Top > スポーツ アーカイブ
2019年04月27日

●【フェンシング】太田雄貴会長「世界ランキングがどんなに高くても代表に選ばない」

1 名前:豆次郎 ★[] 投稿日:2019/04/27(土) 18:26:20.26 ID:tNeKAptR9.net
2019年4月25日 17時17分
スポーツ

日本フェンシング協会は、国内のトップ選手を対象に英語を無料で学べるようにして、再来年から代表選手の選考にあたって試験を導入し、一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めました。

これは25日、日本フェンシング協会の太田雄貴会長が、都内で会見を開いて明らかにしました。

協会は教育サービス大手のベネッセコーポレーションと提携して国内のトップ選手を対象に、読む、書く、聞く、話すといった英語の教育を無料で受けることができるようにします。

そのうえで再来年からは、代表選手の選考に年に1回の試験を導入し、一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めました。

協会は、選手たちが英語を学ぶことでほかの国の選手や審判とコミュニケーションを取れるほか、現役を終えたあとにも、職業の選択肢が広がるといったメリットがあるとしています。

太田会長は「世界ランキングがどんなに高くても代表に選ばないということは、競技団体として相当の覚悟を持って決めた。今だけでなく、選手の未来を考えた結果で、協会として真っ向から取り組んでいきたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/amp/k10011896441000.html?__twitter_impression=true

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556357180/

続きを読む
2018年10月23日

●【女子駅伝】主催者側、四つんばい選手を「見守ってしまった」

1 名前:muffin ★[] 投稿日:2018/10/23(火) 11:59:12.87 ID:CAP_USER9.net
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201810230000197.html
2018年10月23日10時26分

全日本実業団対抗女子駅伝予選会(福岡・宗像市)で、岩谷産業の第2区飯田怜(19)が残り約200メートルで走れなくなり、四つんばいでたすきを渡したことについて、同チームの広瀬永和監督(53)は、レースから一夜明けた22日、取材に応じて大会主催者側に「(レースを)やめてくれ」と伝えていたことを明かした。

同監督は、レースを各チームの指導者が集まる監督室で見ていた。「(飯田が)倒れたのを見て、四つんばいではいつくばっているのを見た。あと何メートルかがわからなかったけど、大会役員に『やめてくれ』といいました。あの状況をみたら、どの指導者でもとめる」。

ただ同監督の意図がコース上の大会役員に届くまでタイムラグが生じた。飯田は両膝をすりむきながら、たすきを渡した。同監督は、主催者側から「(役員に)伝わるのに時間がかかった。(伝わった時に)あと15メートルで選手(飯田)が動いていたから、見守ってしまった」と説明されたという。

飯田は右脛骨(けいこつ)骨折で全治3〜4カ月と診断され、福岡県内の病院に入院。同監督は「(レース棄権の)意図がスムーズに伝わる形にしてもらわないといけない」と、主催者側に改善を求めた。日本実業団陸上競技連合の友永義治専務理事は「(レース中に)早急に監督と連絡を取れる態勢を構築することは必要」と述べた。

岩谷産業は最終的に21位に終わり、本大会出場を逃した。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540263552/

続きを読む
2018年08月31日

●【体操】体操協会が急転擁護 具志堅副会長「18歳の少女が嘘をつくとは思えない。協会としては宮川を守っていこうということ」

1 名前:ニーニーφ ★[sage] 投稿日:2018/08/30(木) 23:04:48.89 ID:CAP_USER9.net
日本体操協会は30日、宮川紗江(18)が訴えた協会幹部のパワハラ疑惑について、第三者委員会を立ち上げて調査することを決めた。

宮川は前日29日の会見で塚原光男副会長(70)塚原千恵子女子強化本部長(71)から「五輪に出られなくなるわよ」などと言われたことを告白。
この日午後の協会理事による緊急会議に出席した具志堅幸司副会長(61)は「パワハラが事実なら大きな問題」と、宮川の訴えを深刻に受け止めた。

協会側は前日の会見で「宮川本人から正式な申し立てがあれば調査する」としていたが、
具志堅氏は「手続き上はそうだが、あれは選手からのサインです。それを受けて、迅速に対応するのが我々の役目」と、
緊急会議の理由を説明。「協会と関係のない第三者委員会の調査結果を待ち、対応したい」と話した。

84年ロスオリンピック(五輪)金メダリストで日体大の学長でもある具志堅氏は、宮川の苦しい胸のうちを思い
「18歳の少女が嘘をつくとは思えない。協会としては宮川を守っていこうということ。練習環境も確保したいと思う」と擁護。
一部メディアに塚原副会長が宮川の発言について「すべて嘘」と言ったことについて「体操関係者として大変に残念」。
さらに「選手をサポートするのが協会の仕事。選手のための協会でなくちゃいけない」と強調していた。
https://www.nikkansports.com/sports/news/201808300000745.html

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535637888/

続きを読む
2018年08月30日

●【体操】森末慎二氏、27年前の女子体操ボイコット事件を告白…「全部上が朝日生命の選手になった」

1 名前:muffin ★[] 投稿日:2018/08/30(木) 11:15:44.92 ID:CAP_USER9.net
https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180830-OHT1T50073.html
2018年8月30日10時11分 スポーツ報知

 体操の84年ロス五輪金銀銅の3つのメダルを獲得した森末慎二氏(61)が30日放送のTBS系「ビビット」(月〜金曜・前8時)に生出演し、体操女子の世界選手権(10〜11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラ告発を受けた体操協会の塚原千恵子強化本部長(71)が絡んだ1991年のボイコット事件に独自の見解を示した。

 事件は、1991年の全日本体操選手権で千恵子氏を中心とする審判団の採点法に不満が爆発し出場選手中91人中55人が大会をボイコットした。これによって当時強化部長だった千恵子氏が辞任した。

 27年前の事件について森末氏は当時、「マスコミの報道ではコーチが選手に演技をさせなかった。意味が分からないんですけど、させなかった。それで選手が泣いているということでマスコミはほとんどコーチ側が悪いということですごくバッシングを受けた」と振り返った。

 その上で「ただ、中身はこういうことだったんです」と前置きした上で「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット」と独自の見解を示していた。

https://www.hochi.co.jp/photo/20180830/20180830-OHT1I50053-L.jpg
https://www.hochi.co.jp/photo/20180830/20180830-OHT1I50057-L.jpg

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535595344/

続きを読む
2018年02月27日

●【スポーツ】順番を間違ってないか、公立高の部活週休2日に疑問 教員が多忙ならば、部活でなく、授業を減らせばいい

1 名前:3倍理論 ★[sage] 投稿日:2018/02/27(火) 15:01:41.18 ID:CAP_USER9.net
部活週休2日−。スポーツ庁がトップダウンで決めたことで、公立高校の部活は、運営の変更を余儀なくされる。これって、権力の乱暴な使い方ではないか。子供たちの1度きりの青春に、大人が大人の都合で邪魔をしないでほしい。

   ◇  ◇

 「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」づくりを進めているスポーツ庁の検討会議は23日の会合で、これまで「中学校では週2日以上の休養日を設ける」としてきた活動時間の目安について、審議中の原案に、高校の部活動も原則対象として盛り込むことを了承した。1月公表のガイドラインの骨子案では、高校は対象外としつつ「基準の準用を期待する」としていたが、会議で「高校でも守ってほしいとのメッセージを強く出すべきだ」との意見が強く出たことを踏まえて修正した。ガイドラインは3月中旬ににも正式にまとまる見込み。

   ◇  ◇

 高校は対象外だったのが、締め切り直前に突然の「修正」が行われた。

 スポーツ庁は、ガイドラインであって、決定ではないと説明するのだろうが、下部組織で「忖度(そんたく)ファースト」の各都道府県の教育委員会は、ガイドラインに従うしか選択肢はない。神奈川県は修正前にもかかわらず、早々に、県立高校部活動の週休2日以上を4月からの方針に定めた。教育委員会の指導の効力は、都道府県立高校に限り、私立高校は影響を受けない。23日の会議でも高校への導入には慎重論があったものの、週休2日導入派のゴリ押しは確実な情勢。公立私立間の不平等も問題視されている中、4月から導入が全国的に拡大することが予想される。

 何が悪いって、教員の働き方改革を最優先して、子供たちの気持ちを後回しにしていることだ。故障防止が大きな目的ならば、投手の球数制限など、先に語るべきテーマがあるはずだ。いきなり活動日制限は、順番が間違っている。

 熱心で愛情ある指導が評判の部活動にあこがれて、進路を決める中学生は多い。実際に、精いっぱい、日々の練習に励んでいる高校生はたくさんいる。厳しい練習に励むのは、決してトップアスリートだけではない。スポーツ庁だって、平昌(ピョンチャン)五輪での日本選手の躍進を喜び、メダリストのたゆまぬ努力を礼賛する一方で、高校生には頭ごなしに「週に2日以上は運動するな」と命令するのは、お門違いだ。

 強豪私学の選手と比較して身体能力は劣るかもしれないが、都道府県大会優勝という大きな目標を掲げる公立高校の部活は、全国にいくらでもある。実際に都道府県の頂点に君臨する部も多い。彼らのことを「青春のすべてを懸けている」と表現するのは、決して大げさではない。義務教育の中学生ならいざ知らず、高校生の自主性をないがしろにして良い訳がない。

 もちろん、部活以外の時間を楽しみたいと考える高校生もいるし、週に3日はオフを設ける、あるいは週に1度に限り活動するチームがあっていい。それはチームの個性であって、その個性を見極めて、中学生は志望高校選びをしている。高校の部活動が、どんな練習や活動をするのかは、チームや部が決定すればいい。国や役所が決めるのは、おかしい。一律にスポーツ庁の考えを押しつけるのではなく、個性を尊重する「大人側の余裕」が求められるのではないか。

 教員の働き方改革が待ったなしの状況なのは理解できる。多忙でどうしようもないならば、部活でなく、授業を減らせばいい。学業指導は学習塾にかなりの部分を依存している現状で、仮に授業時間が3分の2になって、勉強ができなくなって困る生徒は、果たして、どれほどいるのだろう。ゆとり教育の失敗を反省し、学習指導を改革すれば、授業時間削減の再挑戦も可能ではないか。無駄な会議や報告書類の作成など、負担の源はさまざまとも聞く。改革のメスを入れるべき点が、そもそも間違っている。【金子航】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00137086-nksports-base

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519711301/

続きを読む
2018年02月07日

●【メディア】スポナビライブ終了へ ソフトバンクの動画配信…「DAZN」に移管調整

1 名前:3倍理論 ★[sage] 投稿日:2018/02/07(水) 12:32:06.83 ID:CAP_USER9.net
携帯大手ソフトバンクが、プロ野球やサッカーなどのスポーツ動画の配信サービス
「スポナビライブ」を5月末で終了することが6日、わかった。
英動画配信大手のパフォーム・グループが展開する「DAZN(ダ・ゾーン)」に大半のコンテンツを移管する方向

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180206-118-OYTPT50441/list_NEWS%255fMAIN%25240207

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517974326/

続きを読む
2018年01月09日

●【カヌー🛶】カヌー鈴木選手に8年間の資格停止処分、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除

1 名前:豆次郎 ★[] 投稿日:2018/01/09(火) 12:45:08.70 ID:CAP_USER9.net
カヌー鈴木選手に8年間の資格停止処分 「ライバル選手を陥れようと」

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32=福島県協会)が、大会中に小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表した。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すとともに、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除した。

 ともに昨夏の世界選手権(チェコ)に出場し、2020年東京五輪を目指すトップ選手。鈴木選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、ライバル選手を陥れようとしたと説明している。小松選手が禁止物質の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で禁止物質を混入させていたことを認めた。小松選手は処分を免れるが、日本選手権の成績は抹消となる。

 日本カヌー連盟による調査では、鈴木選手は小松選手以外のライバルに対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を繰り返していたことも判明。連盟として独自に選手、関係者の処分を行うほか、再発防止策を講じる方針。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/01/09/kiji/20180109s00012000086000c.html

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515469508/

続きを読む
2018年01月06日

●【箱根駅伝】<青学大・原監督の優勝コメント>気になったのはその序列。サッカーの次に野球を位置づけ。重く受け止めなければ……

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/01/06(土) 11:11:50.28 ID:CAP_USER9.net
「ライバルは早稲田、駒澤、東洋、東海ではない……サッカー界、野球界」

野球界の“危機”を感じた。正月恒例の第94回箱根駅伝で史上6校目の4連覇を遂げた青学大・原晋監督の優勝会見での一コマである。目標を遂げた達成感と、周囲への感謝を語る一方で、陸上界を盛り上げていきたいと、言葉に熱気が帯びてきたそのときだった。

「ライバルは早稲田、駒澤、東洋、東海ではない……サッカー界、野球界」

 原監督は陸上界における、旧態依然の流れを「改革」していきたい思いが強いという。勝者だからこそ訴える立場にあると、公の席でメッセージを発したのだった。

 気になったのは、その序列。大学駅伝の名将は、サッカーの次に野球を位置づけたのである。原監督は小学校時代、ソフトボールに熱中し、サッカーをしたこともあったという。

 今年3月で51歳となる原監督。世代的には野球よりもサッカーを見ていた時代に育ってきた気がする。コメントに深い意味はないかもしれないが、素通りはできない。「野球界、サッカー界」ではなかった事実を、重く受け止めなければ……と感じた。

 誤解してほしくないが、上から目線ということではない。日本のスポーツ界における歴史的背景を見れば「野球、サッカー」の順のほうが、一般的であると冷静に考えたのだ。

 ある資料によると、小学生が好きなスポーツはサッカー、水泳、野球の順で、中学生(男子)が活動している部活は1位からサッカー、軟式野球、バスケットボール、ソフトテニス、卓球、そして陸上競技の順となっていた。野球界は、厳しい現実に置かれている。

 少子化の昨今、野球の普及は切実な問題だ。オフシーズンにはプロ野球選手が全国各地で野球教室、学校訪問などを積極的に行っているが、今後もこうした地道な活動は欠かせない。子どもたちに、白球に興味を持つきっかけを作ることは大事である。また、継続的な取り組みとしては「底辺拡大」について、さらに球界が一枚岩となっていかないといけない。

 プロ野球、春夏の甲子園大会と、球場に足を運ぶファンは増えているかもしれないが、この数字を永続的な「野球人気」と錯覚してはならない。将来の野球界を背負う“垣根”の部分が、先細りしている事実を受け止める必要がある。野球人口が減少していけば、必然的に高い競技レベルを維持することは難しくなるからだ。

 原監督の優勝コメントは、野球界へも向けられた「改革促進」と置き換えたい。メディアとしても、野球の魅力を発信するためには何ができるのか、襟を正す新年のスタートとなった。

文=岡本朋祐

1/6(土) 11:03配信 ベースボールキング
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00000003-baseballo-base

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515204710/

続きを読む
2018年01月03日

●【箱根駅伝】「ぬけぬけ病、まずは知ってほしい」…“箱根経験者”の俳優・和田正人が問題提起 駒大・工藤の異変でツイート

1 名前:すらいむ ★[] 投稿日:2018/01/03(水) 15:47:54.23 ID:CAP_USER9.net
“箱根経験者”和田正人「ぬけぬけ病」投稿がトレンド入り 駒大・工藤の異変で問題提起も

 第94回箱根駅伝で、青学大が総合4連覇へ向けて選手が快走を続ける中、日大陸上部時代に箱根駅伝に出場した経験を持つ俳優・和田正人(38)の専門的内容のツイッターがトレンド入りした。

 和田はこの日のツイッターで、6区の青学大・小野田と東洋大の今西の走りについて“実況”したほか、山下りで逆転した青学大について「勝ち方を知っている常勝軍団の横綱相撲が始まりそうな予感」などと投稿。
 以降、実際に青学大が独走状態となっている。

 そんな中、話題を集めたのは、駒沢大の7区・工藤の走りに関するツイート。
 13位で出た工藤だったが、前半途中から蛇行し始め、太ももを手で叩きながら前進。
 フラフラになりながらも8区の白頭にタスキをつないだ。
 和田は工藤の異変について「20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片脚の力が抜ける例のヤツかもしれない。未だ原因も治療法も不明」
 「実は私も大学2年で発症。未だ抜けるような違和感がある」とつづり、この状態を「長距離界では『ぬけぬけ病』などと呼ばれている」と説明した。

 これを受け「工藤選手」がトレンド入り。
 和田はさらに「長距離ランナーを襲う謎の病。メジャーな病として世の中に問題提起する事により、何かしらの改善方法が現れるかもしれない。まずは知ってほしい。数々の名ランナーを引退へ追い込んだこの出来事を」と問題提起。
 このツイートにも賛辞が集まっている。

スポニチアネックス 2018年1月3日 12時56分
http://news.livedoor.com/article/detail/14110698/

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514962074/

続きを読む
2017年11月07日

●【正月の風物詩】箱根駅伝が全国大会へ 24年100回大会から検討

1 名前:江戸領内小仏蘭西藩 ★[] 投稿日:2017/11/07(火) 05:44:45.89 ID:CAP_USER9.net
箱根駅伝が全国大会へ 24年100回大会から検討
11/7(火) 4:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00046724-nksports-spo
https://lpt.c.yimg.jp/amd/
000-20171107-00046724-nksports-view.jpg
16年1月、第92回箱根駅伝往路でスタートの合図を待つランナー

 関東学生陸上競技連盟が第100回の記念大会となる2024年1月の箱根駅伝で全国化を検討していることが6日、分かった。

 前年秋の予選会に一定のタイムの基準を満たせば、関東地区以外の大学も出場できる案が出ているという。本選もオープン参加でなく、正式な記録を認め、記念大会以降も同様の形式とする可能性もある。

 今後の議論次第だが、正月の風物詩は全国に門戸が開かれる。

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510001085/

続きを読む
2017年09月11日

●【テレビ】張本勲氏 クロスカントリーの大会に不満「こんな競技やらないでもらいたいわね」

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[] 投稿日:2017/09/11(月) 09:21:11.85 ID:CAP_USER9.net
10日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、プロ野球評論家の張本勲氏が、クロスカントリーの大会に対して苦言を呈した。

番組では、7日にニュージーランドで行われたクロスカントリーのコンチネンタル杯の模様をVTRで紹介した。
競技スキーの一種であるクロスカントリーだが、VTRでは集団ではなく選手がひとりずつ滑ってタイムを競っていた。
この様子に司会の関口宏は、コースの広さの都合に合わせて個人で滑っているのではないかと推測していた。

VTRが明けると張本氏は「こんな競技ね、やらないでもらいたいわね」と意見を述べる。
張本氏は「ひとりで、なんで滑るの?寂しいしね」と指摘し、クロスカントリーは集団で競うからこそ面白みがあるのだと主張する。タ
イムだけで競っても「面白くもなんともないよ」と不満を口にした。

関口が「でも(個人なら)いい練習になりますよ」とフォローすると、張本氏は「練習ならいいけれどもね。大会はやめてもらいたいわね」と主張する。
主張を曲げない張本氏に、関口も「あぁ…そうですか」と応えるのみだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13595445/
2017年9月11日 9時15分 Sports Watch

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505089271/

続きを読む
2017年05月30日

●【自転車】たった1人の自転車部員、全国高校選抜で優勝 片道10キロの通学きっかけにレースの世界にのめり込む

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/[ageteoff] 投稿日:2017/05/28(日) 17:23:52.68 ID:CAP_USER9.net
朝日新聞デジタル 5/28(日) 12:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000021-asahi-soci

 韮崎高校(山梨県韮崎市若宮3丁目)の3年生、山本哲央選手(17)は同校のたった1人の自転車部員だ。
平日は昇仙峡近くの登りのきつい道路を1人で駆け上がってトレーニング。そんな環境で今春、
第40回全国高校選抜自転車競技大会のロードレース(77・7キロ)で初優勝を成し遂げた。

 自転車を始めたきっかけは高校入学。甲斐市竜地の自宅から韮崎高校までは片道10キロちょっと。
9万円のロード用の自転車を親に買ってもらい、通学を始めた。自転車で山道を走るうちに楽しくなり、
週末に笛吹市の境川自転車競技場で行われている高校生の合同練習に参加。そこから本格的に取り組むようになった。

 「通学定期を計算したら13万円だったので、自転車の方が安かった。韮崎高校に入っていなかったら、
たぶん自転車はやっていなかったと思う」と話す。

 日々の自転車通学が練習になる。雨の日でもカッパを着てペダルをこぐ。平日は放課後、昇仙峡周辺を走る。
ほぼ毎日、標高約870メートルの金桜神社まで坂道を登っていく。茅ケ岳の北東にある観音峠
(標高約1390メートル)まで走ることもある。自宅と観音峠の標高差は約1千メートルで、
そうしたアップダウンのある道路を一日約60キロ走る。こうして脚力が鍛えられた。

 「1人での練習は、気持ちの面ではきつい。でも練習で走る所はいっぱいある。信号もないし、
練習環境という面では全国でもトップだと思う」。練習のコースやメニューは1人で考えている。

 境川自転車競技場での週末の合同練習では、甲府工業高の早川誠司監督らの指導を受ける。
早川監督の評価は「彗星(すいせい)のごとく出てきた選手。昇仙峡のきつい山道で鍛えているため、とにかく登りが強い」。

 3月下旬に熊本県で行われた全国高校選抜大会のロードレースには179人が参加。
甲府工業高の依田翔大選手と2人で最後に抜け出し、県勢のワンツーフィニッシュを成し遂げた。
山本選手は「入賞が目標だったので、本当にうれしかった」と話す。

 6月12日には静岡県で関東高校総体のロードレースがあり、7月の全国高校総体へと続く。
山本さんは「選抜大会の優勝者として、全国高校総体でも優勝したい」。卒業後は大学へ進学し、
さらにロードレースの道を極めるつもりだ。(田中基之)

県高校総体でトラックを疾走する山本哲央選手=笛吹市の境川自転車競技場
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170528-00000021-asahi-000-3-view.jpg

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1495959832/


続きを読む
2017年02月15日

●【陸上】マラソン大会で誘導ミス 小学生263人中262人失格、完走した1人が優勝

1 名前:THE FURYφ ★@\(^o^)/[sageteoff] 投稿日:2017/02/14(火) 23:37:01.69 ID:CAP_USER9.net
1人だけ正しいコースを走りました。マラソン大会で誘導ミスがあり、参加した263人中262人が失格となりました。

ミスが起きたのは、5日に岡山県笠岡市で開かれたマラソン大会です。笠岡市によりますと、3キロコースの
小学3年生から6年生の部には263人が参加。誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。
本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、1位の児童は6分51秒でゴールしました。最後を走っていた
児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきりました。
他の児童は全員失格となり、笠岡市は唯一、完走した児童を優勝者として表彰することを決めました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170214-00000032-ann-soci

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487083021/


続きを読む
2017年02月10日

●【スポーツ】ミズノ、3月通期予想を大幅な下方修正 秋冬物の販売不振 純利益22億円から0円に引き下げ

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/02/09(木) 21:19:14.56 ID:CAP_USER9.net
ミズノ=2017年3月期連結売上高予想を従来の1930億円、営業利益を30億円、
経常利益を18億円からそれぞれ下方修正した。
純利益も22億円から0円に引き下げた。
初冬に気温が高く推移したことで秋冬物ウエアの販売が鈍ったことに加え、世界的なゴルフ市場の不振が響く見込み。
米国事業の回復が遅れていることにより、繰り延べ税金資産の取り崩しが発生する見通しで、
純利益も大幅な下方修正となる。(2017/02/09-17:06)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020900933&g=eco

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486642754/

続きを読む
2017年01月09日

●【体操】内村航平、プロ転向の本心は「水泳」「陸上」と一桁ちがう年収格差

1 名前:三毛猫 φ ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/01/09(月) 11:55:57.26 ID:CAP_USER9.net
 当代一のアスリートともなれば、それ相応の目論見があって然るべし。リオ五輪で団体と
個人総合の二冠を達成した体操のエース・内村航平(27)が、12月からプロに転じた。
その裏には、知られざる本心が隠されていたのだ。

 ***

 内村が、2011年から所属していた「コナミスポーツ」を退社したのは11月末だった。
日本初のプロ体操選手という道を選んだわけである。

「内村はもともと塚原直也さんに憧れて九州から上京、朝日生命体操クラブに所属しますが、
高卒後はクラブを離れて日体大へ。さらに大学にも残らずコナミへと、大胆な進路変更を
繰り返してきました。その中でも今回は特別です」

 とは、スポーツ紙デスク。

「本人はその理由を『体操の普及と発展に深く関わりたい』としている。
マネジメント会社と契約してスポンサーを探しつつ、4月の全日本選手権での復帰を見据え、
単独での練習を続けています」

 12月8日付の日経新聞(電子版)に掲載されたインタビューでは、

〈まだ誰もやったことがないことをするので、答えもわからない。自分で見つけていって、
これが体操のプロの姿ですよというのを示せればいい〉

〈プロになることで体操の露出を増やして、少しでも体操を知ってもらいたい〉

 などと答えていたのだが、さる体操協会関係者が明かすには、

「最大の動機は、収入面での待遇不満です」

■3年間で数億円に

 参考までに、コナミ時代の年収は、

「会社から2000万円プラスボーナス、報奨金1500万円、その他『シンボルアスリート契約』や
雑収入で、合計8000万円ほどでした」(同)

 というのだが、

「『水泳・陸上・体操が五輪の花形』というのが内村の持論で、このうち体操選手だけが
活躍に比べて待遇が悪い、つまり実入りが著しく低いという状況を問題視していました。
自分の実績はフェルプスやボルトに匹敵するのに、なぜ収入が一桁違うのか、と。
そうした思いは、リオで一層強くなったのです」

 それも今後は、

「岡崎慎司や長友佑都らを手がける『スポーツコンサルティングジャパン』が広告を
一手に引き受けるため、年収は大幅アップ。本人が引退と定めている2020年までの3年間で、
数億円にのぼると見られています。すでに、強力なスポンサーとして国内最大手の
スポーツ用品メーカーが名乗りを上げています」

 で、そうした一大決断に至るには、やはり妻・千穂さんの存在が大きかったという。

「プロ転向や今後の身の振り方について、内村は折に触れ彼女に相談してきました。
母親との“嫁姑問題”は、度々メディアを賑わせてきましたが、これまで内村のサポート役として
クローズアップされたのは、もっぱら父母やコーチ。これに千穂さんが不満を募らせ、
自ら積極的に前面に出始めたのです」(同)

 リオ五輪を挟んでメディア露出が増えたのも道理である。イニシアチブを奪われた格好の
母・周子さんは、

「息子はお金のために体操をしているわけではありませんし、大体、プロになったからといって
収入が上がる保証はないでしょう」

 と言うばかりだが、懐が潤えば、身内の諍いだって鎮まるかも知れないのだ。

http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01090600/?all=1

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483930557/

続きを読む