LORD OF CANDYMAMA

王様は 旅人です

MERIDAという街に到着



ふと下を向くと こんなマンホール

ついついね こういうのに 目がイっちゃいます

画像 420







お天気もいいので 歩いて世界遺産を 見に行く






画像 419




お散歩日和



画像 425





ドーンっと広がると緑の平地に
何やら すごいものが見えて来ます・・・


画像 426








画像 442






ローマ時代の遺跡です




画像 443







画像 444







壊れかけてるとこが
歴史を感じますね





画像 450







画像 451


















画像 430



コウノトリです

世界遺産の石の一番高いところに 巣を作って 住んでいます

絶滅を危惧される希少種ですよ


自然に生息しています!







画像 424




こんなに たくさんの コウノトリ
こんなの 初めて〜!






画像 423







この青い空と 遺跡と コウノトリ

他には何にもありません
人も ほとんど いません





ただ茫然と広がる自然との マッチングが
なんとも言えない非現実的!







その夜、私はこの辺りで石を拾い
とあるエピソードが起こってしまうわけですコチラ






画像 452








画像 445





人の手にかかっていない
自然に咲いてる花たち

65B1F8FD-421C-433A-B60F-698531D535CA

今更 知った!
お恥ずかしくも アレは巡礼ルートだったのか!

スペイン縦断する「Plata- 銀 」に因んで銀の道 Via de la Plataヴィア・デ・ラ・プラタ



f3c6077504cacc2cb3dd67f1f39e31f9



これ・・・マイクロバスをチャーターして
マラガから出発 まさにこの銀の道を辿りました



(またも歩いてはいない・・・)



Malagaマラガスタート

Sevillaセビーリャ

Zaflaサフラ

Meridaメリダ

Caseresカセレス

Torgilloトルヒージョ

Guadalupeグアダルーペ

Madridマドリッド到着



マラガでは お友達Felnandoに会い
Pepeに会い

P1000023




P1000096


Miguel のお店に行き




カフェでもどこでも 光合成



P1000145







思い出を 辿る旅 スタート!



P1000617



< 銀の道シリーズ 長〜くつづく>

何年前かは忘れましたが

当時の通貨は EUROではなくフランスフラン

エールフランスでは まだ機内でタバコがOK
でした

そりゃデジカメなんてありませんし、ネットもありません

携帯・・・もありません



超アナログ時代を思い出すのもまたオツです




クリスマスシーズンの 真冬に


ミラノコレクション
ダヴィンチの最後の晩餐を観たくて




まずは
パリにインしました



1530115466150


< 当時の 同僚www A嬢と二人旅 >









つづく

A女王様の 完璧すぎるパリナビで

オペラ座から バスに乗り1時間ほど

世界最大と言われるパリの蚤の市、
クリニャンクールのドフィーヌマーケットへ・・・





一度は行ってみたかった クリニャンクール

蚤の市 大好きで

やたら興奮しちゃいます

P1060395





P1060405



P1060408






欲望あらわに






レザー専門店を発見




試着したら もうアウト〜



俺のものは 俺のもの
お前のものも 俺のもの


ジャイアニズム勃発




P1060417






こういう もう2度と出会えないであろうレア感が
好き




P1060419






ヌバックレザーの フリンジ
天然カラー 染めなし
ハーフコート 





P1060421







こういう時 ワタシには

羞恥心は・・・ない





P1060422











1時間くらい値切って 値切って


30000円 GETです
これも蚤の市だからこその なせる技















郊外の ゆったり流れる時間の中で
テラスで お茶




BlogPaint



A女王はLOEWEのレザーJKで
バッチリ決めてます

さすが!






大丈夫



クレープを貪るワタシもLOEWEのハーフコート




P1060393




1530381213324

パリ

ヘミングウェイの著書に出てきたレストラン

LE DOMEル・ドームにやってきました〜




LE DOMEは、

世界中の芸術家たちがモンパルナスに集っていた頃
1910年!?から営んでいる
老舗カフェのひとつなんです


Annees Folles (狂乱の時代) 1920年代に、ピカソやモディリアニなどなど 名を残した芸術家たちが
たむろしていたということで有名です





せっかくのパリだし・・・


美術館巡りでストレートに芸術に触れるのもいいと思います
ルーブル美術館にも行きました

でも
しかし
それよりも魅力を感じ 気になってしょうがないのは




その時代背景に 触れたい!
その芸術性のインスピレーションは どこから生まれるのかを感じたい!
そして その味を食したい!








P1060428



モンパルナスまで行きましょう


メトロ ヴァヴァン駅を上がったら見えてます
大きな存在感のある看板と
道端に並ぶテラス席



中に入ると 真紅のレザー張りのソファ席で
中世ヨーロッパの時代情緒
高級感あふれる佇まい







P1060433




ライティング
色合い このクラシック調なデコ 大好きです



壁にはこのカフェに通っていた芸術家たちの写真が飾られています





P1060432










P1060431






<魚介のスープをオーダー>




P1060436


<そのスープをとった魚介は別皿で出てきます>








パリに住むA女王と・・・!




1527757617264





ワタシのお目当ては・・・



【魚介の盛り合わせプレート】です





P1060438







カキ、アサリ、ツブ、タニシ、ムール
(ほぼ生です)


ノルマンディーのエビ 海藻類蒸し

中央の氷の上にはランゴスティンが優々と乗っかっていました








P1060442










フレンチですが、お行儀よくテーブルマナー、、、なんてありません


手をベタベタにして豪快に食べてよし!
フォーク、ナイフではなく手で食べる料理大好き




【触れることの美学】です

食材の温かさや 柔らかさ ぬめり感 
天然の食材って直接触って感じてこそ、


 食のエロスです



1527757644180






<食後のデザート>

P1060445





A女王と パリジャンG


Gには「僕はそんなとこ初めて行くよ

結構高いお店だよ」


っと言われてしまいましたが
そんなの関係ありません

ここでしか食べれない
今食べたい


(だってパリにまた来れるかはわからないしね)

そこ、大事


(結果 その次の年もここに戻ってきたんだけどね)



1527757682645







内装から
テーブルデコ
テーブルウェア
ステンドグラス
お花とキャンドル
ジャズ
スマートなムッシュのサービング

空間作りも完璧



なんとも贅沢な時間を堪能させていただきました





やはり食のパワー は生き様に反映するんだっと
思い返されたディナーでした^^^^!




IBIZAに行くはずが

飛行機トラブルでキャンセルとなってしまい

深夜バルサについたワタシは ホテルがない・・・





てなわけで

ここから1週間 人んち <民泊>です

ランブラス通りから旧市街に入り込んだ
小道の一角


これ 目印のためのショット


スクリーンショット 2018-05-29 20.32.18



ぐるぐるの螺旋階段を最上階へ







スクリーンショット 2018-05-29 20.31.35



モノクロで統一されてます


スクリーンショット 2018-05-29 20.31.50





人んちの良さは

現地の生活をできることですね




ホテルでは味わえない 自由感と素朴な生活臭



時に シャワーのお湯が出なかったり

下階の人の音楽がガンガン聞こえてきたり





スクリーンショット 2018-05-29 20.32.04




スクリーンショット 2018-05-29 20.30.51






スクリーンショット 2018-05-29 20.31.02






スクリーンショット 2018-05-29 20.31.12









スクリーンショット 2018-05-29 20.31.25






そして
ホンモノのスペイン食材を買い込んで
ホンモノのスペイン料理人は

このキッチンを有効に使います





スクリーンショット 2018-05-29 20.25.49






スクリーンショット 2018-05-29 20.26.10






スクリーンショット 2018-05-29 21.05.25


ワタシは サラダ担当<コゴジョ+ツナ+ドライトマトのホットソースサラダ>



スクリーンショット 2018-05-29 20.32.55




ベッドが一つしかない!




大地 余裕でベッドを占領


スクリーンショット 2018-05-29 20.23.48




のりくん キッチンの床を 占領

スクリーンショット 2018-05-29 20.24.02






ワタシは ソファで寝たのだろうか



スクリーンショット 2018-05-29 20.33.36





のりくん 何度見ても笑えます




スクリーンショット 2018-05-29 20.24.17










スペインも レストランやバルの中は

禁煙となってしまった近年ですが








大丈夫



ヨーロッパ圏は 道ばたにテラスがたくさんあります
フラ〜っと歩きながら
カジュアルに入れるとこ びっしりです



暑くても 寒くても関係ない


テラスで ぼーっと本を読む
タバコは モックモク   大丈夫
なんなら み〜んな歩きタバコ






IMG_3522











そんなBarcelonaの夜

たばこが吸えるテラスにて

ジャンクフードの豪遊 と行きましょう






IMG_3684







ジャンクフードとはいえ、私たちのチョイスは
カタラン料理


ここカタルーニャ地方の郷土料理のフルコースです







IMG_3564


Esquixada タラのサラダ>







IMG_3565


Pan Con Tomate パンコントマテ>





IMG_3566


Ensaradilla Rusa ポテトサラダ>



IMG_3567



Patatas Bravas ポテトフライ・ブラバスソース>





スペイン人の夕ご飯は ちょっとタパスをつまみながら
何件もバルをはしごしながら ワイワイガヤガヤ愉しみます

Tapeo タペオと言います



そう 口卑しいワタシたちは ここぞとスペイン流に乗っかって





お散歩がてら


次のバルへ はしごしましょう・・・



TRAMOIA






IMG_3673













IMG_3679


Patata con Jamon ポテトフライと スペイン生ハム>





IMG_3678


Esquixada タラのサラダ>


IMG_3680


Ternero de asado 子牛のグリル>




IMG_3682










せっかくのオープンエアー
雨なんか降る季節でもないのに

奇跡のスコールが降ったりして・・・
ビッチャビチャに 濡れても誰も気にしない

ビニールから雨漏り 誰も関係ない





ワタシ そうそう 雨女だった


IMG_3563



〜つづく〜

スペイン ガリシア地方の最北端の漁港の町

ア コルーニャ(A Coruna)で魚貝を食べよう!

ってなわけで・・・




11





サンティアゴ・デ・コンポステーラ駅(Estacion de Santiago de Compostela)から40分程でア・コルーニャ駅(Estacion da Coruna)に到着です



駅から街までがなんだか遠くて寒い
スペインらしくない 物寂しい雰囲気が漂う街




旧市街のような街に出ました

主な観光地としては・・・

*フェロルのパラドール
*マリーナ大通り【ガラスの街】
*16世紀の海上の要塞【サン・アントン城】
*世界最古の灯台【エルクレスの塔】


いやはや そんな場所にはかすってもいません




丸っと1日食い倒れバルはしご でした





IMG_2553



とにかくお皿にどかっと
生か ボイルかの
どちらかの魚貝



海の香りと 天然の塩味だけの
シンプルなテイスト


海の宝庫です


IMG_2565



本場のタコのガリシア (略名 タコガリね)







IMG_2567




バスク地方の料理 タラのピルピル(Bacalao al pil pil)

わがままを言って 作っていただきました〜!



IMG_0514


Buenisimo!






そしておなかもパンッパンになった頃

サッカー観戦のできるバルでは
だいたい こうなります


TODOS AMIGO!


IMG_2556





となりのテーブルも
奥のテーブルも
カウンターのおっさんも みなお友達・・・!

ものっすごい勢いで盛り上がります

「次 どこ行く〜!_?」的な〜

どこから来たの?とか
日本人?  とか

そういういわゆる旅行会話 基本の挨拶などは ”すっ飛ばし”て成り立つんです。


ありでしょ!

2014年 4月 ある日

バルセロナの観光名所 グエル公園です



この旅のテーマは

”No Puedo Barcelona”

ワタシと
大地と
ノリ サルバドール



何にもできないよ〜って 旅です





IMGP1091





こちらはLEICAで撮ったものですが

この気候スペイン晴れでは 普通にいい写真が撮れます

天気がいいって それだけで最高でしょ
ここで 一日 絵でも書いていたい

公園大好きです

ぼーっと 一服





IMGP1093







IMG_4485





<インチキ臭い セニョール大地〜>

大地の向こう側の ギター弾きのおにーさん

何年か前にもいました!
たぶんずっと ここの住人なんでしょう




IMGP1094







IMGP1095






グエル公園、すごく広くて 人も多い

バルセロナの街を展望できる広場は今では、有料になってしまい
観光客がずらっと並んでいました


(もちろんワタシたちは並びません)




IMGP1106









IMG_4499








IMGP1115







IMG_4509





グエル公園を下っていくと GAUDI 4Dという
アートリウムができていました

ガウディ フォーディー

そそられます

小さな劇場があり4Dのショートフィルムが鑑賞できます





IMGP1124





IMG_4505



そして
歩きながら スペイン人おじーちゃんに ナンパされ
歩きながら見つけたテラスで ブランチ



IMG_4537





CAFE LOLITA




観てください! トマトサラダ



IMG_4527
!!!




ツナまで3D



IMGP1132





観てください! この唐揚げ!!!


IMGP1137


衣 3D


IMGP1144






1523620207rcZsPb5PeJRILNJ1523620205






<<<のち、完コピして再現しました こうなります>>>
         ↓
         ↓
         ↓




IMG_0813


<<<ただいま博多駅ファーマーズマーケットにて3日間限定販売>>>








食事にまで 立体感
ガウディの影響力の強さがタパスにまで・・・!


さすがアートな街 バルセロナ



IMGP1134









IMG_4572



続く〜

キリスト教の国では

この時期 キリスト復活祭の”イースター”が始まりますね

スペインでは


Semana Santa セマナサンタ といいます




アンダルシア地方のセビーリャに行きました

目的は・・・

セマナサンタ ではなくFeria春祭りだったのですが
(こちらはまた違う機会に書きます)



   マカレナ教会に行きたい!ってなわけで

カテドラル(大聖堂)には入らず
徒歩で40分ほど


こちら!


画像 727







画像 734





外観は 白と黄色のバイカラーコントラスト、小さな教会でした


中に入ると・・・



画像 728












画像 750





画像 751




画像 732




画像 752







画像 827





画像 755





マカレナです

たくさんの白い花と 白いキャンドルの中にいます



画像 822






マリア像ではなく マカレナなんです
そこに関しては
またのち、追記します







画像 823






画像 825



マカレナは 泣いています

息子の死を悲しんで


泣いてるんです





画像 828









画像 826











画像 736


<キリストを撮るAちゃんを撮ってみた>


画像 756







キャンちゃんの一言スペイン会話〜!

イエス→Jesus→ へスースー


です




キャンちゃんの一言スペイン語コミュニケーション


ハックションと誰かがくしゃみをした際には

↓ ↓ ↓

「へスースー」と乾杯してあげてください
これであなたも現地人!?


CNAoRE2d6IzJCjN1522350069_1522350212





↑このページのトップヘ