから積極的に報道しようとするはずがない。米国民も強くないアメリカを見たいはずもなく、大会が浸透するはずもない。

 野球と球技が異なるサッカーW杯を見ると、第1回(1930年)ウルグアイ大会は13カ国で始まった。84年後の2014年ブラジル大会には本戦こそ32カ国だが、予選参加国は200カ国を超えた。大会が根付くまでには時間がかかるのだ。

 WBCも第1回大会の参加は本戦出場の16カ国だったが、現在は予選を含めるとパキスタンなど32カ国が参加し底辺は徐々に広がりつつある。第1回(2006年)から11年で参加国が倍増している事実は評価できると思う。

つづく

日刊スポーツ 2017年2月27日11時1分]
http://www.nikkansports.com/m/baseball/column/satozaki/news/1784690_m.html?mode=all

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488210835/

続きを読む
2017年02月27日

●【サッカー】<FC東京>サンフレッチェ広島FWピーター・ウタカ(ナイジェリア)を獲得!昨季J1得点王

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/27(月) 08:26:27.22 ID:CAP_USER9.net
FC東京が、昨季J1得点王の広島FWピーター・ウタカ(33)を獲得することが26日、決定的となった。複数の関係者によると、清水から保有権が移った広島から1年間の期限付き移籍になるという。近日中にもメディカルチェックを受け、近く正式発表される。

 今季はFW大久保嘉人、FW永井謙佑、MF高萩洋次郎、DF太田宏介、GK林彰洋ら日本代表経験者がずらりと並ぶ大型移籍を次々と成立させてきた。そしてラストピースとして、神戸FWレアンドロとともに昨季19得点を挙げて得点王を分け合ったストライカーを獲得する。

デイリースポーツ 2/27(月) 6:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000021-dal-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488151587/

続きを読む

●【サッカー/Jリーグ】中村俊らが2時間以上の緊急会議 ネット配信トラブル

1 名前:カイキニッショク ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/27(月) 00:32:44.27 ID:CAP_USER9.net
Jリーグ中継配信トラブルのDAZN、バレーチャンネルに代替も 社長らが2時間以上の緊急会議

サンケイスポーツ 2/26(日) 23:32配信

10年で約2100億円の巨額契約でJリーグの全試合を今季から中継、有料配信するサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で26日、
この日開催されたJ1唯一の試合、G大阪−甲府(吹田)が視聴できないトラブルがあった。
J1開幕戦8試合が配信された25日に続く混乱で、今後の視聴に不安が残った。

試合開始から見られない状態が続き、後半30分が過ぎたころにバレーボールのチャンネルで代替配信するなどして対応。
DAZNはツイッターの公式アカウントで謝罪した。
Jリーグも公式サイトで謝罪文を掲載。会場に居合わせた原博実副チェアマンは
「試合が重なっていた昨日を心配していたけど、きょうこうなってしまった。来週、そうならないように対応したい」と話した。
試合後にはスタジアム内でDAZN日本社長の中村俊氏らが2時間以上の緊急会議を開いて対応を協議した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000575-sanspo-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488123164/

続きを読む
2017年02月25日

●【サッカー】<J1/第1節>王者・鹿島、オウンゴールでFC東京に敗戦!柏、鳥栖に逆転勝利、神戸、仙台勝利 広島と新潟はドロー

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/25(土) 16:01:06.82 ID:CAP_USER9.net
■県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ 0‐1 FC東京

【得点者】

[F]オウンゴール(82分)

http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022503/livetxt/#live

■ベストアメニティスタジアム

サガン鳥栖 1‐3 柏レイソル

【得点者】

[鳥]原川力(39分)
[柏]クリスティアーノ(48分)
[柏]ディエゴ・オリヴェイラ(74分)
[柏]武富孝介(78分)

http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022506/livetxt/#live

■エディオンスタジアム

サンフレッチェ広島 1‐1 アルビレックス新潟

【得点者】

[広]工藤壮人(57分)
[新]田中達也(71分)

http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022505/livetxt/#live

■アイスタ

清水エスパルス 0‐1 ヴィッセル神戸

【得点者】

[神]橋本和(71分)

http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022504/livetxt/#live

■ユアテックスタジアム仙台

【スコア】

ベガルタ仙台 1‐0 北海道コンサドーレ札幌
【得点者】

[仙]石原直樹(84分)

http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022502/livetxt/#live

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488006066/

続きを読む

●【サッカー】<J1/第1節>横浜M、浦和に3−2で逆転勝ち!前田がアディショナルタイムに決勝弾

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/25(土) 14:29:58.68 ID:CAP_USER9.net
第1節
2017年2月25日12:35KO
日産スタジアム

【スコア】

横浜Fマリノス 3‐2 浦和レッズ

【得点者】

[横]ダビド・バブンスキー(13分)
[浦]ラファエル・シルバ(63分)
[浦]ラファエル・シルバ(65分)
[横]ウーゴ・ヴィエイラ(86分)
[横]前田直輝(90+2分)

Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/022501/livetxt/#live

 明治安田J1第1節第1日(25日、横浜M3−2浦和、日産ス) 25年目のシーズンを迎える「2017明治安田生命Jリーグ」が、J1の8試合で開幕。横浜Mは、昨季年間勝ち点1位ながら優勝を逃した浦和に3−2で逆転勝ちした。

 横浜Mは前半13分、マケドニア代表MFバブンスキー(22)が2017年J1第1号となる先制ゴールを決め、1−0で折り返した。後半に入ると浦和が反撃。ブラジル人FWラファエルシルバ(24)が後半18、20分に立て続けにゴールを奪ったが、横浜Mは41分にポルトガル出身のFWウーゴ・ビエイラ(28)のゴールで追いつくと、47分にFW前田直輝(22)が決勝点を奪った。

サンケイスポーツ 2/25(土) 14:28配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000540-sanspo-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488000598/

続きを読む

●【サッカー】<金子達人>サッカーの試合を、スマホやタブレットで見ることに「どうしても抵抗がある」「大きな画面で楽しみたい」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/24(金) 18:44:29.24 ID:CAP_USER9.net
出版社でアルバイトをするようになった30年前、執筆して下さっている方の自宅なり会社なりに出向き、原稿を受け取るのは新米バイトの重要な仕事だった。自宅にファクスがある方はまだ少数派で、原稿のほとんどは手書きだった時代である。

 間もなく、というかすでに訪れつつあったOA化の波により、年々ワープロやパソコンで原稿を書く方は増えて行ったが、中には頑なに手書きにこだわる執筆者もいた。

 「なんか、手書きでないと原稿に魂がこもらないような気がしてねえ」

 はあ、そんなものですか、と相槌(つち)を打ちながら、まだ学生だったわたしは苦笑いをかみ殺していたような気がする。

 (ペンだろうがキーボートだろうが、大切なのは出来上がった原稿の質だろうに)

 17年現在のわたしは、あのころ、手書き原稿にこだわっていた執筆者よりも高齢になった。ズレているのはわたしで、若い方からすれば失笑の対象になるのかもしれない。

 だが、どうしても抵抗があるのだ。

 サッカーの試合を、スマホやタブレットで見ることに。

 わたしだってスマホは持っている。タブレットだってある。LINEはやるし、アベマTVの麻雀番組はしょっちゅう見ている。時間がない時は出先でJリーグや海外サッカーのハイライト番組を見るのも珍しいことではない。

 だが、フルタイムの試合を、スマホの画面で見ようとは思わない。サッカーの試合は、大きな画面で腰を据えて楽しみたい。

 なので、困っている。

 今週末から始まるJリーグは、我が家のテレビでは見ることができない。テレビのある部屋にはネット環境がなく、そもそも、15年前のテレビなのでタブレットをつなぐ端末もない。いまのままでは、自宅のリビングでJリーグを楽しむことはできない、ということだ。

 わたしの場合、スポーツを見るのは趣味だけでなく仕事としての意味合いもあるため、視聴を可能にするためにある程度の出費がかかるのは仕方がない面もある。だが、サッカー観戦が純粋な趣味で、収入を自分のためだけに使うことが許されない世の中のお父さん方は、我が家のようにスマートテレビがない家のお父さん方は、どうするのだろう。

 動画配信サービスのDAZN参入による、Jリーグ各チームに対する分配金の大幅増加は、あちこちのメディアで報じられている。Jに格差が生じる?大いに結構ではないか。

 だが、少なくとも我が家の視聴環境に関する限り、スカパー!からDAZNへの切り換えには手間とお金がかかるだけで、何のメリットもない。

 怖いのは、今回の切り換えをきっかけに、Jとの縁が切れてしまう人が現れること。外資にとっては、どうでもいいことなのかもしれないが。(金子達仁氏=スポーツライター)

スポニチ 20170224
http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20170223s000023CF234000c.html

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487929469/


続きを読む
2017年02月24日

●【サッカー】レスター、ラニエリ監督を電撃解任! プレミア初優勝&CL大躍進も…2部降格の危機

1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/[] 投稿日:2017/02/24(金) 06:09:53.00 ID:CAP_USER9.net
 レスター・シティは23日、チームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督を解任したと発表した。同監督のチームに対する貢献度をクラブは認めているものの、2部降格の危機に陥っている状況などを踏まえて解任することを決めたようだ。現時点で後任については決まっていない。

 ラニエリ監督は2015年、ナイジェル・ピアソン前監督の退任を機にレスターの指揮官に就任。2014/2015シーズンは14位に終わったチームを劇的に変え、2015/2016シーズンはアーセナルやトッテナムなどの強豪クラブをおさえてレスターをプレミアリーグ初優勝に導いた。

 しかし、今季はジェイミー・ヴァーディーの得点力が低下したことに加えてリーグ戦ではアウェイ未勝利と成績が急降下。プレミアリーグ第25節が終了した時点で降格圏内18位ハル・シティと勝ち点1差の17位につけている。チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブ初の決勝トーナメント進出を果たすなど大きな功績も残しているが、クラブはラニエリ監督を解任することを決定した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010000-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170224-00010000-footballc-000-2-view.jpg

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487884193/

続きを読む
2017年02月23日

●【サッカー】<セルジオ越後>Jリーグの優勝候補はどこか?「僕は鹿島と浦和の“2強”を挙げたい」「続くのは、川崎とG大阪かな」

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/23(木) 10:23:53.38 ID:CAP_USER9.net
Jリーグが開幕する。今オフの移籍市場では、大型の放映権料契約締結によってリーグからの賞金や分配金が増えることを予想してか、各クラブが例年以上に活発に動いた印象がある。

果たして、1ステージ制に戻った今季の優勝候補はどこか。やはり、僕は鹿島と浦和の“2強”を挙げたい。

鹿島は昨季、浦和とのチャンピオンシップ決勝を制し、クラブW杯で準優勝。天皇杯も制した。シーズン終盤に入り、伝統の勝負強さを見せつけた。

ただ、年間を通して見れば、夏場などなかなか勝てない時期もあり、決して“横綱相撲”じゃなかった。2ステージ制に救われた部分もあったよね。

でも、今オフの積極的な補強を見れば、Jリーグ連覇だけじゃなく、初のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇も目指そうという意気込みを感じる。Jリーグで実績のあるボランチのレオ・シルバ、ストライカーのペドロ・ジュニオール、ブラジル代表経験者であるMFレアンドロ、さらに韓国代表GKクォン・スンテを獲得。一気に選手層が厚くなった。

スペインに移籍した柴崎の穴を感じさせないどころか、彼が残留していてもスタメンで出られるかどうか微妙なくらい。石井監督のやりくり次第では、ACLとの過密日程も乗り切れるかもしれない。

一方、昨季年間勝ち点1位の浦和も例年どおりに多くの選手を獲得した。ただ、FWラファエル・シルバを除けば、即戦力の大物というよりは将来性に期待したい中堅、若手ばかり。鹿島に比べると小粒な印象だ。

そもそも前線には同じようなレベルの選手がたくさんいるけど、ペトロヴィッチ監督がうまく使いこなせるのかどうかにも疑問が残る。一方で、最も補強が必要だった最終ラインは手薄なまま。ケガ人が出たらどうするのだろう。

それでも個々の選手のレベルは高いし、6季目を迎えたペトロヴィッチ監督の目指すサッカーも浸透している。大きく崩れることはないと思う。

ただ、逆に言えば、ここ数年、毎年のように優勝候補に挙げられながらも結局、勝ち切れないのは何かが足りないということ。その間、チームの中心選手の顔ぶれはあまり変わっていないし、仲良しクラブとまでは言わないけど、どこかマンネリ感がある。

そういう意味で、今季はチームに新たな刺激をもたらす選手が必要だと思う。僕は期待を込めてふたりの名前を挙げたい。まず、攻撃陣ではラファエル・シルバ。彼が“助っ人”らしく絶対的なストライカーとしてゴールを量産できるか。そして、守備陣では加入2年目の遠藤。昨年のリオ五輪代表の主将を務めるなど能力に疑いの余地はない。あとは先輩たちに遠慮せず、守備の中心、チームの中心としてのプレー、振る舞いを見せられるかだね。

鹿島と浦和の“2強”に続くのは、昨季年間勝ち点2位の川崎、昨季無冠からの巻き返しを狙うG大阪かな。大久保、永井ら代表クラスを大量補強したFC東京もハマれば面白そうだ。

例年はシーズン半ばを過ぎると、残留争いをしているチームが降格を回避するための補強に動いていた。でも、優勝賞金が大幅にアップした今季は、ぜひ上位チームにそうした動きを期待したい。

C大阪が清武を獲得したけど、優勝争いを繰り広げている上位チームが大物外国人や欧州で試合に出ていない日本人選手の獲得に動いたら、盛り上がるよね。

(構成/渡辺達也)

週プレNEWS 2/23(木) 10:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00080476-playboyz-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487813033/

続きを読む
2017年02月22日

●【サッカー】<ACL>小林悠が先制点もOGで失点…新生・川崎フロンターレは初陣ドロー

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/22(水) 20:53:09.06 ID:CAP_USER9.net
会場/等々力陸上競技場

【スコア】

川崎フロンターレ 1-1 水原三星ブルーウィングス

【得点者】

【川】11' 小林悠 
【水】23' オウンゴール

・川崎フロンターレ
チョンソンリョン、車屋紳太郎、舞行龍ジェームズ、谷口彰悟、田坂祐介、阿部浩之(72分➡奈良竜樹)、大島僚太( 83分➡三好康児)、中村憲剛、エドゥアルド・ネット、家長昭博(85分➡ハイネル)、小林悠

・水原三星
シンファヨン、ヤンサンミン、クジャリョン、チャンホイク、イジョンス、イヨンレ、サントス、キムミヌ、イジョンソン、ヨムギフン、ジョナタン

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022201/livetxt/#live


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は22日、グループリーグ第1節を行い、昨季J1年間3位で3年ぶり5度目のACL出場となる川崎フロンターレはホームで水原三星(韓国)と対戦し、1-1で引き分けた。前半11分、FW小林悠のゴールで先制したが、同23分にオウンゴールで失点。そのまま同点で90分間を終え、ホームでのACL初戦は引き分けに終わった。

 昨季限りで風間八宏前監督が退任し、鬼木達新監督がコーチから昇格した川崎F。その公式戦初陣はMF家長昭博、MF阿部浩之、DF舞行龍ジェームズの新戦力3人が先発した。システムは4-4-2を採用。GKチョン・ソンリョン、4バックは右からMF田坂祐介、舞行龍、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎と並んだ。中盤はMF大島僚太とMFエドゥアルド・ネットのダブルボランチで、右に阿部、左にMF中村憲剛。今季からキャプテンを務める小林と家長が2トップを組んだ。

 阿部と中村の両サイドハーフが中に絞り気味にポジションを取り、両サイドバックの攻撃参加を促す川崎Fは、2トップの一角に入った家長も自由に動いて分厚い攻撃を仕掛ける。前半11分には大島の縦パスが相手に当たって浮いたボールに中村が反応。PA内左に走り込んで左足ダイレクトで折り返すと、小林が胸で押し込んだ。

 新キャプテンに就任した小林がチームの今季公式戦初ゴール。勢いづく川崎Fは前半15分にも阿部が強烈な右足ミドルを放つが、GKの好セーブに阻まれた。すると、アンラッキーな形で同点に追いつかれてしまう。前半23分、水原三星はMFヨム・ギフンがPA内左の深い位置に切れ込み、マイナスのクロス。これが自陣ゴールに向かって守備をしていた谷口の足に当たってそのままゴールマウスへ。痛恨のオウンゴールで試合は振り出しに戻った。

 それでも川崎Fの攻勢は続く。大島が抜群のテクニックでパスをさばき、鮮やかなパス交換で水原三星守備陣を翻弄。前半36分には敵陣で相手のトラップミスを奪った中村が縦に入れ、小林の横パスをフリーの阿部が右足で狙ったが、惜しくもゴール右へ。決定的なチャンスを生かせず、前半は1-1で折り返した。

 後半は一転して膠着状態が続き、両チームがなかなか決定機をつくれない。川崎Fは後半27分に最初のカードを切り、阿部に代えてDF奈良竜樹を投入。昨季、2度の左脛骨骨折に見舞われた奈良は昨年9月22日の天皇杯3回戦・千葉戦以来、約5か月ぶりの公式戦復帰となった。

 この交代でシステムも3-6-1に変更。3バックは右から舞行龍、谷口、奈良で、右ウイングバックに田坂、左ウイングバックに車屋がポジションを上げ、前線は小林を頂点に家長と中村がシャドーの位置に入った。

 後半31分、家長が右サイドから左足で上げたクロスは小林にわずかに合わず。同35分にはエドゥアルド・ネットが中盤でボールを奪い、縦パスを受けた家長がフィニッシュまで持ち込んだが、左足のシュートはGKに弾かれた。

 川崎Fは後半37分、大島に代えてMF三好康児、同40分に家長に代えてFWハイネルを投入し、交代枠を使い切る。中村がボランチに下がり、三好とハイネルはシャドーの位置に入ったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、1-1のままタイムアップ。ここまで浦和、鹿島、G大阪とJリーグ勢がすべてACL初戦を完封で勝っていたが、川崎Fは続くことができず、史上初となる日本勢ACL初戦全勝はならなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01637140-gekisaka-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487764389/

続きを読む

●【芸能】ほのかりん「既婚者で不倫してない方が珍しくね?」

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/[ageteoff] 投稿日:2017/02/22(水) 16:14:26.15 ID:CAP_USER9.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01782547-nksports-ent
日刊スポーツ 2/22(水) 16:07配信

 ゲスの極み乙女。の川谷絵音(28)と交際中のタレントほのかりん(20)が、世間の不倫に関して私見を述べた。

 人気ロックバンドKANA−BOONのベース飯田祐馬が、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優の清水富美加と過去に不倫関係にあったことを告白して騒ぎになっている中、ほのかは21日にツイッターで「既婚者で不倫してないやつの方が珍しいくね?10人に7人はしてやん?」(原文まま)と、大多数の既婚者が不倫をしていると考えていることを明かした。

 交際中の川谷もベッキーとの不倫で世間を騒がせたが、ほのかは「俺が世の中の闇の中で生きすぎたん?」と、不倫交際する男女を多く見てきたことをほのめかした。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487747666/

続きを読む

●【サッカー】<年俸46億円のテベス(上海申花)>わずか2ヶ月で“上海脱出”を熱望か!?生活順応できず...電撃退団を視野

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/22(水) 09:08:45.77 ID:CAP_USER9.net
早くも母国へ帰還か

彼が悪いのか、それとも上海という街に原因があるのかは分からない。ただし、イタリアメディアは年俸46億円を受け取るはずのカルロス・テベスがわずか在籍2ヶ月で退団を考慮していると報じている。

かつてボカ・ジュニアーズでディエゴ・マラドーナの後継者として崇められたテベスは、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、献身的な守備と冴え渡るゴールセンスにより世界的なCFへと成長。その華麗なる欧州での戦いを2015年に終えると、昨年12月からは破格のサラリーを提示した中国の上海伸花に所属している。

しかし、わずか2ヶ月で風向きは変わったようだ。アルゼンチン『Ole』によると、33歳のベテランは中国での生活スタイルに適応することができず、ウルグアイ人指揮官グスタヴォ・ポジェとも対立しており、電撃退団を視野に入れているという。

また、仮にテベスがこの時点での移籍を決断した場合、違約金として650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が生じるものの、それはテベスにとって“払うべき価値のある”出費だと綴っている。

王様のように迎えられ、多くの中国人サポーターを興奮させた元アルゼンチン代表ストライカーだが、現在は古巣ボカへの復帰を真剣に検討中だという。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/22(水) 9:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010009-theworld-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487722125/

続きを読む

●【サッカー】<清水公和>WBCに代表選手を多数送り込んでいるNPBは誇っていい。JリーグはW杯に何人選手を送り込むことができるか?

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/21(火) 15:57:08.57 ID:CAP_USER9.net
 【No Ball、No Life】 先日、プロ野球担当時代に交流があった巨人のスコット・マシソン投手(32)と久々にLINEのやりとりをした。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のカナダ代表に選ばれていることもあり、新シーズンへ向け、例年以上に気合が入っている様子だった。

 マシソンの他にも、オランダ代表のバレンティン(ヤクルト)、バンデンハーク(ソフトバンク)やキューバ代表のデスパイネ(ソフトバンク)らWBC代表に選ばれている外国人選手がNPBには数多く在籍している。

 ある球団の外国人スカウト担当者は、「編成の立場でいえば選手が代表で抜けるのは正直痛手です」と前置きしたうえで、「チームにとっても、選手本人にとっても名誉なこと。われわれは、そういう選手を抱えているんだという誇りと責任みたいなものがわきますね」と所属選手の代表選出に胸を張った。

 日本代表だけでなく、外国チームの代表選手をWBCにこれだけ送り込めているということは、NPBが米大リーグに次ぐ世界の第二勢力であることの証しだ。サッカーW杯と比べて、野球のWBCは後発で、権威が低い大会なのは事実だが、それでも世界大会。そこに代表選手を多数送り込んでいるのは、NPBが誇っていいポイントだ。

 一方、Jリーグは2018年に行われるロシアW杯に何人の代表選手を送り込むことができるだろうか? 日本代表だって、今や半分以上が海外組だ。日本代表がアジア最終予選を勝ち抜いても“Jリーグ枠”はそんなに確保できない。W杯に選ばれるような助っ人を連れてくることでしか、W杯出場Jリーガーの数を稼ぐ手段はない。

 Jリーグは今季から動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を運営する英国のパフォーム・グループと10年で総額2100億円の放映権契約を締結。大型契約により、J1優勝賞金は3億円に上がり、優勝クラブには3年に分けて計15億5000万円の理念強化配分金も支払われることになった。

 C大阪が日本代表MF清武弘嗣(27)をスペイン1部セビリアから買い戻したり、神戸が元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)の獲得に動いたりと、さっそく景気のいい話題が入ってきた。

 世界大会にどれだけの代表選手を送り込めるかは、リーグとしての魅力を計る評価尺度になる。2018年W杯に何人のJリーガーが出場するかで、村井チェアマンが行った改革の成果が見えるはずだ。(清水公和)

サンケイスポーツ 2/21(火) 15:06配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000530-sanspo-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487660228/

続きを読む

●【話題】幸福の科学 清水の不倫報道受け「お答えすることはございません」

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/02/21(火) 19:39:44.66 ID:CAP_USER9.net
女優・清水富美加(22)とKANA−BOONのベーシスト・飯田祐馬との不倫が発覚したことを受け、21日夜、幸福の科学が報道各社にFAXを送付し、「すべてを断ち切って出家しており、プライバシーにかかわることなので、特にお答えすることはございません」とコメントを発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000104-dal-ent

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487673584/

続きを読む
2017年02月21日

●【サッカー】<ACL>浦和レッズが敵地で4発快勝!R・シルバのデビュー弾も生まれACL白星発進

1 名前:Egg ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/21(火) 18:50:40.66 ID:CAP_USER9.net
 会場/キャンベルタウン・スポーツスタジアム

【スコア】

ウェスタン・シドニー  0-4  浦和レッズ 

【得点者】

【浦】56' 興梠 慎三 
【浦】58' 李 忠成
【浦】68' 槙野 智章
【浦】86' ラファエル シルバ


(WSW)ヤニェトヴィッチ、クリスビー、ハミル、ネヴィル、ボルダ、ルシュティツァ(後半24分→シャボウ)、ディマス、楠神順平(後半32分➡コール)、バッカス、N・マルティネス、マジョク(後半21分➡グリフィス)

(浦和レッズ)西川周作、森脇良太、遠藤航、槙野智章、関根貴大、阿部勇樹、青木拓矢(後半34分➡那須大亮)、宇賀神友弥、李忠成、武藤雄樹(後半25分➡ラファエルシルバ)、興梠慎三(後半40分➡矢島慎也)

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/022102/livetxt/#live


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は21日、グループリーグ第1節1日目を行い、F組では浦和レッズがウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)のホームに乗り込んだ。前半をスコアレスで折り返したものの、後半11分にFW興梠慎三、同13分にFW李忠成、同23分にDF槙野智章、同41分にFWラファエル・シルバがゴールを奪い、浦和が4-0で快勝した。白星スタートを切った浦和は、28日に行われる第2節でFCソウル(韓国)とホームで対戦する。

 浦和は18日に行われた富士ゼロックススーパー杯鹿島戦(●2-3)から先発を3人入れ替え、DF槙野智章、MF関根貴大、FW興梠慎三らを先発起用。3-4-2-1のシステムを採用してGKに西川周作、最終ラインは右からDF森脇良太、DF遠藤航、槙野を並べ、ボランチにMF阿部勇樹とMF青木拓矢、アウトサイドは右に関根、左にMF宇賀神友弥を配置し、シャドーに李とFW武藤雄樹、1トップに興梠を据えた。一方のWシドニーのスターティングメンバーには川崎FやC大阪、鳥栖でプレー経験のあるMF楠神順平が名を連ねた。

 試合開始直後に李、前半8分に武藤がシュートを狙うなど、序盤から積極的な姿勢を見せる浦和は同13分、森脇のサイドチェンジを宇賀神がダイレクトで折り返し、走り込んだ武藤が左足で狙うがシュートはGKベドラン・ヤンイェトビッチの守備範囲に飛んでしまう。その後は両チームともに相手守備を崩し切れず、得点が生まれないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 スコアレスのまま後半を迎えると、後半11分に浦和が先制に成功する。中盤でボールを奪うと、森脇のパスを受けた李がドリブルで前線に運んで相手選手の注意を引きつける。走り込んだ興梠がパスを呼び込んでPA内に進入すると、右足アウトの鮮やかなシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 勢いに乗った浦和は2分後の後半13分、PA内で仕掛けた関根のドリブルは阻まれたも、こぼれ球を青木が拾い、左サイドの興梠に展開。興梠がダイレクトでゴール前に浮き球のパスを送ると、反応した李が左足のダイレクトボレーでゴールを陥れ、リードを2点差に広げた。

 さらに後半23分には武藤が蹴り出したCKを槙野が右足で押し込み、3点目を奪取する。同25分には武藤に代えてR・シルバ、同33分に青木に代えてDF那須大亮、同40分には興梠に代えてMF矢島慎也を投入。すると同41分、矢島のパスを受けたR・シルバがPA内まで持ち込んで右足シュートを突き刺し、浦和での公式戦デビュー戦でゴールを記録。その後もWシドニーの反撃を許さず、浦和が4-0の完封勝利を収めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01637116-gekisaka-socc

AFC公式サイト
http://www.the-afc.com/results

ゲキサカ 日程 順位表
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487670640/

続きを読む