Top > 海外組 アーカイブ
2018年03月08日

●【サッカー】中島翔哉にセリエA首位ナポリが興味か? 「魅惑的な日本のエルフ」と伊紙

1 名前:数の子 ★[] 投稿日:2018/03/07(水) 12:29:14.84 ID:CAP_USER9.net
 セリエAで首位を走るナポリが、ポルトガル1部のポルティモネンセに所属する23歳の中島翔哉に興味を示しているようだ。6日に伊メディア『カルチョナポリ』が報じている。

 同メディアはタイトルに「ナポリは中島を追っている。魅惑的な日本のエルフ」とつけて、ナポリが中島の獲得を検討していると報じた。同選手に関してはドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、ユベントスも関心を示しているという。

 中島は今季公式戦25試合に出場し9得点6アシストを記録。冬の移籍市場では、ポルトガルの強豪(ポルトやベンフィカ、スポルティングCP)の3クラブ、ブンデスリーガのヴォルフスブルクとフランクフルト、ウクライナ名門のシャフタール・ドネツクが獲得に動いていた。しかし、ポルティモネンセがオファーに応じず残留が決定。契約解除金が1000万ユーロから2000万ユーロ(約26億3000万円)に引き上げられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180307-00259548-footballc-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520393354/

続きを読む
2018年01月28日

●【サッカー】<「原口元気」と「宇佐美貴史」共闘!>独紙注目!「3年間連絡はしてなかったけど、僕たちは友達です。それが日本人」

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/28(日) 14:11:24.00 ID:CAP_USER9.net
日本代表FW原口元気が今冬、ヘルタ・ベルリンからドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフへ期限付き移籍し、FW宇佐美貴史の同僚となった。

チームの18年初戦となった24日の本拠地アウエ戦(2-1)の後半に早速共演を果たし、原口が1得点1アシストと活躍した27日の敵地カイザースラウテルン戦(3-1)でも終了間際に同時にピッチに立ったが、ドイツ紙「エクスプレス」は二人の関係性に注目している。

 原口の加入が発表された翌日のアウエ戦で、1-0とリードする後半17分から途中出場。さらに宇佐美も後半31分から出場して、日本人アタッカー二人がピッチに並んだ。原口が左サイド、宇佐美が右サイドでプレーし、2-1で勝利を収めている。

 そんな二人の関係性に着目したのがドイツ紙「エクスプレス」だ。宇佐美のコメントを引用し、「元気がここにいるのは、自分にとってもすごく嬉しい。3年間連絡はしてなかったけど、僕たちは友達です。それが日本人というものです」と伝えた。さらに宇佐美は「一緒のチームにいた時、楽しい時間を過ごすことができた。11年前から元気を知っていて、僕は14歳、彼は15歳でした」と続けている。

 同記事で「彼らは日本代表のジュニアチームで知り合い、今はこうして再結成した」と言及。「フリードヘルム・フンケル監督は、原口を(攻撃の)オールラウンダーと見ている」として、日本人コンビが左右の両翼で並び立つ可能性を示唆している。

 原口は移籍後2戦目のカイザースラウテルン戦で初先発を果たすと、1得点1アシストをマーク。特に後半44分のアシストの場面では、右サイドで宇佐美のパスを受けてから中央にドリブルで切れ込み、DFルーカス・シュミッツの得点をお膳立てしている。まだ連係面の課題は残るものの、旧知の間柄である日本人コンビの活躍にドイツ紙も注目しているようだ。

1/28(日) 8:30配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00010001-soccermzw-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517116284/

続きを読む

●【サッカー】香川真司、2戦連続ゴールで今季6点目! 芸術的なバイシクルシュートで先制点

1 名前:豆次郎 ★[] 投稿日:2018/01/27(土) 23:58:52.54 ID:CAP_USER9.net
1/27(土) 23:42配信
香川真司、2戦連続ゴールで今季6点目! 芸術的なバイシクルシュートで先制点

 現地時間27日にブンデスリーガ第20節の試合が行われ、ドルトムントはホームにフライブルクを迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は前節に引き続きスタメン出場を果たした。試合開始して10分、ゴール前の浮き玉を香川がバイシクルシュート。2試合連続ゴールで今季公式戦6点目となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00253217-footballc-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517065132/

続きを読む
2018年01月23日

●【サッカー】原口元気がデュッセルドルフ移籍 初の2部挑戦

1 名前:動物園φ ★ [] 投稿日:2018/01/23(火) 21:13:41.88 ID:CAP_USER9.net

1/23(火) 21:05配信
日刊スポーツ

 ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(26)が、同国2部フォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍することが決まった。デュッセルドルフが23日に公式ツイッターで発表した。背番号は25、6月30日までの期限付き移籍となった。

【写真】原口元気「90分苦しむ」待望強豪国相手の初スタメン

 ヘルタで3年半を過ごした原口は、今年6月開幕のW杯ロシア大会に向けて、カテゴリーを問わず出場機会の確保を最優先したとみられる。大衆紙ビルトによると、ブレーメンからも50万ユーロ(約6750万円)の移籍金を用意して獲得の興味を持たれていたものの、今冬移籍市場の期限(31日午後6時=日本時間2月1日午前2時)まで待つことなく、キャリア初の2部へのリーグ移籍を決断した。

 ヘルタとの契約は今年6月まで残っていたが、昨夏に移籍を模索したことなどを理由にダルダイ監督の構想から外れ、今季は先発わずか2試合にとどまっていた。昨年10月からは8試合連続でベンチ外の不遇を味わい、後半戦が始まっても立場は変わらず。1月に行われた2試合ともにベンチ外だった。ヘルタ公式ツイッターでも、この日の練習を欠席したことが報告されていて移籍の可能性が高まっていた。

 元日に日本での冬季休暇を終えて成田空港から出国した際は「まずはヘルタに戻ります」と発言。その上で新天地を選ぶ可能性について尋ねられ「契約延長してヘルタに残るのか、ほかのクラブを考えるのか。1月いっぱいかけて決めたい」と胸中を明かしていた。「とにかく試合に出ることが一番。W杯に向けて一番いい準備ができるような決断をしたい」とも言い、出番があるかどうかが移籍の最重要条件だったようだ。

 ドイツのキッカー誌によると、原口のもとには14年夏まで所属した古巣のJ1浦和レッズからも獲得の調査が入っていた。ほかにイングランドの2クラブ、ブンデスリーガの1クラブから話が来ていたというが、欧州残留を決断。現在2部の首位を走るチームでW杯を目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00107410-nksports-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516709621/

続きを読む
2018年01月20日

●【サッカー】<香川真司>同点ヘッド弾はブンデスリーガ史に残る一撃に! ドルトムントは勝ち越しのチャンス活かせず…

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/20(土) 07:28:59.97 ID:CAP_USER9.net
【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1−1 ドルトムント

【得点者】
1−0 46分 ダヴィー・ゼルケ(ヘルタ)
1−1 71分 香川真司(ドルトムント)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046032

ともに日本人選手が所属するチーム同士の対戦だが、ドルトムントが香川真司を公式戦7試合連続で先発起用したのに対し、ヘルタの原口は前節に続いてベンチ外となった。また彼同様、今冬での移籍が噂されるドルトムントのオーバメヤンも、今回のベルリン遠征には加わらなかった。
 
 試合は、開始直後にヘルタがいきなり敵陣深くまで攻め入ったが、すぐにドルトムントがボールを保持。順位では大きく上を行くだけに(ドルトムントは4位、ヘルタは11位)、そのままペースを掴むかと思われたが、ホームチームも負けてはいない。
 
 ヘルタはスピーディーかつスムーズにボールを繋ぎ、5分にはドルトムントに先んじてファーストシュートも放つ。その後も、主に右サイドからゴールに迫り、幾つものクロスを入れながら、思い切ったフィニッシュで再三、相手ゴールを脅かした。
 
 対するドルトムントは、14分に最初の好機を迎える。ゲッツェの縦パスを起点にした攻撃で、プリシッチが右からクロスを入れると、ゴール前に入った香川がヘッドで合わせたが、ボールはクロスバーを越えていった。
 
 前節同様に右のインサイドハーフとして試合開始を迎えた香川は、相変わらず縦横に広く動き、前線で好機を待ち、守備では相手をチェイスしたかと思えば、自陣の最終ライン近くまで戻ってボールを受けに行くなど、あらゆる位置でプレーに絡もうとする。
 
 左足でのロングパスでサイドチェンジを決めるなど正確なキックを見せる香川は、36分には左サイドのサンチョに絶妙のスルーパスを通す。その一方で、ピシュチェクのダイレクトパスをペナルティーエリア内で受けながらもトラップが乱れて好機を逸したり、中盤でコントロールを乱して奪われるという場面も見られた。
 
 ボールポゼッションでは互角ながら、ドルトムントはなかなか相手陣内深くでボールを繋げず、ホームチームの方がより効果的で、ゴールに近付いた前半の45分が終了した。
 
 ともにスコアレスで迎えた後半、開始から1分も経たないうちに均衡が破れる。ラザロが巧みに右サイドを抜け出して入れたクロスを、ファーサイドでゼルケが合わせてGKビュルキの牙城を破り、ヘルタが先制ゴールを奪った。
 
 リードを奪われたドルトムントは、ここから攻勢に転じ、やや引き気味となったホームチームの守備を攻略にかかる。56分にはDFをかわしたプリシッチが強烈なシュートを放ち、その3分後にはトリャンの右からのクロスを香川が無理な体勢でのボレーで合わせたが、いずれもGKクラフトが正面で防いだ。
 
 対するヘルタは62分、スルーパスでカルーが抜け出し、飛び出したビュルキを抜くシュート。ボールはゴールに向かって転がったが、これをオフサイドポジションにいたドゥダが詰めたため、無効としてしまった。
 
 リードを広げる絶好のチャンスを自ら潰したヘルタに対し、ドルトムントは執拗に攻撃を仕掛け、71分、ついに同点のゴールを奪う。サンチョが左サイドから仕掛け、一度ははね返されるも、ボールを拾ってクロスを入れると、ファーサイドで待ち受けたフリーの香川がヘッドでゴールネットを揺らした。
 
 常に点を取れる位置に走り込むなど、ゴールを意識したプレーを心掛けていた香川の通算4得点目。このゴールはまた、ブンデスリーガ史上、通算2万点目のアウェーゴールとなった(ブンデスリーガ公式サイトより)。
 
 こうして試合を振り出しに戻したドルトムントは、さらに82分にサンチョ、86分に交代出場のイサクが決定機を迎えるも、ゴールマウスを捉えることはできない。
 
 その後も、攻勢のアウェーチームはヘルタの守備をこじ開けようとしたが、あと一歩のところではね返され、結局、前節に続いて勝点1止まり。2018年の初勝利はまたもお預けとなった。フライブルクをホームに迎える次節(27日)は、17節以来の白星奪取はなるか。

1/20(土) 7:01配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00034911-sdigestw-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516400939/

続きを読む
2018年01月14日

●【サッカー】<宇佐美貴史が語るライバル「独占告白!」>「頬を叩き『目を覚ませ!』と叱咤してくれる」

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/14(日) 19:36:42.43 ID:CAP_USER9.net
現地で直撃取材、第4回目のテーマは「自身を奮い立たせてくれるライバル」

ブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのMF宇佐美貴史は、幼少の頃から数々の偉業を達成し、その才能を称賛されてきた。

 ガンバ大阪のジュニアユース、ユースと階段を駆け上がって来たなか、2009年にクラブ史上初の高校2年生でトップチームに飛び級昇格を果たし、同年5月20日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第6節の本拠地FCソウル戦でプロ初出場&初得点という離れ業をやってのけた。17歳14日でその試合のピッチに立った宇佐美は、元日本代表MF稲本潤一(北海道コンサドーレ札幌)が持つクラブ最年少公式戦デビュー記録(当時)も塗り替えている。

 それ以降も、所属クラブや年代別代表で華々しい活躍を見せ、次世代を担う期待のアタッカーとして大きな注目を集めた。その姿に誰もが眩いばかりの未来を予感したが、あれから8年が経った今、宇佐美の海外挑戦や日本代表でのキャリアは成功とは程遠いところにある。それはおそらく宇佐美自身も想像していなかったことだろう。

 全5回にわたってお届けする「独占告白」の第4回目は、自身を奮い立たせてくれるライバルについてだ。現状を真摯に受け止める男は、どのような考えを持っているのだろうか。

◇◇◇

 厳しい状況に置かれている今だからこそ、ライバルは他ならぬ自分だという思いがより強くなっている。ただ、一口にライバルは「自分」と言っても、今と昔とではその中身が違う。

 昔は単に、今の自分を乗り越えるために、今以上の景色を見るために、ライバルを「自分」に据えてきたけど、今はただ、ただ崖っぷちに立っている自分を、もう一人の自分が必死にサッカーに向き合わせようとするためだけのライバルである気もする。

 と同時に、今のこの浮き沈みの激しい自分を上手く乗せられる術を、できるだけ早く自分に教えていただきたいとも思う(笑)。

「これまでとは違う宇佐美貴史に会える」

 とはいえ、そうして日々自分と向き合い続けているおかげで、周りの選手のことも全く気にならないし、誰が代表に選ばれたとか、活躍したということに気持ちが揺れることもない。淡々と事実だけを受け止めて、通り過ぎていく感じ。

 だからこそ、今はなおさら現状を、自分で乗り越えなければいけないと思っている。もちろん、19歳でバイエルンに来た時より、年を重ねて考え方も大人になり、いろんなことを無邪気に考えられなくなっているし、根拠のない自信も抱けなくなっているのは自覚している。

 そういう根拠のない自信の下、勘違いをしたまま進んでいけたのが若さの良いところで、それができなくなったから苦しんでいる気もするしね。

 でもそうやって現実を見るようになった今でもまだ、もう一人の自分が「自分から目を背けるな」「サッカーから離れるな」と言っているし、僕の頬を叩き「おいおい、目を覚ませ!」と日々、叱咤もしてくれているから(笑)。

 そうした僕の中にいるライバルに打ち勝って、本当に目を覚ます日が来るのか。それができれば、きっとこれまでとは違う宇佐美貴史に会えるんじゃないかな。(第5回に続く)

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00010018-soccermzw-000-1-view.jpg

1/14(日) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00010018-soccermzw-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515926202/

続きを読む
2018年01月11日

●【サッカー】<井手口陽介>今の環境は「ある意味ヤバイな、と」悩み抜いて海外へ!

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/11(木) 06:15:09.41 ID:CAP_USER9.net
1月4日、ガンバ大阪のMF井手口陽介が、イングランドのリーズ・ ユナイテッドへの完全移籍を発表した。

 彼にとっては、子どもの頃から憧れだった”海外移籍”。その決断にはサッカー人生でいちばん、時間を要したと言う。

「去年の夏頃から現実的に”海外”を考え始めましたが、そこからの半年は、何度も気持ちが行き来しました。シーズンが終わって、そろそろ決断しなければと思っても、答えがなかなか出せず……一度は答えを出したのに、また迷いが出たりもしました。

 それを払拭できたのが、オグさん(小椋祥平/ヴァンフォーレ甲府)に言ってもらった『若い今のうちにしか、そういうチャレンジはできないんだから、チャンスがあるならビビらず行け』という言葉でした。

 また、代理人の新井場徹さんが実際に現地に足を運んでくれて、僕が不安材料としていた、子どもの病院や育児にまつわる家族の生活環境や、チームのことなど、いろんな状況が見えてきたことで、自分の気持ちが落ち着き、決断に至りました」

 ちなみに、その決断をするうえで、ロシアW杯まで半年という状況は、妨げにはならなかったそうだ。

 井手口にとっての”日本代表”は、彼がこれまで何度も繰り返し話してきたように「痺れる戦いを数多く経験できる場所」ではある。だが一方で、いつの時代もそうであったように「サッカー人生の通過点」という考え方に変わりはなかったからだ。

 それよりも、ひとりのサッカー選手として、自身のサッカー人生をより理想へと近づけるために必要だと思う選択をしたかった。

「2016年の後半戦から、コンスタントに試合に絡めるようになってきた中で、正直、去年の夏頃から日本でプレーする自分に疑問を持ち始めました。というのも、Jリーグの上位クラブと戦うときは別として、それ以外の試合ではなかなか『やりきった感』を持てなかったから。というか、ほとんどの相手に対して、明確な『やれる』という自信を持てているのは、ある意味ヤバイな、と。

 これは日本代表に選ばれるようになり、国際試合の経験が増えたことも理由のひとつだと思います。日本代表に行けば試合はもちろん、練習をしていても自然と自分に緊張感が生まれ、『もっと、やらなアカン』とか『まだまだ足りない』と思えるけど、チームに戻るとなかなかそれを感じられなくて。もちろん『代表で感じた経験をチームの練習でも生かそう』とか、『課題に感じたことは、チームで克服しよう』とは思って、練習に臨むんですよ。

 でも正直、去年の後半は、自分が仮にそう思わなくても……つまり、普通にプレーしていてもやれてしまう状況でしたから。少し言い方は悪いけど、そういう”ぬるい”環境でサッカーをしていて成長できるのか、を考えたときに、違うなと。

 これまでの自分のサッカー人生を振り返っても、ガンバでも常に”飛び級”で育ててもらい、自分が敵(かな)わないと感じる人たちの中でプレーできたことで今の自分がある、と考えても、このまま自分が”普通にやれてしまう環境”でプレーするより、”もっと、もっと”と自分のケツを叩かなければプレーできないような環境でプレーするほうが、間違いなく成長できると考えた。

つづく

1/10(水) 11:41配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010004-sportiva-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515618909/

続きを読む
2018年01月05日

●【サッカー】<豊川雄太(鹿島アントラーズ)>ベルギー1部のオイペンへ移籍!井手口と同様リーズからのレンタルで加入

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/05(金) 19:35:07.07 ID:CAP_USER9.net
ベルギー1部のオイペンは5日、豊川雄太の加入を発表した。

 大津高校出身の豊川は2013年に鹿島アントラーズに入団。16年と17年は期限付き移籍で加入したファジアーノ岡山でプレーし、昨年12月に契約期間満了が発表されていた。

 オイペンの公式HPによると、豊川は4日に移籍が発表された井手口陽介と同様、イングランド・チャンピオンシップ(英2部)のリーズからのレンタルでオイペンに加入する模様。なお、リーズと鹿島からの移籍発表はされていない。豊川は今月7日からチームに合流する予定となっている。

1/5(金) 19:06配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00697101-soccerk-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515148507/

続きを読む
2017年12月25日

●【サッカー】<酒井宏樹(マルセイユ)>長友佑都(インテル)の粋な計らいに感謝!ミラノのレストランで「会計頼むと…」

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/24(日) 18:30:12.68 ID:CAP_USER9.net
サッカーのDF酒井宏樹(マルセイユ)が24日ツイッターでDF長友佑都(インテル・ミラノ)の粋な計らいに感謝した。

インテル・ミラノが本拠を置くミラノでオフを過ごしているという酒井宏は、長友に教えてもらったというレストランを訪れたと報告。
すると、そこで長友の気遣いに触れたという。

「会計頼むと支払いはすでに済ませてありました。長友さん流石です。ご馳走さまでした」

後輩の感謝ツイートに長友自身もツイッターで反応。
「長友さん流石ですね。笑 今度焼肉おごってあげてください。イタリア楽しんで」とノリツッコミのような形で、気さくに応じていた。

12/24(日) 15:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000068-dal-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514107812/

続きを読む
2017年12月22日

●【サッカー】<原口元気>今後の去就が不透明・・・ヘルタ監督、冷遇に言及「『なら、より若い選手を試そう』と言わざるを得ない」

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/22(金) 06:29:22.58 ID:CAP_USER9.net
ヘルタ・ベルリンに所属するFW原口元気は、今後の去就が不透明となっている。パル・ダルダイ監督がその状況についてドイツ誌『キッカー』のインタビューで言及した。

ヘルタとの契約が来夏に満了となる原口。今月17日のRBライプツィヒ戦には途中出場を果たしたが、それまでは10月中旬のシャルケ戦(ブンデスリーガ第8節)で提示された
レッドカードによる出場停止処分を含めてリーグ戦8試合でベンチ外という状況が続いていた。

ヘルタのミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は先日、原口について「ゲンキは難しい状況に陥っている。しかしそれは彼自身が招いたものでもある」
とヘルタとの契約延長を拒否したことが現状を招いたことを示唆していた。さらに「これからどうするかは1月に考えることになるだろう」と冬の移籍市場での放出の可能性にも言及していた。

今回のインタビューで、ダルダイ監督は1月に退団する可能性が高い原口やMFバレンティン・シュトッカーの状況について問われ、このように語った。

「彼らは良いトレーニングをすれば、褒められるし、そうでなければ、説教を受ける。我々はゲンキとはここで愉快な日々を過ごせていた。
しかし残念ながら彼は自ら難しい状況を招いてしまったんだ。サッカーのことではなく、自分の将来について考え始めたのでね。それにより道を踏み外し、今でもそれが彼のプレーに悪影響を与えている」

「プレーヤーの成長が止まってしまえば、それは監督の責任もあるだろう。ただ、知っておかなければいけないこともある。ある程度の年齢の選手でも成長を続けている選手たち、
セバスティアン・ラングカンプ、ペア・シェルブレット、ペーター・ペカリクらが全員ここに残っていることだ。1人の選手が成長を見せなくなれば、監督として、『なら、より若い選手を試そう』と言わざるを得なくなる」

夏の移籍が実現しなかった原口だが、それでもダルダイ監督にチャンスを与えられ、第7節のバイエルン・ミュンヘン戦では見事なアシストを記録するなど存在感を発揮した。
だが、続くシャルケ戦で一発退場となったことが、ハンガリー人指揮官の信頼を失う決定打となったようだ。

12/21(木) 22:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00010003-goal-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513891762/

続きを読む

●【サッカー】長友佑都、自身の交友関係を明かす「マテラッツイは親友で、カッサーノ、スナイデルとは特別な関係」

1 名前:数の子 ★[] 投稿日:2017/12/21(木) 19:09:03.66 ID:CAP_USER9.net
12/21(木) 18:05配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000109-dal-socc

 「イタリア1部リーグ、サッスオロ−インテル・ミラノ」(23日、サッスオロ)

 先発出場が濃厚とされるインテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が20日、インテルTVのインタビューに応え「今、仲が良いのはGKハンダノビッチ。でも夜8時に就寝するので困る。僕は試合を見たいのに…」と最近の“悩み”を明かした。

 長友とハンダノビッチは試合前日の合宿で同室だという。試合中については「彼はすごく落ち着いていて、集中している」と尊敬しているが、セリエAのナイトゲームは午後8時45分キックオフが多く、早寝のハンダノビッチとどう折り合うかで苦労しているようだ。

 また「尊敬するのはサネッティ、マイコン。マテラッツイは親友で、カッサーノ、スナイデルとは特別な関係で結ばれている」と、自身の交友関係も明かした。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513850943/

続きを読む
2017年12月21日

●【サッカー】< 香川真司(ドルトムント)>絶妙な切り返しから見事なお膳立て!バイエルン戦でカップ戦2アシスト目を記録

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/21(木) 06:32:18.78 ID:CAP_USER9.net
DFBポカール3回戦が現地時間12月20日に行われ、ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司がバイエルン・ミュンヘン戦でアシストを記録した。

先発出場した香川は、0−2とビハインドで迎えた76分、左のエリア付近でボールを受けると切り返しからふわりとしたクロスをファーサイドに供給。これをヤルモレンコが頭で決めている。

なお、このアシストは香川にとって大会2つ目となっている。


12/21(木) 6:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000029-goal-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513805538/

続きを読む
2017年12月20日

●【サッカー】<ドルトムント>復調の要因は香川真司? ドイツ誌がシュテーガー新体制を分析「カウンターが似合う」

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/19(火) 19:27:54.97 ID:CAP_USER9.net
シュテーガー新監督の初陣から2連勝 香川が前線に押し上げる働きぶりを独誌は評価
 
ドルトムントは今月10日、今季就任したペーター・ボス監督を成績不振で解任。
前ケルン指揮官のペーター・シュテーガー監督が電撃就任し、リーグ戦2連勝と復活の兆しを見せている。
8試合未勝利(3分5敗)のトンネルから抜け出した要因について、ドイツメディアは日本人プレーメーカーの存在を挙げている。

香川はシュテーガー監督の初陣となる現地時間12日の第16節マインツ戦(2-0)でゴールを記録。
16日に行われた本拠地での第17節ホッフェンハイム戦で3試合連続スタメンを果たすと、PK奪取と決勝点アシストで逆転勝利(2-1)に貢献している。

ドイツサッカー専門誌「11 Freunde」は、
「いかにしてペーター・シュテーガーはドルトムントのサッカーを厳格に変貌させたのか」と特集を組んだ。

第一の理由は、ボス政権下で定番となった4-3-3システムから4-1-4-1システムへの移行だった。
ウイングの位置取りは新体制で明らかに低くなったが、「理由は明確だ。シュテーガーは守備的な安定感を求めている」と分析。
最終ラインと中盤の距離を縮めるアプローチで、全体にバランスを生んでいるという。

二つ目は、香川の躍動だ。

記事では、「新戦術では速攻でカウンターを狙える。この理念は序盤で明らかになった。ボールを奪った後、シンジ・カガワは前線に押し上げ、
ホッフェンハイムの守備陣に問題を突きつけた」と指摘。ボス政権下で見られなかった、香川を中心としたカウンターが復調の要因の一つになっているとしている。

「攻撃的MFとして確信を持たせた」

「個々のプレーヤーが自分の強みを取り戻した」という項目では、ボス政権で高いポジション取りを求められたドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルに言及。
「このヴァイグルは彼ではなかった。彼は深い位置からのゲームメークを好む。シュテーガー政権でそれが可能となった」「ヴァイグルは通常な状態に戻った」と本領を発揮していると見ている。

また、同項目では香川にもフォーカス。「ホッフェンハイムとマインツとのゲームでは、二人の選手が花開いた。シンジ・カガワは攻撃的MFとして確信を持たせた」と記し
攻守のスイッチ役として機能したことを「彼にはカウンターが似合う」と評価した。そして、香川とともに主将のサイドバック、元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの復調ぶりも特筆されている。

勝利から見放されていた日々を脱したドルトムント。復活の立役者の一人として、香川はドイツで再び評価を高めている。

12/19(火) 16:50配信 フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00010013-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggJbud5zhFEam5rp6LWotdTQ---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20171219-00010013-soccermzw-000-view.jpg

【サッカー】<ブンデスリーガ/前半、日本人9人の通知表>復活ムードの香川真司、冷や飯の原口元気ら・・・
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513633829/

香川真司、独誌がMOMに選出!「彼がスピードを加える度にドルトムントは危険性を発揮」
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000059-goal-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513679274/

続きを読む
2017年12月19日

●【サッカー】<ハリルまた暴走!>出場機会不足の欧州組に移籍勧告・・・越権行為となる移籍指南を施すことを宣言

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/19(火) 19:07:56.06 ID:CAP_USER9.net
日本サッカー協会は18日、2018年の日本代表各カテゴリーのスケジュール発表会見を行った。
東アジアE―1選手権の韓国戦(16日)で1―4と歴史的な大敗を喫し、ショックの色を隠しきれない男子A代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)も出席。
来年6月のロシアW杯に向けてチーム状況に不安が募っており、出場機会が少ない欧州組に対しては“移籍勧告”する方針だ。

日本代表の全カテゴリーの監督が勢揃いする中、最初に登壇したハリルホジッチ監督は顔色が冴えない。
その理由について「土曜日の試合後、自宅のリビングで試合のことをずっと考えて眠ることができなかった。
指導者になってからホームで4失点、こんなに点差をつけられて負けたことはない」と悔しさのため睡眠不足に陥ったのだ。

それだけではない。A代表監督は「協会に来たら、たくさんの批判記事が出ていると聞いた。
以前同僚として日本代表カテゴリーの指導者をしていた方からの批判もあった」と、高まる非難や解任論にすっかり気がめいっている様子だ。

深刻なチーム状況も指揮官の不安を駆り立てている。新戦力の発掘を目指したE―1選手権では国内組が限界を露呈したことで
「今後は欧州の選手の視察をする」と、近日中に出国してオフを挟みながら欧州行脚を開始するが、クラブで出場機会を失っている選手も多く悩みは尽きない。

そこで「クラブで多くの試合に出られず、あまりプレーをしていない選手と話をして現状を把握する。試合に出られないのならクラブを変えたいと希望している選手もいる」
とハリルホジッチ監督。出場機会を確保できる環境を探すため、代表監督にとっては越権行為となる移籍指南を施すことを宣言したのだ。

これまでも代表選手に関わる移籍問題の介入に積極的だったが、W杯を半年後に控えた今回は指揮官も切迫しており、より強引に移籍勧告することも考えられる。
その筆頭候補が、FW原口元気(26=ヘルタ)だ。出場機会が減り、コンディションの低下は深刻。
アジア最終予選で4試合連続ゴールを決めた“ハリルの申し子”と言える存在だけに、本番を前に復調させるべく強く移籍を働きかけるつもりだ。

さらに最近3試合でスタメン落ちが続いているFW浅野拓磨(23=シュツットガルト)、肺炎で欠場中のFW大迫勇也(27=ケルン)も最下位とチーム状況が最悪だけに“対象”となる可能性がありそうだ。
「現時点では、このチームはW杯で戦う準備ができていない」と嘆く指揮官。休暇を取っている時間はなさそうだ。

12/19(火) 16:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000035-tospoweb-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513678076/

続きを読む

●【サッカー】<ブンデスリーガ/前半、日本人9人の通知表>復活ムードの香川真司、冷や飯の原口元気ら・・・

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2017/12/19(火) 06:50:29.73 ID:CAP_USER9.net
ブンデスリーガ2017〜18シーズンは前半戦が終了した。日本人選手たちの活躍ぶりはといえば、あまりパッとしなかったと言わざるを得ない。

ここまで17試合。5点以上得点した選手もいなければ、全試合にフル出場した選手もいない。ハードルを上げすぎだと言われるかもしれないが、以前の活躍ぶりを考えると、
どうしても常に右肩あがりの活躍を期待するのも致し方のないことではないだろうか。今季前半、ブンデス1部で試合出場のあった9人について、現地での取材をもとに採点してみた(採点は標準が6とする)。

香川真司(ドルトムント)【6.5】

ドルトムントは3位で前半戦を折り返し、日本人所属クラブでは最上位となった。香川自身は左肩脱臼の影響により出遅れ、ペーター・ボス前監督の構想にも一番手としては入っていなかった。
さらに9月、10月の日本代表戦でも活躍できず、11月にはついに代表落ち。ドルトムントでは次第に出番が増えていったものの、チームは3部チーム相手のドイツ杯を除くと2カ月にわたって勝利なしと、苦しすぎる前半戦を送った。

それでも好印象が残るのは、ペーター・シュテーガー新監督が就任してからの直近2試合にフル出場。しかも全ての得点に絡む活躍を見せたことによる。
4−3−3の中盤で起用されながら、以前のようにポジショニングにとらわれすぎることもなくなったのは不思議でさえある。

明らかにゴール前に入り込む回数やタッチ数は増え、マンチェスター・ユナイテッドからの復帰以降では、現在が一番いい状態かもしれない。
「チームを変える。そういう立場だと自覚している」と、頼もしいコメントも出てくるようになった。3月の代表戦で、この状態のよさを発揮できるチャンスは訪れるか。


長谷部誠(フランクフルト)【6】

フランクフルトは8位で前半戦を終えた。長谷部はリーグ戦17試合中9試合にフル出場、1試合は60分からの途中出場だった。ニコ・コバチ監督の絶対的な信頼のもと、キャプテンシーを発揮。
リベロからボランチまでこなす使い勝手のよさも抜群で、時間とともに安定感が増している。

それでも出場時間が伸びないのは、ひとえに古傷の右膝の状態がよくないからだ。「膝が悪いから出ない」というアナウンスこそないが、
「膝の状態は僕も聞かないと(日によって調子が)わからない」「(ケガと)付き合っていくしかない」などというコメントから総合的に判断すると、欠場の全ての原因が膝にあると類推できる。

来年夏に切れるクラブとの契約延長の話がないのも「膝があるから」と本人が言っている。来年のW杯でも、短期間のうちに行なわれる3試合でパフォーマンスを発揮し切れるのか、気がかりだ。

>>2以降につづく

12/18(月) 18:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010005-sportiva-socc

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513633829/

続きを読む