LORD OF CANDYMAMA

王様は 旅人です

20数年前からの夢

カミノ・デ・サンディアゴを歩きたい




カミノ・デ・サンティアゴ(el Camino De Santiago)とは
フランスとスペインの国境あたりから、ピレネー山脈を越え
西へ西へ 800kmの山道を歩く 巡礼ルートのことです

ゴールには サンティアゴ・デ・コンポステーラという大聖堂がある
キリスト教の聖地です


以前1度行きましたよ
罪深きワタシは飛行機で ブログはこちら



route-





そう・・・想い恋い焦がれ、何度もスペインに足を運び
偶然にも クリスチャンに改宗し
さらには
年をとったら修道院に入りたい


なんて・・・想いだけが募る一方



ワタシにはソウルメイトだと確信できる人が 【約2名】います
その ひとりが
つい先日 カミノ・デ・サンティアゴ 800km
歩き、



無事に生還してきました

いつもワタシの3歩後ろを ちょろちょろ歩いてたはずなのに
やれ先に・・・いっちゃいました





IMG_9964





IMG_9502




日本にいたらワタシのくだらないメールなどは
だいたい華麗なるスルーされます。


しかし!

巡礼中の48日間は違いました。

スペインからはほぼ 毎晩 写真付きで
メールが送られてきます


ワタシも 地図を見ながら
「あ。いまこんな街ね」
「あ。その街には ここにいいレストランがあるよ」

その野花の名前をぐぐったり、こっちで発見して買ってみたり。



「どこかで待ち合わせようよ!」
って・・・誘惑メール
「えええええ」どうしよかな どうしよかな




いつもこのオトコはワタシを誘う時に
「おいで」とか
「会いたい」とか そういう誘惑ではありません




「コーヒーあるよ〜」


っと ひとこと
コレ 瞬殺!



のこのこ行っちゃうんです

<<<今回は さすがに山道にコーヒーはなかったか・・・>>>

そのあと一押し!が足りなかったから
ワタシは実際は行かなかったんだけど





置いてきぼりをくらった寂しさからか



完璧に ワタシもそこにいる。
一緒に歩いてる。






脳内疑似トリップしていましたよ48日間






IMG_9844


<足にまめ?たこ?ができたらしいシュールな一枚>






帰国後・・・

帰国祝いのホームパーティー




IMG_0673


<巡礼の各所でスタンプラリーがあるんです。そのディプロマ>


IMG_0684


< 800km歩き終えたら 最後にもらえるディプロマ >




お土産話@ジェスチャー込み が壮絶すぎて
腰は痛い
腹はよじれる
シワは増える

完全に浮世離れしたそのエピソードは
びっちりタブレットに溜め込んでいましたので
ご本人がアップするのを お待ちくださいませ。
(ワタシの言葉より間違いなく 面白いからね)

もしくは ご本人のお土産話@無駄によく動くジェスチャー込み
で、お茶にでも誘ってあげてくださいませ。







IMG_0674



IMG_0686






今回はワタシは聖地には導かれてはいなかったんだな〜って
感じました
福岡でも十分 修行させられてました。




でも


いつか 歩くであろう その道



camino-de-santiago





images










スペイン バレンシアまでが目的地

staticmappat8972-adc30





「海沿いをゆったり電車で行こうっか」っというわけで



シッチェスという小さなビーチに寄り道
普通電車で タラゴナまで


IMG_3752






タラゴナで カフェをして やっとAVE(新幹線)に乗り換えました
AVEも 今ではネット予約ができるので、窓口でチケットを買うという
難関を かる〜く突破できます。
便利な時代とはこういうこと。



ツレのマリアは 何を勘違いしたか違う駅で降りてしまうという
トラブル未遂!もありました。







無事に 時間通り バレンシア駅 到着〜〜



IMG_3759



駅ですよ!これ 芸術です



IMG_3757



駅に隣接してるのは 闘牛場



駅からまっすぐ15分くらい歩いたかな
無事 ホテルに到着です


IMG_3765






夜21時くらい

お部屋の外を眺めると
フラメンコの音が聞こえてきた
下に テラスがあります  高級そうではない
とってもローカルなイメージ  


さっそく 下に降りて・・・
まずは バレンシアまできた目的のひとつ


バレンシアオレンジを 飲む


IMG_3782






IMG_3781



最高!

ナチュラル100% 氷なし

そのお店 どうやらジプシーレストラン
メニューを見たら
オーソドックスなスペイン料理ではありません


よし っここは・・・ここでしか食べられないもの
オーダーしましょ


IMG_3783


< Ensarada gitanaクスクスをつかったサラダ>




IMG_3784


< Merluza a la asado メルルーサのグリル >


IMG_3785



< Conejos asado うさぎのグリル >




次の日の朝
バレンシア中央市場にて オレンジジュース


IMG_3819





IMG_4495




歩いてても
街のあちこちに オレンジの木たち・・・
あの日差しだと、こんなに美味しいオレンジができます




ワタシもこの日差しの中
ぼーーーーーっとひなたぼっこ
ずーーーーーーーっと ベンチでひなたぼっこ

(豚は 日焼け止めなぞを塗りやがって 木陰)




IMG_3829





〜次回は ホテルについて書いてみますつづく〜

いつも 旅の醍醐味は

ノープラン なこと

きっちりスケジューリングされた 


魅惑の古都リスボンなんとかツアー!



とか ムリムリ


自分の足で歩いて
自分で学んで
自分で見る


時計は 見ない!!!
これに限ります



レストランも
できれば ツアー情報にない

地元の人たちの
ごった返してるとこを
選びます





P1020316


<グリーンオリーブ >



P1020358



<ポルトワイン>


P1020295


<白身魚の グリル>








P1020294


<魚介のスープ>



P1020366



<牛レバーの煮込み>






P1020361


<安定の ソパ・デ・アホ>




隣国なので スペイン料理と
あまり変わりない
微妙に スペイン語も通じました




P1020386




そして


ほんの通りすがりの 美容院で・・・
髪型変えちゃいました



P1020388




<ホテルにお持ち帰り スイーツ>


P1020297




つづく>かな

リスボンは
見慣れたスペインとはまた違って
クラシカルでちょっとくすんだ色合いの

調和が素晴らしい街です


P1020308


乾燥してるからでしょうか
ドライフラワーのショップをよく見かけました




P1020288



大好きなミモザもこんなに!






太陽もすごく高くて
お昼間が 長い
うろうろと街を歩くだけで
たくさんのアートに 出会います


P1020372




P1020310





P1020307




路上のカフェテラスで
アイスを喰らう


P1020341




今回も地図はないし
旅行本すら持っていないので

ポルトガル語が わかりません
土地勘ナッシング



それでもなんの不安もなく

色!色!色!に魅せられて

買い漁った カラフルなもの
ホテルでお着替え


P1020353
P1020354
P1020355





クッションが超オキニ







ENVY
INVEJA
ENVIDIA

っていうロゴクッション




>つづく

今日はヴァレンタインデー

聖人ヴァランタインのお祝いの日
Dia de los enamorados(恋人たちの日)です

スペインでは町中が真っ赤っかに染まります


43380_big





como-decorar-mi-negocio-en-san-valentin





ここに書くかあっちに書くか迷いましたが
こっちにします


私が乱雑な文章で 辛口に 愛を語るよりも
素敵でわかりやすいサイトがあったので
こちらをどぞ


男性は 好きな子の喜ぶ姿が見たいだけのために
がんばる日! なのだそうです



そして

こういうメッセージベアがたくさん!
スペインなら スペイン語で
フランスなら フランス語で
他のヨーロッパ諸国には 同じメッセージベアいっぱい




imagenesdeamorparacelular-17






php




日本人だけだよ

女子が男子へ・・・チョコ



愛情表現って どうなの?


有名どころのチョコをわざわざ並んで買い漁る?
恋人でもない人に チョコあげる?
ブランドネームと ラッピングでごまかされた
たいして美味しくもない チョコ しかもちっちゃ!!なやつで




満足?




ワタシもここ日本で

チョコやお花もらうことが多いです
嬉しいですよ
甘いもの 美しいもの大好きです

本当に感謝しています
(お返し考えるほうが 時間を要する)


そんなこのあたくしに!!!
一番嬉しかったのはね


こちら じゃん!



IMG_3956









旅には必需品って確かに書きました
きっと、そこだけを端折ったのでしょう




あぁ 庶民の・・・
あぁ これが ホテルのジャグジーに さりげなく飾られている




今日履いたものは 洗って 干せと!?





主が悦ぶ姿が見たかったのか
つっこみ欲しくて ボケたのか



こういうサプライズとやたら現実主義なモノは
ワタシには 非現実



愛は ココロを贈りましょう
愛は 笑で受け止めましょう



こういう日こそ
欲望のかけひきは ナッシングな方向で!


愛がいっぱい


バルセロナ最終日

最終日はミシュランレストランROCA MOO
悶絶スローフードな ランチを食べ

楽しい時間はあっというま 夕暮れに近づいてきました


お腹もいっぱいだし ここは 歩こう
私たちは ランブラス通りを バルセロナ港まで徒歩 往復


las-ramblas-barcelona


(けっこうな距離だよ)

一旦ホテルに戻り 最後の晩餐のレストランでも決めよっかって
浮かれ気分で 戻る途中




ホテルまで あと少し!っというところで

背の高い黒人さんから まさかのナンパ!?

「困っています。助けてください」

(違ったようです)



「ツレが先にマドリッドに行ってしまい、僕はどうしても
電車でマドリッドまで行きたい」

「ツレが僕のクレジットカードを持って行ったので
いま、カードがないから 切符が買えないんだ」
 と・・・

「ツレに 電話して。」

「電話が通じないんだ。彼の名前は田中さん」


「日本人!?」

「そう。僕は福島で仕事しています」


もうね。この時点で怪しいのだ
とりあえず なんだか苦笑w






「じゃ、新幹線でいけば???」

「電車じゃないとだめなんだ」

「じゃ 現金で買えば?」

「クレジットカードでないと だめなんだ」



冷たいワタシは ざっくり

「私たちはレストランに行くの、お腹がすいてるからね。がんばってね〜〜」
っと
軽くかわしましたが


ワタシのツレ メスブタまりあは 

「いいですよ。助けますよ」

え???




チケット売り場のインフォメーションまで、ついていくことになりました
どこだ!?
ここは どこだ!?

めっちゃ多い人ごみの中
グーグルマップで 現在地を確認しながら

人の多いランブラスを横断、小道に入り
なんとメトロ の リセウ駅です!
しかも



切符売り場がやたら狭い!
インフォメーション窓口ではない!
チケット発券機が 3台しかない!



怪しさ満載




「まりあ!もう行くよ!!!」
と、ここはひとつ 得意のおたけびをぶちかます


しかし、こういうときのブタは 
英語を聞き取るということに必死
オトコの声しか聞こえていない
耳がダンボ 


「まりあ!!! いくよ!!!!!!!」




私にだって人助けはできる
私にだって英語くらい わかる っという
なんとも背伸びした・・・旅行慣れしてます的な・・・

目はおよおよ泳ぎながらも できますアピ ぷんぷんな態度

ワタシのこと 日本語 ガン無視



彼女は

チケット発券機の置いてあるせっま〜い角っこに追い込まれました
そして なにやら ぽちぽちしながらクレジットカードを通しました


もうね 呆れた


2度言います 





呆れました



すると・・・カードが読み取れませんっていう表示
 
赤い文字がなんと書かれてるのか理解していない様子ですが

赤は止まれ 危険という
小学生レベルの脳は色認識くらいはしたっぽい




やっと なにやら怪しいということに気がつきました


「ここで待ってて。友だちが近くにいるから、荷物を置いていくからここで待ってて」

「待たない。関係ない。ありえない」と ブチ切れ


「まりあ!!! まじで 逃げるよ」




ふたりで階段を駆け上がり
走って逃げました






とりあえず
大急ぎで カード会社に電話をし
あーだこーだと 事の経緯を話し


カード会社の方に

「あ〜同じ場所で同じようなカードスキミングの手口を
何件も報告うけてます」



電話にすがる 必死な彼女にさらにワタシは
ヒートアップ!






お土産を買いたかった
靴も買いたかった
美味しいカタラン料理を 食べに行きたかった


全部 ぱ〜





金の心配しかしない彼女に 本気でブチ切れ
ふたりの時間がなくなったことに ブチ切れ


あんな狭い 人っ気のないとこ 友達と二人から囲まれて
ブスっとやられたら終わりですよ



しかもあの黒 
 
最後に悪態をつきやがりました

「リサはナーバス まりあは優しい」





言葉責め 説教タ〜イム約2時間

スーパーは閉まる時間だし
レストランに行くるんるん気分ではない



結果・・・ 最後の晩餐は コチラ



IMG_4044
IMG_4045
IMG_4046


残り物 ”まりちゃんディナー”


IMG_4047



みなさま
バルセロナは本当に楽しくって
心が浮かれますので

わかりやすい英語で話しかけてきて
日本人には日本のタイムリーな話題で ぐっと心を掴み
i-phone持って歩いたら 危険だよ 盗まれるよっと同情も少しはいり〜の

いい人そうに見える外国人には気をつけてくださいね

おっと・・・こんな笑えるネタを
もうすっかり忘れていました


先日の メスブタとのスペイン奇行


楽しい 楽しくない の割合が


「楽しい」が勝っていましたので
トラブルに巻き込まれたこと・・・もう完璧に忘れていました


しかしここは 羞恥プレイの一環として
性悪オンナの暴露趣味
ア イケナイ イケナイ


ここは ノーマルな旅ブログ

いえ
地球の歩きかたに 投稿する前に
ココで暴露するとします




これからバルセロナを よりよく過ごしていただくツーリストのために・・・


メスブタを生贄に・・・メスブタの黒歴史・・・は
バルセロナを旅する 誰かのために




つづく






未完の教会だったはずのサグラダファミリアが
もう数年後には 完成しちゃいますね。

「急ぐことは罪」
っと名言を残した アントニオ・ガウディの作品。

バルセロナといえば、1度は訪れるべきサグラダファミリア


私たちは当然メトロ(地下鉄)で移動 Sagrada Familia駅で降ります。

駅を降りて地上に出ると どこから見ても圧巻!
もう何回来たでしょう ここ・・・



観光名所となってますが、教会なんです



教会とはいえ
すぐに入れるわけではありませんので
ウェブから オンラインチケットを購入


こちら!

IMG_3605


これで 待ち時間もなく、チケット売り場でスペイン語で慌てふためくこともなく
長蛇の列を すいすいっと 入場できました








外観の写真は もう見慣れてしまってるので
アップするのはやめとして・・・

まずは 生誕のファサードから・・・

https://youtu.be/Q0PtpOVKmUk



IMG_3609





IMG_3610





IMG_3612





IMG_3613





IMG_3614





IMG_3617





IMG_3618





IMG_3620





IMG_3623



床 足元にもデッサン画がたくさんありました

IMG_3632





IMG_3634




もちろん 壁も



IMG_3636





帰りに 受難のファサード


https://youtu.be/v_i_Lfw4C2k


IMG_3637







IMG_3639




冷たく 色のない直線的な・・・こっちのほうが
惹かれます







メスブタと 2ショット
天空を バックに 安定のスーパーローアングル



IMG_3616



ガウディの建築アートは
他にもグエル公園や カサバトリョ カサミラなどなど
もっとたくさんあります


ついつい 壮大な光と影
色 デザインに目がクギ付けで
写真! 写真〜〜!と騒いでしまいますが

忘れてはいけません ここは神聖なる 教会です
ワタシ なにを思ったか・・・は あえて書かずにおきます





このサグラダファミリアのデザイン
ただすごいだけではなく 

天と地の意味も 
神と聖徒も天使も
イエスキリストの生涯も
すべて
計算され尽くしてます

想像力だけで これだけのものを創って残す

圧巻です
また完成したら どう変わってるのかが 楽しみ

今回のスペインツアー

メス豚のおねだりは 「ゲイビーチに行きたい!」ってなわけで
もちろん海が大好きなワタシも 同意!


バルセロナから 普通電車で40分ほどのシッチェスという小さな町に
行きました

⚫︎電車の乗り継ぎ・・・忘れないように書き留めます⚫︎

泊まっていたホテルからすぐのメトロ駅 passage de graciaパセジ・デ・グラシア
から Sitgesシッチェスまでの直行があったので


1.わざわざRenfe(国道)に乗らなくってOK
1,バルセロナサンツ駅まで 行かなくてOK
1,メトロのチケットを持っていれば格安でOK

これはスマートなアクセス方法です



なんと乗り場(LINE) を間違えてしまい
シッチェスとは反対方面の バルセロナフランサ駅 まで行ってしまったという
さっそくちょんぼ!



IMG_3705





反対車線を見れば どう見てもビーチに行きますよ的な
浮き輪やらビーチマットやら持った若者がたくさん



車内がカラ〜〜〜んとしてる時点で 間違いに気がつきました

IMG_3703



              !Mierda!(ミエルダ!)


IMG_3707



列車の車窓から 地中海を眺めながら
ヘッドフォンでは fedde le grandを 聴きながら
あげっあげで




目的地 シッチェス駅に到着

小さな路地裏を海に向かって下っていきます
地図見なくても 大丈夫
すっごい人混みに ついて歩いて行けばいいのです




旅は身軽にしてね
ヨーロッパは石畳が多いよ 
駅の階段の上り下りは 重たいよ
電車の乗り降りも 抱えるのはつらいよ



っとあれほど伝えたのに
メスブタは 大きなトランクをゴロゴロ
(行きの荷物カウンターチェック時点で13kg・・・行きだよ!行き!!!)


IMG_3712



そうです 
ワタシの奴隷
命令は聞くが いうことは聞かない




駅から30分くらい歩いたのでしょうか
ビーチに到着!

右も 左も 見渡す限りの地中海

太陽


パームツリー
モデルニスモ建築

目に入るもの すべてが美しい  ペルフェクト〜〜!(完璧)






IMG_3727




IMG_3723



いざParaisoへ〜〜〜



IMG_3721





そして 焦点を絞れば ゲイやレズカップル てんこもり
なんという 自由感!開放感!



IMG_3731



過去にいろんなリゾート行ったけど
ココ 一番好きかも・・・
住みたいかも・・・
ほんと やばい

欲という欲がなくなって 食事もしてないくらい
なんにも いらない
食べたかったサルディーリャ(いわしの塩焼き)食べるのを忘れていたほど




IMG_3735






メスブタは あんなにビーチに行きたがっていたくせに
日焼けを気にして
1日15euroもするパラソルから 出てこない


「セクシーショット 撮るよ!」っとちょっとワタシの遊びココロ

太陽を浴びて
悦びの舞を踊るのか・・・!?




命令してみた


IMG_3732




うーーーん 売れない

そして後日・・・デコが日焼けして痛いだの
皮がむけただの
ブヒブヒうるさかったことは  スル〜






この日はバレンシアまでの移動日だったので
次の新幹線に乗らなくていけない・・・
新幹線のチケットは予約制なので 時間の変更は不可
泣く泣く シッチェスの海を後にしました






IMG_3725






〜つづく〜

慰安旅行?でも 研修旅行!?でもなく
なんともワタシの夢だった しもべとの海外旅行

夢がやっと叶いました




市街に出ちゃえば 地図はいらないほど余裕〜んバルセロナ





彼女の旅の目的は

1、 バレンシアパエリアと バレンシアオレンジを食したいと・・・
2、死ぬまでにサグラダファミリア1度でいいから見たいと・・・
3、ゲイの集うヌーディストビーチに行きたいと・・・

叶えてあげますよ〜余裕〜ん


旅は・・・目的意識が大切です
一緒に行く人と 価値観が合わなかったら最悪になったりします
よくいうでしょ 成田離婚


旅は お互いの譲り合いや理解力、気遣い
金銭感覚 時間感覚 などが 全部あらわになります
そして 一緒に行ったからには 逃げ場はない


今回は 単純で明快

ワタシが手綱を持つ きみは 付いてくるだけ

楽しくないわけがない





さてワタシの目的は
目的のないこと(いつもながらにね)

プランなんかいらない
自由求める



自由っていいでしょ

こういう素敵なものに出会ってしまいます




IMG_3811





重いけど 持つのは私ではないから ま、いっか!


巡り合ってしまった美味しいチーズご紹介します




●Queso de vino tinto ケソ デ ヴィノ ティント(赤ワインのチーズ)

●Queso de cervesa ケソ デ セルベッサ(ビールのチーズ)




IMG_4060




試食していいよ!って優しいチーズ屋のおばちゃん

初めての味!muy Bueno~!


ワタシたちのはしゃぎっぷりに
写真まで撮っていただきました


IMG_3967





●Queso Tetilla ケソ テティージャ(オッパイチーズ)


カタルーニャのチーズではなく
ガリシア地方のチーズ
あらゆるとこで 見かけました

迷わず即買い1kg


IMG_4242








●Idiasabaru イディアサバル (羊のチーズ)



●Cabrales カブラレス(ブルーチーズ)










ここは絶対また行きたかった場所


サンタマリアデルマル教会裏の  TABERNA DE BORN




IMG_3598





IMG_3600




市場の帰りの朝ごはん
 ここのクロワッサン が 超絶大好きなのです



〜continuar つづく〜

↑このページのトップヘ